外苑茶房

神宮外苑エリアの空気を共有し、早稲田スポーツを勝手に応援するブログです。

東大に連勝し、勝ち点1

2013-09-22 18:55:35 | 大学野球

早東2回戦は、10対2で早稲田が連勝して、勝ち点1を獲得しました。

=======
早稲田の先発は、昨日ベンチ外だった高梨投手。
春の完全試合を再現するような投球を期待された高梨くんでしたが、どういうわけか今日はスッと甘いところに球が行ってしまう。
そこを東大打線に掴まえられて、2点の先制を許してしまいました。

昨秋の故障から見事に復調した高梨くん。
今は思い切り、腕を振ることができます。
あとは、投球フォームの細部をチェックして精緻な制球力も取り戻せば、鬼に金棒です。
野球センスの塊の高梨くんですから、必ずやってくれます。
完全復活の日を楽しみに待ちましょう。

======

高梨くんが降板した後、竹内(左オーバースロー。松坂高校)ー吉野(右アンダースロー、日本文理)ー田中(左サイドスロー、滝川高校)の一年生トリオの継投で東大打線を零封、そして有原くんが最後を締めました。

今日の一年生トリオは、みんな持ち味を出したと思います。
大魔人・有原くんも150キロ超の速球を連発し、球場にどよめきが起きました。

なお、今日の勝ち投手は吉野くんとなりました。
吉野くん、おめでとうございます。

次週の早明戦での先発投手。
吉永くんは当確として、二人目は横山くんか高梨くんか。

早東戦でベンチ外だった内田くんの復帰も待たれます。

======

次は野手陣。

捕手は、土屋くんが定位置確保に大きく前進しました。
タイプも経験も異なる投手たちを堅実にリードし、ワンバウンドする変化球もきっちり体で止めていました。

一塁の定位置争いは、武藤くんが一歩リードです。
昨日は、ピッチャー返しに徹して2安打。
今日は、4四球を選んで得点に絡みました。

一方、同じく2試合連続でスタメンの三塁・石井くんは苦しんでいます。
守備は無難にこなしているものの、打撃で結果が出ていません。
6番という打順もプレッシャーなのかもしれませんが、ここは一年生らしく、怖いもの知らずのプレーを石井くんに期待します。

代打陣として、丸子、森、藤田らの選手が起用されましたが、彼らも芳しい結果ではありませんでした。
安打か凡打かという以前に、次回は思い切りの良い自分のスイングを期待しましょう。


=======

慶応に勝ち点を落とした立教が、法政に連勝しました。

次の週末、早稲田が明治から勝ち点を取れば・・・!!

Comment   この記事についてブログを書く
« 東大に先勝 | TOP | 1日警察署長 »
最近の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 大学野球