NAO日和

ピアノ講師NAOの日々感じた事を本音でトーク♪
コーギー・B'z・グルメ話あり
映画の点数は自分の満足度で評価

「ライラの冒険~黄金の羅針盤」

2008年03月15日 | 洋画

~人類は その先を まだ知らない~

今週、無理やり時間作って行って来ました。
時間的に、吹き替え版・・・・・・ちょっとそれが納得いかないけど。。。。

2007年 アメリカ映画  ギャガ=松竹配給  (08.3.1公開)
☆第80回アカデミー賞~視覚効果賞 受賞
[監督・脚本]クリス・ワイツ
[原作]フィリップ・プルマン
[出演]ニコール・キッドマン・・・・・・・・・・・・コールター夫人(美貌・権力を併せ持つ女性)
     サム・エリオット・・・・・・・・・・・・・・・・リー・スコーズビー(飛行船乗り)
    エバ・グリーン・・・・・・・・・・・・・・・・・セラフィナ(魔女一族を率いる女王)
    ダコタ・ブルー・リチャーズ・・・・・・・ライラ・ベラクア 
    ダニエル・クレイグ・・・・・・・・・・・・・アスリエル卿(ライラの叔父)

*吹き替え版ボイスキャスト
コールター夫人 (山口智子)
ライラ・ベラクア (西内まりあ・・・「ニコラ」モデル)
イオレク      (緒方拳)
パンタライオン  (成海璃子)

<見どころ>
イギリスで人気のファンタジー小説3部作、その第1部を映画化。
“ダイモン”と呼ばれる守護精霊が人に寄り添う科学と魔法が融合した
パラレルワールドを舞台に、少女ライラが運命の冒険へと旅立つ姿を描いていく。
ファンタジー世界に思いっきり浸らせてくれる作品。

<あらすじ>
我々の暮らす世界とは似て非なる平行世界のイギリス・オックスフォード。
ジョーダン学寮で育てられた孤児のライラは、ダイモンのパンタライモンや
親友ロジャーらと共に、騒がしい日々を送っていた。
しかし街では次々と子どもが連れ去られる事件が発生し、親友ロジャーも
姿を消してしまう。そしてライラ自身もコールター夫人に連れられ
ジョーダン学寮から旅立つことに。
旅立ちの日、彼女は学寮長から黄金色の真理計を手渡される。

<感想>
原作未読で、本編を観ました。深く考えなければ十分ついていけます。
冒頭で、予め3部作を匂わすことが書いてあったので、たぶん3作まで
映画は作るんでしょうね・・・・。
なので、今作は、序章・・・っていう感じでした。

ファンタジーなので、いくつか特有の言葉が出てきます。
*ダイモン・・・・・・・・・・・人間の心の奥底にある魂が形あるものとして
             肉体の外に現れたもの。いわば動物の形をした自分の分身。
*アレシオメーター・・・・黄金の羅針盤のこと。
             その針は真実、または未来そのものを指し示し
             使う者の心に生じた質問に答えることができる。
*ダスト・・・・・・・・・・・・・北極圏で発見された神秘的な未知の粒子。
             その全ては謎に包まれている。


主人公ライラには、オーディション選ばれたダコタ・ブルー・リチャーズ。
 
ライラって、最初からけっこう気の強い子なんですね。
選ばれただけあって、ライラをうまく演じていました。
うちの娘と同じ年齢かぁ・・・むこうの方ってどうして大人っぽいのでしょうか??
先が楽しみなお嬢さんです。

ライラを追いかけるコールター夫人:ニコール・キッドマン。
 
まさにクールビューティー。 はまり役でしたわ。
あ~字幕版で見たかった・・・山口智子さんの声はそれでよかったんですけど。

ライラの叔父、アスリエル卿:ダニエル・クレイグ。
  私より若いんですよね。。。
思ってたより、出番が少ないように感じました。

ライラの力になってくれる鎧い熊 イオレク・バーニソン 
 
吹き替えは、緒方拳さん。字幕版は、イアン・マッケラン。
字幕のほうが良かったな~。緒方さんの声とイオレクの合ってませんし。
やっぱり、ガンダルフのイアン・マッケランの方が、迫力あったのではないかと
思います。
吹き替えにするんだったら、山寺宏一さんにしてほしかったですね。
イオレクは、ほんと、頼りになりますね。あの鎧かっこええ!

