幸せづくりの家ものがたり

●「樹づくり工房やない」~日々の暮らしから見たこと感じたこと等●

家づくり その6

2009年03月25日 | 家のこと
またひとつ、大きな仕事が終わった。そう、その仕事とは新築物件の引渡し。
大きな達成感と共にホッとする瞬間でもある。

新築の仕事は、施主様からご依頼をいただいてから数えると一年近くにもなる。
工務店にとってはいくつもこなしていることだが、施主様にとっては一生に何度と無い
大きな買い物だけに、不安と希望に満ちた大仕事だろう。それだけに、託された側に
とっては大きな責任感とやり甲斐を感じる。
無事完成した時の施主様の笑顔が何よりの喜びだ。

着工前の段階では紙の上でしか表現されていないものだから、骨組みが建ちあがって
だんだん立体化されてくると、図面では見えなかったことが出てくることがある。
特に電気配線については、実生活での使い勝手を大きく左右する。

今日の生活は家電製品に頼るものが多く、AV機器やパソコンやらと電気製品で
溢れかえっている。そんなわけで、配線計画にはいつも気をつかう。
コンセントの位置ひとつとっても、一生不便を感じながら生活するということが
ありえるわけだ。そんな状況を少しでも防ぐために、現場での確認作業は大切だ。

他にも、部屋がかたちになってくると「こんな所に棚があるといいな」とか
「取り付け高さがもう少し低ければ」など図面ではわからないところが見えてくる。
そういった意味で、施主様にもできるだけ現場に足を運んでもらい、実際に体感して
いただきたい。
どうしても無理なことは「できない」とお伝えするが、
木造であって現場で造りあげていくものに、やってやれないことは無い。
それがプレハブではない工務店の家づくりですから。

当社では、工事が始まってから毎週一回の工事報告を行い、できるだけ施主様と
顔をあわせる機会を設けている。刻々と変化していく現場で、早めに対処できれば
工期や予算への影響を最小限にできるからだ。
これはリフォームでもありえるわけで、追加や変更は、思い立ったら迷わずご相談下さい。
職人さんも一度造ったものを壊すのは切ないですから・・・。

コメント

完成見学会 無事終了しました。

2009年03月23日 | ふれあい日記
お彼岸中の見学会となり、「どうかな?お墓参りで皆忙しいから来てくれないかな?」
と心配でしたが、これから建てようかな、という方々が来てくださいました。
ありがとうございました。
日曜日はあいにくのお天気となってしまい、パンフレットやアンケート用紙が突風で
飛んでしまったり、突然のよこなぐりの雨で一旦玄関先に荷物を避難させたり、
という感じでした。

そんな中来てくださった方は、真剣に考えていらっしゃるのだろう、と思います。
初めてセルローズファイバーという断熱材を見て、「こういうのがあるんだ!」と知った方や、
「ああ。これだよ!」と知っていたけど、初めて現物をまじまじと見ていた方。
「リビングはこのくらいの広さがいいよね!」と夫婦で見渡しながらお話ししていた方。
小さな男の子がごろんと横になり、「床暖房あったかくていいね、ずっとここにいたいね」と
話しかけていたお母さん。

すぐではないとしても、当社がどんな家を建てているのかを知っていただき、
また、このような見学会に足を運ぶことで家づくりのイメージを膨らませ、
実際に家づくりを計画する段階になりました時には、「ああ、やないさんもあったね」と
思い出していただければ、大変うれしく思います。

最後に、見学会のためにご入居前のお家をお貸しになってくださいましたお施主様に
心より感謝申し上げます。

どうもありがとうございました。
コメント

完成見学会開催のお知らせ

2009年03月05日 | ふれあい日記
先月構造見学会をしたお家の、完成見学会が、またまた今月21日、22日に
行われます。
お彼岸中の開催となってしまいましたが、お施主様への引渡しなどもありますので、
こちらの都合という訳にもいきません。

暑さ寒さも彼岸まで…そろそろ外へ出るのも億劫ではなくなってきました。
なので、今回は皆さま、お花見は次の週にまわして、21、22日は当社見学会に
足を運んでみてくださいね!

コメント

完成見学会終了しました。

2009年03月02日 | ふれあい日記
昨日、一昨日の完成見学会、会社から数㎞離れたところでの開催
でしたが、たくさんの方々にお越しいただけました。
ありがとうございました。

ここ何回か行われている見学会に度々足を運んでくださった方、
遠方よりお越しくださいました方、もちろんチラシを見て来てくださいました方…
本当にありがとうございます!

そして、実際に見て、触れて、匂いを感じて…その空間から、少しでも何かを感じ取って
いただけたなら、やって良かった!という思いです。
もし気にかけていただけたなら、ぜひ「やない」の名前を忘れないでおいていただいて、
何かの時に思い出していただけたなら幸せです!

最後に、住む前のお家を気持ちよくお貸しくださいましたお施主様に感謝いたします。

どうもありがとうございました!!!
コメント