愛と情熱の革命戦記

猫々左翼の闘争日誌

73年目の夏

2018年08月15日 17時37分37秒 | 戦争のない世界をめざす

 タイトルにある「73回目の夏」とは何のことかなんだが・・・これは、日本軍国主義が1945年8月15日に連合国に対して無条件降伏して敗北してから73回目の夏ということだ。

 第二次世界大戦による死亡者の人数は、連合国側(アメリカ、イギリス、フランスなど)と枢軸国側(日本、ドイツ、イタリアなど)を併せて約4千万人ものぼる。
http://www.geocities.jp/k_saito_site/hikiadememorial0.html#HITOHIGAI

 日本は明治維新以降、富国強兵路線を掲げ、帝国主義化して戦争と侵略の道を突き進んでいった。そして、中国や朝鮮半島の人々をはじめとしてアジアの人々をたくさん殺していった。日本軍国主義の被害を受けた国・地域の人びとにとっては「8月15日」は侵略と植民地支配からの開放を記念する日ということになる。また、日本の軍国主義を推進してきた勢力や人々の立場ではなく日本の人民の立場にたてば、「8月15日」は、アメリカ軍による空襲の被害に怯える日々の終焉であり、家族、恋人、友人が兵役に駆り出されて戦場で殺し合い、外国で罪のない人々を殺傷することのなくなった日である。

 2017年から2018年の間に平和に関する国際政治の大きな動きがあった。

 1つ目は、2017年7月7日に核兵器禁止条約が国連会議で採択されたことである。2018年8月3日にはコロンビアが核兵器禁止条約を調印した。こうして60カ国が核兵器禁止条約に調印・批准した。現在、核兵器禁止条約に対する批准書を国連事務総長に寄託した国は14カ国(ガイアナ、タイ、バチカン、メキシコ、キューバ、パレスチナ、ベネズエラ、パラオ、オーストリア、ベトナム、コスタリカ、ニカラグア、ウルグアイ、ニュージーランド)である。
https://www.antiatom.org/Gpress/?p=15223

 2つ目は、朝鮮半島における平和への激動である。2018年4月27日に南北朝鮮首脳会談が開かれ、朝鮮戦争の年内の終結へむけた平和条約締結をめざすことが発表され、朝鮮半島の完全な非核化への署名がなされた。
https://www.bbc.com/japanese/43920684

 また、2018年6月12日には米朝首脳会談が実現した。この会談では朝鮮半島の非核化への共同署名が行われ、トランプ米大統領は米韓軍事演習の中止を合意した。
https://www.bbc.com/japanese/43920684

 昨年の今頃から暮にかけては、米帳の軍事的対立に起因して偶発的な事態や誤算に基づく核戦争の危険性をリアルに懸念せざるを得なかった。それに対して今年になって生じた大韓民国と朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)及びアメリカ合衆国と朝鮮民主主義人民共和国との間の大きな動きは、つい昨年のことを最近といより一定の年月が経過した過去のことだと感じさせるほどである。

 日本に目を向けると安倍自公政権の平和の問題に対するお粗末ぶりが際立っている。核兵器禁止条約のことでは、日本政府は条約に調印・批准をしないどころか核兵器禁止条約採択のための国連会議に背を向けて欠席した。日本は、実戦において核兵器の被害を受けた世界で唯一の国である。だから本来ならば、日本の政府首脳は核兵器廃絶の先頭に立ち、核兵器禁止条約発効へむけて条約の調印・批准に足を踏み出す国々を増やすために国際政治に働きかけるべきである。ところが、日本政府は核兵器禁止条約に背を向けているのである。

 朝鮮半島をめぐる情勢に関しては、安倍内閣をはじめとして日本の支配勢力は北朝鮮のありもしない脅威をでっち上げることに夢中でイージス・アショア導入やオスプレイ導入に躍起になる始末である。安倍内閣の毒が日本における安全保障政策のあり方を蝕んでいき、日本の安全保障を危険な方向へ行かせようとさえしている。また、安倍首相らによる改憲への策動と執念は見過ごせない。現状を前提とするならば、日本は世界の諸国民の平和への努力の足を引っ張るだけの存在に成り下がっているのである。

 第二次世界大戦が終わって73年目の夏は、私達に安倍自公政権を打倒して立憲主義回復と平和を実現するための政府の実現への重要性をかつてなく示している。

コメント

是枝裕和監督に対する的外れな批判

2018年06月10日 22時03分24秒 | 音楽、その他文化関係

 是枝裕和・映画監督が「祝意」を辞退した。その理由は、映画が国策や国益と一体化して大きな不幸を招いた反省の上に立つならば公権力から潔く距離を置くのが正しい振る舞いだということである。
https://www.asahi.com/articles/ASL68677QL68UCVL025.html

 祝意は、首相とか首長のような為政者の政治的な意図が強く働きやすい。だから、公権力から距離を置くために祝意を辞退することは理解できる。しかし、是枝裕和・映画監督に対して「祝意を辞退しておきながら文化庁から助成金を受け取って映画を作成したとは何だ」式の的外れな批判・難癖が散見される。国とか地方自治体の祝意が補助金を受け取ることの要件というわけではないし、時の為政者の意向が強く働く祝意と法律に基づいて要件を満たしていさえすれば、適用される助成金の類と同列に置くことは誤りである。文化庁が制度に基づいて映画製作に対する助成金を交付することは、為政者が誰であるかに関わらず法律に基づいて行われる審査の結果として、お役所仕事として粛々と行われる事柄である。時の為政者に対して反抗的だからといって法律に基づいた補助金を受け取ることそのものが批判の対象になるようでは民主主義は成り立たない。文化面においても時の為政者に対して反抗的な人を国民から集めた税金で育成までしてしまうことにこそ民主主義政治の根本的な意義がある。それに映画支援を受ける手続きを完了させた人は収益報告など所定の報告などを要求される。また、収益が上がれば、その一部を芸術文化振興基金に納付することが要求される。文化を育成することで映画などを創作する人だけでなく育成する側も利益を得るというわけだ。
http://www.ntj.jac.go.jp/kikin/29440.html

