行政書士山浦清美のお気楽トーク

行政書士、省エネ・節電、農業、飛行機、ボウリングのことなどテーマ限定なしのお気楽トークができればと思っております。

2020年の練習を振り返って

2021-01-01 | 健康ボウリング
 次のグラフは2020年のクラブリーグ戦、ダブルスリーグ戦を除く練習と試合の結果をグラフ化したものです。AVEは各練習日毎のアベレージで、10回、25回移動平均は各アベレージを当該回数の移動平均をとったものです。



 クラブリーグ戦、ダブルスリーグ戦を除く501ゲームの年間アベレージは176.10で、1ゲームの平均ストライク数4.15、平均スペア数3.64、平均ノーヘッド数1.17、平均オープンフレーム数2.85となっております。

 ちなみに2017年⇒2018年⇒2019年⇒2020年の推移は、
 アベレージ       165.5⇒168.9⇒176.76⇒176.10
 平均ストライク     3.39⇒3.60⇒4.13⇒4.15
 平均スペア数      3.78⇒3.84⇒3.69⇒3.64
 平均ノーヘッド数    1.30⇒1.02⇒1.12⇒1.17
 平均オープンフレーム数 3.31⇒2.75⇒3.08⇒2.85
となっておりました。

 全体的に眺めてみるとほぼフラットで伸び悩みの一年といったところでしょうか。25日の移動平均が落ち込んでいるところは、コロナ休業明けと夏場にかけてです。10日平均で終盤に上昇傾向がみられ、それに伴い25日平均も上昇基調で終了しております。
これは猿腕対策、前方重心・後方重心問題に端を発する投球フォームの変更が上手くいきつつあることの証なのかは未だ明確には判断できませんが、少なくとも悪い方向ではなかったことは言えるかもしれません。

 2020年8月からセンターのダブルスリーグ戦にも参加するようになりました。より強豪と対戦する機会が増えるとともに、色々と教えていただけることも多くなりました。更にはプロのフリーレッスン会にも定期的に参加できるようになり、多くのサゼッションが得られました。
 2021年は投球フォームの安定化を目指し、スペア率の向上を図り、アベレージを180台に乗せたいと思っております。
今年の干支は丑です。例え歩みは鈍くても一歩一歩、力強く粘り強く進んでいければと願っております。
コメント

月間アベレージ(12月)

2020-12-31 | 健康ボウリング
 久々の180超えです。ストライク率が43.3%と過去最高となりました。スプリット率は前月より大幅ダウンするもスペア率は前月よりダウンしてしまいました。10ピンカバーはやや改善したものの7番ピンを含む左側残りピンののカバー率が大幅に低下してしまったのが原因です。左側の残りピンはオイルの状態によって1投目用ボールとカバーボールを使い分けるようにしておりますが、これが低迷の原因なのかもしれません。時にどちらにするか迷うことがあり、このような時には良い結果をもたらさないことが多いように思います。自分なりの判断基準を設けておく必要があるようです。
 とにもかくにも締めくくりの12月で180超えができたのは来年に繋げる意味で良かったと思います。今後はコンスタントに180超えができるように練習に勤みたいと思っております。







コメント

マラソンボウリング大会

2020-12-31 | 健康ボウリング
 昨夜開催された年末恒例のマラソン大会に参加しました。
今回のレーンコンディションは43ft-25mlと昨年よりオイルが入っております。3ゲームでレーン移動、6ゲーム終了後食事タイムで30分休憩で後半の6ゲームの全12ゲームです。12ゲームとも”RIPCORD FLIGHT”で投げ切ることができました。ビッグゲームは出にくいですが、大きく凹むことなくマラソン大会のような時には重宝なボールかもしれません。
 結果は、昨年(「マラソン大会(ボウリング) 」)よりややスコアを落としスクラッチ2213(アベレージ184.4)の11位となりました。10位の方とは同ピンでしたがスクラッチの多い方が上位となりますので惜しくも賞品のボールには届きませんでした。悔やまれるのはスペア率の低さです。シングルピンのスペアくらいチャンと取れよと叫びたくなります。
 今年はこれで投げ納のつもりです。今年はコロナで一時期投げられないなど色々と多難な年でした。年が変わったくらいでそう容易く良い年になるとは思えませんが、人の気持ちは切り替えることができます。少なくとも自身はそうありたいと思っております。
 来年の投げ初めは元日夜に開催される「福袋争奪戦」にエントリーしております。何が当たるか!!!





