若女将の修行日記

『写真館の若女将・成長記録』のはずが、いつのまにか『若女将のおとぼけな毎日』になっていました。

もう桜の季節だけどサザンカ

2018-03-28 20:20:38 | Sekai no Owari

友だちのご子息が第一志望だった大学に見事合格!未来に胸を膨らませて、春の準備をしているというニュースが届いた。まるでセカオワの新曲PVの主人公みたいだ、とおばちゃん胸がいっぱいだよ。本当におめでとう。

彼は「やりたいことが全て詰まっている」とその学校を選んで、猛烈に受験勉強を頑張ってきていたそう。18歳という若さでそこまでの明確な目標を見つけていることがすごいなぁ。

そういうとき、もう不惑の40台も後半だというのにふっと思ってしまう。「どうしてみんな見つけられるんだろう、目標」って。「自分に存在する才能を見つけた」り、「自分がとてつもなく好きなものに出会った」り、「何か大きな出来事にあい、使命感を覚えた」りするキッカケがあれば見つけられたんだろう。でも、私はそうじゃなかった。ものすごくフラフラして若いころを生きていた。周囲に影響されまくって、人の意見を自分の考えのように語り、何が自分なのかさっぱり分からなかった。

そしてそれは今も同じで、目の前のことを、あたふたとアップアップになって片づけている、ただそれだけの日々だ。未来計画なんてあったもんじゃない。本当に情けないオトナだなぁ、と自己嫌悪に陥るのもばからしいレベルだと我ながら、思う。

ただ。

私は昔すごくぼんやりと「本を作る仕事をしたい」と思っていたけど、書きたいことが何もなくて作家は目指せないし、短大卒だったから有名編集部にも入れないし、英語を少し勉強したから翻訳って道も考えたけどどうやらそれほど英語も得意じゃないし……とすごく軽く諦めてきた。

 

でも今わたしは「卒業アルバム」という結構大事な「本を作る仕事」をしているなぁ、とこないだふっと気付いてちょっと嬉しくなった。これって実は結構「夢がかなった」系の状態なんじゃないか?って。

 

「将来の夢」や「好きなこと」をサイン帖に書くのがとても苦手だった。そういう若い人、きっと今でもいるよなぁ。夢をまっすぐに追うことも、そんな人を全身全霊で応援することも私は何もしていないけど、でもなんとなく「まぁまぁよくやってるよ、自分も」と許す気持ちになってきた。ただただ「目の前のことに一所懸命」、そんなその場しのぎの生き方もアリなのかもしれない。もう人生も半分。必要以上に不安や自己嫌悪ばかり抱えたりせず、「悪くないよ、自分も」と生きてやろう。そんな風に明るく思えてきた。春、だからかな。

 

冒頭の彼の嬉しい知らせにじーんとし、セカオワのPV見てじーんとしたら、妙に青いことを書きたくなって書き殴りました。以上!

Sekai no owari サザンカのPV
https://www.youtube.com/watch?v=249YdrcCL0Y

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

COCOちゃんにハマってる!

2018-03-01 01:31:24 | 日々雑多

いい歳してキャラクター好きなのは自他ともに認めるところではあるのですが、(このふざけた仕事場)最近あるキャラクターにどっぷりハマっています。Ryo Sakamoto さんというイラストレーターさんのキャラクター『COCOちゃん』です♪

 

COCOちゃん本人の可愛さは勿論のこと、描かれている他の動物たち(友だち)や雑貨、景色等もみんなすごくかわいくて、眺めていると思わず口元がほころんでしまうんです。仕事で追い詰められると歯をぐーーっと噛みしめる癖があるのですが、それがふわっと溶けます。ありがとう、COCOちゃん。

 

