若女将の修行日記

『写真館の若女将・成長記録』のはずが、いつのまにか『若女将のおとぼけな毎日』になっていました。

プッチーニ三部作 東京二期会オペラ劇場

2018-09-19 14:54:20 | 音楽(足利市民合唱団)

大のお気に入りのオペラ歌手や指揮者、演目がある訳ではないし、大した知識もない。実際体験しても大した感想を言えるわけでもないし、分不相応な贅沢だよなぁ。よし、今回で最後にしよう。DVDだって観られるんだし。そんな風に思いながら初台の新国立劇場へ向かいました。

 

プッチーニの『外套』『修道女アンジェリカ』『ジャンニ・スキッキ』の三部作。昭和の映画でもあるまいし、三部同時上演とはどういうことだ?と思いましたが、プッチーニさん作った時からそのつもりだったそうで。「プログラム1000円かぁ……。ネットで一応予習してきたし、いいや。」と席(前から4列目の砂被り席)へ。初日スペシャルで演出家の方のお話コーナーなどもあったりして、期待をふくらませ、いざ開演!

 

最近よく行くセカオワさんのコンサートで、周囲の若い子たちを眺めつつ「すごいなぁ、あの没頭ぶり。」と一人で冷静に音楽を聴いてしまう自分がちょっと寂しい時もあるのですが、オペラのときは別。歌手の方が自分ではなく、誰かを演じることによって放たれるチカラの引きが強くて、お尻や背中を引力でがーっと引っ張られるような、重さを伴う感情が湧くんです。主役の歌手の方がカーテンコールで跳ねるように出ていらしたとき、「あぁ、アンジェリカが居た訳じゃなくて、誰かが演じていたんだなぁ」と改めてビックリしてしまうほど没頭して観ていました。

 

 泣いたり、「はっ」と小さく声に出てしまったり、声に出して笑ったり、思わず腕で自分の体を抑えなくてはならないほど震えたり。この派手な感情起伏が生の魅力だなぁと思います。毎回、「今回が最高だ!」と思うけど、今回もまたその気持ちが上書き保存されました。あの日、お財布にいっぱいお金入ってたら「おかわりチケット」買ってしまっていたかも(入ってなくて、まぁ良かった)。

 

 「プログラム絶対買うし!」と気持ちは変化し、帰りの電車で読みふけりました(分厚いシャーロックホームズ持って行ったのに、重いだけだった)。

 

 ありがとうオペラ。行かせてくれた家族にも、この演目を教えてくれたAちゃんにも感謝。あーー、次は何観に行こうかなー!


夏休み第2弾!海編

2018-08-23 13:44:49 | 日々雑多

泊りがけの旅行を諦めて、「定休日だけは意地でも休む作戦」を決めた8月。先週は山!今週は海!日帰りでも結構楽しめちゃうもんです、夏!

 えー、果汁入ってるんじゃ、本物のレモン牛乳とちがーう

 生がきツルん@那珂湊おさかな市場

 こーゆーのがとても楽しそう(海の幸が大好きな二代目)

 私の一番!金目の煮つけ!

 栃木県民、海みるとはしゃぐ!(そして波の高さを見誤ってジーンズびちょぬれになる)

 海の見渡せる露天風呂@湯楽の里日立

 もこもこコキアの期間限定ライトアップ@ひたち海浜公園

 音楽と共に何やら派手に(笑)。

遠くへ行かなくても楽しいところって、いっぱいあるなぁーー。

 


わーい 夏休み。山編

2018-08-16 11:09:47 | 日々雑多

今年はお盆期間中ふつうにお店を開けていましたが、殆どご利用もなく(そりゃそうですよね、この暑さじゃクルマから降りた瞬間汗がどーーっ)、定休日にはがっつりお店を閉めて小旅行してまいりました。

 

 ひゃーー ひゃっこい!@南牧村

 さ……寒い@上野村不二洞(鍾乳洞)

 ひーーー背中がひゅーー@上野村スカイブリッジ

と、真夏に涼な旅でしたが、

 とてもきれいな十割蕎麦

 がっつりラーメン

で、パワーも充填。

結構1日でも遊べるんだなぁーっと、すべての計画を立て、運転もしてくれた二代目に感謝の休日でございました。

 

 

 


足利の花火

2018-08-04 09:11:43 | 日々雑多
朝からドーーン!ドドーーン!
今日は足利の花火大会です♪
コドモの頃からこのドーーン!でドキドキする気持ちは変わらないなぁ。
 
そして我が家には恒例のお客様がやってきます。昨日、美容院で「その方、もうかなり前からいらしてますよね?」と尋ねられて数えてみたけど、どうやら今年で25回目!ちょっとした足利人より見てるねぇ、足利の花火。
 
普段お掃除サボッてる+年末の大掃除もしない=今日が年に一度の大掃除!というわけで、朝から大騒ぎでーす。お客様到着までに終わるかな?(笑) 