コメント

健康クラブNo.1は誰だ!~優勝

2020-12-13 | 健康ボウリング
 佐賀県健康ボウリング親善大会の予選を兼ねたセンターでの大会で優勝しました。
昨夜の月例会トリオチーム戦ではアベレージ136と惨憺たる結果で、チームメンバーの足を引っ張ってしまいました。ダブルスリーグでの不振も重なって悔しいやら情けないやらで悶々と夜を過ごしました。
 お陰で完全な睡眠不足のまま試合に臨むことになりました。10分間の練習ボールでレーンを掴めず、立ち上がりが悪いのはいつもの通りです。それでも1ゲーム終了時点で5位とのアナウンスがあり、これからというときにスプリットです。思い切ってラインを変えたのが功を奏したのか、それ以降は立ち位置の微調整で最後まで投げ切り、2位と39ピンの差をつけ逃げ切りました。スクラッチでも18ピン差でトップでした。
 しかしながら、今回の優勝はいつも高得点をたたき出す方々が揃って調子が悪かったという幸運に恵まれたからにすぎません。そのことは重々承知しておりますが、単独優勝は昨年のゴールデンウイーク以来のことで、ここのところ調子が停滞気味であったこともあり、久しぶりにスッキリした出来事でした。








コメント

ボウラーズクラブ月例会(12月度)

2020-12-05 | 健康ボウリング
 本日は本年度ボウラーズクラブ九州支部の締めくくりの月例会でした。
先月までの成績で年間総合順位(1月~11月)は19位となっておりました。12月の月例会は単月表彰となります。
今回もまたまたやらかしてしまいました。先月購入した「RIPCORD FLIGHT」で投げてみたのですが、アジャストに苦しみ不本意な成績に終わってしまいました。反省、反省、猛反省!!!

 ゲーム終了後、本来ならば懇親会&お楽しみ抽選会というところですが、今年は新型コロナの関係で表彰式&抽選会のみになりました。
 単月表彰は40位の飛び賞で金券を頂戴しました。年間表彰の19位はなーんにもなしです。
お楽しみ抽選会は、ラッキーなことにボウリングバッグ(2個用)が当たりました。更にラッキーなことにカバーボールが当たったN氏から交換してくれないかとの申し出があり、丁度カバーボールを買い替えようと思っていたところでしたので渡りに船と交換いたしました。

 ということで来年1月の月例会からリスタートです。来年は毎回6ゲーム1200アップを目標に頑張りたいと思っております。







コメント

月間アベレージ(11月)

2020-11-30 | 健康ボウリング
 180の壁は厚い!!!
上昇傾向にあるものの、この4ヶ月はほぼ横ばい状態です。
 ストライク率は40%を超え、過去の最高水準と並ぶところまで来ましたがスペア率が過去最低に落ち込んでしまいました。スプリット率も最高水準に達しております。シングルピンのスペアをすべてカバーボールで投げるようにしてからスペア率がアップしているはずと思っていたのに些かショックを受けております。10ピンカバー率もやや落ちましたが、これは誤差の範囲ということで・・・。
 180の壁の突破はスペア率の向上にかかっております。また、スペアに特化したトレーニングをしようと思っております。

 今月後半から「RIPCORD FLIGHT」を投入して色々な局面で用いております。その結果が来月くらいから現れてくると思います。

 年末はセンターで多くのイベントが企画されております。特に楽しみなのがマラソン大会です。食事休憩を挟んで12ゲーム投げます。月間180超えを左右するのは、これをどうやり過ごすか(昨年はアベレージ:185.4)にかかってくると思います。








コメント

「D&M ランナーマスク」を使ってみました!

