幸せづくりの家ものがたり

●「樹づくり工房やない」~日々の暮らしから見たこと感じたこと等●

外構による家の見え方

2013年03月25日 | ふれあい日記

桜が咲きましたね

なんだかここ2~3日見た桜はきれいに見えませんでした。
なんだか白っぽくてくすんだ感じで…桜ってこんなだったかな?と思えました

娘曰く「晴れてないからだよ!」と。
確かに曇り空だからかも

青い空の下では、花の色も毎年見るのと同じようにピンク色なのかもね
明日は晴れるかな?きれいな桜が見たいです

そのものの色だけでなく、まわりの色によって見え方って違うんですね。
それは色だけのことではないかも。。。


例えば家

外構が素敵なのとそうではないのでは、家自体が全然違う見え方をしますね。
価値が違って見えるもの!

家が建った時は感動するものだけど、しっくりとその家に合う外構が完成した時には
もっともっと感動

もちろん外構だけとても立派でも、家とのバランスがあるから、よく考えないとね。

また、よく考えないでイメージが違う外構にしちゃっても、ちぐはぐになっちゃって
ダメだしね

外構って不思議な力があるなって思います

素敵に見えるお家は、改めて見てみると、外構も含めて良いんだなって思えます
まとまりがあるってことでしょうか

家づくりを考えている人は、建物だけ建ったら外構の分のお金がなくなっちゃった
ってことにならないように、よ~く計画してくださいね


もちろん 外だけでなく家の中に関しても同じ。
立派な家でも散らかっていたり、ばらばらなインテリアだったら、
元よりも悪く見えちゃう可能性もあるから、よく考えた方がいいかもですね

コメント

春です!家の外まわりの点検を!

2013年03月22日 | ふれあい日記

暖かくなって過ごしやすくなってきました

外に出る機会も増えると思いますので、
家のまわりをぐるっと周ってみて、気になるところがないか
チェックしてみることをおすすめします

心配なヒビが入っていたりとか、雨どいが外れていたりとか…
また晴れの日が続いているのに外壁面や地面に接する部分が
濡れていたりしたら漏水の可能性もあります
お休みの日にでも一度点検してみてくださいね


それから窓を開けて外の風を取り込みたくなった時に、
網戸の目が汚れていたらテンション下がりますね

これからの時期に気持ち良く過ごしたいから、できれば網戸を外して
洗ってみては?

立てかけて洗うと網がゆるんだり破れたりしてしまうので、できれば寝かせて。
駐車スペースに寝かせて、洗車用のホースで一気に洗えればgoodですね
あとは立てかけて乾くのを待つだけ!!

お天気が良くなってくると、何かしようと思えるのって私だけじゃないんじゃないかな?
お日様の日差しはやっぱり気持ちいいもの

ついでに押し入れやクローゼットも開け放して風を通してくださいね

コメント

ガーデニングは考えている時も楽しい!

2013年03月21日 | ふれあい日記

昨日のお休みの予定はガーデニングでしたけど、想像している
だけで終わってしまいました

大きく考えすぎなのかも。。。

少しづつ買い足していくようにすればいいんだけど、
つい、出来上がったベランダを想像してしまって

ハーブを育てようと思ったけれど、実際どんな種類がいいかな、
できれば使い道のあるものにしたい

例えば。。。
ハーブティーとかお料理に使えたりとか、、、お風呂に入れるのもいいし、
ドライにしてもいいし

  なんとなく優雅なカンジを味わいたいだけなのかも、私…

そんなことを思いながら本を見たり、ネットで調べたり
見ていると植えている入れ物も様々で、それによって大分
素敵に見えたりするね
家の中と同じで、統一感がないとバラバラでカッコよく見えないよね


何種類か欲しいのが決まり、では買いに行こうと思ったけど、
さてどこに??

ホームセンターに今時期はたくさんの鉢植えとか売っているから、
土も必要なので行ってみたけど、欲しいのは残念ながら無く

友人のやっている花屋さんで、私の欲しいやつ数種類を取り扱っている
ようなので今度買いに行ってみよう

ホームセンターじゃなくてガーデニングの雑貨屋さんを探した方が
いいのかな?

