山浦清美のお気楽トーク

省エネ、農業、飛行機、ボウリングのことなどテーマ限定なしのお気楽トークができればと思っております。

水田から自然農の畑へ~畝立-その3

2022-11-22 | 農業
 雨が降る前にと急いで作業を行い、何とか溝切を終わらせました。大きな土塊を割ったり、畝を整形したりなどの作業は後日ゆっくり行う予定です。
 これまでの作業で
 1.1m幅✕53.5m(L字)の畝、2.4m幅✕26.0mの畝が1本、2.6m幅✕27.5mの畝が7本、軽トラの駐車スペースの出来上がりです。







 まとまった雨が降るとおそらく土壌がガチガチに固まってしまうと思います。しばらくして草が生えてくるようになると愈々自然の循環が始まります。ここから自然農のスタートです。草の根が固い土壌を少しずつ耕してくれます。その内、根圏微生物やミミズなどの小動物が土壌に団粒構造を作ってくれます。この団粒構造を壊すことのないようにするのが不耕起農法です。(参考:「耕さない農業」)
 そしてその先に私が目指している「自然農」があります。(参考:「自然農について」)
 これで自然農へ移行した面積は17アールになりました。これを一人で管理するのは結構大変になると思いますが、身体が動く間は頑張っていきます。




水田から自然農の畑へ~畝立-その2

2022-11-18 | 農業
 昨日に引き続き、畝立作業を行いました。昨夜畝のレイアウトをあれこれ考えておりましたが、水田からの転用ですので水捌けを良くしたいことと、作業性を考慮して溝幅を40cmで統一することにしました。畝幅は110cmと260cmの2種類とし、今回は畝立を早く終えたいので、隣接水田との境界部分を除き全て260cmで畝立を行う予定です。作付け作物によっては260cm幅の畝の真ん中に40cm幅の溝を切れば、110cm幅の畝に分割できるという寸法です。
 
 とりあえず1畝終了です。手前の溝を切っていない所は軽トラの駐車スペースです。



 隣接の水田との境界は、60cm幅の溝で浸水してきた水を溝で受けて排水できるようにしました。境界は2面ありますので、画像のようにL字の畝となります。



 1畝おいて次の畝からは260cm幅の畝が南北方向になるようにします。



 本日の作業はここまでしかできませんでした。40cm幅の溝を延べ77.5m切ったことになります。溝の深さを15cmとすると移動させた土は4.65立米で重量換算すると約7.4トンになります。二日続けての重労働でかなり疲れました。明日は別の仕事が入っておりますので、次は日曜日にやろうと思っております。





水田から自然農の畑へ~畝立-その1

2022-11-17 | 農業
 色々と考えた末、稲作から畑作に転換することとしました。(参考:「とうとうジャンボタニシが・・・ 」)

 稲の刈り取りを終えて、そのままの水田は「ひこばえ」が生えてきております。稲作後の土壌は非常に硬く締まっておりますので、そのままでは畝立ができる状態ではありません。ですから自然農の畑にするといっても一度はトラクターで耕耘する必要があります。(これが最後の耕耘となります。今後、耕すことはしません。 参考:「耕さない農業」)

 次の画像は耕耘後の田んぼです。



 隣接の農地は水田ですので、水張りされたら境界を越えて浸水してくると思われますので、約60cm幅の溝を設けることにしました。取り敢えず縄張りして溝切です。かなりの重労働ですので、休み休みやります。



 とりあえず1本切り終えました。



 予想通り、ロータリーが届かない土層はガッチガッチに固まっていました。



 これだと水はけが悪いので、自然農1年目にはライムギなどの根が深耕作用のある作物を栽培してみようと思っております。

 あるいは水田に隣接した畝には、逆手を取って水を欲しがるサトイモや生姜などを栽培するのもありかな?
そうそう隣接の水田は慣行農法なので薬剤散布されます。ですから境界にはバンカープラントも植えておく必要がありますね。

 このようなことをあれこれ考えながら作業するのは楽しいもので、あっという間に時間が経過してしまいました。
手作業で畝立している姿を見かねたのか、畝立するならカルチを貸してあげようかと申し出てくださいましたが、丁重にお断りしました。汗水たらして土と対話することが私にとっては至上の悦びなのですから、機械なんぞに奪われてなるものですか!!!
 と瘦せ我慢するのでありました。

 今日はとりあえず外周の溝切作業しかできませんでした。今まで知らなかった(知る必要がなかった)田んぼの外周を測ってきましたので、これから畝のレイアウトを作ります。さてどんな畑にしようかな~!
 軽トラの駐車スペースも確保しておいた方が良いかな?
 
