行政書士山浦清美のお気楽トーク

行政書士、省エネ・節電、農業、飛行機、ボウリングのことなどテーマ限定なしのお気楽トークができればと思っております。

家族農と大規模農業~下町ロケットを視て思うこと

2018-12-07 | 農業
 下町ロケットは以前から共感をもって視聴しておりました。私自身も開発に従事していたこともあり、「だよねー!」と感情移入できるシーンも多々あります。しかも、今回のテーマは農業だということで、ますます期待が高まっておりました。

 しかし、いざ蓋を開けてみると大いなる期待外れでした。色々と取材はされているのでしょうが、あまりにも農業の現実を一面からとらえているといった印象です。確かに農機の自動運転は必要なことでしょう。実現すれば救われる農業者もいらっしゃるでしょう。
ただ、それは極一部の話で、圧倒的多数の農家は、そのようなものの必要性を感じていないと思います。

 おりしも、2017年12月20日の国連総会で、2019年から2028年までの10年間を「家族農業の10年」とすることが採択され、来年はこのスタートの年でもあります。
 世界の食料のうち約8割が家族農業による生産でまかなわれていると言われております。しかるに、農水省は大規模化、ICT化を推進することに躍起になっており、家族農業、中小零細農家は無くなってしまえと言わんばかりの政策を推進しております。

 中小零細農家、兼業農家の役割は当ブログの「農業カテゴリ」で散々書いてきました。大規模化を否定するつもりは毛頭ありませんが、大規模集約化すれば全ての問題が解決するといった幻想は持つべきではないと思います。

 
 私からみれば、下町発のトラクタも大企業のトラクタも五十歩百歩です。少々無理筋のテーマ設定であったと思われます。まぁ、ドラマとしては面白いが・・・。下町ロケットもそういった醒めた眼で視ております。



コメント

陶芸教室~二回目

2018-10-08 | ブログ
 前回ろくろに初挑戦してから二年半振りに二度目の陶芸教室への参加です。
今回もお師匠さん宅での飲み会のついで(?)に特別に開催していただきました。前回は7、8名の参加で、しかも全員初めてのチャレンジでしたので、実際に取り組んだ時間は正味30分くらいしかできませんでした。今回は二人だけでしたので2時間程、じっくりと取り組むことができました。
 2年半のブランクで全く忘れてしまっており、先ずはお師匠さんから一通り手順を解説しながらデモしてもらいました。

 本来は工程の全てをやらねばならないのでしょうが、時間もないので穴あけまではお師匠さんにやってもらいました。
 今回は湯呑と皿を作ろうと思っておりましたので、湯呑に何回かチャレンジしてみたものの高く持ち上げるところが結構難しく、結局は小鉢みたいなものになってしまいました。
 何とか6点出来上がりましたので、これらを焼いてもらうことにしました。その後もう一度湯呑に挑戦しようと思い、土とりからやってみましたが、これがなかなかに難しく、シンメトリックにできないからなのでしょう、荒のばしの最中にクラッシュしてしまいます。何度やっても上手くいかず、ついに断念してしまいました。何事も最初が肝心なのでしょう。

 さぁーて、どんな出来上がりになるか楽しみです。その後は、お師匠さんお手製の水炊きや燻製を肴で大宴会になりました。本当にお世話になりました。

<参 考> 前回の陶芸教室と出来上がりの記事です。

陶芸教室~ろくろに初挑戦」「陶芸教室~出来上がり



(工程)


(土とり)


(土とり)


(穴あけ)


(荒のばし)


(荒のばし)


(出来上がり)


(出来上がり)




コメント

健康ボウリング(17)~復調の兆し???

