飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守★れいわ新選組★オリーブの樹(ベーシックインカム)★日米安保見直し★原発廃棄★好きな演歌

◎岩手知事選 たっそ氏勝利を

2019年08月29日 20時50分34秒 | ●YAMACHANの雑記帳

岩手知事選 たっそ氏勝利を

2019/08/29 に公開
2019.8.28 国政4野党代表そろい踏み
Beethoven Piano Concerto No1
북측 취주악단 고적대장, 현란한 춤사위
コメント

●「環境少女」NY到着 温暖化対策訴え航海

2019年08月29日 18時06分48秒 | ●YAMACHANの雑記帳

写真

28日、ニューヨークのヨットハーバーに到着したグレタ・トゥンベリさん=共同

【ニューヨーク=赤川肇】地球温暖化対策を訴えるスウェーデン人少女グレタ・トゥンベリさん(16)らが英国からヨットで大西洋を横断し、28日に米東部ニューヨークに到着した。「気候変動は国境を超えた問題だ」と市民らに団結を呼び掛けた。

 中心部マンハッタンの停泊施設で記者会見したトゥンベリさんは、十五日間の航海で「まだ地面が揺れているみたい」と疲れた様子も見せたが、待ち構えた支援者らの歓声に手を振って応えた。

写真
 気候変動そのものに懐疑的なトランプ米大統領にどう向き合うか問われ、「誰も彼を説得できないなら私にもできない。だから気候変動への関心を高めることに集中したい」と答えた。 国連本部で九月二十三日開催の気候行動サミットなどに招かれたトゥンベリさんは、ニューヨークへの移動手段として化石燃料を使う航空機ではなく、温室効果ガスを出さない競技用ヨットに乗せてもらうことを選択。十四日に英南西部プリマスから出航していた。

コメント

◆韓国人の暴行事件に『ゴゴスマ』で武田邦彦が「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」と

2019年08月29日 12時12分31秒 | ●YAMACHANの雑記帳

リテラ > 社会 > 中国・韓国 > 『ゴゴスマ』で「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」

韓国人の暴行事件に『ゴゴスマ』で武田邦彦が「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」とヘイトクライム煽動

韓国人の暴行事件に『ゴゴスマ』で武田邦彦が「日本男子も韓国女性が来たら暴行しなけりゃいかん」とヘイトクライム煽動の画像1

「日本人による韓国人観光客への暴行」を正当化した武田邦彦氏(『ゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜』8月27日放送回より)

日本人女性がソウルを旅行中、韓国人男性から罵声と暴行を受けた事件。報道によれば、被害女性の友人が韓国語で「ついて来ないでください」と言ったところ男は激高し、差別語などを浴びせたうえに髪の毛を引っ張るなどの暴行を加えた。被害女性は頭を打つなどの怪我を負った。出頭した男は、取り調べに対し「動画は捏造された」などと訴えていたが、韓国警察が動画を捏造ではないと確認、現在、暴行容疑などで捜査しているという。女性に暴行を加える言語道断の事件であり、差別語を交えていたことを考えれば明らかなヘイトクライムだが、しかし、辟易するのは日本のネットの反応だ。もともとこの事件は、被害女性が暴行を受けている画像や罵声を浴びせられている動画などがTwitterで拡散したことから発覚したのだが、動画等を投稿した女性のTwitterアカウントには、韓国からは「同じ韓国人として恥ずかしく思う。お詫びしたい」「韓国の恥さらし」「同胞のしたことが許せない」「心から心配しています」というようなメンションが多数を占めた一方、日本のネトウヨからは「この時期に韓国に行くから悪い」「自業自得」「韓国は敵国だと言う事をわかってない」なる被害女性へ批判が相次いだのだ。いったい、どんな神経をしているのか呆れるほかない。だが、ネトウヨは論外だとしても、懸念されるのは、ただでさえ最悪の日韓関係のなかで、この事件によって、市民感情レベルでの憎悪に歯止めがきかなくなることだろう。

