俺祭りで行こう

JOG&読書&家庭菜園&飲み
やりたいことしかやらない俺祭り104(おれまつりとし)のへなちょこブログ

パット・シップマン「ヒトとイヌがネアンデルタール人を絶滅させた」

2018-12-16 | 読書:ランニング関連

 カテゴリは「読書:ランニング関連」にしているが、人類史、分子生物学関連はそっちのカテゴリを新設するかな。タイトルの真意はともかく、肉を食っていた歴史が長いことはわかる。はじめ人間ギャートルズとなんとなく被るところがおもしろい^^

 

コメント

飯能界隈

2018-12-15 | トレイルランニング(奥武蔵)

[池の薄氷と八耳堂の玉葱]

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/26/41/223d0d3369561ee01d3a7912e6a9ac22.jpg

 ついこの前まで暑かったのに、もはや真冬の今日このごろ。

[コース]飯能-飯能河原-大河原-龍崖山公園-燧山-龍崖山-吾妻峡-御岳八幡神社-多峯主山-武蔵台-マミーマート-高麗峠-宮沢湖(14Km)

[所要時間]2時間

 今日こそはトレイルと思って、近場の飯能界隈を選択。まずは龍崖山公園から。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/46/de/9ed068b7fb98124e7ac4803ef898f499.jpg

 昼前なんで、のどか。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/7c/4a/0330de51e3a9b2580f8825357c994bcf.jpg

 途中の燧山。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/17/fe/909c6cf1879d0c292246d5133e754bc1.jpg

 八耳堂を過ぎて吾妻峡のドレミファ橋。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/7f/cd/fedd2dbdbd84cf19f651a2154e3b9c4b.jpg

 なんかイマイチ乗れなかったが、武蔵台の陽だまりトレイルだけは心地よかった。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/12/b9/9db0e8886f06c3b298c9b20c6c6f19b3.jpg

 で、宮沢湖メッツア。この写真では人気がないが、フードコートの方はかなりの人出。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/10/87/b63397bebdd142646ca0fb62e3c5b32b.jpg

 せっかくなんでラーメン阿夫利の醬油ラーメンをいってみる。自然な味わいでうまいことはうまいんだが、量が少ないうえに980円と高くないか。しかもなぜ大山の阿夫利神社の湧水なのかコンセプトがわからん。確かに大山登山マラソンのレース後の湧水は最高だった記憶があるが。飯能やムーミンとは関係ないわな。

 で、宮沢湖温泉喜楽里でおしまい。今日はお手軽すぎた。もうちょいガッツリ行かないとダメかな。。

合掌。

 

コメント

川瀬七緒「水底の棘 法医昆虫学捜査官」

2018-12-03 | 読書・作家カ行

 「シンクロニシティ」がおもしろかったのでもう1冊いってみた。これも相当マニアックでおもしろく読めた。

コメント

川瀬七緒「シンクロニシティ 法医昆虫学捜査官」

2018-12-03 | 読書・作家カ行

 死体に付着したウジなどの虫から死亡時刻や殺害現場を特定していくという話。期待を外さない展開で興味深く読めた。

コメント

久坂部羊「院長選挙」

2018-12-03 | 読書・作家カ行

 大学病院の院長が急死して後釜を狙う候補者たちのドタバタコメディ(?)自分の所属する科のことしか考えない人ばかりだが、事実がこうだとするとイヤになるものがあります。

 

コメント

伊豆ヶ岳クイーンズトレイル ボランティアスタッフ

2018-12-01 | レース

 大田原マラソン出走の翌日、思い立って翌週のトレイルレースのボランティアスタッフに応募してみた。スポーツエイドジャパンの大会は2006年の名栗湖~棒ノ峰ピークハントマラソンに参加して以来、毎年なにがしかの大会には参加しているのでそろそろ恩返しもしないと、との思いはずっとあった。

 初のスタッフで割り当てられた役割は荷物預かりとゴール直前の誘導。あとは設営・撤去のちょっとしたお手伝い。初めてやって分かったが、荷物預かりはスタートの25分前から10分前のほんの15分くらいの間に集中する。300人程度の参加なんで混乱はなかったが、規模が大きければピーク時の対応のために必要なスタッフを配置する必要があるんだな、と思った。もちろん自分のようなぽっと出が何人いてもたいした役には立たず、ベテランスタッフが回りで仕切っているから成り立つようなもんではあるが。