2018-09-22 | スポーツ
 7月、8月と不調が続いておりました。9月に入っても今一パッとしておりませんでした。
クラブリーグも第7節に入り、心機一転と思いきやアベ159.67と振るわずでした。ところが今週は(第2週)アベ194.33と復調の兆しが見えてきました。これが継続できれば本格的な復調傾向となると思い定めて迎えたのが昨日のレッスン会でした。
 ところがゲーム前の練習投球(30分間)では、ストライクが全く出ず仕舞いで、やはり復調は幻想だったのかとの思いが頭をよぎりました。意気消沈してばかりでは仕方がありませんので、色々な球筋を投げてみてレーンコンディションの把握に努めました。

 さて、いよいよゲーム開始です。一発目にストライクが出て、これで調子に乗れたのか一気に6フレームまで連続ストライクでした。後一投で自己ベストと並ぶ7連続ストライクでしたが、右に投げミスしてヘッドを外してしまい、結局はオープンフレームとしてしまいました。これまでならば、ここからボロボロになってしまうところですが、持ち直してベストスコアに3ピン及びませんでしたが253ピンと2度目の250アップを果たせました。

 2G目はいきなり7-10のスプリットで始まりましたが、何とか190台に乗せることができました。3G目はターキースタートしたものの、厚めに入るようになり修正をしたものの、とうとうスプリットとなってしまいました。7フレームは修正し過ぎて失敗、8フレームは逆に修正し過ぎと3フレーム連続でオープンにしてしまいました。9フレーム目の修正が功を奏しターキーでこれも190台に乗せることができ、結果3Gトータル643ピンと昨年の11月に出したの620を上回り、自己ベストを更新することができました。

 自分では、これで不調を脱することができたと思い込んでおりますが、客観的に見ればどうなんでしょうかね。明確な原因を掴み、これを修正した訳ではないのです。ただ単に上手く行くようになっただけならば、再び上手く行かなくなる時が来るはずです。原因があって結果があるはずです。結果だけで一喜一憂するのは、どうも性分に合いません。

 不調の原因がメンタルだとすれば、まさに性分が原因???

 結果良ければすべて良しといった性分になれればどんなにいいことか!!!

 


コメント

計画停電回避のため北海道で20%の節電が要請されております

2018-09-10 | 政治・経済・社会
 この度の震災で電力システムの脆弱性が露呈したのは既に報道の通りです。一極集中の危険性は今後議論されることでしょうが、喫緊の課題として計画停電を如何にして回避するかということが挙げられております。経産省からは20%の節電が要請されております。
 しかしながら、どのようにして実行するかは、既に東北の大震災の折に経験していることですので、この時に問題となった点を振り返ることが参考になるかと思われます。
 何かの参考になるかも知れませんので当時書いた記事を列挙いたします。

計画停電解消に向けての提言
誤解を招きかねない節電方法に関する報道
家庭における節電
エアコンの省エネルギー
電力不足対策における電気料金のあり方について
電力使用制限令とデマンドコントローラー
電力と電力量

 停電によって二次災害、三次災害が発生しかねません。とにかく知恵を出し合って、難局を乗り切っていただきたいと思います。
コメント

健康ボウリング(16)~クラブリーグ第6節結果

2018-09-09 | スポーツ
 9/5は第6節の最終戦(ポジションマッチ)でした。8位と4ポイント差、11位とは0.5ポイント差の9位(同率で2チーム)で臨みました。結果は1-3で、11位チームの結果次第ですが、おそらく11位陥落かと思われます。


 次のグラフは第1節~第6節までの3ゲームアベレージの推移グラフです。




 次のグラフは、第1節~第6節までの節毎のアベレージの推移グラフです。



 第5節のアベレージが頭打ちになって迎えた第6節でした。開始早々は好調が続いていたものの中盤以降低迷が続き、後半持ち直すかに見えましたが、再び泥沼にずっぽりと嵌ったままで終えてしまいました。どうもアベ170~180辺りに強大な壁があるようです。現状を打破するためには、スペア率の向上と連続ストライクが課題だということは分かっているのですが・・・。
 さて、今日も午後から練習に行ってきます。