 土曜日に雨の予報が出ておりますので、明日までに大まかにでも畝立を済ませておきたいのですがチョット無理かな!?
 こんな時、誰か手伝ってくれると本当に嬉しいのですが・・・。




サトイモの収穫

2022-11-16 | 農業
 今朝の冷え込みのせいか無性にサトイモの煮つけが食べたくなり2株ほど収穫しました。今年は台風で葉がズタズタになるほどにやられましたので、あまり期待していなかったのですが、そこそこ良い感じに育っておりました。



 偶々1株は普通のサトイモでもう1株は海老芋を掘り当てました。これからしばらくはサトイモで食卓が賑わいます。このところサツマイモも毎日食しております。もうしばらくするとジャガイモも収穫できそうですので、しばらくは芋漬けの日々になりそうです。

 ついでにハヤト瓜を収穫していたら、次の画像のようなサッシに食い込んだハヤト瓜がありました。



 強烈に窓枠挟まってますので素手では採ることが出来ませんでした。工具でこじ開ければ採れないことはないのですが、そこまでして収穫しなくてもいいやと思い、そのまま放置しました。その後どのようになるか興味深々です。

ハヤト瓜(3)~収穫

2022-11-10 | 農業
 手探りで始めたハヤト瓜の栽培です。昨年は収穫が遅くなってしまい霜が降りる頃になっての収穫となってしまいました。それで今年は早めに植えてみました。(参考:「ハヤト瓜~発芽」)
 順調に発芽し、すくすくと成長しておりましたので収穫も早いのではないかと想像しておりました。ところが何時まで経っても開花しません。私はウリ科だから夏野菜と思い込んでしまっていたようです。(参考:「ハヤト瓜(2) 」)
 ネットで調べれば栽培方法などの情報はすぐ手に入るのに、何故かハヤト瓜だけは調べようとも思いませんでした。それだけ栽培が簡単だということでしょう。これまでやったことは種を土に埋めただけです。それ以来何もせず作物の伸びたい方に勝手に成長させております。

 ということで昨年よりは早めの収穫になり早霜にも遭わずに収穫することが出来ました。



 本日はサツマイモの収穫をしていたので、時間の合間を縫ってハヤト瓜も試しに収穫してみました。後日本格的に収穫予定です。
今年は粕漬けにでもしてみましょうか!?




とうとうジャンボタニシが・・・

2022-08-27 | 農業
 我が家の水田は山麓部にあり、ジャンボタニシが入ってくるのはまだまだ先の話かと思っておりました。ところが数年前から近くまでジャンボタニシの生息域が拡がってきているという情報が入ってはおりました。それでも未だ離れているので大丈夫だろうと安易に考えておりました。
 しかし、今朝ほど田廻りをしておりますとジャンボタニシの卵を見つけてしまいました。



 いやいやとうとう来てしまったかという感じです。ジャンボタニシは田植え直後の幼少期の苗を好んで食害するとのことです。調べてみますと色々対策はあるようですが、これでまたひと手間増えてしまうことになります。ひと手間で済めば良いのですが、そんなに生易しいものではないと思います。だってそんなに簡単だったら、こんなに生息域が拡がったりしないでしょうし、大騒ぎもしないでしょう。相当に手古摺る相手だと思われます。

 これを機会に稲作そのものを考えてみようかと思います。瑞穂の国に産れて百姓する機会が与えられたのだから稲作をしてみたいと思って12年ほど前にど素人の私が始めたものの、「自然農」に出会い紆余曲折あって慣行農法と折り合いをつけながらも稲作を続けてきました。そして今、僅かばかりの稲作に見切りをつけて全て「自然農」による野菜等の栽培に切り替える潮時なのではないかと思えてきました。
 折も折、一軒の大規模農家が周辺の水田の耕作を来シーズンから取りやめるとのことです。水田の所有者は新たなる耕作者が現れない限り大きな選択を強いられるでしょう。そう言った意味で来シーズンは当地の農業の大転換点になるものと思われます。

 現在私は65歳で、今後何年農業ができるか分かりません。できれば好きなことをやって過ごせたらと思っております。これを機に稲作をやる意味を今一度根本から考えなおしてみたいと思います。


やっと無花果が熟してきました!