本に載っているようなしゃれた鉢も欲しいから今度のお休みこそ
見つけて行ってみよう

遠足の前日と同じで、あれこれ考えている時が結構楽しいですね

コメント

ガーデニングの季節です!

2013年03月19日 | ふれあい日記

我が家に庭はないけれど、こう暖かくなってくると
何か植物を植えたくなってきます

普段なかなか手入れなどできないので花がら摘みなどの
必要ない葉っぱものにしようかな

あまり色がたくさんあるのは好みではないから、
ハーブなどがいいかも
香りもよく、使い道もあり、丈夫なので
いくつか選んで育ててみようかなと思います

ベランダだけど日当たりはいいので水やりだけ気にしていれば
あまり手間ひまかけなくても育つはず

毎年こんなイメージで…と思っているけれど、中途半端な感じで
最後は枯らしてしまう

向いていないのかもしれないけど、リビングからグリーンが見えるとうれしい

明日のお休みにはガーデニングで季節を感じよう

マスクと花粉予防のメガネをして

コメント

2世帯住宅でうまくいく方法

2013年03月15日 | ふれあい日記

私の友人はご主人の方の両親と2世帯住宅を建て住んでいます

玄関からすべて別なので、全然気兼ねせずに暮らせ、適度な距離で
うまくやっているようです

話を聞いていていいなと思ったのが、義母がどんな時でもお嫁さん(友人)
に選べる聞き方をしてくれるんだそうです。

例えば、友人とご主人は共稼ぎで昼間は留守ですが、「もし雨が降ってきたら、
洗濯物どうする?そのままにしておいた方がいい?それとも取り込んでおく?
取り込むなら勝手に入るけど」という感じで選べる聞き方をしてくれるんだそうです。

たとえ雨に濡れたとしても、彼女がそのままでいい、と言ったら、それ以上は
何も言わないのだそう。。。
もちろん、親切心から聞かずに動くこともないそうです。

適度な距離間です

「取り込んでおこうか?」とだけ聞かれたら「いいです」って言いづらいですもんね
それでも聞かれるだけありがたいケド

また、家事以外のことなどで旦那さんに聞いた方がいい内容についても、
彼女にまず話してくれて、旦那さんに聞いておいてね、という感じで
彼女を通すんだそうです

なんてすばらしいお姑さんだろうと思ってしまいました
気遣いというか、気にかけてくれている、または大切に思われている、
そんな感じですよね

彼女もそんなお姑さんの気持ちがわかるから、自分の親のように大切に
思えるんだそう。。。

一緒に出掛けることもよくあるみたいで、ホントうらやましい嫁姑のカタチ

付かず離れずとても上手く行っている、うらやましい2世帯だな~と思います

コメント

…らしさ

2013年03月14日 | ふれあい日記

以前、遠くの工務店のホームページで、とてもわかりやすく
リフォーム事例が載っているのがあったので、参考にしたいなと思って
お気に入りに入れておいたんです

見た目があまりきれいではなく(自分のところで作ったのかなというカンジ)
でも工事写真や人の写真が多く、説明もお客様の感想も、とてもわかりやすく
載っていました。
その会社がよくわかるような、裏表なくありのままを見せてもらえているような、
そんなホームページでした。

近くだったら、私ならここにお願いするだろうな という感じに思えました。


最近、ふと見てみたら、リニューアルされていたんです

専門業者に作ってもらったのね、とわかる、きれいさになっていました。

それがとても私には残念で。。。

前のを見たことがない人は、特に何とも思わないと思うけど
有料の画像をたくさん使っているようで、普通にきれいで、
レベルアップした風には見えます。

でも。。。取り繕ってしまった感じで、なんだか前の方がよかったな

本当のところが見えなくなってしまった感じ。
ありきたりなホームページになってしまった感じ。
きれいな布で覆われてしまった感じ。

今どきはきれいなホームページが多いから
かえって目についたんだよなぁ

前の方が“らしさ”が出ていてよかったよ、って伝えてあげたいくらい

作る方の立場と、見る方の立場でこんなふうに違うんだなぁって
実感させられました

コメント

シェアハウス(続き)

2013年03月13日 | ふれあい日記

シングルマザーのシェアハウスってネットで見てみたら
あるんですね。
結構メリットの方が多いみたいで
やっぱりな~と思いました!