 ゴール直前の誘導に関しては意味があるのかとも思ったが、数人ではあるが目の前のゴールを外しそうになる選手もいて、いればいたで目印にはなるのと、ゴールゲートで迎える主役のスタッフに選手が最後の坂を上ってくるのを教える役割があることが分かった。なかなかよく考えられているもんだ。

 晴天で天気は良く、朝は寒かったが日中はあったかく、ゴールを迎える選手たちも大半は苦しそうだが達成感もあるような表情をしていたんで、よかったんではなかったかと思った次第である。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/48/99/06de7e40926ba018fbcf90987a08e0d7.jpg

 トップのゴール。

合掌。

 

コメント

2018大田原マラソン

2018-11-23 | レース

 14年連続出走となる大田原マラソン。万策尽きた感があるが、まずは結果から。

距離 1Km 5Km 平均/Km
1 5:25    
2 4:48    
3 4:40    
4 4:35    
5 4:42 24:10 4:50
6 4:43    
7 4:44    
8 4:45    
9 4:44    
10 4:45 23:41 4:44
11 4:45    
12 4:49    
13 4:46    
14 4:46    
15 4:59 24:05 4:49
16 4:52    
17 4:51    
18 4:56    
19 4:44    
20 4:50 24:13 4:51
21 4:50    
ハーフ 1:41:58   4:50
22 4:52    
23 4:56    
24 4:56    
25 5:13 24:47 4:57
26 5:03    
27 4:59    
28 5:11    
29 5:24    
30 5:36 26:13 5:15
31 5:44    
32 5:40    
33 5:44    
34 5:47    
35 6:01 28:56 5:47
36 5:55    
37 6:10    
38 6:05    
39 6:09    
40 5:54 30:13 6:03
41 6:03    
42 5:42    
ゴール 3:40:01   5:13

 去年はゆっくりと思って㌔4:35くらいで行ったが25Kmあたりで失速。その反省を生かして今年はさらに遅い㌔4:40~4:50くらいに敷居を低くしたペースを想定。ピーキングもうまくいった感じだったのでこれで盤石だろう、と。今年は、少なくともここ4年くらい切れていない3時間20分は切っときたい、と。

 実際走ってみるとラクどころか遅い感じがして、ハーフあたりまではもったいないかとも思ったくらいだが、30Km以降に備えて我慢することに。ところが23Km以降の登り基調で様子がおかしくなり29Kmくらいで脚がジ・エンド。しかも31Km過ぎにはなんと3時間半ぺーサー率いる集団に抜かれる。まるであり得ない悪夢のように思ったが、かなしいかなこれが現実だ。

 おあとはここ7年くらい連続の我慢の展開。とにかく歩かないことだけを心掛けてゴールを目指す毎度おなじみの地獄を味わう。で、ゴール後は今まで一度もやったことのない、ゴールに向かって一礼をした。初マラソンと同じ3時間40分台。なんとも「終わった感」満載である。

 ゆっくり行っても脚が終わる。こうなると、もはや打つ手はないだろう。ソコソコ練習はできたし、故障もないし、気象条件もいい。言い訳になる要素がひとつもないのが、ある意味では晴れがましい。まあ走後のなめこ汁はあいかわらずうまかったし、よしとする。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/15/e2/255b11aeab80e2d7fda3e4edbaa945e9.jpg

合掌。

 

 

コメント

メッツアオープンでトレイルコースは復活??

2018-11-17 | トレイルランニング(奥武蔵)

[コース]飯能-飯能中央公園-天覧山-多峯主山-高麗峠-宮沢湖-宮沢湖温泉喜楽里(12Km)

[所要時間]1時間半

 今日はfan trail開催。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1b/29/9382140f2bf04a1ef0b6f907ecd199f0.jpg

10時頃の飯能中央公園。強者どもが夢のあと。その後は100Kmの強者のお通りだい!

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/04/45/28280e3ee41f137292333f1f45785097.jpg

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/73/ee/7c87a41165cf2996e340b7d1410a8ba6.jpg

 多峯主山手前。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/7d/ec/0d62e6a5a2cac2d912383737f1316d6a.jpg

 多峯主山からの富士山。今日はくっきり見えた。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/75/96/9a1fbe979d04b048dcaf45fa937781f4.jpg

 ここは路面の状況など見る必要なしなんで、悪いがおもいっきり行かせてもらう。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/51/01/572013adfdd61588991e7c29acb57fac.jpg

 で、FT50の5Km地点。あとたったの45Kmで終わってしまうのは名残惜しいものがありますな。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/20/60/563236f4e673266463aaebd897e5e829.jpg