先日、念願だったCOCOちゃんグッズが日本一揃っているお店(何故か六本木ヒルズにある)に行ってきました。嬉々として色々購入しましたが、A5サイズノート好きな私は一瞬の迷いもなくこのノートを買いました。 『細かいイラストが点在する』デザイン好きでもあるので、もうド・ストライクだったのです、このノート。(←細かいイラストが点在するコレクションの一部です)。

 

そして先日。東急ハンズへ行ったらCOCOちゃんフェアをしていて、「わーーい!」と購入してきたのが 右側のノート。二代目に「同じに見えますが」と笑われたけど、全然違うじゃん。色も柄も!ウケる~と思ってました。

……が。

 我が家のCOCOちゃんグッズを整理したら、こーゆー状況になっていました。流石に反省しました。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

藤村実穂子さんリサイタル

2018-02-26 15:22:02 | 音楽(足利市民合唱団)

一昨年だったか?ニューイヤーオペラコンサートをTVで観ていて、「なんかカッコいいかも、この人♪」と思ったメゾソプラノの歌手の方のリサイタルに行ってきました。

 

卒業アルバムの校正作業が済み、印刷やさんだけが頑張っている納品までの期間(要するに2月下旬の平日)は、わたしの休暇です(勝手に決めた)。

「その時期に行かれるコンサート、なんかないかなぁぁ~ふふふぅぅん♪」

と探していたら、お名前を発見。足利からは結構遠いし、時間も割と遅目だったのでどうしたものか?と迷ったのですが、これも何かの縁だろうと、随分前にチケットを購入していました。

 

ところが、その晩の天気予報は雪。東京の雪は怖いし、帰れない訳にもいかない。追い打ちをかけるように携帯の充電は瀕死(終電検索ができないことを意味する)。席は列のど真ん中だし「どうしよう。休憩時間で帰るべきか……」と迷いながら開演を待ちました。

いざ、休憩時間に入ったとき、「ここで帰る」選択肢は私の中で100%消滅。「どげんかせんといかん」と、瞬時に行動を開始!会場の方に「遠く栃木から来てる。でも何とか最後まで聴きたい。終演の瞬間にダッシュで出られる場所に移動させてもらえないか。会場の隅でいいから何卒!」とお願いしてみました。そうしたら、ものすごく親切に対応・奔走してくださって、2Fの端の空席で最後の曲まで堪能させて頂けました(残念ながらアンコールは断念……悔やまれる!!)。

涙で顔がガビガビになったまま駅まで走って、乗り換えの駅でも走って、必死で電車内に貼ってある路線図で最速の方法を考えて、冷汗かいて……。それでも、「行って良かった、まぢで!」と心の中では満面の笑みでした。

 

ホントに良かった。またきっと行く。もうそれしか言えないや。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ポナペ復活!!(涙)

2018-02-12 11:53:29 | 日々雑多

少し前、足利の名店「虎谷」さんが閉店してしまうことを嘆き悲しんだブログを書きました。
http://blog.goo.ne.jp/oggu/e/c874c48f8252bfa57fc819297de221c2

 

多忙期の私の栄養源だった「ポナペ」を失い、何度「あぁ。ポナペ」と虎谷さん跡地で悲しい気持ちになっていたことか。「おぐちゃん、似てるお菓子を見つけたよ!」と埼玉県のお菓子を届けてくれる友人もいたりして、『ポナペ・ロス』と闘ってきましたが、今日、「タッタラタッタ♪ タッタラタッタ♪ タラ~~~♪」とドラえもんの登場音楽を奏でつつ、義姉が買ってきてくれた袋の中には、復活ポナペが入っていました!!!!!