2020-11-25 | 健康ボウリング
 ボウリング用のマスクとして以前投稿した「大空間マスク」を使用しておりましたが、お面着用時に使用するならともかくマスク自体が大きいし、メガネとの相性が今一といったところがありました。
 そこで更に色々なマスクを試してみたところ「大空間マスク」と同程度に呼吸が楽なスポーツマスクを入手しましたのでご紹介します。

 それはD&Mさんの「ランナーマスク」というもので(詳細は同社の商品紹介サイトで⇒「D&M ランナーマスク」)、フィット感があるにも関わらず張り付き感が殆んど感じられず、激しく動いてもズレるようなことはなさそうです。(ボウリングはそこまで激しく動きませんので実際はどうか分かりませんが・・・。)
 欲を言えばもう少し大きめのLLサイズが欲しいところですが・・・。

 入手して2週間以上使用してきましたが、今のところ私の中での総合評価はNo.1です。






コメント

RIPCORD FLIGHTを投げてみました!

2020-11-22 | 健康ボウリング
これまではフッキングポイントまでドーンと一直線に進み、カキーンと曲がってピンがぶっ飛ぶようなストライクが理想と思い描いておりました。ですから「走って切れる」ボールを好んでいたのですが、猿腕問題や前方・後方重心問題などで色々と試行錯誤を繰り返している内に自分の理想と自分の投げ方が本当にあっているのか悩みこんでしまいました。こんな時には両極端なボールを比べてみるのが一番なのですが「Badger Pink Fury」はソリッドとは言え、結構走って切れるようなボールですので少し感覚が違うように思います。
 そんな折、センターでウインターバーゲンをやっておりましたので、思い切って”RIPCORD FLIGHT”を購入してみました。このボールはアーク状に曲がるボールで、奥でも緩やかに動くようにピンダウンでドリルしてもらいました。
 ということで早速1ゲーム投げてみました。確かにアーク状に緩やかな動きで扱いやすいといった印象でしたが、同時に何となく物足りなさも感じました。そりゃそうでしょうね、ドーンとカキーンとに比べれば、ダラーンとしているように感じます。しかし、ポケットヒットしたときのピン飛びは同じ位に豪快です。これじゃ余計に悩ましくなってしまうかも知れません。

 今までのボールと正反対のボールをしばらく使い、データを取って自分の性に合っているかどうか試してみたいと思っております。






コメント

ボウラーズクラブ月例会(11月度)

2020-11-09 | 健康ボウリング
 昨日の月例会は惨憺たる結果に終わってしまいました。6ゲームアベレージ158.33で今季2番目の悪さで参加53名中52位でした。
レーンコンディションは42ft-19mlと極普通のものでした。ただ、午前中は通常営業でリオイルはしていないとのことでした。

 10分間の練習投球でもレーンの状況を掴めず、初っ端から7-10を出してしまいました。その後も色々なラインを試してみるも、ことごとく上手くいきません。2ゲーム目は「Badger Pink Fury」から「Accu Rise Ⅶ」にスイッチしましたが、これもしっくりこず再び5フレーム目から「Badger Pink Fury」に戻しました。チェンジして一発目にストライクが来ましたので、さぁこれからというときにガターに落としてしまいました。3ゲーム目で何とか使えそうなラインを見つけるも既に遅しで前半3ゲームを終えました。

 15分間の休憩後、レーン移動して後半3ゲームの開始です。前のコンディションと大夫違うようで移動後の初っ端から2フレーム続けてオープンにしてしまいました。移動後のレーンはそんなに荒れていないようで、後半3ゲームは悪いなりに何とか格好がついたかと思います。

 今回もコンディションに対する適切なアジャストが如何に大切かということを思い知らされました。これまで重要な課題であるという認識は持ってはいたものの余りにも難しい問題ではあるし、その前に改善すべき点が数多あることから取り組みを先延ばししてきました。それらと同時並行的にできるかどうか分かりませんが、今後本格的に取り組んでみたいと思います。



コメント

ダブルスリーグ第24シーズン結果

2020-11-06 | 健康ボウリング
 ダブルスリーグ戦に第24シーズンから参加しました。今シーズンは全11チームで競い、昨夜の最終戦ポジションマッチの結果、我がチームは第8位ということになりました。初参戦にしてはまずまずの結果かと思います。
 ダブルスリーグは、シーズン毎に参加チームの総当たり戦+ポジションマッチで基本的に毎週行われており、レーンコンディションは2種類で開催毎に交互に替ります。最終順位は各シリーズのチームの総累計ポイントで決まります。各シリーズのポイントは2人の3ゲーム合計ポイントと1ゲーム毎のチームポイントの多い方に100ポイントプラスし、更に3ゲームのシリーズポイントの多い方に100ポイントプラスとなります。
 また、ハンディキャップは(200-シーズンアベレージ)×0.8(女性は0.9)で算出したものが各シリーズ毎に更新されます。

