愛と情熱の革命戦記

猫々左翼の闘争日誌

危険な風潮

2018年02月17日 03時39分04秒 | 戦争のない世界をめざす

 毎週金曜日の17時~18時にかけて日本共産党のセバタ勇江戸川区議会議員は、JR平井駅北口駅頭で宣伝行動をしている。党は安倍政権による憲法第9条の改悪に反対するための3千万署名に取り組んでいることから、夕方の宣伝は署名活動を兼ねている。

 2018年2月16日の駅頭宣伝で俺が署名用紙をバインダーに挟んだ板を持ちながら安倍政権による改憲に反対する3千万署名を呼びかけている時に60代後半から70歳前後と思われる男性から「何をやっているんだ?国賊が」と言われた。反共主義の人から街頭宣伝中に悪口言われた位で俺は落ち込まないが、外出先から帰ってきた感じの人から「気軽」に「国賊」という言葉を投げかかられる・・・そんな風潮が台頭していることに俺は危機感を感じている。

コメント