ぶちょうほうのさんぽみち(旧名:「気ままに野山」)

亭主「ぶちょうほう」の歩き回りで見た、身近にある風物や、野山の景色などをお楽しみください。

早春の木の花と史跡巡り:ハナノキ サンシュユ シモクレン ユキヤナギ 枝垂桜、知立神社 宮城道雄供養塔

2019-03-23 09:07:11 | 草花
昨日の午後から自転車で漕ぎだしました。
目的は公園で咲くハナノキを見ること以外には特に特に定めず、目的地すらも決めないままに出掛けました。
取り敢えず、ハナノキを見に行きます。
公園に着くと、木の高いところで花の木は咲いていました。

ハナノキ ↓



次に、同じ公園内で咲くサンシュユを見に行きます。

サンシュユ ↓



公園内のこの環境では木の勢いが減じられるようで、元気があまりよくない感じでした。


サンシュユを見てから、次の目的地を決めることになります。向かい風が相当強いので、元気のある今のうちに風に向かって走り、帰りには風を背負って戻って来るようにします。
ということで、北西に向かって進むことにしました。

シモクレン ↓



道端にシモクレンが伸び伸びと咲いています。



ユキヤナギ ↓



シモクレンの隣で、ユキヤナギも日を浴びて元気よく咲いていました。


神社に行けば何かありそうに思い、神社に向かいます。

枝垂桜 ↓



神社の境内では枝垂桜が咲き出していました。




シャシャンボ ↓

もう一つ別の神社(村社)にも寄って見ます。鳥居の横でシャシャンボの花芽が出来つつあります。


知立市内の大型スーパーに立ち寄って探し物をしていきます。
それが済むと、再び北西方面に走ります。 目指す方角には知立神社があります。


知立神社 ↓

結局、知立神社に一月の参詣に続き、また来ることになりました。



石橋 ↓

神社の拝殿の真ん前にある小さな石橋で、人が立ち入ることはできなくなっています。



多宝塔 ↓

国の重文指定
もともとは紀元850年頃の建立のようですが、その後1509年再建とあります。その後も大正9年に解体修理して復元されたのが現在の姿のようです。



養正館 ↓

明治18年に竣工した、当時としては珍しい洋風建物で、元は知立城址にあったと聞きます。
明治23年の陸軍大演習の時はここに明治天皇が休憩され、地元ではそのことを慶賀して、その後、天皇の玉座にしめ縄を張ったということです。
その後この建物はいろいろな使われ方をして、移築されて今に至り、このような”廃屋”になってしまいました。
建物の保存、復元の動きも今のところはないようです。



芭蕉の句碑 ↓

「不断堂川 池鯉鮒の宿農 木綿市(ふだんたつ 知立の宿の木綿市)」(不断は‥絶え間がなく程度の意味)
芭蕉が知立の木綿市の賑わいを詠んだもののようですが、「堂川」のところを「たつ」と読み宛てるところが、未だにどうしても理解できません。

知立神社を出てからしばらくの間、国道一号を風に向かって漕いでいきます。

適当なところで国道一号から逸れて、刈谷の市内に向かう帰り道となります。

途中で一軒立ち寄り、最後にもう一つ久しぶりの場所を訪ねることにしました。


宮城道雄さんの供養塔 ↓



箏曲「春の海」作曲の宮城道雄さんの供養塔がありますので、ここにお参りします。
宮城先生は昭和31年の6月に演奏旅行の途次、この付近で列車から転落されて亡くなっていたのです。盲人であった先生が何故列車から落ちたのかについては謎のままです。



シデコブシ ↓



家について庭で咲く?シデコブシを・・・・・
残念ながら花びらをここごとくヒヨドリに食べられてしまいます。
コメント (2)

お彼岸の木の芽、木の花など

2019-03-22 07:06:41 | 草花
お彼岸入りして、春めいて来た付近を自転車で散策してみました。
時季が時季だけに、花粉症のことが気がかりなんですが、今年はどういうわけだか、始まりでは相当辛い思いをしましたが、最盛期の筈の今は却って症状が沈静化しています。
もしかすると、杉の花粉飛散は一段落しているのでしょうか。 でも次に来るのが症状のきついヒノキ花粉なので、戦々恐々としています。

