午後の森でひと休み

蓼科の「カフェ 午後の森」マスターの巣籠もり日記。午後の森から見える信州蓼科・八ヶ岳のすばらしい自然、生活・・・。

マツタケは平年作以上か。午後の森は小梨の実が豊作。

2011年08月28日 23時05分23秒 | 日記
長野県は、全国一のマツタケ産地。
長野県林業総合センターでは、マツタケ発生予報を出している。
「マツタケの発生は夏の高温期以降、
地温が19~15度に順調に下がるのが条件で
9月の残暑が厳しくなければ、平年作以上が期待できる。
ただし、地温が再上昇するとマツタケがダメになる。
作柄は残暑次第。」

開店前、コーヒーの納品にエコーラインをドライブする。
青空3割の天気で気温23℃とやや高め。
窓からの風が心地いい。

コーヒー豆のオーダーが多く、
夕方、コーヒーの焙煎をする。

写真は、午後の森で採れた小梨の実。
小梨はズミとも呼ばれる。
ホワイトリカーに漬けて果実酒で楽しみたい。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 4000光年のダイヤモンド... | トップ | 微風が木の葉をそよがせ、ミ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事