2022-08-21 | 農業
 例年ですと6月の下旬には熟していた夏果ですが、天候のせいか今年は着果すれど成熟することなくこの時期まで来てしまいました。
ここにきてやっと熟し始めたようです。この場合、夏果というべきか秋果というべきか迷ってしまいますが、諦めかけていただけに収穫できただけでも良しとしましょう。
 長雨が続いたせいか色付きは不十分ですが裂果しておりましたので、取り敢えず5個ばかり収穫してみました。やはり完熟とはいきませんでしたが、それなりの美味しさを味わうことが出来ました。



 この先どのようになるか全くもって見当もつきませんが、夏果が採れなかった分、秋果に期待したいところです。

マクワ瓜

2022-07-28 | 農業
 今日も炎天下でサツマイモ(安納芋、シルクスイート)の除草作業でした。あまりもの暑さに耐えかね作業を切り上げようとしたとき、ふと目にしたのがマクワ瓜でした。適度に色づいております。これ喰ったら美味そうだなとついつい吸い寄せられてしまいました。匂いを嗅いでみましたら、未だ完熟ではなさそうですが、食べられないこともなさそうです。結局は喉の渇きに耐えられず1個だけ収穫してきました。



 一刀両断。やはり未だ熟しておりません。薫りはほんのりで果肉も固い状態でした。



 塩をまぶして冷蔵庫でキンキンに冷やしていただこうと思います。



 マクワ瓜は常温で追熟させることが出来るようですので、完熟まで待つ間に鳥からやられるより、ある程度のところで収穫して食べ頃まで追熟させる方が良いかもです。


除草に追われる日々・・・

2022-07-25 | 農業
 梅雨明けした後、戻り梅雨のように雨模様が続いておりました。お陰様で水田の水不足も解消とはいきませんが、何とか凌げそうになってきました。
 転じて畑の方はというと作物が草に覆われてしまっております。時間を見つけては除草に勤しんでおります(汗)

 落花生(おおまさり)です。溝は事前に草刈り機で除草済です。


 今回は丁寧に除草しまくりました。


 黄色い花が咲いています。


 受粉するとツル(子房柄)が下方に伸び地中に潜り込み結実します。


 カボチャも草で覆われてしまっております。これを地際から除草すると間違って作物まで刈取ってしまうことがあります。


 そこで高刈りにしてみました。作物の葉の上に出ている部分をカットしたり、作物から離れている場合でも地際から3~5センチ程のところを刈ります。茎も柔らかいので作業効率がかなりアップします。


 それでもそこそこの除草効果はありそうです。後はどれくらい長持ちするかです。落花生の畝の隣ですから簡単に比較できます。


 マクワ瓜は数日前に除草しました。その時数本間違って刈取ってしまいました。ということでカボチャの畝は高刈りにしたという次第です。
 あと数日で食べ頃を迎えそうです。草に埋もれているときに比べ丸裸状態ですので熟すのを鳥たちが狙っているかも知れません。


 さて、収穫のためとはいえ酷暑期の除草作業は実に辛いものです。あと何回除草作業をしなければならないのでしょうか!?

<参考> 「落花生(おおまさり)~救出作戦?」「除草、除草、除草」「休耕田の除草~高刈り


除草、除草、除草

2022-06-29 | 農業
 6月28日に九州北部がもう梅雨明けてしまいました。雨らしい雨と言えば2日程しか降っていません。このままでは水不足が懸念されます。
 その僅かな雨で急繁殖し始めたのが草々達です。先日草刈りしたばかりの落花生(「落花生(おおまさり)~救出作戦? - 山浦清美のお気楽トーク」)は次の画像の通りになっておりました。



 今回は剪定挟みを使うなんて悠長なことでは対応できそうもありませんので、若干の犠牲株が出ても仕方ないと思い草刈り鎌を用いました。炎天下の作業となるため株廻りのみの除草としました。



 我が家の夏の定番となっているマクワ瓜も草に埋もれてしまっております。今年は孫達も帰って来るようですので大量に作付けしました。 



 これも株廻りだけ除草し、刈った草は株元に草マルチしておきます。これで土壌の乾燥や新たな草の発芽・成長を抑制します。



 こちらはどこにマクワ瓜があるか分からない位になっておりました。



 これも同様に救出しました。


 
 これはつい一週間ほど前に挿したシルクスイートです。昨年までは安納芋だけでしたが、シルクスイートは美味しく収量も多いそうですので、今年から栽培することにしました。親株を購入してツルを採取して殖やします。ただ親株の成長が思わしくなく、ツルの採取が遅れてしまいました。後はツルの成長を祈るばかりです。



 これは自生のカボチャです。昨年の採り残しから勝手に芽吹いてきました。今年もこれ以外に5~6株ほどありますので、カボチャには不自由しないでしょう。



 ここ数日は晴天続きの予報が出ております。あと数日は除草作業に掛かりっきりになりそうです。空調服(参考:「空調服にファンを増設してみました!」)を着用して作業しておりますが滅茶暑いです。しかし、空調服がないと確実に熱中症になるでしょう。作物が草を気にしない位に生長するまで、もうしばらく草達との格闘が続きます。



落花生(おおまさり)~救出作戦?

