俺祭りで行こう

JOG&読書&家庭菜園&飲み
やりたいことしかやらない俺祭り104(おれまつりとし)のへなちょこブログ

2014大田原マラソン

2014-11-25 | レース

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/41/43/16a60d01ba2d66bda4327a2b3e241249.jpg

 今年で10年連続出走となる大田原。自分にとっては記念のレースだ。とはいえ、足裏イボがよくならんため今回の目標は”完走”しかあるまい、ということでの参加だった。結果としては、なんとか歩かずに完走できたのでよかったんだが、文字通りイタかった。

 スタートは去年、一昨年並の混雑。よく練習している力のある市民ランナーが相当増えてるってことなんだろうね。まあなんにしろ自分は速くは走れないんで、渋滞に関しては別段問題なし。

 8Kmあたりで足裏のイボのある拇指球の外側の何の問題もない小指側裏が妙に痛い。なんだかなーと思いつつもいちいち立ち止まってシューズを脱いで確認するわけにも行かないので、スルーして走る。

 大田原の沿道の応援っていうのは少ないんだが、その少ないジモティー(ファミリーやご年配の方だね)の応援や、エイドの高校生たちの応援があってなんとか歩かず走りきることだけはできた。ホントに感謝!

 が、本来ならDNSがセオリー。10年連続出走は絶対に外せないという1点だけの理由で走ったわけで、来月12月の小川和紙ハーフ、再来月1月の館山若潮は今回と同じ程度の痛みがあるなら迷わずDNSだ。

 ゴール後、なかなか見る気にならなかった足裏の小指側だが、シューズを脱ぐと、なんとソックスの側面が擦り切れていて、赤黒い皮膚が見えとるじゃないか。恐る恐るソックスを脱いで見てみると、足裏ではなく側面上方に5円玉大のマメができていた。こんなことは今まで経験したことはなく、明らかに拇指球のイボを無意識のうちにかばっていたということがわかる。今日で走後2日目になるが、ハムストリングスではなく、前モモやケツ筋が筋肉痛ということもヘンな走り方をしていたことを物語っている。まあ、大事に至らなかったというだけでよしとするか。やれやれ。

で、結果は以下。

3:33:53(5:04/Km)

05Km 22:59(4:36/Km)
10Km 22:39(4:32/Km)
15Km 23:28(4:42/Km)
20Km 24:28(4:54/Km)
harf 1:38:42
25Km 24:06(4:49/Km)
30Km 26:48(5:22/Km)
35Km 29:57(5:59/Km)
40Km 28:01(5:36/Km)
42.195Km 11:27(5:04/Km)

合掌。

 

コメント

大沢在昌「新宿鮫7 灰夜」

2014-11-22 | 読書・作家ア行

 いや、相変わらずおもしろい。が、どうした、晶がでてこないじゃないか。読み飛ばした6巻を早く読まねば^^

コメント

吉村昭「零式戦闘機」

2014-11-22 | 読書・作家ヤ行

 空中戦の描写がリアルだし、牛を使って名古屋から岐阜の各務原まで飛行機を運ぶディテールもいい。反戦も叫ばなければ感傷にも浸らない氏の記録文学はホントにすばらしい。古くならないんだよね。

コメント

山本周五郎「季節のない街」

2014-11-16 | 読書・作家ヤ行

 なんというか、おどろおどろしい世界。昭和37年出版らしいが、もう少し前の世相だろうね。

コメント

大沢在昌「新宿鮫5 炎蛹」

2014-11-16 | 読書・作家ア行

 このシリーズ、鮫島や恋人の晶、上司の桃井、鑑識の藪のほかに出てくる登場人物が魅力的に描かれている。この作では「虫屋」の甲屋のおじさんが光ってる。

コメント

大沢在昌「新宿鮫4 無間人形」

2014-11-16 | 読書・作家ア行

 しゃぶ中の様子がリアルで凄まじい。話もおもしろいし、文句なく一本!

コメント

辛口にごり酒@小澤酒造

2014-11-15 | 家飲み

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/08/90/444179c69f0e690ca378c0049c40dd6b.jpg

 毎度おなじみ、近所の酒屋さんでの注文販売。

 酒屋さんいわく「今年は出来がよくて、出荷が1週間早まって昨日の夕方に入荷した」とのこと。

 https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/5d/dc/c89e14316391ec27a1818046f49d289a.jpg

 あじわいは例年通りだと思う。その名の通りガツンとした容赦ない辛口。いいですな。

合掌。

 

 

コメント

大沢在昌「新宿鮫3 屍蘭」

2014-11-01 | 読書・作家ア行

 一気に読んでしまった。読書の楽しみ、ここにあり、だね。

 

コメント

桐野夏生「緑の毒」

2014-11-01 | 読書・作家カ行

 話としてはものすごくシビアなんだが、とにかく登場人物たちがわやくちゃで、なんと言ったらいいんのかい、って感じ。武者小路実篤の美しき村のパロディ「ポリティコン」だったか、あれとおんなじノリだな。

 

コメント