 

虎谷さんが「虎蔵」さんというカフェを開くことになったそうで、そこでニューボーン・ポナペが買えるようです♪ 速報につき、詳細不明。近々実地レポートします!(笑)

 

嗚呼!勿体なくて、食べられない!(いや、これからはいつでも食べられるのか……嬉涙)。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

皆既月食2018その1

2018-02-04 09:16:29 | マツモト写真

二代目が恒例の撮影をいたしました。楽しそうでしたがやっぱり……酔狂と言わせてもらいましょうか(笑)。
なかなか面白いと思うので(特に動画は今回はじめてでしたが、興味深いです)、是非ご覧ください♪

「二代目の修行日記」
https://ameblo.jp/d-76/entry-12349831144.html

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

あったか作戦

2018-01-28 09:28:35 | 日々雑多

写真屋さんというお仕事は季節による繁忙の差がとても激しい職種です。特に卒業アルバムとスタジオ撮影写真の仕上げを主に担当している私にとっては11~12月で1年分の頑張りを使い果たしている気分です。なので、その時期くらいは全ての時間と体力を仕事につぎ込む覚悟で過ごしています。

 

なのに、その時期にいつもつい体調を崩してしまいます。寝不足になる・食欲が落ちる・寒くなってくるの3拍子に大抵打ちのめされて、数か月続く咳地獄に陥っていくパターンでした。でも、今シーズン、ほぼ無傷(怪我はちょっとしたが、風邪はひかなかった)で乗り越えました。それには様々な理由があるとは思うのですが、一番の功労者はこの『寝るとき用首巻き』だ!と、感謝をささげます。理由は不明ですが(遺伝という噂もある)、眠っていると何故か「バンザイ」してしまう癖があります。朝起きると肩から上が枕の横から出されていて、冷た~く固まっていました。そりゃあ、これだけ冷えれば風邪もひくよなぁ、と自分を恨めしく思っていたところ、昨秋出会ったのがこの我が愛用パジャマと嘘みたいにそっくりなルックスだった羊の『首巻き』でした。長年続いていたバンザイ癖が収まり、ほかほかの肩で朝を迎えられるように。これからもお世話になります。

 

それにしても栃ノ心関おめでとう!!!(言わずにいられない♪久々に明るいお相撲の話題なんだもん)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

苺の街のひとだもの

2018-01-10 16:33:44 | 日々雑多

「苺買いに行くけど、一緒に行く~?」と母に誘われて、ほいほいっと付いて行ったらガッツリ農家さんでした。 東京のデパートで買ったら目ん玉飛び出るくらいに高いそうですが、まぁ普通の苺程度のお値段で買うことができます。遠くのお友達に送ろうかな、って住所持って行ったけど、宅配便は扱っていらっしゃらないとのこと。仕方ないので全部自分で食べます♪笑。

 

で、帰りに一緒に行った伯母と合流した父とランチ。ずーっと気になっていたけど、入ったことがなかったお店(って結構ある)『シェリーロード』さんで。地中海料理(ということは海のもの)だから私には難しいかな、と思っていたけど、割と普通の洋食屋さんというラインナップで、量もたっぷり多め。これは何回かリピートして色々なメニューを試さなくちゃいけません。 

 

定休日に、美味しいものとちょっとドライブ、ちょっとお喋り。あぁ、お正月が来たなぁとやっと実感しました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

よーーいドン!

2018-01-09 19:14:56 | 日々雑多

ある日。あるスーパーマーケットの出口付近にて。

 

兄(推定年齢6歳):「絶対勝てるよ」

弟(推定年齢4歳):「うひひうひひ」

母(推定年齢35歳):おばあちゃんらしき人と談笑中にて子供たちをほぼ無視

兄・弟:「よーーい ドン!」(と階段をダッシュしようとした……ら、)

母:「ストーーーップ!」

兄・弟・(偶然居合わせただけの無関係な私):ぴたっっっ(と、ストップ)

母:「まだ(エレベーターが)来てないからダメ!一緒にスタートじゃなきゃ競争じゃないよ!」(笑)

兄・弟・母:「よーーーい……どん!」

母:エレベーターへ。

兄・弟:階段ダッシュ。

わたし:階段徒歩。

結果、兄・弟の圧倒的勝利でしたー♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

コンビニさんには日ごろ大変お世話になっております

2018-01-01 07:48:00 | 日々雑多

於:誰もが急いでいる師走のコンビニ。

 

おばあちゃん:このお店のお休みは?

