幸せづくりの家ものがたり

●「樹づくり工房やない」~日々の暮らしから見たこと感じたこと等●

地域柄

2008年05月29日 | ふれあい日記
やないでは、最近の新築工事は二世帯住宅が多い感じです。
今工事中の家もそうですし、少し前も割合的に多い気がします。

地域柄なのでしょうか…

この辺りは都内からも近いので通勤圏で便利ですよね。
そして元々こちらが地元だけど勤務先が都内だったりして
そちらに移り住んだ方が、ご両親もお歳を召してきて
そろそろ一緒に住もうか…通える範囲だし、土地はあるし…
ご両親側にしても、そばにいてくれたら心強いし安心…孫も
すぐ近く

という感じなのでしょうか?


私はもともと田舎の人間なので、あまり土地の大きさは
気にせずに住んでいました。

というより、結婚して子供も生まれて一戸建てをと
考えた時に41坪の土地を購入しましたが、実家の友達に
言うと「狭いね…」と言われ、東京の友達に言うと
「広いね!」と言われました。

この辺りではやはり土地をどうするか、ということを
きっとまず最初に考えるのでしょうね。

だから二世帯住宅が多いのかな。

うちの実家のほうでは、二世帯住宅なんてあまり聞かない
ですもの。
だったら、同じ敷地内に別棟で…という感じ!
また、マンション住まいの知人も少ない…
駅周辺にはありますけどね。


結構、同じ関東でも都内、この辺り、田舎の方では
違いが見られるものなんですね!
コメント

構造見学会無事に終了!

2008年05月26日 | ふれあい日記
見学会両日とも、お天気があまりよくありませんでしたが、
無事に開催することができました。

土曜日は終わる少し前になって、やはり降り出してきましたが、
ほぼなんとか大丈夫でした。
ご近所で同じように二世帯住宅をお考えの方や、以前の完成見学会にお越し
になられた方が遠いところ足を運んでくださったりと、うれしくなりました。

日曜日は朝から本降りでしたが、午前中に回復してくれました。
またまた、二世帯住宅を検討中という方、先々のために見ておきたいという方、
以前に当社のホームページをご覧になってお問合わせしてくださった方…
この方も遠いところからお越しくださいました。

ここ、東大宮での見学会ではないので、「やない」の名前すら聞いたこともない
ご近所の方々はチラシを見て足を運んでくださいました。

この皆様方の家づくりに少しでもお役にたてれば…という思いです。
あせらず、じっくりとご検討くださいね…後悔のない家づくりを、皆様が
幸せになれる家づくりをしていただければいいな、と願っております

そして、ご協力くださいましたお施主さま、2日間どうもありがとうございました。
コメント

見学会開催のお知らせ

2008年05月24日 | お知らせ・会社
見学会開催のお知らせです!
お施主さまのご好意により、見学会を行わせていただくことになりました。

5月24日(土)~25日(日)の2日間、
二世帯住宅の構造見学会を開催いたします!



完成した家が見れるわけではないので、あまり
おもしろくはないかもしれませんが、(どう考えても、完成見学会では
ないので、わ~ステキ!っていう、感動の形にはならないと思いますが…)

見どころは、
 ①自然素材の断熱材「セルローズファイバー」
 ②紀州桧の柱、土台(オール4寸角)


構造見学会の段階での見どころです。他のポイントは完成見学会にて。。。


これから家づくりをお考えの方にはぜひ、建物の中身をじっくりと
見て、勉強&検討して欲しいと思います。

表面的なところなどは後から直したり、リフォームすることも難しく
ないけれど、建物の骨組みはそう簡単にはいきません。

隠れてしまうところは、この機会にぜひ見てみておいてほしいと思います。
そして後悔しない家づくりをしていただきたいと社員一同願っております。

◆◆見学会ご案内◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
◆ 日時:平成20年5月24日(土)~25日(日) ◆
◆ 時間:午前10:00~午後4:00        ◆
◆ 場所:さいたま市北区奈良町        ◆
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
コメント

構造見学会のチラシ

2008年05月23日 | ふれあい日記
明日、明後日の2日間は見学会なのですが、どうやら
お天気がよくないみたいです…。

昨日、今日と晴れて初夏の陽気だというのに…

昨日は現場近くのチラシまきをしました。
会社の近くは大体の道がわかっていてやりやすいのですが、
なじみのない土地では、そうもいかず、効率が悪いみたい。
しかも、7月上旬やら中旬やらの気温のせいで余計に…です。
水分補給せずだったので、途中でバテそうに…
気をつけないと…


今日もこれから昨日の続きでチラシくばり!
暑さに負けずがんばるぞ
ちらしを見た人が、来てくれるといいな

コメント

ちらしくばりの途中で…

2008年05月15日 | ふれあい日記
ようやくお天気もよくなってきました。

お天気の良いすがすがしい中、毎月、地元の方々にお配り
しているちらしのポスティングに出かけました。

お天気がよくなったせいもあって、お布団干しや洗濯物を干す方、
庭の掃き掃除をする方、お花に水やりをする方…外に出ている方が
多いなぁと思いました。

そんな時は、声をかけて渡すのですが、対応は人それぞれです。
「はい、ごくろうさん!」というおじいちゃん、
「入れといてくださーい。」という庭の雑草取りをしている奥さま、
「何!何のチラシ!」と強めにおっしゃるおじさん、
あるいは、まるで、無言・無視の方…