良いお店

2018-07-05 10:23:58 | マツモト写真

会話1

某おばあちゃん:「い~ちにぃさ~んよぉ~ん……あぁ、1円足りないねぇ」

店員さん:「あー。残念でしたねー。はい、5円のおつりです♪」

店員さん:「お水、お車まで運びますよ?」

某おばあちゃん:「大丈夫。大丈夫。自転車だし」

店員さん:「自転車なんですか!大丈夫ですか?じゃあ、自転車のかごまでお運びしますね。」

某おばあちゃん:「すいませんねぇ」

 

会話2

某おじさん:「これ、お中元用に包装できますか?」

店員さん:「もちろん出来ます!あ、でも……ちょっとお待ちくださいね」

店員さん:(走って戻ってきて)「これ!これ同じお酒ですが箱に入っててお値段同じなんです!どうですか?」

某おじさん:「おぉ!その方がいいね。ありがとう」

 

ほんの数分の滞在で漏れ聞こえたこんな会話だけで「良いお店だなぁ。」って印象が残りました。

やっぱりお店は人だなぁって、勉強になりました。

 

今まで存在だけ知ってて入ったことなかったけど、きっとリピーターになると思います。

二代目は見たことない輸入ビールをいっぱい見つけて大喜びだったし(笑)。

 


「主人、デカですの」

2018-04-26 22:19:35 | 日々雑多

「お誕生日月は半額ハガキが届きます。衣替えの季節がお誕生日でラッキーですね!」と入会時に言われて、楽しみに(溜めて)待っていたクリーニング。「あぁ、4月が終わってしまうじゃないか!」と滑り込みセーーフ。

 

クリーニング屋さん:「あ!ハガキですね!」

わたし:「はい。ここぞとばかりに溜めてきて、すいませーん(照)。」

クリーニング屋さん:「いいんですよ。いいんですよ。」

わたし:「男性のスーツだけ汗ぬきお願いします。何せスーツ着て走り回る職業なもので……。」

クリーニング屋さん:「ご主人……刑事ですか……。」

 

帰り道、運転しながらずーっと「二代目がデカだったら」妄想を楽しめました。

「うちの主人、デカですの。今夜も張り込みですのよ、おほほほ」

かっこいーー!(とにかく「科捜研の女」にハマりまくっている今、タイムリーな勘違いでした!)


もう桜の季節だけどサザンカ

2018-03-28 20:20:38 | Sekai no Owari

友だちのご子息が第一志望だった大学に見事合格!未来に胸を膨らませて、春の準備をしているというニュースが届いた。まるでセカオワの新曲PVの主人公みたいだ、とおばちゃん胸がいっぱいだよ。本当におめでとう。

彼は「やりたいことが全て詰まっている」とその学校を選んで、猛烈に受験勉強を頑張ってきていたそう。18歳という若さでそこまでの明確な目標を見つけていることがすごいなぁ。

そういうとき、もう不惑の40台も後半だというのにふっと思ってしまう。「どうしてみんな見つけられるんだろう、目標」って。「自分に存在する才能を見つけた」り、「自分がとてつもなく好きなものに出会った」り、「何か大きな出来事にあい、使命感を覚えた」りするキッカケがあれば見つけられたんだろう。でも、私はそうじゃなかった。ものすごくフラフラして若いころを生きていた。周囲に影響されまくって、人の意見を自分の考えのように語り、何が自分なのかさっぱり分からなかった。

そしてそれは今も同じで、目の前のことを、あたふたとアップアップになって片づけている、ただそれだけの日々だ。未来計画なんてあったもんじゃない。本当に情けないオトナだなぁ、と自己嫌悪に陥るのもばからしいレベルだと我ながら、思う。

ただ。

私は昔すごくぼんやりと「本を作る仕事をしたい」と思っていたけど、書きたいことが何もなくて作家は目指せないし、短大卒だったから有名編集部にも入れないし、英語を少し勉強したから翻訳って道も考えたけどどうやらそれほど英語も得意じゃないし……とすごく軽く諦めてきた。

 

でも今わたしは「卒業アルバム」という結構大事な「本を作る仕事」をしているなぁ、とこないだふっと気付いてちょっと嬉しくなった。これって実は結構「夢がかなった」系の状態なんじゃないか?って。

 

「将来の夢」や「好きなこと」をサイン帖に書くのがとても苦手だった。そういう若い人、きっと今でもいるよなぁ。夢をまっすぐに追うことも、そんな人を全身全霊で応援することも私は何もしていないけど、でもなんとなく「まぁまぁよくやってるよ、自分も」と許す気持ちになってきた。ただただ「目の前のことに一所懸命」、そんなその場しのぎの生き方もアリなのかもしれない。もう人生も半分。必要以上に不安や自己嫌悪ばかり抱えたりせず、「悪くないよ、自分も」と生きてやろう。そんな風に明るく思えてきた。春、だからかな。

 

冒頭の彼の嬉しい知らせにじーんとし、セカオワのPV見てじーんとしたら、妙に青いことを書きたくなって書き殴りました。以上!