 こんな感じのダブルスリーグですが、皆さんボウリング大好き人間の集まりで楽しみながら切磋琢磨しようといった雰囲気で楽しくボウリングができます。そして何よりなのは試合終了後23:00までフリー投球ができることです。ゲームは22時位には終了しますので、約1時間その日の反省点などを踏まえて重点的に練習に取り組めます。そして上級者の方から色々なアドバイスを頂けることもあります。
 自分としてはダブルスリーグに参加するのはまだまだ早いかと思っておりましたが、思い切って参加して良かったと思います。健康クラブでは得られない良い意味での刺激を与えられます。自分の未熟さを嫌というほど思い知らされることもあるのですが、それらを一つ一つ克服していくことにより、ボウリングの奥深さや面白さを体験できるのではないかと思っております。

 下図は各ゲームのスクラッチポイントとそのアベレージの推移グラフです。第5週までは各ゲーム大きなばらつきは無かったのですが、その後は1ゲームが大きく崩れるといった傾向が顕著にみられます。これは「Badger Pink Fury」という選択肢が増えたことから、ボールチェンジのタイミングに失敗したことによることが要因の一つとして挙げられるかも知れません。その他投球フォームの変更の影響もあるかも知れません。何れにしてももう少しデータを取って、詳細に検討してみる必要があるようです。
 

 


 今シーズン12週のアベレージは、スクラッチ173.75という結果でした。来週からは新しいシーズンが始まります。レーンコンディションも新たなものになるでしょうから、また色々と学ぶことができると思います。心機一転頑張るぞー!!!


コメント

月間アベレージ(10月)

2020-11-01 | 健康ボウリング
 10月の月間アベレージは先月よりややアップし176.6となりましたが、180アップを果たすことができませんでした。猿腕対応に慣れてはきたものの、まだまだ安定した域に達していないものと思われます。
 ストライク率はやや上昇し、40%に迫るまでに来ました。半面、スプリット率が上昇していることが気になります。
 10ピンカバー率はやや改善しましたが、最低でも60%台は欲しいものです。月後半から25枚目付近を通すように変更して改善傾向に繋がったのではないかと想像します。

 11月は投球フォームの更なる安定化に向けて練習するつもりです。それにフリーレッスンで偶に手首が折れることがあると指摘された件についても注意していくつもりです。直らないようでしたら、再びリスタイのお世話になるかも知れません。
 今月は何とか180アップを達成したい!!!







コメント

ボウラーズクラブ月例会(10月度)

2020-10-25 | 健康ボウリング
 13回目のチャレンジでやっと悲願の6ゲームのスクラッチトータル1200アップを達成することができました。
 本日はボウラーズ用に買った「Badger Pink Fury」の初投入です。立ち上がりはアジャストできずにヘッドを外してしまいましたが、思い切って立ち位置を5枚変えてポケットを捉えることができました。今日は失投が何回かありましたがオイルの変化に何とか追従できました。しかしながら、肝心なところで力んでしまうのか、スペアミスが頻発してしまうのが反省材料です。
 後半3ゲームが崩れてしまうことが多いので、4ゲーム目は「Accu Rise Ⅶ」で投げてみました。しかし、どうもしっくりこないので6フレーム目から再び「Badger Pink Fury」に戻しました。結果的にこれが良かったのでしょう。後半も好調を維持して終えることができました。
 2ヶ月連続でまぁまぁの成績を残すことができました。今年は、途中のスランプで出遅れてしまいましたが、残り2回しかありませんが何とか追い込んで総合順位を上げたいと思っております。







コメント

ボウリングで大空間マスクを使ってみました!