 事実、ワイドショーも今回の暴行事件を大々的に報道。「韓国人は反日」という“嫌韓”の声をエスカレートさせようとしている。なかでも酷かったのが、TBS系の27日放送『ゴゴスマ〜GOGO!Smile!〜』(CBCテレビ)だ。番組では冒頭から暴行事件をとりあげながら日韓問題を扱ったのだが、そのなかで、番組火曜レギュラーの武田邦彦・中部大学教授が韓国人に対する剥き出しのヘイトスピーチを言い放ったのだ。「明らかに反日の教科書をつくり、反日の教育をし、路上で日本人の女性観光客を、その国のね、訪れた国の男が襲うなんつうのはね、これはもう世界で韓国しかありませんよ」観光客を襲う犯罪は日本を含むさまざまな国で発覚しているのに、明らかに決めつけと偏見で「韓国の男」をひとくくりにし、「女性観光客を襲う」とレッテルを貼って差別を煽るヘイトスピーチだ。この武田氏の差別発言には、さすがに共演者もあわてて「それは言い過ぎですよ」などと火消しに走っていたが、「言い過ぎ」どころか「差別の煽動」であることをその場で指摘するべきだろう。実際、その後もスタジオでは武田氏が野放しにされ続け、こんなことを好き勝手に喚き立てていた。「韓国の大統領から何から政治家から何からマスコミも全部、反日的雰囲気をつくったなかで生まれてるんですよ」「いやいや韓国が日本に対していままでこれくらい、国対国の関係でこれくらい攻撃的にね、平和なときにこれくらい攻撃にくる国ってのはないですよ、ほんとに」さらに、番組が“大阪で韓国人観光客が激減”という話題を扱うと、武田氏はこんなことまで言い出した。「そりゃあ日本男子も韓国女性が入ってきたら暴行しなけりゃいかんからね」絶句である。まさか地上波でヘイトクライムを煽動するとは。実際に煽られた日本人が韓国人旅行客へのヘイトクライムを引き起こしたらどう責任を取るのか。しかも、問題は『ゴゴスマ』の対応だ。普通なら番組としてすぐに取り消し、深く謝罪しなければならない発言だと思うが、『ゴゴスマ』は、他の出演者が「先生、それは言い過ぎですよ」と言って、武田氏が「いやいや、ものごとはそうなるからああいう事件はダメだと僕言ってんですよ」と言い訳すると、そのまま番組を進行させてしまった。(武田先生ピンチ)

コメント

【報ステ】日韓GSOMIAの破棄 各国の反応は・・・(19/08/23)

2019年08月29日 11時33分49秒 | ●YAMACHANの雑記帳

【報ステ】日韓GSOMIAの破棄 各国の反応は・・・(19/08/23)

 
2019/08/24 に公開
韓国外務省は23日、長嶺駐韓大使を呼び出し、日本とのGSOMIA=軍事情報包括保護協定の破棄を通達する文書を渡した。安倍総理は今回の破棄決定について「韓国に対しては日韓請求権協定への違反の解消といった国と国との信頼関係を回復し、約束を守ってもらいたい。この基本的な方針は今後も変わらない」と述べた。アメリカのポンペオ国務長官は「韓国が情報共有協定の破棄を決定したことに失望している」と不満を隠さない。一方、中国外務省は「外国との軍事協力をする、しないを決めるのは主権国家の自主的な権利だ」とし、韓国を擁護する姿勢を見せた。韓国大統領府の高官は23日午後に改めて会見を開き、今回の決定について「大統領は8月15日の光復節の祝辞で、日本へ対話の手を差し伸べたが、日本は無視を続け、我々の国家的自尊心を傷付けるという外交的非礼を犯した」と主張した。 [テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp
コメント

★伝説の戦場記者が戦場で高級下着を身に着けている理由/映画『プライベート・ウォー』本編映像

2019年08月29日 11時17分33秒 | ●YAMACHANの雑記帳

伝説の戦場記者が戦場で高級下着を身に着けている理由/映画『プライベート・ウォー』本編映像

 
2019/08/28 に公開
▶▶ムビコレのチャンネル登録はこちら▶▶http://goo.gl/ruQ5N7 英国サンデー・タイムズ紙の“伝説の記者”メリー・コルヴィンの半生を描いた映画『プライベート・ウォー』。 戦場記者を天職と考え、黒い眼帯姿も特徴的な反逆精神溢れるメリーを全身全霊で演じるのは、オスカー候補にもなった 『ゴーン・ガール』のロザムンド・パイク。本作の演技で第76回ゴールデングローブ賞(ドラマ部門)主演女優賞に見事ノミネートを果たし、彼女の代表作がまたひとつここに誕生した。さらに『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のジェイミー・ドーナン、『ボヘミアン・ ラプソディ』のトム・ホランダー、『プラダを着た悪魔』『ラブリー・ボーン』のスタンリー・トゥッチといった実力派俳優たちが、仕事やプライベートで彼女を支えた男たちを演じ、脇を固める。 戦場でも高級ブランドをまとい、高い下着を身に着け、しっかりと化粧をしていたと言われるメリー。この度解禁する本編映像は、 その理由とメリーのユニークな一面を見ることができる。 2019年9月13日公開
コメント