愛と情熱の革命戦記

猫々左翼の闘争日誌

2011年7月27日 衆議院厚生労働委員会「放射線の健康への影響」参考人説明

2011年07月31日 14時31分21秒 | JCPの活動、国民運動、国内の政治・経済等



 私のFacebook友達(面識あり)が動画サイトYou Tube をシェアしたので知りました。児玉龍彦東京大学先端科学技術研究センター教授 東京大学アイソトープ総合センター長が衆議院厚生労働委員会での参考人招致で専門家としての知見を元に満身の怒りを込めて発言しています。

 私は物理学などの知識は皆無ですが、それでも児玉龍彦教授の発言内容を聴いて驚愕しました。聴けば聴くほどの驚愕すると同時に政府の怠慢、国会で国民・住民の命と健康を守ることより政争に明け暮れることを上におく議員どもに私は怒りを高めていきました。

 児玉龍彦教授はアイソトープの専門家であるだけに内部被曝の問題について限られた時間の中でも明確にお話しております。話す内容と口調から児玉龍彦教授の政府と国会への怒りが伝わってきます。

 なお、放射性物質のことに関して色々と規制する法律があって、児玉龍彦教授自身が法律違反の行為をしている旨お話しております。児玉龍彦教授のしてきたことには法律違反行為が含まれているかもしれません。しかし、状況を考えれば、児玉龍彦教授の行為は、福島におけるの人命と健康を守るためにやむを得ずしてきたことであり、人道と科学者の良心にはいささかも反していません。政府がやるべきことをやらず、わが党(日本共産党は別にして)国会議員の多くが「菅首相がいつ辞任するか」式の政争に明け暮れ国民の命と健康を守るためにやるべきことをやらなかった、この怠慢こそが現在の事態を招いているわけです。

 原発問題では小出裕章助教が注目されましたが児玉龍彦教授の発言は小出裕章助教と違った視点にたっているだけに参考になります。とくに内部被曝の問題に関しては児玉龍彦教授の発言は必見です。

日記@BlogRanking 人気ブログランキングへ
コメント

天使のアルパを携えた女神降臨 2011年7月18日錦糸町にて

2011年07月24日 12時56分38秒 | ラテンアメリカの政治革新、文化等
 もう1週間前になってしまいますが、7月18日にJR錦糸町駅北口ロータリーにてスカイフリーライブがありました。ロックバンドなどいくつものミュージシャンのグループがスカイフリーライブに出演しました。そのなかでスカイフリーライブを見に行く際の私の目当てがアルパ奏者の神山里映子さんの演奏でした。



 神山里映子さんのアルパ演奏はいつ見てもいいですね。



 アルパの演奏では、伴奏としてギターがよく使われます。他には、チャランゴがアルパ演奏で使われるのを、私は見たことがあります。

 アルパ演奏は、神山里映子さんです(写真右)。ギターで伴奏を担当しているのが赤塚祐亮さんです(写真左)。



 神山里映子さんが披露した曲は、牛乳列車、Piano、コーヒールンバなどです。約30分くらい演奏が披露されました。

 綺麗なお姉さんがアルパを演奏する姿は、絵になります(〃^▽^〃)まさに天使のアルパを携えた女神が降臨したひと時でした。

 8月6日には神山里映子さんが主催するアルパ教室アルモニコのコンサート(教室の発表会)が野方区民センターで開催されます。第1部がアルモニコの生徒による演奏です。第2部に講師である神山里映子さんの演奏が披露されます。また、日本では珍しいアルパの弾き語りをする、池山由香さんがゲスト出演します。いろいろな意味でアルモニココンサートは楽しみです。

日記@BlogRanking 人気ブログランキングへ
コメント