ライラのダイモン、パンタライオン。
 
吹き替えは、成海璃子さん。 字幕は、フレディ・ハイモアくん。
このパンタライオン、オスだから、やっぱフレディくんのほうが合ってると
思います。なんで成海さんにしたんだろ~。
まったく合ってなかったので、ものすごく不協和音を感じました。
だから、ちゃんとした声優さんを起用しようよ。


この作品、欧米で興行収入良くないみたいですが、なんとなくわかります。
なぜか?主人公が、あまり苦せずに、難関を突破していくから。
羅針盤のおかげで、苦難を最小限にして進むのだから仕方ないといえば
そうなんですが、この辺が共感もてるかもてないか?で分かれるように感じました。

NAOさん、ファンタジー基本的に好きなので、別段問題なく観れましたが。

しかし、序章的な意味合いの1部だとはわかってても、謎だらけのまま
終わってしまいました。
一つぐらい、クリアな面があってもいいのにぃ~。

コールター夫人が話した、「ある告白」は果たして本当なのかどうか?
ここだけでも、クリアして欲しかったです。
それがないままの、いきなりのエンドロール。
これには、ちょいと驚きました。

脇役が、よい役者で固めてたので、ちゃちな映画には感じませんでした。
ニコールの機械的な美しさは、映画にあってたし、魔女のエヴァ・グリーンも
神秘的な美しさを出していたと思います。

それぞれのキャラはけっこう魅力的でしたが、紹介的なさわり方の撮り方だったので
そのあたりが物足りなかったですが、映像はキレイでしたね。

思ったより、あっさりした印象の第1部でした。
第2部ってあるのかな?興行収入次第ってとこかしら?
私としては、女の子が主人公って好きなので、第2作作って欲しいですけど
ワクワク感は、やはり「ハリーポッター」の方が上だと思います。

点数:7点 (10点満点)


コメント (6)   トラックバック (7)   この記事についてブログを書く
« お散歩 | トップ | 鹿男あをによし 第9話 »

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
なるほど! (コーディ)
2008-03-18 07:05:06
ライラの冒険ってどうせ大したことないんだろうな
~って高をくくってたんですが・・・・・
どうやらその通りらしいですね・・・・
なぜなら、CMや映画宣伝がハンパじゃない!
しかも向こう(欧米)では、受けが悪いみたいだし。
受けが良かったら、こんなにも宣伝する必要ないし
口コミや世評でガンガン客が入るハズですし・・・。
まぁ、売れない(ダメ)映画はやたら宣伝するって
いうことを知りました・・・。

最近は見たい!っていう映画がないですね◆

コーディさんへ (NAO)
2008-03-18 11:35:43
そうそう、宣伝ものすごかったですよね。
それぞれの役は、いい味出してて良かったんですけどね。
特に、ニコールははまってました☆
それだけに、なんかもったいないなぁ~と思いましたね。
春は、これからいろんなの公開されますが、いい作品であることを願いたいです。^^;
こんにちはvv (ベル)
2008-03-19 17:50:47
NAOさん、こんにちは~。
NAOさんは、吹き替え版で見られたのですね(^^)
山口智子さんの吹き替えのお声とか、わたし的には、すご~く興味がありますです。

ライラちゃんの冒険、私が予想していたよりかは、良かったのですが、原作が素晴らしいだけに、映画がイマヒトツっていうのは、ちょっと残念な気がします(--;

そうそう、映画を見終わった後、私の隣に座っていた御年輩の男性が、
「なんじゃ!! これで終わりなんかっっっ!!??」
って、言ってましたですA^^;;

私は、小説を読んでいたので、映画が終わるところとか予想できていましたが、確かに、初めてで、しかも、かなり期待してご覧になった方は、
「これで終わり!!??」
と思われることでしょう(><)

無理して、原作に合わせて、3部構成にしなくっても、もう少し、話をまとめてしまってでも、ある程度、謎がクリアできるところまで持って行っての「つづく」の方が良い気もしましたです。

まあ、なんだかんだ言って、私は、ファンタジーが大好きなので、問題なく見れましたですが(*^^*)
役者さんやCGが良かったので、ちゃっちくは見えなかったのが良かったです(以前、「スターダスト」に期待して・・・・(@A@; だったことがありましたので・笑)

