俺祭りで行こう

JOG&読書&家庭菜園&飲み
やりたいことしかやらない俺祭り104(おれまつりとし)のへなちょこブログ

中村文則「教団X」

2018-05-02 | 読書・作家ナ行

 ホンキなのか、冗談なのか、どっちつかず。ホンキにしてはプアだし、冗談にしては中途半端な感じ。

コメント

新田次郎「チンネの裁き」

2018-02-06 | 読書・作家ナ行

 えー、って感じ。氏の山岳小説は臨場感があって質が高いと思うのだが、これはどうにも。出てくる人物が皆精神的にプアだし推理もお粗末。氏の平地小説(?)はあまり読んでいないがおもしろい印象がなく、これについてもその系列のように感じた。なぜ2015年に新潮文庫から復刻されたのか理由がわからない。

 文庫本で読んだので解説付きだったが、なにか擁護している感じ。「銀嶺の人」を読んでみてほしいと書かれていたので、次読んでみる。「扶養の人」「孤高の人」「聖職の碑」はすばらしかったし。

コメント

長岡弘樹「線の波紋」

2016-12-10 | 読書・作家ナ行

 展開がスローだし、出てくる登場人物たちがまるで「小説に出てくるような」ステレオタイプであまり乗れなかった。

コメント

長岡弘樹「教場」

2016-09-22 | 読書・作家ナ行

 なんか肩透かしを食らったような感じ。なんだかなぁ。

コメント

西木正明「極楽谷に死す」

2016-06-19 | 読書・作家ナ行

 団塊だな。出たな、って感じ。

コメント

中村成信「ぼくが前を向いて歩く理由」

2014-07-13 | 読書・作家ナ行

 ピック病(前頭側頭型認知症)のルポ。認知症にもいろいろあるようだが、これは聞いたこともなかった。原因もわからないみたいだし、予防のしようがない。しかし、いろんな病気のことを知っておくのはたぶんいいことだろう。

 

コメント

新田次郎「鷲ヶ峰物語」

2013-12-23 | 読書・作家ナ行

 これも既読の本だった(笑)。登場人物には時代を感じるが、山の描写はやっぱりすばらしい。

コメント

野口健「富士山を汚すのは誰か 清掃登山と環境問題」

2013-12-23 | 読書・作家ナ行

 氏についてはなんか胡散臭いイメージを漠然と感じていたが、これを読むと、少なくとも実行力は感じるな、と。

コメント

沼田まほかる「猫鳴り」

2013-09-19 | 読書・作家ナ行

 第1部は生まれたての捨て猫にまつわる話、第2部は成長した猫にまつわる話、第3部は臨終期の猫にまつわる話で、連作短編集のような構成。猫に関わる地味な登場人物たちに、等身大の寂寥感、孤独感のようなものを感じた。苦いような温かいような読後感は小説の醍醐味だな。

コメント

沼田まほかる「九月が永遠に続けば」

2013-09-16 | 読書・作家ナ行

 何かを抱えた登場人物たちが深堀されながらもイマイチ描ききれなかった感があるものの、主人公の寂寥感というか喪失感というか伝わるものはあった。別の作品も読んでみるかな。

コメント

新田次郎「劒岳 <点の記>」

2013-08-09 | 読書・作家ナ行

 新田次郎の山岳小説は山のリアリティがあってホントにいい。測量のためのルート探しから始まるわけだから、今のお手軽登山とはまったくわけが違う。

コメント

野坂昭如「しぶとく生きろ」

2013-03-13 | 読書・作家ナ行

 昭和ヒトケタ自分の親の世代だが、年を取って脳梗塞で倒れてリハビリ中なのにバイタリティーがある。たいしたもんだよ。

コメント

中島らも「こらっ」

2012-09-15 | 読書・作家ナ行

 氏のエッセイは古くならないな、とまたまた感心。

コメント

中島梓「転移」

2012-09-02 | 読書・作家ナ行

 50代半ばで倒れる直前までの日記。長い間人生50年と言われてきたわけで、そこんところをよく肝に銘じておきたい。ということで、とりあえず昼寝しよ^^

コメント

中島らも「何がおかしい」

2012-08-17 | 読書・作家ナ行

おかしくないです。おかしいです^^

コメント