 今週からは、新しいメンバーと第7節が始まります。気分一新、上位を目指しつつも、皆さんと楽しくボウリングをしていきたいと思っております。


コメント

アーモンドの収穫

2018-09-03 | 農業
 今年は乾燥した天候が続いたせいか、これまでほとんどできなかったアーモンドを収穫することができました。


 外皮の中に硬い種が入っております。




 この硬い種の殻を割ると見慣れたアーモンドの実が出てきます。生で食べると、梅の実(果肉ではなく殻の中の種です)に似た風味です。




 殻を割るのに活躍するのがウォーターポンププライヤーです。色々試してみて今のところこれが一番です。



 以前カリフォルニアの農園で機械を使って収穫する映像を見たことがありましたので、これを人力でやってみました。と言ってもアーモンドの木を揺するだけです。8割方の果実は落っこちます。これを拾い集めるだけですので楽ちんです。
 



 外皮は簡単にむくことができます。外皮をむいてしばし天日干しです。全部で160粒あまりでした。これを割って実だけにするのが一苦労です。




 アーモンドの花はこんな感じです。今までは花見だけが楽しみでした。





 生のアーモンドは消化が悪いでしょうから、今回は香ばしく炒って見ようと思います。たった160粒あまりなので、直ぐに消費してしまうことでしょう。


コメント

第24回佐賀市長杯アーチェリー大会(2018年)

2018-09-03 | スポーツ
 昨日、第24回佐賀市長杯アーチェリー大会が佐賀県立森林公園アーチェリー場で開催されました。

 選手の皆様、遠路多数ご参加いただき誠に有難うございました。そして猛暑の中での熱戦、本当にお疲れさまでした。
次回も多数のご参加をお待ち申し上げます。

大会結果 ⇒ 「第24回佐賀市長杯結果」

※ 大会結果につきましては、大会主催者よりデータの提供を受け、これをそのままット上に公開しているものです。
 従いまして、データの間違いなどがありましたら、主催者に直接お問い合わせくださいますようお願い申し上げます。

また、大会スナップは次のフォトチャネルからご覧いただけます。
「第24回佐賀市長杯アーチェリー大会」





コメント

消費税の軽減税率について(8)~軽減税率制度に関する資料が送付されてきました

2018-09-01 | 政治・経済・社会
 昨日、税務署から次の画像のような消費税の軽減税率に関する資料(表紙を除く15ページからなる冊子)が送付されてきました。



 標題に「よくわかる」と明記してありましたので、早速ページをめくってみました。ふむふむ。確かにカラフルではあるが、イラつくようなデザインが目にとまります。パワーポイントのスライドのような感覚で記述されております。
 あー、もう読みたくなくなってしまいました。「何がよく分かるだい!」ゴチャゴチャ書きなぐってあるだけのことです。「こんな資料を15ページも読めってかい!」とブツブツ言いながらも、チャンと読みましたよハイ!

 そこで分かったことはと言うと、軽減税率の対象品目が飲食料品(酒類を除く)と新聞であるということです。しかしながら、飲食料品の定義は、食品表示法に規定する食品ということであり、食品表示法の勉強も必要となります。ご丁寧にも食品表示法に規定する「食品」とは、『全ての飲食物をいい、人の飲用又は食用に供されるものです。また、食品には、「医薬品」、「医薬部外品」及び「再生医療等製品」が除かれ、食品衛生法に規定する「添加物」が含まれます。』といった注釈が書かれております。
 これに続き、対象となる新聞が定義され、一体資産の説明へと続きます。

 予想通り、外食は対象とならないがテイクアウトは対象となるようです。そしてその判断は飲食料品を提供する時点で事業者が行うこととされております。即ち、課税判断を一業者(実際にはレジ係)が行うということです。
 
 それから、飲食料品とは人に供されるものとされております。人に供されるものでない場合は、例え同じものでも飲食料品とならない⇒対象にならないといったことになります。
 更に、帳簿や請求書等の取引関連書類も税率をそれぞれ記載する必要に迫られ、税額の計算も同様です。更には、平成35年10月1日より、インボイス制度が導入されるとのことです。インボイス制度のことを適格請求書等保存方式というそうです。(この点は勉強になりました(笑))

 その他、ツッコミ所満載といった感じです。よく分かると題した資料でさえ、このような状況ですので、実際に導入されれば、大混乱は必至だと思われます。


 軽減税率導入は、一見庶民の味方のように思われるかと思います。しかしながら、減税した分どこかで増税して辻褄を合わせる必要があります。ですから結局、徴収コストを極小化することが国民のためというものであります。これは税の簡素化という言葉で明確に語られております。
 軽減税率を導入することで徴税コストが大幅に増加することは疑いありません。おまけに収集がつかないような大混乱が発生する恐れすらあります。

