熊澤良尊 将棋駒工房

元将棋博物館顧問。将棋駒研究と制作。

JR加茂駅、徒歩2分。
見学訪問は、0774-76-5911へ。

雛駒と雛盤、3種

2018-01-21 19:08:20 | 販売品
小生の手持ち品です。
これまで積極的に宣伝らしい宣伝はしていませんが、手持ちの雛駒と雛盤についてアップします。

⇒雛将棋駒盤セットA。(先日、触れました雛盤Aがこれです)
兼成卿写」の雛駒と、日本製榧柾目一枚板雛将棋盤のセット。
(写真では、途中、2枚はぎのようにみえますが、一枚板です)
駒:「兼成卿写」の雛、盛上げ駒。
盤:日本産榧、柾目。30.0x27.0センチ。厚み2センチ。
駒台、駒箱、駒袋付き。(盤のみの販売は致しません)






ーーーー
本日、押し入れから、次の雛将棋盤が2面出てきました。
盤のみご入り用の方は、こちらをお分けします。
いずれも日本産の榧製です。

⇒雛将棋盤D。
日本製榧の3枚はぎですが、細かな柾目が揃った極上品。

29.0x26.5センチ、厚み3.0センチ。
桐製のケース(全体サイズ31x28x4センチ)蓋付き。
価格は、ケース・蓋共で、6万円。


⇒雛将棋盤E。
日本製榧による象眼式、雛将棋盤。
(一枚板ではなく、罫線は黒檀象眼の組み合わせ式加工盤)

28.0x24.5センチ、厚み2.5センチ。
桐製のケース(全体サイズ28.0x24.5x3センチ)、蓋付き。
価格は、ケース・蓋共で、3万円。
(写真の駒は、別売りです)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 大寒 | トップ | 紙の名前 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

販売品」カテゴリの最新記事