 芸術や文化に対する助成金は、憲法第13条(幸福追求権)や憲法第25条に依拠している。それは、人間が人間らしい生活を営んでいくためには、たんに生存していれば良いというのではなく文化に触れることなどを必要としているである。是枝裕和・映画監督が文化庁から法律に元づた手続きを経て受け取った助成金を映画製作に使ったことに難癖をつける人々は憲法に対する無知・無理解の程を自己暴露しているのである。

コメント

平井親和会商店街練り歩き&3,000万人署名

2018年04月30日 16時02分12秒 | JCPの活動、国民運動、国内の政治・経済等

写真手前に写っているのは、日本共産党のセバタ勇区議会議員 

 本日、2018年4月29日、地元の日本共産党の支部、後援会、平井・小松川9条の会、セバタ勇区議会議員(日本共産党)が共同して商店街の練り歩きと3,000万人署名に取り組んだ。私を含めて合計11人が取り組みに参加した。

 練り歩きながら数箇所で止まって3,000万人署名の強力への訴えをすると署名に応じるか応じないかはともかく、色々な反応がある。商店街で(よく聞き取れなかったが)悪態をついてきた人がいたり、平井駅南口で訴えをしていた時に若いカップルが「賃金引き上げをもっと主張してくれ」と言ってきた。3,000万人署名の訴えをしている最中に労働問題を延々と語るわけにはいかなかったが、現実の生活を考えれば賃金を引き上げることは切実な問題である。賃金の水準を引き上げることは、健康で文化的な最低限度の生活など憲法そのものに深く関わってくる。多くの人々には憲法が「遠い存在」に思われているかもしれない。このことをどのように打開するか、色々と工夫が必要である。

コメント

「国技」としての大相撲は廃れてしまえば良い

2018年04月05日 11時06分02秒 | 音楽、その他文化関係

 大相撲の春巡業が2018年4月4日に京都府舞鶴市で行われた。多々見良三舞鶴市長が土俵の上で挨拶したのだが、その最中に体調に急変をきたして倒れた。このことは、日刊スポーツなどが報じているところである。
https://www.nikkansports.com/battle/sumo/news/201804040000735.html

 さて、動画を視れば分かることだが、医療関係者と思われる女性が土俵に上がるまで男性数人が市長の周りにいても呆然とした様子で女性が男性を押しのけて土俵に登ってくるまで有効な措置がまるでなされていない。女性の行動が慣れた手付きであることを考えると、医療関係者など救命措置に関する訓練を受けている人であろうと考えられる。

 大相撲においては、女性が土俵に上がってはいけないという「しきたり」がある。こんな男尊女卑に満ちたしきたりを現代の日本社会において保持する事自体に疑問が私にはある。ただ、このようなことに目を瞑るとしても急病で倒れて一刻も早い適切な措置を必要とする人がいる状況下において「女性の方は土俵から降りてください」とは一体全体何事か。

 「伝統」とか「しきたり」と言えば何でもありじゃない。社会発展の段階に見合った社会通念とかけ離れ、人民抑圧を再生産するだけの因習は打破されるべきである。この観点から、「女性は土俵に上がってはいけない」という大相撲の「しきたり」そのものが廃れてしかるべきであろう。このことに目をつぶるとしても現実に直ちに適切な救護措置を必要とする人がいる状況下で人命救護のために土俵の上に登ったのがたまたま女性だったからと言って「女性の方は土俵から降りてください」では、大相撲固有の特異な「しきたり」を法律や社会通念の上に置くことそのものである。これでは、相撲協会はヤクザと本質的には同じ存在だと言わざるを得まい。もし、適切な措置が直ちに行われず、万が一にも多々見良三舞鶴市長が死亡すれば、誰がどのようにして責任を取るというのか。

 現状では、大相撲は暴力と人命軽視と女性蔑視を日本社会にもたらし温存する、市民社会と相容れない存在として淘汰されて廃れてしかるべきであろう。

コメント

危険な風潮

2018年02月17日 03時39分04秒 | 戦争のない世界をめざす

 毎週金曜日の17時~18時にかけて日本共産党のセバタ勇江戸川区議会議員は、JR平井駅北口駅頭で宣伝行動をしている。党は安倍政権による憲法第9条の改悪に反対するための3千万署名に取り組んでいることから、夕方の宣伝は署名活動を兼ねている。

 2018年2月16日の駅頭宣伝で俺が署名用紙をバインダーに挟んだ板を持ちながら安倍政権による改憲に反対する3千万署名を呼びかけている時に60代後半から70歳前後と思われる男性から「何をやっているんだ?国賊が」と言われた。反共主義の人から街頭宣伝中に悪口言われた位で俺は落ち込まないが、外出先から帰ってきた感じの人から「気軽」に「国賊」という言葉を投げかかられる・・・そんな風潮が台頭していることに俺は危機感を感じている。

コメント