カリン ↓

カリンの新芽がちょこんと出てきました、未だ蕾の赤さは見えていません。



ボタン ↓



牡丹二種類で上は白牡丹、下は赤牡丹です。どちらも新芽は火焔のように見えます。



コブシ ↓



公園のコブシです。一本は花付きの良い木で、もうひとつは木が剪定でいじめられすぎたのか、花の付き方が少ない一本でした。



オガタマノキ ↓

この樹の下には白い花びらがたくさん散っていました。もう花は終わり間近です。もっと少し早く来るべきでした。



枝垂れ柳 ↓

風になびいて、風雅な姿を見せてくれます。



サンシュユ ↓



民家の門前で咲いていました。その家の主と連絡がつかず、了解の取り付け無しで撮っていますので、急ぎ仕事となってしまいました。



ネコヤナギ ↓









公園のネコヤナギでしたが、一応蕾から花の進んだ順番に撮ったつもりです。
コメント

春分の日(お彼岸のお中日)ですね。 この時季の草花の芽吹きを楽しむ

2019-03-21 07:04:20 | 草花
昨(3/20)日はとても暖かく感じた一日でした。それまで比較的寒い日が続いていたので、その温かさは一入に感じられました。
今日は暑さ寒さも・・・・・のお彼岸お中日でしたね。
この時期は草の芽吹きが盛んで、初々しくて活力ある姿をいろいろ楽しませてもらいました。

ミセバヤ ↓

小さなころころとした株が放射状に散らばっています。



オキナグサ ↓

気難しがり屋さんのオキナグサですが、この株は花を咲かせるだけの力がありそうです。



シャクヤク ↓

GWあたりに花を見せてくれる株ですが、今は艶のある芽を伸ばしてきています。



ワレモコウ ↓

ワレモコウは小判型の葉っぱを拡げつつあります。



クリスマスローズ ↓

クリスマスローズの赤っぽい花はいまが最盛期のようです。



オランダミミナグサ ↓

この花は”雑草”認定していますが、未だに根絶できません。



フキノトウ ↓

初めのものは食卓にのってしまいましたが、二番手は命永らえています。



ラッパズイセン ↓

こちらのものは喇叭が随分小さいものでした。



ウラシマソウ ↓

今年もウラシマソウは健在で、今のところ二本見えています。



ツルボ ↓

艶のある新芽を伸ばしてきていますが、夏には地上部は無くなって秋に花が咲きなす。



センボンヤリ ↓

この株だけ随分早く花が咲きました。 庭中に蔓延っている筈なんですが、この花の他のものはまだ姿が見えません。



ホトケノザ ↓

これも要らない雑草なんですが、根絶やしすることが出来ていません。



フジバカマ ↓

秋の七草のフジバカマは今頃から芽を出して来ます。



シュンラン ↓

シュンランの株の上で野良猫が微睡んでいたりして、この株は弱ってしまいました。
野良ネコには随分嫌な思いをさせられていますが、寄り付かないような対策が出て来ません。
コメント (2)

3/14日葦毛(いもう)湿原と背後の尾根を歩き石巻山まで その6(最終記事):石巻山の山頂を往復して下山。 バスの発着場所まで

2019-03-20 07:06:30 | 草花
「石巻山の山頂に午後三時に着けるようなら、予定通りに歩き通す」という目標を前記事の大知波峠に着く前から設定していました。
現在は石巻山の登山口にいて、その午後三時まであと17分という微妙なところにいます。
思い切って山頂を往復することにしました。

石巻山の山頂到着時間は午後三時二分過ぎで、微妙な遅れとなりましたが、まず、うまくことが運んだと言えると思います。
登山道の始まり ↓

「石巻山石灰岩地植物群落」は国の天然記念物の指定を受けているのですが、どの部分がそれに該当するのか、小生的にはよく理解できていません。
でも全山が石灰岩でできていて、シダ植物で特異な植生を持つ山であろうことは推測できます。



石巻の蛇穴 ↓

水の浸食によってできたものですが、これも小規模の鍾乳洞と言えるのだと思います。



石灰岩の露岩地帯 ↓

石灰岩の露出した場所を歩いて行きます。このあたりを「ダイダラボッチの足跡」と呼んでいます。



山頂直下 ↓

やがて大岩が聳立している山頂直下に来ました。まずは鎖場があり、



ハシゴ場 ↓



最後の梯子を登ると・・・・・・



山頂 ↓

岩だらけの山頂に躍り出ます。時刻はチョイ遅れの午後3時02分のことでした。

富士山の見える場所ですので、富士山探しをしますが、雲の中に隠れていました。
それでも近場の山並みは見えているので、確認します。


宇連山と鳳来寺山 ↓


三ツ瀬明神山 ↓


富幕山 ↓


坊ヶ峰 ↓


本宮山 ↓




山頂の岩で風除け ↓

岩を風避けにして、小休止を入れます。ここから下山をして、16時20分発のバスに乘るためには、もう休憩時間は入れないことになります。



下山開始 ↓

ハシゴを使って下って行きます。



正一位石巻神社 ↓

山頂に大岩があるくらいですから、山岳信仰の発生したのは早かったのでしょうね。この神社も古く、推古天皇の時期(紀元600年頃)の創建ではないかとされています。お参りをしてから退きます。



中腹に旅館 ↓

石巻山の中腹に旅館があります。かつては「旅館街」でしたが、今は数が少なくなってしまいました。
駐車場のところから山道の下山路が始まります。



山中の下山路 ↓

日が西に傾いている山中を下って行きます。



山から出る ↓

ここで山から出て、一般道を歩きます。



バスの発着場所 ↓

バスの発着場所が見えました。急いで歩いて来たので、大汗を搔いてしまいました。
ここからの乗客は小生一人だけのようですから、思い切ってここで肌着を着替えることにしました。。