 消費税率が10%になること自体は、経済状況を見ながら決定すべき時には決定すればよいと考えております。しかしながら、軽減税率は導入する必要性を認められません。自民党の先生方、今からでも遅くありません。軽減税率導入廃止法案を成立させてください。切にお願い申し上げます。
 

 軽減税率に関するこれまでの投稿をまとめてリンクしておりますので、ご参照願えたらと存じます。
 
<参考>
消費税の軽減税率について
消費税の軽減税率について (2)
消費税の軽減税率について(3)~その先にあるもの
消費税の軽減税率について(4)~たったの2%軽減ではやる意味ないでしょ!
消費税の軽減税率について(5)~還付方式
消費税の軽減税率について(6)~還付方式(その2)
消費税の軽減税率について(7)~混乱は覚悟の上?

消費税の軽減税率は不毛な議論だ!

コメント

五輪サマータイム???

2018-08-07 | 政治・経済・社会
 報道によりますと東京オリンピック・パラリンピックの酷暑対策として、政府・与党は夏の時間を2時間繰り上げるサマータイム導入に向けて本格検討に入ったそうです。それによれば、サマータイムになるのは、最も暑い6~8月の3カ月のみで、開催前年に試験導入し、開催年に本格導入するとのことです。そして、その2年のみの限定導入となるとのことです。

 そもそもこの時期に開催するのは、放映権絡みの問題が大きいのは周知の事実です。各競技の時間も最も視聴率が高いと予想される時間帯が計画されていることでしょう。それを勝手にずらしてしまえば、放映権者からクレームがついてしまいませんか?

 そもそも五輪の開催時期は、前回の東京大会のように10月頃が最も適当な時期であるにも関わらず、大人の事情とやらでアスリートには最も酷な時期の開催となってしまいました。先ずは、これを正すのが常道と言えるのではないでしょうか?

 サマータイムは国民生活に大きな影響を与えます。単に五輪だけの酷暑対策であるというのであれば、競技によって開始時刻を個別に調整すれば済む話であって、これに国民全体を巻き込む必要がどこにあるのでしょうか。まったくもって理解できません。

 私のサマータイムに関する見解は「サマータイムについて」で述べている通りです。サマータイムを導入すべき積極的理由があればまだしも、今回の導入は唐突で小手先の対応としか思えません。無駄な金を浪費し社会的な混乱を惹起させるだけだと憂慮します。


 かつて猪瀬元東京都知事が提唱した「日本の標準時を2時間も前倒し???」などは論外中の論外です。



 

コメント (1)

健康ボウリング(15)~絶不調です

2018-07-25 | スポーツ
 ハンディキャップ=11で始まった第6節でした。第3週から5週間守り続けたハンデ=0でしたが、次第に不調に陥り、第13週時点でハンデ=9になってしまいました。どうも泥沼にはまり込んでしまったようです。
 毎週レッスン会にも参加し、色々と修正しようとしているのですが、次のグラフのように下降線は止めようがありません。




 藁にも縋る思いで、次の二冊を購入ました。ボウリングを基本から学び直してみようと思います。





 第6節ももう残り少ないのですが、何かのきっかけにでもなればと思っております。


コメント

夏野菜がたくさん採れてます。

2018-07-14 | 農業
 このところ毎日のように野菜達を収穫できております。もうすぐ、カボチャ、ゴーヤ、マクワウリなども加わります。
ミニトマトなどは採れすぎで食べきれないくらいです。


 小玉スイカも試しに収穫してみました。早速、割ってみましたところ、若干過熟気味でした。スイカの収穫時期の見極めは難しいものです。


 ついでに、ラッキョウも収穫しました。福井ラッキョウの二年物です。


 種球を残して、残りはラッキョウ漬けを作ります。


 初挑戦の挿し芽で殖やしたジャガイモは梅雨越えしてしまいましたので、8割方は腐ってしまっておりました。残念、次回リベンジです。
 

コメント

参議院定数6増???

