午後の森でひと休み

蓼科の「カフェ 午後の森」マスターの巣籠もり日記。午後の森から見える信州蓼科・八ヶ岳のすばらしい自然、生活・・・。

NHK文化センターコーヒー講座は、雲から覗くアルプス前衛眺めながら。

2020年07月09日 23時56分12秒 | 日記
松本でコーヒー講座開催の日。
雨が止んだ昨夜に道具の半分を積み、
残りは小雨降る今朝に積み込み、
雲から覗くアルプス前衛眺めながら高速走り
NHK文化センターに向かう。
コーヒーのポリフェノール効果、
カフェ開業のチェックポイントから
ローストや好みに合わせた抽出方法について
デモンストレーションした後で生徒さん各自が淹れ、
コーヒー色に染まる松本時間を過ごす。
写真を撮るのも忘れ、今日は霧ヶ峰に咲くアヤメをUPする。

コメント

大雨警報毎日出て川幅広がり川音轟き心配LINE届く。

2020年07月08日 23時45分13秒 | 日記
今日も大雨警報の雨が降り、
午後の森渓谷の川幅が
2m半から3m半に広がり川音森に轟き、
心配するラインが届く。
家の奥さんは雨の中、
中央公民館に向かいカリグラフィー講座を開催する。
明日のNHK文化センターコーヒー講座の準備に
資料を作り備品を用意する。
感染予防でコーヒー抽出の道具を一人一台用意し
いつもと違う数を用意する。
写真は、霧ヶ峰のグンナイフウロ。
コメント

仕事は少しの飲み仲間の定年後3冊目、「死の名はワルキューレ」を読む。

2020年07月07日 23時46分29秒 | 日記
毎日毎日大雨警報の雨の日、
ほぼ終日、コーヒー焙煎をしながら、
明後日の松本のNHK文化センターでの
コーヒー講座の準備をする。
夕方、東急リゾートに焼き菓子とコーヒーを納品する。

仕事は少しの飲み仲間が
本を出したので雨の森に囲まれて読む。
定年後に上梓した「翳りの城」「秋水の夏」につづく3冊目は「死の名はワルキューレ」。
戦国の地獄の底を覗き見るような攻城戦、
太平洋戦争末期の秘密戦闘機開発物語、
今回は第2次大戦末期のドイツ空軍の秘密兵器の話しと
燃え尽きた後のサラリーマンとは思えないエネルギーに
作家・三吉眞一郎の次作とこれからの生きざまが楽しみ。
コメント

霧ヶ峰に彩り戻っても頭の植物図鑑はなかなか復活せず。

2020年07月06日 23時05分55秒 | 日記
今日も大雨警報出る月曜日、
予約をいただいた天然酵母パンを焼き、
昨夜作ったグラノーラを袋詰めする。
午後には今週開催する
NHK文化センター松本教室の資料を作成し、
備品を確認する。
厨房設備の無い松本教室では
持ち込む備品も多い。
夕方、東急リゾートにパンと焼き菓子とコーヒーを配達し、雨の蓼科湖を車窓から見る。

写真は、八島湿原を彩るイブキトラノオ。
霧ヶ峰の彩りは増えたが頭の植物図鑑はなかなか復活せず「???」が続く。
アカギキンポウゲ、アマドコロ、グンナイフウロ、ニガナ、キバナノヤマオダマキ、ヨツバヒヨドリ、ノアザミ、ハクサンフウロ、ニシキウツギ、バイカウツギ、茶色の霧ヶ峰に彩り戻る。
コメント

共存できないオオハンゴンソウは、駆除される。

2020年07月05日 23時21分21秒 | 日記
曇り日の朝は忙しい。
予約の天然酵母パンを焼き、
緑の村別荘地の外来植物、オオハンゴンソウ駆除作業を別荘オーナーの皆さんと行う。
オオハンゴンソウは北米原産で明治期に鑑賞用に持ち込まれ日本全体に定着し、根からホルモンを分泌して他の植物を締め出し繁殖面積を広げる。花が咲く夏に一面の黄色いお花畑になることがあるが、追い出された在来の植物の悲鳴が聞こえるお花畑。
午後に電話予約の方にコーヒー豆を販売して霧ヶ峰歩きの情報交換をし、
夕方に東急リゾートにパンとコーヒーを
原村と茅野の自由農園にコーヒーを配達し、
飲食店組合の書類を加盟店に配布する。
夜に明日の予約のパンを仕込み、
焼き菓子を作る。
コメント