楽しんでこそ人生!ー「たった一度の人生  ほんとうに生かさなかったら人間生まれてきた甲斐がないじゃないか」 山本有三

     ・日ごろ考えること
     ・日光奥州街道ひとり歩る記
     ・おくのほそ道を歩く

香港A型 influenza(2)      

2012年01月31日 19時45分52秒 | つれづれなるままに考えること
病院の待合室で2時間ほど待たされたことで、
influenzaに感染してしまった我が家のカミサン、
高熱でふうふう言いながらA型の診断を受け、
何年か前にインフルエンザが流行ったときに買い置きしたマスクが、
やっと陽の目を見た。

マスクは主治医が菌の採取を済ませても、
診察が終わっても、会計が終わっても、
家に帰るまでは必ずつけておくように言われたので、
言いつけを守ってマスクをつけたまま戻ってきた。

医者はインフルエンザが家でも移らない様注意せよと言うが、
「老夫婦二人の家庭で、一方に移らない様にするにはどうしたらよいですか?」
とカミサンが聞いたら、返事が出来なかった。

(マスクをして、うがいをよくして、手を洗う。)
そんなことしか答えられない。
家の中で食事をするときに、50cmも離れないでいるし、
寝ているところは、同じ部屋の1mも離れていない所にいる。
これで移すなと言うだけ無理である。

食事中はマスクしたままでいたら、飯は食えない。
マスクを外せば、咳がでて如何に横を向こうと、
菌は飛び散ってしまう。
メシの用意はマスクしたままでも、
盛り付けしたり、配膳したりする間の、
菌の飛び散りを押さえることは至難の業である。
コメント (2)

香港A型

2012年01月31日 17時09分46秒 | つれづれなるままに考えること
香港A型で、思い出すのは大型客船である。
何年も前に乗った豪華客船にチェックインするとき、
身体の健康状態をチェックするシートを手渡され、
イエスかノーかチェックを入れるシートを渡された。

パスポートナンバーやら名前を記入し、
十数個のチェック項目があって、
そのすべてにノーを入れるのであるが、
その中に
・過去一習慣以内にFluに罹りましたか、
と言う質問があった。「Flu」が分からず、
そこでペンが止まって思案していた所、
米国人の係員がやってきて、
「どうしました?」という。
「このFluの意味は何ですか?」と聞くと、
「インフルエンザのFluのことです。」という。
何のことはない。
すべての項目の「No」欄にチェックを入れて終りにした。
生まれて以来Fluに罹ったことはないからだ。

前置きが長くなったが、
カミさんが胃がん検診の結果「要再検査」の結果通知が来て、
1/19日に「再検査」の結果を聞きに行ったところ、
病院は超満員で、二時間も待たされたと嘆いて帰ってきた。
その時、インフルエンザに罹ったらしい。
めったに風邪も引かない元気者のカミサンが珍しく、
1/21日夕刻に「頭痛」すると言う。
翌22日は日曜日で、月曜になったら病院へと考えていたら、
熱はぐんぐん上がって39度になった。
市販の風邪薬と熱さましのアスピリンを飲んで、
「風呂はやめろ」と言うのも聞かず入って、
寝てしまった。

翌朝、診療時間を待って医者に見てもらうと、
「ここへ来るまでマスクをしてきましたか?
診察中もずっとつけたままでいてください。」
と言われて、鼻から菌の検査棒を突っ込んで、
「五分お待ちください。」という。
すぐ呼ばれて診察室に入ると
「香港A型です」という。聞きなおすと
「インフルエンザです」という。
「罹らないように予防接取しましたが・・」
「予防は全く罹らないと言うわけではありません」と言われて、
感染ルートを根掘り葉掘り聞かれたらしい。
上述の病院の話をすると納得したようであった。

(つづく)
コメント

高校入試結果(1)

2012年01月27日 10時47分31秒 | つれづれなるままに考えること
孫が高校に進学するテストを受ける時期が来た。
J高校は1月15日、S高校が17日にテストを受けた。
J高はその結果を翌日学校で発表、
S校は翌日郵送の速達で発表すると言う。

受験した本人は、自信の程を見せて「合格したよ」と平然としているが、
親にとっては結果が来るまでハラハラ、ドキドキものである。
その結果も受験した本人の言うとおり、
私立高校の合格通知を受けて一安心したという。

