季節の花と言葉の花束

写真付きで季節の花や言葉の意味をを書くならgooブログ

季節の花の紹介と言葉の花束を書いています。

季節の花

2010-03-31 06:00:52 | インポート

 

一日一言

雲泥(うんでい)の差

天と地の相違と言う意味から、差が

はなはだしいことのたとえに用いる。

★小さいことの積み重ねをする人は、

何十年も経ると、無為に過ごした人と

雲泥の差が生じる。

類語:①雲泥万里  ②月とスッポン

   :③天地しょうよう


4月から咲く花「枳殻(からたち)」

開花時期は、  4/10頃~  4/  末頃。
・「唐橘(からたちばな)」の略。          
  中国や朝鮮から渡来した橘の意。          
  ただし、「百両」で知られる唐橘とは      
  全く別のものです。                      
・生け垣に使われることがある。            
・枝に大きいトゲがある。さわると痛いよ。  
                    (気をつけましょう)  
・英名は「オレンジ・ジャスミン」          
・島倉千代子の歌「からたち日記」。        
・別名 「枳殻(きこく)」                 


・「からたちの  垣にも春は  待たれけり」  
            今泉恒丸(こいずみつねまる)  

  「やはらかに  若芽のびたる  からたち垣  
      白き小花の  かつ咲けり見ゆ」        
            古泉千樫(こいずみちかし) 

(季節の花300より)

    


季節の花

2010-03-30 05:39:14 | インポート

一日一言

蘊蓄(うんちく)を傾ける

「蘊蓄」とは、積み蓄えた知識や学問という

意味で、日頃から蓄えた時分の学問や技能

を最大限に発揮するときの状態を指して言う

場合に用いる。

★雑誌社の対談で、歴史学者との間で、彼は

蘊蓄を傾けて自説の熱弁をふるった。


4月から咲く花「松菊」

開花時期は、  4/  5頃~  8/  末頃。 
・葉は松葉のような形で多肉質。             
  地を這うように広がる。また、花は菊の     
  ようなので松葉菊の名になった。           
・南アフリカの砂漠などに自生する。多肉植物。
・ピンク、黄、橙などの色の花がいっぱい咲く。
  開花時期はいろいろあり、                 
  4月~6月頃に咲くものや、少しおいて     
  7月~8月に咲くものもある。             
・4月12日の誕生花                       
・花言葉は「忍耐」 

(季節の花300より)

 

 


季節の花

2010-03-29 05:09:26 | インポート

一日一言

雲心月性(うんしんげつせい)

清らかな雲の様な心と月の様な性格と言う

意味から、私利私欲の無い淡泊な人柄を指

して言う場合に用いる。

★私は政治家としての彼の雲心月性な生き方

に共感を覚え密かに応援している。


4月から咲く花「雛罌粟(ひなげし)」

開花時期は、  4/  5頃~  6/15頃。     
  早咲き遅咲きがある。                         
・ヨーロッパ原産。江戸時代に渡来。             
・花弁は非常に薄く、しわがある。               
  つぼみは最初は下向きで表面に毛が生えており、 
  咲くときに顔を上げ、2つに割れて花が出てくる。
  その風情がなんとも不思議。                   
・ちまたに咲いている雛罌粟からは、             
  採取が禁止されている「アヘン」は取れません。 
  植えても大丈夫です。ご安心を。               
  ちなみに、ほんとの「ケシ」は こちら。        
            → ケシ


・いろんな「ポピー」があるが、                 
  まとめて1ページにしてみました。             
  いろいろあります。                           
  (1) ヨーロッパ産の「ヒナゲシ」。             
  (2) 地中海産の「鬼ゲシ」(オリエンタルポピー)
                         Oriental poppy        
                (濃い赤い色のものが中心)。   
  (3) 黄、橙、白の「アイスランドポピー」。     
         → 18世紀に北極探検隊がシベリアで   
            この花を発見したことから。         
            ポピーといえば、このアイスランド   
            ポピーのことを指すことが多い。     
              Iceland poppy, Auctic poppy      
  (4) 4~5月頃によく見かけるオレンジ色の花は、
      「長実雛罌粟(ながみひなげし)」と呼ぶ。 
  いずれも英名の「ポピー」の名で親しまれる。   
  なお、スペインでは「アマポーラ」、           
  フランスでは「コクリコ」の名で呼ばれる。     