バスの発着所 ↓

着替えをしているとバスが入ってきました。運転手さんと話をしましたが、丁寧で人当たりの良い人で、好印象でした。旅の締めくくりとしてラッキーなことでしたね。



ちなみに歩行数 ↓

JRの二川駅からここまで、4万歩には届きませんでしたが、今年最高の歩行数となりました。
コメント (4)

3/14日葦毛(いもう)湿原と背後の尾根を歩き石巻山まで その5:多米(ため)峠を経て大知波(おおちば)峠から石巻山の取付き口まで。

2019-03-19 07:05:34 | 草花
雨宿り岩、中尾尾根分岐を過ぎてから、多米(ため)峠、赤岩尾根分岐、石巻尾根分岐を経て大知波(おおちば)峠に行きつくまでの道のりが、小生的には長くて一苦労でした。
距離は約3.7kmで、所要時間1時間23分だけのことなのですが、前夜の寝不足がたたり、おまけに腰痛も出てきて辛さを感じ始めていました。

そこでこれから先のコースを短絡するか、または、思い切って割愛するかということを考え始めました。
でも、折角計画したことですので出来ることならすべてをまっとうしたいところです。
そういうことを考えながら歩いていますが、とりあえず導き出したことは、石巻山の山頂に午後三時に着けていたら、予定通りに完遂しようということでした。

具体的な数値目標が出来たので、あとは流れに身を任せることにしました。
イズセンリョウ ↓

やや陰地でイズセンリョウが出てきました。未だ蕾です。



ヤツデ ↓

こんなところにヤツデがあると思いました。しかし、ネット上で調べて見ると、関東以西の海岸近くで自生するとありましたので、これも自然のものかもしれませんね。



多米峠 ↓

多米峠に着きました。かつて、ここからは富士山が見えたものでしたが、今は木々が生い茂り見えなくなったようです。



カタバミ ↓

稜線上でたまに見かけますが、これも自生のものでしょうか。庭に生えると駆除に苦労しますね。



青空に鉄塔 ↓

こうして見ると抜けるような青空だった時もあったのですね。相変わらず風が高圧線を鳴らしています。



赤岩尾根の分岐 ↓

赤岩尾根の分岐点に着きました。このあたりが今山行中の最高地点であるようで、標高は400mを少し超えているようです。



イヌツゲの群生地 ↓

稜線上でイヌツゲの大木を時々見てきましたが、このあたりでは群生しています。
しかしながら、倒れていたり、立ち枯れのものがあったりして、寂しい眺めとなっていました。



大知波(おおちば)峠 ↓





大知波峠に「やっと・・・」といった塩梅で到着しました。
この峠には平安時代の中期にお寺があったそうですが、建物はおろか文献類さえも全く残ってはいないそうです。
しかし、平成に入ってからの発掘調査によって、仏堂、僧房、山門や、はては磐座の跡までが判明し、密教系の山岳寺院であったことまでが明らかにされています。
小生も以前、時間を取ってこの周辺を物色し、沢の近くで陶器のかけらを見つけたことがあります。

普通ならここで一休み入れるところですが、先ほど設けた「石巻山頂に午後3時に着く」という目標のために、時間が押している感じですので、ここは休みを入れずに歩くことにしました。

大知波峠から浜名湖 ↓

峠から浜名湖の美しい眺めを目に焼き付けて、石巻山を目指して歩いて行きます。



石巻山に至る林道 ↓

その道は車が通れるような広い道が続きます。
腰痛が酷くなり、リュックを背負わずに、片手でぶら下げて持ったり、抱えて歩いたりしますが、どうも思わしくありません。




一部分は山道歩き ↓

途中で広い道から離れ、山道に入りますが、この階段を降りると、また広い道に出会います。



ヤマアイ ↓

道端にヤマアイが並んで出てきます。



ヒメウズ ↓

ヤマアイに混じってヒメウズも出てきました。



広い道 ↓

カーブするところでは見晴らしの良さそうな場面もあります。



赤岩尾根 ↓

そこからは赤岩尾根も見えます。本日はあの裏側から、こちら側まで、回り込んで来たことになります。



石巻山の岩峰 ↓

道の途中で、目指す石巻山の山頂近くが良く見える場所がありました。
近づけばそれだけ迫力が増してくるような気がします。



ヤマネコノメソウ ↓

先方で男性が屈みこんでカメラを構えていました。近づいて見るとこの花でした。



石巻山の取付き ↓

気持ちだけ急いで歩いて来ましたが、大知波峠から約3kmの道のりを43分掛けて歩いたことになります。
大してスピードは出ていなかったようです。
この石鳥居を潜って石巻山の山頂を目指します。
コメント (6)