午後の森でひと休み

蓼科の「カフェ 午後の森」マスターの巣籠もり日記。午後の森から見える信州蓼科・八ヶ岳のすばらしい自然、生活・・・。

霧ヶ峰ガイドのちカフェマスターの午後の森。

2018年07月19日 23時48分58秒 | 日記
朝から昼過ぎまで4時間、
神奈川の私立中学2年生男子を霧ヶ峰ガイドする。
車山肩→車山山頂→車山乗越→蝶々深山→物見岩(昼食)→八島湿原、
後ろからついてくる中学生からは、
延々と続くシリトリや
意味不明のアニメキャラクターストーリーの声を聞きながら
4時間の霧ヶ峰トレッキングを元気に楽しむ。
写真は、車山山頂から見た八ヶ岳と雲の饗宴。

2時過ぎに家の奥さんに任せていた店に戻り、
カフェマスターに戻る。
閉店後、窓から入るそよ風布団にくるまって夕寝をする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

車に初冷房を入れる日、天然酵母パン教室を2回開催するHOTな一日。

2018年07月18日 21時39分00秒 | 日記
午前午後の2回、天然酵母パン教室を開催し、
家の奥さんの頭はパンパンに膨れる。
朝9時24℃が昼前には28℃になり、
午前も午後もスタート時には
午後の森特製アイスコーヒーを淹れて
クールダウンして一息つく。
写真は、午後の初級コースで作った
フォカッチャとピタパン。

冷房が入らない軽自動車を車用品店に運び込み、
冷却ガスを充填する。
標高1000m付近では窓を開ければOKだが、
標高700mの街中を長い時間走ると冷房が欲しい暑さになり、
この夏初の冷房を入れる。

夜にマンデリンコーヒーの
コーヒーゼリーを作る。
人気です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オオムラサキやアサギマダラ飛ぶ森を5時間歩き回る。

2018年07月17日 23時44分42秒 | 日記
快晴、余り風も無い定休日は、
八ヶ岳森の会のメンバーと茅野市内「市民の森」を歩き回り、
花、木、昆虫、野鳥を見つけワイワイガヤガヤ。
ダイコンソウ、ミドリヒメザゼンソウ、オオヤマサギソウ、
ミゾソバ、クサボケ、アケボノソウ、ツノハシバミ、ヌスビトハギ、
ニホンカワトンボ、スミナガシ、シロシタホタルガ、マイマイガ・・・
風の無い少し蒸し暑い森を5時間ほど森の人になる。
写真は、エゾエノキの葉とオオムラサキの幼虫。
居るはずのアサギマダラは見つけられなかったが。

夕方は、明日の天然酵母パン教室の準備をする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

満員の霧ヶ峰八島湿原行きの路線バスが午後の森前を通る「海の日」の3連休最終日。

2018年07月16日 23時54分50秒 | 日記
「海の日」の3連休最終日、
八ヶ岳・硫黄岳に登って来た若い夫婦は、
ピザトーストとミートソースにアイスコーヒーで
ひと息つき、「コーヒーが美味しかった」と一言。
「硫黄岳の花もきれいでしたよ」と
今日の八ヶ岳登山を振り返る。

午後の森前のバス停を通る朝10時前と11時前の茅野駅発、
霧ヶ峰八島湿原行きの路線バスは、
満員で特に昨日は超満員。
午後の森のお客さんからもニッコウキスゲの開花状況や
ビューポイントを聞かれる。

朝に八ヶ岳ロードを走ってコーヒーを配達しながら
チダケサシ畑で濃いピンクに目を覚まし(写真)。
3連休の疲れは、
夜の塩坪の湯に顎まで浸かり取る。
そして、最近よく風呂でお会いする先輩知人と
コンビニ24時間営業問題、働き方改革、連休に集中しない休みの取り方、
地元の「キスゲに寄す」や「あざみの歌」について、茅野市の観光促進・・・
ぬる湯の温泉に浸かりながらの湯けむり放談を楽しむ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

蓼科の医療情報からニッコウキスゲの開花情報まで、賑やかな3連休中日の午後の森。

2018年07月15日 23時56分44秒 | 日記
今日も快晴の3連休中日、
昨日よりもそよ風が強く、
店の中をそよ風川が流れる。

午前中は最近蓼科に移住してきた方に
茅野・諏訪圏の医療機関について情報提供し、
情報交換する。
昼前から連休のお客さんで賑やかになり、
ほぼ厨房に籠り、薄っすらと汗をかく。

30年前に蓼科に別荘を建てたお客さんは、
還暦を迎えた息子さんと蓼科避暑暮らし。
ニッコウキスゲのじゅうたんを広げた霧ヶ峰や
車山山頂のレーダードーム建設シーンなどの
蓼科昔話を聞く。

夕方の雷雨の中、
東急リゾートにパンとコーヒーを配達し、
雨上がりの八ヶ岳(写真)を見ながら買い物をする。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加