2022-06-16 | 農業
 梅雨に入り一雨ごとに草が伸びます。本格的な長雨の前に落花生の除草をしました。
 昨年は保存しておいた種が駄目(参考:「落花生の種が・・・」)になってしまい、取り残しの落花生から自生したものから細々と繋ぎました。
 今年は少し増やそうと思い大切に栽培しようと思っております。と言いつつもボウリングに呆けて中々手が廻らず草に埋もれてしまいそうですが・・・。
 
<除草前>


<除草後>


<落花生の花>


 株廻りだけ念入りに草を取り除きました。何時もは草刈り鎌で行っております。しかし、何株かは草と一緒に刈ってしまいます。今年は一株も失いたくないので次の画像のような剪定挟みで慎重の上にも慎重に作業を行いました。お陰で一株も犠牲にせず作業を終えることが出来ました。時間はかかるは気を遣うはで大いに疲れ果ててしまいました。



 次は梅雨の中休みに再度除草を行うつもりでおります。収穫まで気が抜けませんが、茹でピーを味わうために頑張ります!!!

 

アスパラガス~結実

2022-06-09 | 農業
 種蒔きしてから6年目(?)のアスパラガスです。このアスパラもそろそろ後継株の準備をしておいた方が良いと思い、昨年は別の品種のアスパラの種蒔きをしました。(参考:「アスパラガス栽培~発芽」「アスパラガス栽培~2年目(2) 」)
 ただ、このアスパラはなかなか美味しい品種ですので、この品種のアスパラの後継株も欲しいと思っておりました。しかし、どうしても品種名が思い出せません。そこでアスパラガスの採種をして育ててみようと思い立ちました。このアスパラは雌株らしく毎年結実していたのは知っておりましたが、これまでは採種に関心がなく放っておりました。
 今年も次の画像のようにちゃんと結実しております。



 この実は熟して赤くなりますので、採種して来春に種蒔きをしようと思っております。ただ一代交配種だったら先祖返りして別物の品種になってしまいますが、それはそれで面白いかとも思います。



 また、アスパラバスは株分けでも増やせるそうですので、今秋にもチャレンジしてみようかと思っております。



井出上げ(農業用水取水口整備作業)

2022-06-06 | 農業
 水田の水の需要期になるこの時期、毎年恒例の「井出上げ」が行われます。今年も6/5の午前6時から実施されました。当地区の生産組合の担当の取水口は2か所あり、農地所有者は各戸一人の出役が課されております。
 水田の水が不要になった秋口以降は無管理状態ですので、河岸は草茫々になっておりますし、取水口付近にクレソンなどの水草が大繁殖しております。また、大雨が降った後は石や砂で取水口や導水路を塞いでしまいますので、これらの除去作業が必要になります。河川から農業用水を確保するこれら全般の管理作業を当地では「井出上げ」と言っております。





 井出上げは何事もなければ年に1回で済みますが、大雨などで取水口が塞がってしまい取水が出来なくなる都度臨時に井出上げが実施されます。大抵は人力で行われますが、巨岩が流れてきて閉塞してしまった場合などには重機を借りて行うこともあります。
 このような管理作業によって川から取水した用水は、複雑な水路を経由して水田まで導かれます。これらのこれらの水路も草が繁茂したり、土砂で埋まったりしますので維持管理が必要になります。これは井出上げの前に全用水路に渡って行う大掛かりなものが年1回、自分の水田廻りの水路に関しては年4~5回の除草作業や土砂の除去作業が必要になります。
 山麓部に当たる当地では、これほどにしてまで稲作にとっての命である農業用水を確保する必要があるのです。そのほとんどが人力で行っております。しかし、その人が段々先細って行きます。当日集まった中で私はもう直ぐ65歳になりますが下から2番目の若さです。十年後を考えると思いやられます。十年後にこの作業に耐えられる人が何人いるか?
 当地の稲作は風前の灯です。いくら大規模集積した農地が出来ても農業用水が無ければ稲作ができるはずもありません。

