JA6VQA 日々新たに

趣味のアマチュア無線で海外との交信や写真などを中心に、日々感じることを書き綴ってみます。
 

10月の支部大会の可否

2021-08-04 20:22:29 | 無線
 毎日真夏日が続き、気温も上昇しておりますが、気温が38度みたいなとんでも
ない気温にはなりません。地形的なものでしょうが、同じ大分県でも盆地に位置
する日田市は全国的にもよく高温だったとニュースの番付に登場します。

 この暑い中、インフルエンザと同じただの風邪ともいわれるコロナヴィルス様
でございますが、人間様の都合通りにはなってくれないようです。
 ただの風邪ならこんな暑い中では繁殖はしないだろうという人さまの考えに関係
なく、その勢力を広げております。

 ここ大分でも、長い間シングルスコアの陽性者数で済んできましたが、ここに
きてダブルスコアになってきました。
 お隣の福岡県は緊急事態宣言が発令され、横隣の熊本県はまん防だそうです。
 デルタ株になったコロナヴィルスははるばる九州までその勢力を伸ばして来つつ
あるようです。

 7月のJARL大分県支部の役員会で、10月の支部大会は実施の方向で進めると話が
決まったのですが、ここにきてヤバイのではないかとの意見が出てきました。
 これまでのヴィルスの蔓延状態のグラフを参考に考えると、これから坂を上って
ピークに達するのが8月の中旬から9月のはじめと考えれば、10月半ばには蔓延
グラフは下降してそろそろ水平移動線をたどるかなと、勝手に予想線を作ってみた
りしております。

 なんでも東京のハムフェアに向けて、説明会とコマ割りの抽選会を実施するよう
ですが、大丈夫なんだろうかと遠い九州から心配しておりますが、東京どころでは
なくなりつつあります。

 近頃の支部大会の参加者の年齢を考えると、みなさんワクチン接種を受けられた
人たちが集まるとなれば、それほど心配する必要もないかとも思えます。
 まだワクチンの効果は持続しているでしょう。
 昨年も支部大会は中止しておりますから、2年続けての中止は避けたい気持ちも
します。
 役員の多くの意見は中止やむなし のようです。

 
コメント

指先の火傷

2021-08-03 18:09:56 | PC関係
 今日も夏日でした。朝から晴れ上がり、気温もぐんぐん上昇。
 これぞ夏だという天気でした。

 6mはまだ見える局には見えるようで、中東から東欧の強をコールしているJA
局は見ることができます。しかし海抜10m足らずの平地にはDX局の波は落ちて
くれません。
 夕方は30mでWなどを相手に交信しておりました。
 DXクラブの電子会報が届きましたが、やはり皆さん6mのコンディションの
低下とともにアクティビティが低下してきたようです。

 もう2週間ぐらいになるのですが、朝コーヒーメーカーを操作しているとき、
SWを切る際、意外とSWの動作が固いため右の人差し指の先で本体を押さえ
たのですが、押さえたところがヒーター面でした。すぐに離して水で冷やした
のですが、指先に軽い火傷を負ってしまいました。
 それから水膨れになるかと思っていたのですが、水膨れにはならず過ぎてきま
した。その後皮膚の色に変化が出て、少しづづ硬くなってきました。
 普段の生活にはほとんど影響はないのですが、こうしてPCのキーボードを操作
したり、iPadの液晶面を操作したりすると違和感があります。
 とくにiPadの液晶面では、指先でタップしても静電気が生じにくいのか、タップ
が効きにくいのです。
 指先の8mmぐらいの円の範囲が色が変わり、硬く変化しております。

 少し白く色が変わっている部分が火傷したところです。
 キーボードを操作するときは、それほど支障はありませんが、液晶画面のタップ
が効きにくいのが困ります。

 最近は時間があるとiPadでナンプレの解答に頭を悩ませておりますが、マスに
数字を打ち込むときに、火傷していない部位でタップしなければ、数字が反応し
ないのが困ります。
 ナンプレも最初はどうして解けばいいのか迷っておりましたが、最近では難しい
問題の部類でもなんとか解答できるようになってきました。問題は正解までの時間
ですが、早いときは30分を切るときもありますが、まだまだ時間がかかります。
 今使用しているiPadのアプリは仮の入力ができるので便利です。
 紙の問題だと消しゴムが必須ですが、消しゴムが必要ないのがiPadです。
 時々どうしても考え付かないときは、ヒントをもらうこともありましたが、最近
はヒントに頼らずに最後まで行けることも多くなりました。
 ナンプレで遊んで老化防止に励んでいます。
コメント

FTDMCというサフィックス

2021-08-02 17:04:46 | FT8
 雲の多い天気で、蒸し暑いです。
 
 今日からサフィクスにFTDMCとかFTDMが付く局が見受けられます。
 A91FTDMC,8B1FTDMが今17mでモニターできます。
 これはデジタル文字通信「FT8モード」の4周年を祝う記念局、各国から8月2日
~15日にオンエアー.するそうです。
 
