午後の森でひと休み

蓼科の「カフェ 午後の森」マスターの巣籠もり日記。午後の森から見える信州蓼科・八ヶ岳のすばらしい自然、生活・・・。

カフェ営業6割の忙しさは、温泉で疲れを癒す。

2017年11月30日 23時06分46秒 | 日記
重たい雲に覆われた
暖かい木曜日。
店を開け営業しながら、
枯れた庭の草を刈り、
処分するイステーブルを分解し、
軽自動車のタイヤをスタッドレスに変える。
カフェ営業6割、
庭仕事・トンカチ仕事・車整備4割の
忙しい一日。
写真は、午後の森に集うヤマガラ。

夕方、塩坪の湯に浸かり疲れを取る。
コメント

珍鳥アオシギを見れ、バードウォッチングの楽しみを知る。

2017年11月29日 23時58分50秒 | 日記
茅野市公民館の「冬の野鳥講座」2回目に参加する。
場所を尖石縄文考古館周辺の森に移し、
野鳥の声を聞き、姿を見、生態を観察する。
珍鳥アオシギがいるとの情報で
挨拶も早々に森の中の小川に向けて講師の先生が
スコープをセッティングする。
先生のスコープに映るアオシギが、
生徒各自の双眼鏡では枯葉と一体化してなかなか見つけられず苦戦する。
アオシギは、夏期にはヒマラヤなどの高地で繁殖し、
英名Solitary Snipe(孤独な狙撃者)でひっそりと単独で行動するので、
見つけにくいと言われている。
写真は、オオバンやカモ類も住む三井の森竜神池。
帰り際、なかなか見れないキクイタダキも見ることができた。

午後、食材などの購入に東京に行き、
新宿、富ヶ谷、原宿を回る。
帰路の中央道は、眠気払いにフォークのCDに合わせ、
風(はしだのりひことシューベルツ)、或る日突然(トワ・エ・モワ)、
思い出の渚(ザ・ワイルド・ワンズ)・・・を歌い、
たどりついたらいつも雨ふり(モップス)、
遠くで汽笛を聞きながら(アリス)の2曲は
大声で3回歌う。
コメント

ここのところの暖かさで雪融けかかる八ヶ岳。

2017年11月28日 23時21分56秒 | 日記
快晴の定休日は、
コーヒーを焙煎し、
袋詰めをし、
八ヶ岳ロードを走りコーヒーを配達する。
ここのところの晴天で雪が融けかかってきた
八ヶ岳を眺めながら(写真)。

夕方にリッター72円の灯油を4缶購入する。
最近灯油価格の表示をオープンにしないガソリンスタンドが多くなったのは、
上部組織からの指示なのか。
コメント

今年も豊作、オーナーリンゴの木から2回目の収穫をする。

2017年11月27日 23時59分19秒 | 日記
快晴、日の出と共に暖かくなる月曜日。
ウッドデッキもポカポカで暖かいが
お客さんは店内のストーブで暖まる。
夕方、雪のラインがエレガントな浅間山を正面に眺めながら車を走らせ
立科町のオーナーリンゴの木に半分残っているリンゴを収穫する。
写真は、たわわに実るオーナーリンゴの木。
コメント

バードウォッチングはアースカラー、狩猟解禁中は腰の白タオル厳禁。

2017年11月26日 22時10分58秒 | 日記
冬晴れのやや暖かい日曜の朝、
ウッドデッキ席をセッティングする。
午後から雪が降りそうな冷たい風の曇り日に
エサをついばみに来る野鳥の姿に
お客さんは午後の森の野鳥図鑑を見る。

写真は、昨日のバードウォッチングで
草原の向こうの林に一斉に双眼鏡を向け野鳥を探す参加者。
皆さんバードウォッチング用のアースカラーコーディネートで、
森の中で目立つ派手な色の服装はしていない。
私も紺色の防寒ジャケットを着て参加し、赤系のマフラーは襟の中に入れる。
ただ、狩猟解禁中の今のような時期にハンターが良く入る森では
目立つ派手な色の服装が必要なので、危険そうな森に入るときは
ハデベストやハデマフラーをザックに入れておくといいかも。
また、腰に白いタオルを下げると
シカの白いおしりと誤認される恐れがあるので要注意。
コメント