2020-10-17 | 健康ボウリング
 マスク着用でボウリングしていると息苦しさを感じます。それから吐息で眼鏡が曇ってしまうということもしばしば発生します。
これまで4種類のスポーツマスクとマウスシールドを試してみましたが、どれも実用に耐えませんでした。結局、アプローチに上がる時に鼻を出し、投球後に戻すといった煩雑なことの繰り返しです。そのうち手脂やオイルでマスクが汚れ、それがレンズに移りでイライラすること再々です。ただでさえ調子が悪いので尚更イラついてしまいます。

 マウスシールドは呼吸自体は楽にできるのですが、息を強く吐くと上方へ強烈に向かい眼鏡を直撃してしまいます。結局、1ゲームもしないうちに使用を諦めました。
 他のスポーツマスクも宣伝文句は良さそうに見えましたが、使用したら五十歩百歩でした。これだったら昔ランニング大会に参加していた時に着用していたフランクショーターのランニングシャツをバラして作ってもらった手作りマスクの方がまだ良い位です。
 そこで色々とネットを物色しておりますと大空間マスクというものを見つけまして早速入手してみました。元々は剣道用に作られたもののようで、デザイン性は劣るものの背に腹は代えられません。見かけはどうであろうとボウリングが快適にできることが優先です。
 早速使用してみましたが、これまでのスポーツマスクに比べて格段に呼吸が楽にできます。それに眼鏡も曇りません。
それも道理ですね。一定流量の空気を通すには断面積が大きい方が良いに決まってます。よって上方の眼鏡に向かって漏れる空気も減りますので眼鏡も曇らなくなります。

 大空間マスクを着用した様子です。何となく覆面強盗の手配写真に見えなくもありませんが(笑) そこのところはご愛敬で・・・。




 私はこれ位で十分満足できておりますが、顎紐を調整することによって下の画像よりもっと口の前に空間を作ることができるそうです。



 まだ1回しか使用しておりませんので、これから使い込んで評価してみたいと思います。ただ、これまで試した中では一番です。


コメント

やっと投球フォーム改造に目途がつきました!!

2020-10-07 | 健康ボウリング
 猿腕発覚に端を発した投球フォーム改造が何とか目途がつきました。昨日のプロによるフリーレッスン会でチェックしてもらったところ、後は微調整で大丈夫だろうとのことでした。今後は改造後のフォームを安定的に投球できるようにすることです。練習中でもつい乱れてしまうことがありますので試合などでは尚更です。

 思えば「脇が締まらない原因~猿腕だった!」から猿腕対策を始めて、フォーム改造に目途がつくまで、ほぼ2ヶ月を要してしまったことになります。当初はネットで調べたりして試行錯誤しておりましたが、結局はセンターの所属プロに聞くのが最善の策でした。試行錯誤してみることも大切なことに違いありませんが、そこはやはり素人です。どうしても独りよがりの思い込みを避けることができません。そして一番悪いのが目先の手直しの成功で満足してしまうことでしょう。改善したい点さえ上手くいけば他に悪影響を与えてもそれで良しとしてしまい、結果的に全体的なパフォーマンスを低下させてしまいます。

 今回の改造に際しては、プロに猿腕対策を聞き、それが「猿腕の対処法はこれに決めた!」の方法と全く同じであったので自信をもって取り組むことができました。その練習過程もプロに見てもらいながら進めることができました。その中で「前方重心・後方重心」で書いておりますように投球フォームが自分の重心位置と異なるものとなっていたことを見つけてもらったのも副次的な効果でありました。というか今となっては猿腕対策はあまり重要でなかったようにも思われます。むしろ重心位置と投球フォームの不適合の方が重要だったかも知れません。猿腕対策と前方重心の投球フォームへの改造を同時並行的に安心して行えたのもプロから適切なアドバイスをいただきながら進められたことが大きかったと思います。

 一応フォーム改造に目途はついたものの、まだまだ多くの改善点があります。最低でも月1~2回はプロからアドバイスをいただきながら投球フォームをブラッシュアップしていきたいと思っております。

コメント

月間アベレージ(9月)

2020-10-01 | 健康ボウリング
 9月の月間アベレージは先月よりややアップし174.4となりました。これは猿腕対応にやや慣れてきたことが寄与しているものと信じたいと思います。
 ストライク率はやや低下しております。この原因はよく分かりませんが、まぁこの辺は誤差の範囲ということで・・・。
 10ピンカバー率もまた下落してしまいました。特に遅いレーンでのカバー率低下が目立ちます。

 10月は猿腕対策の他、一昨日発覚した「前方重心・後方重心」問題によるフォーム変更という新たな課題も克服しなければならなくなりました。前途多難ですが何とか乗り越えて新しい地平に立ちたいと思っております。








コメント