2018-07-03 | 政治・経済・社会
 参議院定数6増法案が提出され、今国会成立を目指すそうです。私は、以前から主張しています通り、基本的に定数増には賛成です。(参考:「議員定数削減しか方法がないのか?」)
 しかしながら、今回の法案については選挙区の合区で弾き飛ばされた議員の姑息な救済手段としか思えません。本来ならば最高裁が指摘している違憲状態を解消するためには抜本的な改正が必要で、現在の選挙区制度を前提とするならば、大幅な定数増が必要なはずです。

 世の中の趨勢は議員定数削減であることを承知の上で、これまで疑問を呈してきました。今回は具体的な数値も交えて検討してみたいと思います。

 さて、国会議員一人当たりの年間経費は約1億円といわれております。この数値が正しいことを前提として議論を進めてみたいと思います。国会議員定数は衆議院議員465人、参議院議員242人の合計707人となっております。つまり、年間約707億円の税金が使われているということです。
 そこで、10%議員定数を削減すると衆議院議員418人、参議院議員216人、計634人となります。結果めでたく73億円減の634億円となります。これで果たした国会議員が身を切ったと言えるのでしょうか?
 身を切られたのは落選した議員だけなわけです。そしてその落選議員も小数であっても有権者の代表でもあったわけです。すなわち、支持していた国民も切られたことになるのです。そして、当選してきた議員は今まで通りの報酬を享受できるのです。

 一方、同じ73億円削減する方法として削減金額を議員定数で分け合うこともできるはずです。73/707≒0.1033ですので、議員一人当たり経費を年額1,033万円削減すれば実現できます。これでこそ本当に身を切った改革と言えるのではないでしょうか?
10%なんてケチなこと言わずに30%位削減してみてはいかがでしょうか。そうすれば年間約212億円が削減できますよ。

 要は政治に掛かる費用の年間総額を決めてしまえば良いのです。例えば、年間500億円としましょう。現在の議員定数であれば、議員一人当たり7,072万円です。総額を決めてしまえば、国会の物理的条件が許す限り定数増だってできてしまいます。えーぃ、一気に1,000人にしてみましょう。総額は500億円と決められていますので、議員一人当たり5,000万円となります。
 定数を増やすことができれば、議員本来の仕事である立法や行政に対する調査機能なども増強できることになります。議員の数が増えれば質が低下するといった議論がありますが、一方議員の数が減れば果たして質が高くなるのだろうかといった疑問だってあります。結局、このような議論は無意味であって、有権者が適切に判断できるかどうかにかかっています。

 このように私には、議員定数を削減しなければならないといった積極的な理由が見出せません。要は、政治に掛かる費用が高いということだけならば、総額を決める方法だってあるのに何故に議員定数を削減しなければならないといった世論形成がなされてきたのかという点が気になります。そこに何らかの隠された意図があるのではないかと勘繰ってしまいます。
 そういった場合一番疑われるのは、議員数が減った場合一番得する方々に他なりません。すなわち、政権与党ということになります。一々うるさい野党共がいなくなれば、やりたい放題ができるようになります。それに行政組織も同様です。しょっちゅういちゃもんをつけてくる議員が減れば、我が世の春を謳歌できますよね。

 このようなことで議員定数の削減を主張しているとすれば民主主義を否定していることに繋がります。多くの国民が賛同している議員定数削減ですが、今一度立ち止まって考えていただきたいと思います。

 今回の法案提出を契機として、選挙制度に対する抜本的な議論が巻き起こることを期待します。



 
コメント

夏野菜が採れはじめました

2018-06-22 | 農業
 ようやっと夏野菜が採れはじめました。
ミニトマトは連日収穫できております。中玉トマトも色づき始めましたので、後数日で収穫できそうです。
これらに、オクラやゴーヤなどが加わり、夏場の食卓を賑わせてくれます。

