思いついた写真をアップする家

写真を撮ってコメントを書く。それだけ。

はやぶさはやと

2006年10月31日 23時40分02秒 | 鳥類(コッコ!!)
周南市徳山動物園で暮らしている「隼」のハヤト。保護されてやって来たのですが、自然に帰す事が出来なくて動物園の一員となりました。動物園に居るという時点で保護という在り方に様々な疑問を投げかけられたりしますが、人間が手助けしないと生きていけない命を救うのも動物園の役目だったりします。思っているより多くの動物が、動物園へ搬入されているのです。

ハヤブサは、急降下で時速400km/hを出せるといわれる鳥でして、普通の鳥より骨格がガッシリしていて(スマートに見えるんですけど)体重も重いのだそうです。強化型でなければ速度の壁に耐えられないそうです。

ハヤブサのハヤトは、現在フライトショーで活躍できるように訓練中です。徳山動物園ではフクロウのフータロウも居ますし、フライトショーで活躍する鳥に力を入れています。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 今年生まれのレッサーパンダ公開 | トップ | 今日は自衛隊の日! »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (七誌)
2006-11-14 12:09:24
かわいい
いらっしゃいませ (大ペケ)
2006-11-14 20:29:14
尾羽の上に装着されている鈴もかわいいのです。これは、フライトショーの訓練等で飛ばせたとき、方位を失わないための物です。さすがにリード等を取り付けて飛ばせることは出来ませんから、代わりに音で探知なのです。

鳴き声も「ピーヨィ」と、音量大きめですがかわいいものです。しかし、猛禽類という事はお忘れ無く

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

鳥類(コッコ!!)」カテゴリの最新記事