今日は、庭の掃き掃除をしている奥さまとグッドタイミングで
目があいました。
で、なんとなく一瞬警戒さを感じてしまい、ほんのちょっと…0.5秒
くらいためらったのですが、0.5秒の後、差し出したら
「あ、これね!いつもありがとう!」と、二つ折りにしていて
内側に書かれているのに、裏にうっすら映って見えるこのちらしが
すぐにわかってくださったようでした。
とってもうれしかったです

毎月、見るごとに印象付けたいと思い、全体の構成は変えずに
記事の部分だけ入れ替えるようにし、また、すぐに捨てられないように
パッと目を引くようカラフルに、「好感度良く」を意識してのやさしい
書き方、内容もなるべく偏らないよう老若男女に向けて…等など…

一方通行なので、見た人はどう思ってるんだろう、といつも思っていましたが
こんな風に言われると、これでよかったのかなとひとまずホッとします。
(きっとまだまだ工夫したりできるとは思うのですが…)

私にはこれくらいのことしかできませんが、「継続は力なり」で
また、きょうみたいにうれしいできごとが起こるよう、がんばります



 …ただ…

そろそろ、この辺で肌の老化にストップかけないと、マズイです。
今まで満足に紫外線対策もしないで日中外に出ていたのが、
今になってすごくあらわれだしてきた…ここ数年で…
せめて年相応に留めておかないと…ね。
気付いたときには、すでに遅いのでしょうが…

遅いなりにもこれ以上にならないよう、これからの時期は早朝に
配ろうかなと思います。
コメント

覚えていてくれるということ

2008年05月08日 | ふれあい日記
私の家は、建てて数年してから、いつも同じところが雨漏り
していて、何度も何度も建てたところのアフターサービスの
人に見に来てもらっていました。(やないで建てたのではありません)

簡単な補修だけで、大雨が降るとまた雨漏り…
また、電話して来てもらって…
それでもダメで足場を架けたりまでして…
そして、雨が降らないとわからないから…と何ヶ月も足場を
かけたままでした。
とりあえず雨漏りしなかったので私の方も電話しないで、
そのままにしていました。

ただ…、
たまには様子伺いの電話を一本でもいいから私は欲しかったのです。
何ヶ月も足場架けたまま放ったらかしにされていると、
忘れてしまったのかしら…と、何だかいい思いはしませんでした。
ご近所にも「お家どうしたの?」と言われてしまうし…。

結局、足場のあるうちには雨漏りしませんでした。

で、足場をはずしてから雨漏りしました。

こちらもあちらも、もううんざりしてしまうくらいでしたので、
「またか…」と思われると思うと、こちらが悪いわけではないのに
電話するのも何だか悪いなぁって感じでためらってしまったり…。


そんなこんなで直らないまま月日が経つうちに、担当者が代わりました。
今度の人は腰の低い方で、一生懸命さがとても伝わってくる人でした。
申し訳ないという気持ちと、何とか直そうという気持ちでいっぱいの
人でした。

ちょこちょこ補修するよりも1日かけて見てみますということになって、
屋根に上ったり、屋根裏にもぐったり…。
それも、こことここがあやしいので見てみます、調べます、こちら側は
8割方雨漏りのおそれはないでしょう…等という具合にやる前にきちんと
説明してくれました。

そして、1週間ほど経って久しぶりに雨が降りました。
でも大雨ではないので、雨漏りの心配もないくらいです。

ですが、次の日様子伺いの留守番電話が入っていました。

そういった気にしてくれている、心配してくれている、という思いが
とてもうれしくて、私の中のその会社に対する思いが
下がりきっていたところを一気に上向きにしてくださいました。
(今、私の頭の中に折れ線グラフが描かれています

まだ、本当に直ったかどうかはわからないけれど、この人なら、
うちを見捨てない…っていう安心感ができたので、今後心配はいらない、
この人なら大丈夫、っていう気持ちになれました。

人の気持ちってこんな感じ…ね!
どんなことでもやっぱり、人対人…、そこに人がいれば
感情がついてまわるものなのですね。

コメント

風薫る季節のひとりごと。

2008年05月07日 | ふれあい日記
今日も爽やかな気持ちの良い1日なので、午後は
事務所の窓を開けて5月の風を入れてみました。

空気がカラッとしていて、1年で一番心地よく
過ごせるのがこの5月だと思っていますが、
私はこの時期の今日のような清清しい日には
決まって、子供がお腹の中にいた時のことを思い出します。

産まれたのは5月の下旬なので、ちょうど臨月でもうすぐ
我が子が生まれてくるという会える期待と、また初めての
ことなのでちょっと不安な気持ちも入り混じった頃なのです。

ただ、この頃は、穏やかな気持ちであり、
また何に対してもやさしい気持ちでいられた時なのです。

その頃の心の状態が自分ではとても好きで、
乾いた風のにおい、その触感、緑色の葉っぱ、ちょっと汗ばむ
日差し、日かげのさわやかさ…などにより、その時のそのやさしい
気持ちを思い出します。
また同時に、そのころ感じた色調や形なども思い出すことができる
のです。

五感の中でも、特に嗅覚と触覚がとてもよく覚えているんですね。
不思議です。


開けた窓側のアパートから、赤ちゃんの泣き声が聞こえて
きました。

より一層その頃を思い出しました。


みなさんも、ある感覚から、何かを思い出すことって
ないですか?

…ひとりごとでした…
コメント