<6/21収穫>


<6/22収穫>


 種から育てた採れたて野菜を食することができるは何物にも代えがたい贅沢のように思えます。

コメント

「水道水」VS.「井戸水」 ㎥単価比較

2018-06-19 | 省エネ・節電
 省エネ・節電ネタとは少し外れるのですが、気になっていた水道水と井戸水の単価比較をしてみました。
以前ご紹介していたようにリフォームを機に上水道を引くことにしました。(参考:「我が家にもやっと水道が・・・」)

 工事は6/1に完了し、至極快適な生活ができるようになりました。水道に切り替えたことにより、シャワーのストレスなどがまったくなくなりました。唯一気がかりとなっていたのが、井戸水の使用方法です。リフォーム後は、飲用や煮炊き用水以外は水道水を使用するようになってしまいました。本来水道を導入したのは、シャワーや洗濯時のストレスを解消するためのものであって、「この選択は本当に正しいのか?」との疑問がありました。そもそも井戸水を残したのは何のためかということでもあります。

 そこで水道水と井戸水のコストを比較検討してみようと思っていたのです。
水道料金は、基本料金+従量料金となっております。井戸水も本来ならば設備費用やメンテナンス費用も計算に入れなければなりませんが、今回は水道水と井戸水を併用するということですし、井戸水も長年使用しているので減価償却も終わったということにして計算にいれないこととします。
 また、水道料金の基本料金も考慮しないこととし、従量料金部分の㎥単価(我が家で適用されるであろうとされる単価)でコスト比較をすることとします。

 小城市の水道料金表によりますと11~30㎥の単価は、160円(税込み172.8円)となっております。

 さて、我が家で使用している井戸ポンプの仕様は次の画像のものです。


 銘板によりますと揚水量を34ℓ/分、定格消費電力830Wとなっております。そこで、揚水量はそのまま使うこととして、消費電力を約2割増しの1000W(1kW)として試算してみます。
 1㎥の水を揚水するためには、1,000/34≒29.4分間ポンプの稼働が必要です。これを約30分として、これに要する電力量は1,000(W)×0.5(時)=500Wh=0.5kWhとなります。
 これを電気料金に換算すると@26.40円/kWh×0.5kWh=13.2円となります。ここで使用した電力量料金単価は、現在契約している九州電力の電化でナイト・セレクトの夏冬平日昼間(一番高い)を使用しておりますので、平均すればもっと単価は安くなります。

 水道水/井戸水=172.8/13.2≒13.1

と予想していたことではありますが、少々愕然とする結果となりました。

 ということで、できるだけ井戸水を使用した方がお得だということです。ただ、節約できる金額は数百円~千円程度ではありますが・・・。
塵も積もればという諺もあることですし、どちらの水栓を開くかだけの違いですので何の苦労もありません。

 井戸ポンプを交換して10年以上が経過しておりますので、いつ壊れても不思議ではありません。節約した金額で交換費用の一部でも
出てくれればと思っております。




 
コメント

健康ボウリング(14)~佐賀県健康ボウリング親善大会

2018-06-04 | スポーツ
 昨日、第4回佐賀県健康ボウリング親善大会が開催されました。佐賀県健康ボウリング親善大会は、日本ボウリング場協会加盟のボウリング場で健康ボウリングクラブのある4ボウリング場(伊万里、唐津、武雄、佐賀)が持ち回りで開催している大会です。今回は私がホームとしているセンターで開催されるということで参加してみました。
 大会は年齢・性別ハンディキャップ、3ゲームトータルの個人戦です。結果はスクラッチ162-162-161(トータル485)と至極平凡なものとなりました。トップはなんと680ピンオーバーでした。

 ゲーム終了後、ミーティングルームで昼食をとりながらビンゴゲーム、その後表彰式、お楽しみ抽選会などが和やかな雰囲気の中で行われました。景品も充実しており、おそらくは参加者の半分程度は何らかの景品を手にしておられるのではないかと思われます。一人で三個の景品を手にした方もいらっしゃいますし、私のように手ぶらで帰ることになった者もおりますが・・・。それが人生というものでしょう。

 交流会の時にも感じたのですが、他のセンターの方々とご一緒させていただくことは良い経験になります。次回、伊万里での親善大会も是非参加させていただきたいと思っております。






コメント