想像していたような写真が載ってました

週2回シッターさんに来てもらって栄養バランスを考えた
食事を作ってもらったり、子供を見てもらったり…
ひとりじゃなかなか頼めないけど、数人でなら費用も割り勘に
できるのでお得ね

普通の若者のシェアハウスより、必要にかられて
になるから、今は数が少ないみたいだけど、もっと増えて
どこでも利用しやすくなればいいと思う

探すとき思いつかなかったなぁ。。。


また、年配の方のシェアハウスもいいかもね。
介護がまだ必要ないくらいのひとり暮らしの人用
子供が巣立ってパートナーもいなくなってしまったとしたら
ひとりじゃつまらないし、何かあったとき心配してくれる人もいないんじゃ
さみしい
こちらの住まい方は「安心」を求めて。。。ですね。

そういったひとり暮らしの方が家を出て空き家になったら、そこを
リフォームしてシングルマザーがシェアして住むっていうのはどう

または、年配のひとり暮らしの家にシングルマザーが数人入って
一緒に暮らすとか

お年寄りにとっては孫ができたみたいでうれしいね
それに若い人がいるだけで安心感がある

シングルマザーにとっては、保育園の送り迎えとか頼めそうだし、
心のこもった温かい手料理で待っていてもらえそう!きっと癒されるね。

子供にとっては、お母さんではできないことや知らないことも教えてもらえる!
教育面でもきっといいことが多いね!

これもみんなにメリットがあると思う


やっぱり地震の影響が大きいのかもしれないけど、
寄り添って生きていく安心感が欲しいのかな。。。

こんな暮らし方もいいんじゃない?
これから増えていくといいな

コメント

似ている境遇同士のシェアハウス

2013年03月12日 | ふれあい日記

シェアハウスって合わないタイプの人がいるとなかなかうまくいかないと
思うけれど、同じような境遇だとしたらどうかな?

例えば、私はシングルマザーで子供が1人。
同じようにお母さんと子供の家族だったら、助け合ってやっていけそう。。。

まず、お母さんはきっと(たぶん?)働いているはずで、
昼間の人もいれば夜働きに出ている人もいるだろうから
子供がひとりでお留守番のことがなく安心できそう
いざという時(何かのトラブルですぐに家に帰れなかったり、子供が急に
熱を出したり)に助け合える!

子供は子供で、同じような年代なら仲良くなれると思うし、また大きい子が
小さい子の面倒を見てくれそう。
(小学生くらいまでかな、それ以上になると難しそう。。。)
子供も少ない家族でさみしい思いをするより、にぎやかな方がいいのでは
(社会性も育つね)

お母さんは似た境遇同士なので、たまにはみんなで子供が寝てから
お酒を飲んだりもできる
外に出ていかないで家飲みできるから安心だね

また女ひとりと子供では物騒だから数人で住めば心強い

いろいろ相談しあったり、励ましあったり、情報交換したりもできるし

もちろん、家賃や光熱費など人数で割れば安く済む

単身者のシェアハウスより、実用的でとてもメリットがあると思うんです
ちょっと考えただけだけど、良いこと多いね

実際はどうなのかな。。。


うまく助け合ってやれればいいけれど、甘えが出てきちゃうとやっぱり
他から不満が出ちゃうよね
家賃が安く抑えられる分、みんなで出し合ってシッターさんも雇えるかも

それぞれの離婚した理由がいろいろだから、人間性・人生観もそれぞれな訳で。
離婚により気が強くなってしまった人(なりたくなかったとしてもね)もいると思うし。

とても上手くいくか、または全くダメか、ってなりそうかな??