・「罌粟」は「芥子」とも書く。                 
・「雛」は小さい、かわいいの意で、ケシの中では 
  小型でかわいい花であることから。             
  漢字の罌粟(けし)は漢名からで、             
  実の形が罌(もたい。液体をいれる口のつぼんだ 
  甕(かめ))に似ていて、                     
  種子が粟(あわ)に似ているから。             
  種子は非常に小さく、そこから                 
  「芥子粒(けしつぶ)」の言葉ができた。       

・別名  「虞美人草」(ぐびじんそう)           
            中国歴史上の絶世の美女である虞美人に
            たとえた(下記参照)。             
        「ポピー」                             
            英語で「ケシ」を意味するが         
            日本に咲くポピーからは             
            アヘンの成分のモルヒネは採れないので
            栽培できます。                     


★<古代中国のお話-「虞美人草」>             
  項羽(こうう)と劉邦(りゅうほう)の         
  最期の戦いのとき、項羽は愛する虞妃(ぐき)と 
  ともに劉邦の大軍にまわりを包囲された。       
  項羽は別れの宴を開いてから最後の出撃をし、   
  虞妃も自刃して殉じたが、                     
  彼女のお墓にヒナゲシの美しい花が咲いた。     
  そのため人々はこの花を                       
  「虞美人草(ぐびじんそう)」と呼んだ。       
                      (悲しいお話です)       
  また、夏目漱石の小説に「虞美人草」がある。   
  漱石が新しい小説のタイトル名を決めあぐねていた
  ときに、街角の花屋さんで見た「虞美人草」の名に
  ”おっ、いい名前♪ これにしよう”ということで
  名づけた、ということらしい。                 


・1月23日、2月29日、3月25日の誕生花   
                      (アイスランドポピー)   
・花言葉は「慰め、いたわり、陽気で優しい、     
            思いやり」(アイスランドポピー)   

・「ああ皐月(さつき)  仏蘭西(フランス)の野は
      火の色す  君も雛罌粟(こくりこ)         
        われも雛罌粟(こくりこ)」    与謝野晶子
  「陽(ひ)に倦(う)みて                     
      雛罌粟(ひなげし)いよよ  くれなゐに」   
                                      木下夕爾  
(季節の花300より)

 


季節の花あ

2010-03-28 06:58:14 | インポート

一日一言

運が開く

巡り合わせが良くなると言う意味で、今まで

悪かった状況や事態が好転することを表す

のに用いる。機会をつかみ、思わしい状況

にすると言う時は、「運を開く」というように使う。

★彼女とめぐり会ってから、自分の人生に運が

開いたと喜んでいる。

類語:運が向く


4月から咲く花「アシュガ」

開花時期は、  4/  5頃~  5/  5頃。
                              (アジュガ)
・「アジュガ」は、「十二単」の園芸品種。 
  小さい青紫色の花が階層になって咲く。   
  別名は                                 
  「西洋十二単(せいようじゅうにひとえ)」
  「西洋金瘡小草(せいようきらんそう)」 
  (当ページでは、名の通った方の         
    「アジュガ」として両方載せました)   
・「十二単(じゅうにひとえ)」の名は、   
  花が幾重にも重なって咲く様子を、       
  平安時代の宮中の女官の                 
  正装である”十二単”に見立てたもの。   
  山野に生える、白っぽい花。毛がいっぱい。
  ただ、一般的に「十二単」と呼ぶと、     
  上記の青紫色の「アジュガ」のことを指す 
  ことが多い(ちょっとややこしいです)。

(季節の花300より)

 


季節の花

2010-03-27 05:33:59 | インポート

 

一日一言

雲霞(うんか)のごとし

雲や霞が湧きおこるようであるという

意味から、軍兵や大衆など人が無数

に群がり集まる様子をたとえて言う場

合に用いいる。

★あの有名タレントの野外コンサートには、

雲霞のごとくファンが集まってきた。


4月から咲く花「カロライナジャスミン」

開花時期は、  4/10頃~  4/25頃。         
・まっ黄色のラッパ状、筒状の花。                   
・アメリカのカロライナ州原産。                     
・「ジャスミン」とは植物学的な関係はないが、       
  アメリカのノースカロライナ州、サウスカロライナ州に
  生えている、ジャスミンのような香りがする花、     
  ということからこう呼ばれるようになった。         
  たしかにいい匂い♪                               
・「カロラインジャスミン」とも呼ばれる。

(季節の花300より)