店員さん:いえー、お休みはないんですよ。

おばあちゃん:え!ずっと?夜もかい?

店員さん:はい……交代でやるんですよ。いつでもいらしてくださいね。

おばあちゃん:はぁ~。そりゃあ、ご苦労様ですね。ご苦労様です。

 

その場では「どんだけ田舎から来たんだろう」と思ったけど、あとで落ち着いて考えたら、多分すこし分からなくなっているご病気なのかもしれません。

でも、レジに鬼のような目をして並んでいた私は目からウロコ。「確かになぁ。すごいよなぁ、それって」と思ったら、極限まで上がっていた肩をストンと落ちて、いつもの犬のような目に戻ることができました。

 

この年末年始もお休みなしのお店がたくさんあるそうな。働いている人、本当にお疲れ様です。そんな皆さんが来週、混雑していないのんびり休暇を過ごされるよう願ってます。

あけましておめでとうございます。今年も宜しくお願いします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

クリスマスの讃美歌

2017-11-11 18:17:37 | 音楽(足利市民合唱団)

いやいやいや、こないだハロウィン終わったばかりでしょ!……とのんびりしてもいられない。もう街は結構な勢いでクリスマス仕様です。おたおたしてはいられません。あっという間に「も~いくつ寝ると~♪」……ひー。(←取り急ぎ、通年出しっぱなしの我が家のクリスマス要員を集めてみました)

 

両親がクリスチャンなので、子供の頃クリスマスというのは本当に特別でした。ツリーも飾ったし、サンタさん小2まで来たし、教会の方を自宅に招いてクリスマス会をしたりも。

 

で、何が楽しみだったって(いや、そりゃ勿論プレゼントだけども、それはとりあえず置いといて)、クリスマスの讃美歌を歌うのが楽しみでした。こどもさんびかと大人の讃美歌は別の曲が載っていましたが、クリスマスの時期にだけ歌う「大人の讃美歌」は意味は皆目分からなくても、なんだかものすごく美しくて、大好きだったのです。母がオルガニストなので、いつでも生演奏で歌える贅沢な環境だったこともあって本当によく歌いました(もしかしたら、母の練習中に勝手に歌っていたのかもしれない……)。

 

昨日、久しぶりに足利市民合唱団の練習に参加したら、毎年恒例「アピタの足唱クリスマス・コンサート」に向けた練習の初日でした(楽譜忘れてごめんなさい)。プログラムには讃美歌も登場するので毎年、練習だけだけど(本番は欠席なのです……この時期はしょうがないね!)、とっても楽しいです。

 

讃美歌『荒野の果てに』では、「うわぁー、お母さんは ”グロぉぉぉ、おーぉぉぉ、おーぉぉぉーリア♪” を一息で歌えちゃうんだ!」と感心したり、讃美歌『牧人ひつじを』で「うわぁー、お父さんはメロディーじゃない音を歌ってる!」とびっくりしたり、何かと「大人ってすげぇ!」な感想をもった場面が浮かんできます。私にとってクリスマスの讃美歌はまさに「ファミリーソング」なんだよなーと昨夜も一人で静かにハッピーになっていました。

 

ただひとつ問題が。数年前にソプラノからアルトへ転向した私。念願の「メロディではない音」で讃美歌を歌うことになる訳ですが、「メロディじゃない音を歌うぞ!」と気合を入れるまでは良かったのですが、幼いころから耳で覚えてしまった『牧人ひつじを』の”テノール”(父のパート)がつい出てきてしまいます。気持ちよく歌いすぎると絶対間違えるな、こりゃ。ちゃんと楽譜見て覚えなおさなくっちゃ(笑)。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加