さて、受験する孫の本心は県立の高校にあるらしく、
少し冒険してワンランク上の高校にするか、安全圏内の第二志望校にするか、
学校の先生が迷っている。

本人は第二志望の学校で良いと言っているのだが、
先生は滑り止めの私立高校の合否の結果によって、
ワンランク上の高校へチャレンジさせたいらしい。
その高校にひとりでも多く合格させて、
今孫が在学している中学のレベルを上げたいからだと言う。
いろいろ思惑が有って、どうやら孫の行く末が決まっていきそうである。

ボクはどの学校であろうと、
高校在学中にどれだけ勉強したかが問題だから、
高等学校はどこでも良いと言っているが、
親や中学の先生の思惑で、
本人の希望は無視されているような気がしてならない。

いずれにしろ県立高校の入試テストは3月に入ってからだから、
今からあれこれ言っても仕方がない。

3月雪解け頃までしばらく静観する事にしたい。
コメント

いつもの散歩=地球一周

2012年01月25日 10時52分30秒 | つれづれなるままに考えること
毎朝AM8:30~10:00までの間の一時間と、
昼食後約二時間必ず散歩する。

必ずと書いたのは、雨が降っても雪が積っても、
台風が来ても散歩を欠かすことはない。
白血病 多発性骨髄腫に罹り治療したら、
副作用で糖尿病になってしまった。
糖尿病は、食事と運動の両面から治療をする。
時にはインスリンを注入する必要もある。

そんなことで散歩は欠かせない。
極端なことを言えば、血液中の糖分を消化することで
命を永らえていることになるからだ。

一昨夜、久しぶりに降った雪が積り、半分溶け出して凍り、
道路は滑ってとても歩きにくい状況であった。
毎朝歩く公園までの距離は、往復で6千歩であるが、
どんな理由か知らないが、歩く人は沢山いる。

しかし雪の日や雨の日は、すれ違う歩行者は一人あるかないか、
そんな状況に一変してしまう。
もう十年、一日も欠かすことなく歩くから、
都合1・3万km歩いたことになる。

午後はこれ以上歩いているから、
十年で4・4万km=約地球一周を歩きおおせた事になる。
コメント

原子力の放射能

2012年01月24日 10時49分09秒 | つれづれなるままに考えること

原発の本当の怖さを知っているのは、
世界人類の内 日本人ぐらいといって差し支えない。
ちょっとしたことにも過剰と思えるくらい反応する。

終戦時10歳のボクは原爆の恐ろしさを良く知っている。
成長するに及んで就職すると、
被爆者で顔に僅かなケロイドのある人と一緒に仕事をしたこともある。
その人は、今では放射線などない世界であるのに、いつも放射線に脅えていた。
何時、命を失うか恐れていた。

そのため、岩波新書の「プルトニュームの恐怖」という本を読んだこともある。
原子力の恐ろしさをボクは良く知っている。
ついこの間、「萩津和野、広島を訪ねる」ツアーで、
広島の原爆ドームや資料館を見学した。
あまりに熱が入って、集合時間に遅れてしまったくらいだ。
原子力の恐ろしさをボクは良く知っている。
どのくらい恐ろしいかと言えば、原子力を人間が制御できないでいることだ。
放射能を安全に制御できれば、これほど便利なものは無い。
ノーベルが発明したダイナマイトもそうだ。
正しく使えば人類の発展にこれだけ貢献するものは無い。
誤ればどれだけ沢山の人類を滅亡に追いやるか解らない。
けれども人類は、まだ原子力を制御できないでいる。
つまり、人間は原子力を安全に使用することが出来ないでいる。

スリーマイル島での原子力事故では、メルトダウンした原子力が溶けて、
高熱になり溶けて流れ出した。
このままでは、地球に穴をあけ続けて、地球を通り抜け、
反対側にある中国に吹き出すかもしれない。
それをチャイニーズ・シンドロームと言った。

しかし、実際には地球を通り抜けることはなく、
また、アメリカの地球の反対側は中国ではないが、
原子力の恐ろしさを語ったものである。

今福島の原発はこのメルトダウンが起きているかもしれない。
覘くことが出来ず遠隔操作が出来るカメラを入れて見ているが、
全貌は分からないでいる。
恐ろしいことだ。

福島の原発が早く無事収束することを心から願っているが、
原子力発電所に近い住民が故郷に帰ることが出来るのは、
今生まれたばかりの子供が平均寿命を全うする年頃になっても、
帰れるかどうかわからない。
コメント