 いいねぇ。スタッフの気持ちがこもってる。選手でもねえのにありがとうと言いたくなる。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/0c/9b/cd84cea9479e53aa42e131516189514d.jpg

 で、FTR100の60Km地点。羊山公園からこの飯能まで来て、また戻っていくっつう神経が信じられん。コースを知っていると気持ちが折れて、普通できないでしょう。レースだからこそできる(かもしれない)ということだね。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/00/a5/970f7e482b3afbb40d82289c7fc440ab.jpg

 で、先週オープンの宮沢湖のメッツアに行くんで、ここでFTRとはお別れ。

 https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/19/b4/fbc406a489a84af4cf3244c1ae6c48dd.jpg

 奥武蔵自然遊歩道から宮沢湖へのトレイルを抜けて内周にでると高麗寄りの来年3月オープンの有料スペース側は立ち入り禁止になっていて、まだ内周の周回ができないことがわかる。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/0e/cc/e8defb886384022891d10ee9a95e1f78.jpg

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/0b/b6/e6a482bf4d1fbaab97d7fd6905ab7af2.jpg

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/6c/aa/d5c2c63f90276847c2751192fae41709.jpg

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3b/73/82ba06bcd5e02fb30a94fcb9e2f28fd0.jpg

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/56/d2/bc11c6ebc1e0dc28449c545f0e5d410c.jpg

 メッツアのフリースペース自体はさすがにオープン仕立てで華やかではあるが、ざっと見るとフードコートと雑貨屋の類であまり自分には洋梨の感じ。犬連れが多いのが印象的で、これはいい。

 有料エリアの方までいくと、脇の外周トレイルには抜けられるようになっていて、トレイルコースで飯能に戻ることは可能なことを確認。まあ、トレイルランナーにとっては最低限の復活はしたことになる。あとは、有料コーナーがオープンしたあとに、内周を周回できることが絶対条件だと思うが、どうなることやら。

 で、外周をまわって宮沢湖入口に出る。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/0d/8a/590457679f7a302248bb9e5f9a25d331.jpg

 道路右手のバスが出てきているところがゴーカート場の跡地で、ここが飯能行のバス停になっている。時刻表を見るとほぼ10分に1本の間隔でバスが出るので、これはありがたい。宮沢湖温泉前からのイーグルバスは1時間に1本だからメッツアメリットです。実際今日は温泉を出たらイーグルバスは1時間以上待ちだったんで、ここから乗車した。

 一応トレイルコース復活、を確認できた次第である。

合掌。

 

コメント

辛口にごり酒@小澤酒造

2018-11-16 | 家飲み

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3a/6b/581afd31589005df659428ba3683e767.jpg

 近所の酒屋さんでの注文販売。例年は受取りが大田原マラソンの直前で、大田原後の楽しみに取っておくのが恒例だったが、今年はタイミングが1週間前だったので遠慮なく飲む^^これを飲むと、なんとなく大田原とセットの味がするように感じてきてしまった。

合掌。

 

コメント

福岡伸一「できそこないの男たち」

2018-11-10 | 読書・作家ハ行

 光文社新書。氏の話はおもしろくわかりやすいだけでなく、ロマンがあって非常にいい。もっともこの本は男にとってはアンチロマン(?)ということになるわけだが。生物学的な観点からの考察、というか入門書だが、少しだけ科学の範囲を超えているところがいい。特に、最後に出てくる第6感の「加速覚」。こうやって言葉にされると、やられた、と思う。たぶん、言葉にできないだけで第7感や第8感もあるはずだとも思わせる。

コメント

春菊

2018-11-04 | 

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4d/17/41af75cfba6b90c41956c911a8eaebe5.jpg

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/7d/43/5c9e5840705a4ce1ef7c3a403c508925.jpg

 だいぶ密集してきたので少し間引く。これで今夜は湯豆腐だ^^

 

コメント

飯能界隈をゆるゆると

2018-11-03 | トレイルランニング(奥武蔵)

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/09/d1/98f3d2ac4e644cb1e278467cef954dea.jpg

[コース]飯能-飯能河原-岩根橋-龍崖山公園-龍崖山(休憩)-八耳堂-吾妻峡-御岳八幡神社-多峯主山-武蔵台-高麗(休憩)-巾着田-高麗峠-天覧山-飯能中央公園-観音寺-飯能(16Km)