そうそう。
ニコール・キッドマン!!
見事でしたっ。私が読んだ原作のイメージ通りのキャラクターを演じてらして、ものすごくビックリしましたです。

ではでは、またTBをお送りさせていただきますね。
ベルさんへ (NAO)
2008-03-20 00:28:31
コメ&TBありがとうございました。(^^)
うん、確かに「なんじゃこりゃ!?」って終わり方でしたよね。^^;
冒頭、「3部作」というのを意識したテロップが出たので
「あ~3部作作るつもりだ~」なんて思いましたが
それならそれで、終わり方もう少しほかにあっただろう?という想いでした。
ニコールは、はまってましたね。
ファンタジー作品にニコールが!?なんて思いましたがさすがでした。
こんばんわ♪ (エミ)
2008-04-06 01:54:57
最初から3部作で制作するのは知ってたけど、よもやあんなところで終わろうとは・・・。
原作ではあのあと続きがあってライラは私達の世界にくるんですけどね。

キャスティングは原作のイメージ通りだったのに内容が余りにも削除しすぎで泣きそうになりました。
コールター夫人の告白はその通りなんですが、もうチョット奥が深いんですが、そこは思いっきりスルーされてました。

それよりなんで吹き替えは声優使わないかなぁ。
正直、吹き替えのメンバー見る限りあまり食指が動かんです。
エミさんへ (NAO)
2008-04-06 10:18:36
TBありがとうございます。(^▽^)

原作は未読ですが、3部作になってるのは知っていましたし
映画の冒頭の説明でもそのようなことが書いてあったので
製作側も、「あ~これは3部作作るつもりでいるんだな」というのはわかりましたが、
こんな終わり方はは正直、あいた口がふさがりませんでした。^^;

>それよりなんで吹き替えは声優使わないかなぁ。

まったく同感です。
客寄せのために、ええかげんな人起用しないでほしいですよね。
今回、時間の関係で吹き替えでしたが、やっぱり字幕のほうがいいです。
吹き替え、山口さんの声はまぁ合格でしたが、そのほかは
ぜんぜんでしたね。
イオレクの声なんか、もぅ話になりません。
山寺宏一さんにやってほしかったです。

コメントを投稿

洋画」カテゴリの最新記事

7 トラックバック

★「ライラの冒険 黄金の羅針盤」 (ひらりん的映画ブログ)
久しぶりに試写会に当たったので、 「日本教育会館一ツ橋ホール」まで観に行ってきました。 それにしてもこの作品・・・やたらと試写会を連発してるような・・・。 そんなにタダで見せなくても、ヒットしそうだけど・・・。
ライラの冒険/黄金の羅針盤 (Akira's VOICE)
観客にも羅針盤で道を示して下さい。
ライラの冒険 黄金の羅針盤 (ネタバレ映画館)
嘘つきは誰だ?
映画『ライラの冒険 黄金の羅針盤』 (★ベルの徒然なるままに★)
今日はお雛祭りですね。 女の子のお祭りです(*^^*) 私も、小学生くらいまでは、お雛様を飾って貰っていましたね~。 懐かしいです。 そういえば、お雛様の飾り方って、地域によって違うようで、私の家では、お雛様は2月頃出して、3月3日には、もう片付けちゃう...
【ライラの冒険 黄金の羅針盤】 (+++ Candy Cinema +++)
【原題: THE GOLDEN COMPASS 】 原作/フィリップ・プルマン 『黄金の羅針盤』(新潮社刊) 監督/クリス・ワイツ   脚本/クリス・ワイツ   日...
ライラの冒険♪黄金の羅針盤:THE GOLDEN COMPASS (銅版画制作の日々)
 世紀の大ベストセラーの映画化 3月10日、MOVX京都にて鑑賞。次々と児童文学が映画化されますね。この作品もそのひとつです。二コール・キッドマンとダニエル・クレイグが再び共演というところも、見どころなのですが・・・・。残念ながら、ダニエル・クレイグの出番...
ライラの冒険 黄金の羅針盤(ネタバレあり) (エミの気紛れ日記)
読書も趣味の1つと公言しているエミです。 読書は幼い頃からの趣味なんで今まで結構な冊数読んでます。 私は偏りが起きないように色々な分野の本を読むように努力しているんですが、系統的に読んでないぶん得た知識がバラバラになります。 ところがある日、何気に読...