Sekai no owari サザンカのPV
https://www.youtube.com/watch?v=249YdrcCL0Y

コメント (2)

COCOちゃんにハマってる!

2018-03-01 01:31:24 | 日々雑多

いい歳してキャラクター好きなのは自他ともに認めるところではあるのですが、(このふざけた仕事場)最近あるキャラクターにどっぷりハマっています。Ryo Sakamoto さんというイラストレーターさんのキャラクター『COCOちゃん』です♪

 

COCOちゃん本人の可愛さは勿論のこと、描かれている他の動物たち(友だち)や雑貨、景色等もみんなすごくかわいくて、眺めていると思わず口元がほころんでしまうんです。仕事で追い詰められると歯をぐーーっと噛みしめる癖があるのですが、それがふわっと溶けます。ありがとう、COCOちゃん。

 

先日、念願だったCOCOちゃんグッズが日本一揃っているお店(何故か六本木ヒルズにある)に行ってきました。嬉々として色々購入しましたが、A5サイズノート好きな私は一瞬の迷いもなくこのノートを買いました。 『細かいイラストが点在する』デザイン好きでもあるので、もうド・ストライクだったのです、このノート。(←細かいイラストが点在するコレクションの一部です)。

 

そして先日。東急ハンズへ行ったらCOCOちゃんフェアをしていて、「わーーい!」と購入してきたのが 右側のノート。二代目に「同じに見えますが」と笑われたけど、全然違うじゃん。色も柄も!ウケる~と思ってました。

……が。

 我が家のCOCOちゃんグッズを整理したら、こーゆー状況になっていました。流石に反省しました。

コメント (1)

藤村実穂子さんリサイタル

2018-02-26 15:22:02 | 音楽(足利市民合唱団)

一昨年だったか?ニューイヤーオペラコンサートをTVで観ていて、「なんかカッコいいかも、この人♪」と思ったメゾソプラノの歌手の方のリサイタルに行ってきました。

 

卒業アルバムの校正作業が済み、印刷やさんだけが頑張っている納品までの期間(要するに2月下旬の平日)は、わたしの休暇です(勝手に決めた)。

「その時期に行かれるコンサート、なんかないかなぁぁ~ふふふぅぅん♪」

と探していたら、お名前を発見。足利からは結構遠いし、時間も割と遅目だったのでどうしたものか?と迷ったのですが、これも何かの縁だろうと、随分前にチケットを購入していました。

 

ところが、その晩の天気予報は雪。東京の雪は怖いし、帰れない訳にもいかない。追い打ちをかけるように携帯の充電は瀕死(終電検索ができないことを意味する)。席は列のど真ん中だし「どうしよう。休憩時間で帰るべきか……」と迷いながら開演を待ちました。

いざ、休憩時間に入ったとき、「ここで帰る」選択肢は私の中で100%消滅。「どげんかせんといかん」と、瞬時に行動を開始!会場の方に「遠く栃木から来てる。でも何とか最後まで聴きたい。終演の瞬間にダッシュで出られる場所に移動させてもらえないか。会場の隅でいいから何卒!」とお願いしてみました。そうしたら、ものすごく親切に対応・奔走してくださって、2Fの端の空席で最後の曲まで堪能させて頂けました(残念ながらアンコールは断念……悔やまれる!!)。

涙で顔がガビガビになったまま駅まで走って、乗り換えの駅でも走って、必死で電車内に貼ってある路線図で最速の方法を考えて、冷汗かいて……。それでも、「行って良かった、まぢで!」と心の中では満面の笑みでした。

 

ホントに良かった。またきっと行く。もうそれしか言えないや。

 

 


ポナペ復活!!(涙)

2018-02-12 11:53:29 | 日々雑多

少し前、足利の名店「虎谷」さんが閉店してしまうことを嘆き悲しんだブログを書きました。
http://blog.goo.ne.jp/oggu/e/c874c48f8252bfa57fc819297de221c2

 

多忙期の私の栄養源だった「ポナペ」を失い、何度「あぁ。ポナペ」と虎谷さん跡地で悲しい気持ちになっていたことか。「おぐちゃん、似てるお菓子を見つけたよ!」と埼玉県のお菓子を届けてくれる友人もいたりして、『ポナペ・ロス』と闘ってきましたが、今日、「タッタラタッタ♪ タッタラタッタ♪ タラ~~~♪」とドラえもんの登場音楽を奏でつつ、義姉が買ってきてくれた袋の中には、復活ポナペが入っていました!!!!!

 

虎谷さんが「虎蔵」さんというカフェを開くことになったそうで、そこでニューボーン・ポナペが買えるようです♪ 速報につき、詳細不明。近々実地レポートします!(笑)

 

嗚呼!勿体なくて、食べられない!(いや、これからはいつでも食べられるのか……嬉涙)。

コメント (2)