飛騨の山猿@飛騨マーベリック新聞・小沢一郎と共産党アレルギーを捨て野党共闘し一丸となって政権奪取しよう♪

★憲法九条厳守★オリーブの樹(統一名簿)★日米安保見直し★原発廃棄★日々是好日★好きな演歌

●対話の呼びかけを日本政府は徹底して無視&河野外務大臣「極めて無礼」(ノーカット)

2019年08月24日 10時46分25秒 | ●YAMACHANの雑記帳

*河野外務大臣「極めて無礼」発言(ノーカット)

 

 対話の呼びかけを日本政府は徹底して無視

韓国大統領府高官が会見

韓国大統領府の金絃宗(キム・ヒョンジョン)国家安保室第2次長は23日の記者会見で、日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)の終了決定に至った最大の理由について、日本側が徴用工問題や輸出規制問題に関する対話の提案を徹底して無視したことだと強調しました。金氏によると、韓国政府が7月に2回にわたって特使を日本に派遣したほか、8月に駐日韓国大使が日本政府高官との接触を試みました。8月15日の光復節(日本による植民地支配からの解放記念日)には、韓国高官が日本を訪問。文在寅(ムン・ジェイン)大統領が光復節記念演説で日本との対話と協力を呼び掛けることについても、事前に日本政府に通知していました。金氏は「日本側は何の反応も見せなかった」と述べた上、21日に北京で開かれた日韓外相会談でも、元徴用工への賠償を命じた昨年10月の韓国大法院(最高裁)判決の「是正」を韓国政府に求める従来の立場を繰り返したと指摘。「三権分立を無視する」とともに「司法に対する政府の干渉」を求めたと批判しました。韓国政府は「日本側と外交的に問題を解決するための多様な方策について扉を開いている」と、繰り返し日本政府に対話を呼び掛けましたが、「日本側はいっさい応じなかった」と明らかにしました。金氏は「日本の対応は単純な拒否を超え、『国家的自尊心』を喪失させるほど無視した」もので、「外交的な礼を欠いた」と批判しました。

赤旗2019年8月24日(土)

昭和枯れすゝき さくらと一郎 ※1番:初代さくら/3番:二代目さくら

コメント

◆泥沼の日韓対立 この政権が続く限り解決は不可能<上>

2019年08月24日 10時14分35秒 | ●YAMACHANの雑記帳

泥沼の日韓対立 この政権が続く限り解決は不可能<上>

韓国叩きでアドレナリンを出しまくってきた安倍政権にとって、寝耳に水の展開だ。元徴用工訴訟に端を発した対韓輸出規制にブチ切れた文在寅政権が22日、通知期限の24日を待たずにGSOMIA(軍事情報包括保護協定)の破棄を決めた。戦後最悪といわれる日韓関係のさらなる泥沼化は避けられなくなった。

 å¼•ãé‡‘となった大阪G20での冷遇(C)ロイター=共同
引き金となった大阪G20での冷遇(C)ロイター=共同

 会見した金有根国家安保室第1次長は、「日本政府が明確な根拠を示さず、韓日間の信頼喪失で安全保障上の問題が発生したとの理由から『ホワイト国』から韓国を除外し、両国間の安全保障協力の環境に重大な変化をもたらした」ことを理由に挙げ、協定維持は「韓国の国益にそぐわないと判断した」と説明。安倍首相が「韓国が言っていることは信頼できない」と見下し、歴史問題を安全保障にすり替えたのを逆手に取ってやり返してきたわけである。

 現地で取材する国際ジャーナリストの太刀川正樹氏は言う。
コメント