実際、離婚の時、部屋探しが難しかった。離婚しようと思って部屋を探してみても
結構家賃高いし、市営や県営住宅は抽選で落ちてしまい簡単には入れないし。。。
あまり古い物件でみすぼらしい気持ちになるのも…そうでなくても滅入っているのにね。
その時知っていればよかったな


学生の時、寮生活の経験があるけど、とても楽しかった思い出があるから、
(毎日が修学旅行みたいで!そして今でもその時の仲間と仲良し
私、もうちょっと若ければこのタイプのシェアハウス、試してみたかったかも

コメント

どうしているか気がかりで。。。

2013年03月11日 | ふれあい日記

地震から2年…

時が経っても薄れることなく、思い出すとかえって今の方がより恐ろしい…
週末からテレビであの時の津波の様子をやっているけれど今見ても震えます。

宮城に親戚がいるのだけれど、特に家と息子を流された従姉が
どうしているかととても気になって

死んだ気がしない、とお葬式の時は家族誰も泣いていなかった。
ひょっこり帰ってくる気がする、と言っていた。

1年くらい経って、新聞にその従姉が書いたものが載っていた。
もう家を建てられない場所だけれど、息子がまだそこにいる。
だからその地を離れることはできない、と書いてあった。
毎日涙が止まらないと書いてあった。

まだ今も仮設に住んでいます。

別の従姉が当初言っていました。
大変なのはこれからだよ、と。

確かにその時だけではない。たくさん失ったその状況の中で
生活は続いていくこと。。。
とても心にずっしりときました。

だから、かえって連絡できないでいます…

二才上の従姉でその息子が当時中1だったから、
今の私が同じ年で、うちの子供が今中1。
あてはめて考えると心が痛い。

過ぎてしまったことはどうにもできない、先を生きていくしかない。

従姉のこと、いつも思い出すけど、何もできない自分が無力で悲しい。。。

いつか傷が癒えることがあるのかな



一方、別の従妹の旦那さんは設計事務所に勤めているけれど、
忙しくて寝る間もないそう。
店舗や工場、事務所など、何十件もかかえて、先が見えないらしい。
夜中に帰宅し、少し仮眠してまた戻る、という生活みたいだ。
大変だけど、早く町が元に戻ってほしいから、こっちは元気に頑張って~

コメント

イスとテーブル、買いました!

2013年03月09日 | ふれあい日記

先日、小さいダイニングテーブルとイス2脚を買ってきました

以前に買った食器棚用の滑らないゴムマットが、とてもしっかりしていて
よかったので、足りなかった棚用にまた欲しくて、イケアに行ってきました。

買うつもりはなかったのだけど(まだソファの方が先に欲しいと思っていました
以前に行った時に革張りのソファがとてもとてもお買い得な値段で入口付近に
展示されていて、あの時買っちゃえばよかった~ってとても後悔したので、
同じものがまたあるとは思えないけれど、見るだけ見てみよう!という感じでした。

今回、これが欲しい!っていうのはなかったけれど、見ているだけで楽しい!

たぶん、買ってしまうともう見つけることがなくなるから、自分自身で
買うことにブレーキかけてるんじゃないかなと思うんです。
買ってしまったらもうつまんなくなるから

でもソファはサイズとかなかなか合うのがなかったから
また別のところでみてみよう!楽しみ

ダイニングテーブルとイスも、やはりなかなか買えずにいたのですが、
とっても安かったので思い切って買いました。3点で2万円いかない値段で
買えました。(このくらいで“思い切って”っていうのが恥ずかしいです


とてもシンプルで個性のないものですが、とても気に入りました
しかしテーブルとイスでセットのものではないものにしたので、微妙に
色合いが違う…(まぁ、言わなきゃわからないからOKだ
テーブルの素材はバーチ(バーチって?日本語でカバノキ科の広葉樹ですって!
白樺とも書いてあった!)
イスはパイン(パインって?日本語で松。パイナップルってもともと松ぼっくりを
意味する言葉だったんだって。似ているから、もしかしてそこから来たのかな??)

これでひとつ決めるものがなくなっちゃった

でもひとつ買ったら、ソファとか他にもいろいろ欲しくなってきちゃった
ある程度の完成まで、まだまだ楽しめます

コメント