 もうFT8が運用されだして4年が過ぎたんですね。
 いまでは私にとっては99%がFT8での交信です。良いとか悪いとかの問題では
なく、CWやSSBバンドを聞いても、ほぼ聞こえないのではどうしようもありま
せん。
 時々これでは悪いとCWを聞いたり、SSBで交信してはみますが、4年もどっ
ぷりFT8での交信をしておりますと、特にSSBでの交信は疲れました。
 先日も17mの調子がいいので、SSBでよく聞こえていたOZ2PBS Palleと交信
したのですが、思うように英語が口から出てきません。
 それはそうでしょう、ほぼ4年間というもの、英語を口にしていないんですから
仕方ありません。
 聞くほうはYOUTUBEでよく英語は耳にしておりますから、何とかわかるので
すが、いざシャベルとなると思うようにはいかないものです。
 
 CWも同じような状態なんでしょう。まあ最近のCWはほとんどが599 TUで終わ
るようですから、ラバースタンプで十分でしょうが、SSBとなればこれから少し
英語をしゃべる練習をしておかねばならないかと思案しております。

 もしかしたら、FT8に勝るデジタル通信Softが開発される可能性もありかもしれ
ません。
 WSJT-XのあたらしいVer. 2.5.5 rc4も発表されております。
 さっそくD/Lしてみようと思います。
コメント

気が付けば8月

2021-08-01 16:24:35 | 6m
 朝方は曇っておりましたが、夕方には雲の間から日も差してきました。
 そういえば太陽黒点も順調に数値を増やしておりましたが、ここのところ急に
零行進をしておりました。それで6mのマルチホップも消えてしまったのかと思
っておりましたが、今日は北のほうではHAやI,TKなどと交信できているようです。
 北海道の局がWを呼んでいるようですが、こんな時間に見えるのでしょうか?
 Wの現地時間は午前零時です。

 カレンダーを見て、1枚めくらねばと気が付きました。
 もう8月ですね。あと半月もすれば盂蘭盆会、そろそろ夏の暑さも峠を越えて
くるころでしょう。
 ふと、子供のころのことを思い出してしまいます。
 まだ一か月夏休みは残っていると、毎日遊びまわっておりました。
 当時は市営住宅に住んでおりましたので、子供の数も多く、元気に暗くなるま
で遊びまわったのものでした。そばの大分川で泳いだり、水たまりでメスのオニ
ヤンマを糸でくくって竹棒の先につけて振り回して、オスのヤンマ取りに夢中に
なって、宿題の「夏休みの友」なんてほったらかしでした。
 ラジオが唯一の娯楽でした。夕方になると新諸国物語に夢中で聞き入っており
ました。
 あとは月に一度発行される子供向けの雑誌「少年クラブ」 発売予定日が待て
なくて、もう発売されていないかと本屋まで何度も出向きました。
 折込になっている小松崎 茂の絵を見るのも楽しみでした。
 もちろん江戸川乱歩、横溝正史などの連載小説も、次を読むのが待ち遠しかっ
たです。
 昭和26,7年ごろの思い出です。

 6mFT8、16:35にはIW5DHNが-16で見えてきましたが、コールしてみましたが
全く届いていそうにありませんでした。
 関東では北欧が見ているようです。まだ6mは生きているので油断はできません。

コメント

五輪、女子ロードレース

2021-07-31 17:55:17 | 徒然
 連日、五輪での日本人選手の活躍で、TV桟敷は盛り上がっております。
 金メダルの数はこれまでの記録を超えてきております。
 今度の大会で新しく組み込めれた競技のうち、日本人が活躍できる種目が多く
あるのも味方しているのかもしれませんが、特に柔道選手の活躍が素晴らしい
です。

 いろいろな種目の中で、これはすごいと思ったのが、女子のロードレースの
優勝者 アナ・キーゼンホファー(オーストリア)でしょうか。
 なんと大学に在籍する博士号を持つ数学の研究者。

 ロードレースはヨーロッパが盛んのようですが、今回も優勝の最有力は自転車
王国のオランダチームだと目されていました。
 キーゼンホファー選手はオーストリアからの単独登録でした。
 ロードレースは普通、チームを組んで有力選手を勝たせるため、他の選手が
かわるがわる先頭に立って風除けになってレースを進めるのです。

 スタート後キーゼンホファー選手ら3人が飛び出していきました。
 途中で二人が抜け落ちて、後続の集団に入るのですが、キーゼンホファー選手
は単独で最後まで単独のままゴールに飛び込んでいきました。

 面白いのは、集団を形成してお互いをけん制しながら、進んだオランダチーム。
 他の国の選手も優勝候補のオランダチームをけん制しながらレースを進めるなか
当然のようにオランダの選手が集団の先頭に立ち、当然のごとくトップに立って
ゴールをした後で、2位だったことを知るのです。

 自転車レースで1分以上も差がつくと、後の選手からは先頭を行く選手の姿は
とらえることができません。
 どうもオランダの選手たちは、先頭で飛び出したキーゼンホファー選手のこと
を全くノーマークだったという。とんでもないことをやってのけた数学博士に喝采
です。詳しいレースの模様はこちらをキリックしてみられると面白いです。
コメント