 話は変わりますが、私が生まれ育った筑後地方は矢部川と筑後川に挟まれた平野部です。矢部川水系の川から取水した用水は張り巡らされた掘割(クリーク)を通して水田に行き渡ります。灌水設備が整備されていれば水栓を開ければ良いのですが、整備されていない場合にはクリークから水田へはポンプで汲み上げる必要があります。私が生まれる前は水車を踏んで水を汲み上げていたそうです。これ位に水の豊富な所の水田は恵まれていると言えるでしょう。逆にクリークの水位と水田の高さの差がほとんどないことからチョットした雨でも冠水してしまうことになります。一旦冠水してしまうと水が引くまで数日かかってしまうこともざらでした。
 また、クリークは水の流れがほとんどありませんので、ホテイアオイなどの浮草が水面を覆いつくします。また葦などの草も繁茂します。ですからこれらを除去する作業が頻繁に行われておりました。記憶が正しければ「藻上げ」と言っていたと思います。それからクリークは細かい泥やヘドロが溜まって浅くなってしまいます。ですから定期的に浚渫する必要があります。これを「泥上げ」とか「堀干し」とか言っていたと思います。堀干しは楽しみでもありました。水量が少なくなる冬季に各所に設けられた関を締め切り、ポンプで水を汲み上げていきます。そうすると鯉、鮒、鯰、鰻など大量の川魚を捕獲することが出来ます。昔はこれを甘露煮にしたり、長期保存のため燻煙したりして食して貴重な蛋白源になっていたものと思います。
 また水を抜いたクリークから泥上げ機(ベルトコンベアみたいなもの)を用いてヘドロなどを水田に持ち上げておりました。ヘドロには有機物が多く含まれておりますので、肥料として有効活用していたということでしょう。
 しかし、40年くらい前だったでしょうか、農業基盤整備事業という国家プロジェクトが始まり、旧来のクリークは埋められ大きな幹線水路となり、点在していた田畑は一ヶ所にまとめられた農地とされました。農業用水は幹線水路から汲み上げ水田へはパイプで導水されるようになり、水栓を開ければ用水が給されるようになっております。事業が実施された時期には既に郷里を離れており、久しぶりに帰郷すると田園風景が大きく変貌してしまったことに驚きを憶えたものです。

 このように農業用水一つをとっても山間部、山麓部、平野部、干拓地などなどそれぞれに特徴があり、それぞれの歴史背景を有しております。ですから当地では基盤整備をしようにもできないといった方が適切であると思われます。そりゃ土木工事ですから無理してやれないことはないでしょうが、おそらく無理したところから破綻してしまうでしょう。国家百年の大計とはよく言ったもので、補助金があるからこの際やってしまおうと安直に飛びつくのではなく、何事もよくよく考えたうえで実行に移す必要があります。さもなくば、それこそ孫子の代に負の遺産を残してしまうことになってしまいます。
 ですから、このような地方の稲作は何も対策を講じなければ自然消滅してしまうでしょう。対策したはしたで禍根を残すことにもなりかねません。正に八方塞がりです。どうすれば良いのですかね~!?

アスパラガス栽培~2年目(2)

2022-05-28 | 農業
4/5に確認した「アスパラガス栽培~2年目」のアスパラガスが次の画像のように大きく成長してきました。



 定植後に生き残った12株全てから新芽の発生が確認でき、一先ず安堵致しました。ただ、株毎に成長度合いがかなり異なり、一番遅れているのは次の画像のように細々としております。



 アスパラガスは2メートルほどの高さになりますので風で倒されてしまいます。ですから何らかの支えが必要になります。皆さん色々と工夫されていると思いますが、私は鉄パイプを立て、それに麻紐(バインダー紐)を渡してアスパラを取り囲むようにしております。麻紐は劣化が早いのですが、1年持てば良いし、その後は放っておいてもそのまま畑に戻せますので後処理が楽です。

 地下茎が充実した株は、早ければ来春から収穫が可能になるかも知れません。12株あるので自家消費する分には十分かと思います。

<参 考>
 「アスパラガス栽培~発芽」「アスパラガス栽培~定植」「アスパラガス栽培~定植後の成長

ハヤト瓜(2)

2022-05-03 | 農業
 4/12に植え付けたハヤト瓜(参考:「ハヤト瓜~発芽」)が、もうこんなに大きくなっておりました。やはり昨年の植え付けは相当に遅かったようです。
 この調子だと梅雨明け位には収穫できるかも知れません。



 やっぱ瓜類は夏の野菜ですよね。キュウリやマクワ瓜も栽培しておりますので夏場の食卓を賑わせてくれることでしょう。