[所要時間]2時間20分

 大田原が近いのでホントはロードで長距離をやったほうがいいんだが、お山に行きたくて飯能界隈を選択。今日は入間航空祭と飯能まつりが開催されるので、西武線は予想通り満員。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/56/15/bba4055ead5d7ef5963c18f37f61d92f.jpg

 で、とりあえず龍崖山を目指すがコースは気分次第のアドリブで行く。まずは飯能河原を過ぎて岩根橋を渡ってとりあえず龍崖山公園経由で行ってみる。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/7e/d5/addcfba4a081cf51ebaf8eb780b06fb6.jpg

 この毎度気になる水門(?)。どういう意味があるのかね。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/16/ae/0b3d5cd497c7de27aebe47fd67babca9.jpg

 龍崖山公園。ここからトレイルに入る。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/35/b2/8e917fd36a0c3ad3e5ac3848bb043026.jpg

 整備されたトレイルを行く。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/4c/8e/315fa8ca7d2e332b76374f246102ce55.jpg

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/59/70/24dc572c5e253facac71fb0e55b6aaa1.jpg

 龍崖山山頂の山を特定するための竹筒を覗くと、本来の山から外れた明後日の方向を向いている。土台がグラグラするのでおかしいな、と思ったら、

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/42/b5/15815ebc7a3f1839349809ccf4ff71f0.jpg

 オチはこれ。台風24号の爪痕だろうね。ビールケースはお子さま用の踏み台で、別にころがってきたわけではない。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/64/a4/cea6a73455fb49eea1b30a1153bff2ff.jpg

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/1a/3f/3d18ede80c329f2e3f675a74ad601337.jpg

 龍崖山名物ロープ坂第一、第二。いつも八耳堂方面から登ってばかりで下るのはたぶん初めてだが、ここだけの話、下る分にはラクです。まあかっとび過ぎないようにするのがよろしいかとは思います。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/21/56/effe3a1c832b18a59d3960837f6f6303.jpg

 いつみてもお見事な八耳堂のたまねぎ。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3c/4b/6686994d27a0d67c9a13e4d064059448.jpg

 今日はこのような里山の風景が味わいたかった。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/3c/1e/e4e9abf2626408b9c110f7b2624d185d.jpg

 で、吾妻峡のドレミファ橋を渡って

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/2f/5a/93aa281bb11991e7e52b4c80032d93bb.jpg

 御岳八幡神社に向かう。今日はこのような里山の風景が味わいたかった。しつこいね^^

 御岳八幡神社から多峯主山を経由して、武蔵台に下りて高麗駅経由で巾着田に向かう。巾着田はキャンパーで満員御礼。ものすごいことになっていた。

https://blogimg.goo.ne.jp/user_image/00/22/aac29e0005dcfa195a2fd9833f75bbf1.jpg

 で、こんどは巾着田のドレミファ橋を渡って高麗峠へ。宮沢湖のムーミン谷テーマパークが来週オープンするので下見しようとも思ったが、工事中の看板がまだ出ていたのであきらめる。で、天覧山経由で飯能に戻っておしまい。まだ昼過ぎだが、飯能の街は子どもみこしなどがぼちぼち始まっていた。腹が減ったので祥龍房→奥むさし旅館の日帰り入浴で、本日はおしまい。

合掌。

 

 

コメント

櫛木理宇「FEED」

2018-11-03 | 読書・作家カ行

 どんな話かわすれてしまったが、以前読んだ「赤と白」の雪国の描写が秀逸だったのを覚えていたので読んでみた。

 10代女子の貧困がテーマで楽しい話ではないが、やはり筆力があると思う。読んでるこっちも無力感に陥るが、それも含めてオッケーだろうな、と。

コメント

笹本稜平「突破口 組織犯罪対策部マネロン室」

2018-10-30 | 読書・作家サ行

 笹本稜平もう一発。おもしろいんだが、やはりもうひとつか。テーマとしてはいいんだが、勧善懲悪が型にはまりすぎでは。

コメント

笹本稜平「その峰の彼方」

2018-10-28 | 読書・作家サ行

 マッキンリー登山の話。いろいろとディテールがいいところもあるが、新田次郎の山岳小説ほどの臨場感はない。読んでいる自分の呼吸が苦しくなったり猛烈な風に巻き込まれて身動きできない感じが味わえるところまでいかないとなぁ^^話が宗教じみるところもイマイチ。構成はよくストレスを感じないが、どうも納得感がないんだよな。突き抜け感が足りないんじゃないかと思う。

コメント