思いついた写真をアップする家

写真を撮ってコメントを書く。それだけ。

18/7/31-8/1 火星が接近している模様

2018年08月02日 22時45分30秒 | 夜景・夕景
様々な媒体で既に報じられている「火星の接近」。6000万kmを切る距離での接近は17年ぶりとかいう。
そして次回は2035年とされています。2年毎に接近の機会がありますが、楕円軌道と地球・火星の位置に
よって随分と差が有ります。詳しいことは、国立天文台などのサイトをご覧ください。です。


18/8/1撮影

現在の星の位置取り。手持ちの広角レンズでは、火星と木星を同一フレームに収めるのがやっと。
画面の端っこで写しているため、レンズ諸収差の影響で点像とはなりません。しかし、カメラで
空を撮影すると星が多く写り過ぎて、何が何やらサッパリ。


18/7/31撮影 ソフトフォーカスフィルター使用

天の川がボンヤリと写っている。夏時期の射手座方向は非常に濃く見えるはずなのですが、俗にいう光害の
影響を受けていることもあり、この程度。火星は左端のヤツね。


18/7/31撮影 2000mm相当に拡大

火星が接近しているという事は、大きく見えるという事。約24秒角で見えています…が、普通の感覚では
サッパリ分からないですよね。同一画面内に写っている恒星と比べれば、随分大きく見えていると感じて
貰えるかも知れません。


18/8/1撮影 ソフトフォーカスフィルター使用

火星が大きく見えていて、-2.9等と明るいことが分かる写真をもう一つ。左側に写っている火星の下側を
見ると、海面が照らされています。月と同じく、水面を照らすと光の筋が見える訳です。
コメント (2)

大雨の日から半月が経過したものの

2018年07月23日 20時52分05秒 | 日常的電脳日記
幸運なことに1週間程度で水道が復旧し、近所の道路もこれまた比較的早期に通れるようになったことから、
周辺の様子を見に行く余裕がある。ニュースで全国的に報じられた地域は流石に見に行く気にはならず。
写真を撮りに行った場所、通った場所、地元の方とは比べ物にならないが、それなりに親近感もある。
十分に落ち着いたころに見に行くこととする。

実のところ、国土交通省が公開している災害直後の航空写真により、それら地域へつながる道自体が崩壊
しているのを知っているというのもある。

 

休山の道は何か所も土砂崩れ・がけ崩れを起こしていた。だが、道路の崩壊が殆ど無かったのが幸いである。
土砂や樹木の撤去作業は重機を用いたりチェーンソーを使うので、車両が通行出来るだけの強度は維持出来て
いるようだ。

  

非常に暑いので灰ヶ峰へ行こうと思ったのだが、こちらも土砂崩れなどで通行出来なかったようだ。
この場所の撤去作業は海上・陸上自衛隊が行っていた。後で分かったことだが、気象レーダーと展望台
のある頂上付近は立ち入り禁止となっていて入れず。仕方なく少し下ってから頂上付近をかえりみると、
災害派遣として自衛隊の通信用車両が駐屯していた模様。展望台には別途アンテナも設置されていた。

   
左:二河川、以降は黒瀬川(広大川)

通常これらの河川は中洲に葦などが生え、流れもそこまで強くない。雨が降って増水したとしても、数日経てば
元通りになる。ところが今回は多数の岩が流れて堆積しており、何もない状態となっていた。
特に黒瀬川では橋が流され、下流の橋に構造物が引っ掛かったままとなっている。橋は自分の重さで持っている
ため、大増水によって浮いてしまえば、比較的簡単に流れて行ってしまう。

 

現在、音戸の瀬戸公園にある高烏台には、警固屋方面からは行くことが出来ない。道路が崩壊したためである。
宮原側からは、2週間が経過して土砂が撤去されたこともあり、22日に訪れることが出来た。
この場所からは音戸の瀬戸と、新旧の音戸大橋を眺めることが出来る。その直下には光田庭園という、材木商が
私財を投じて整備し、呉市へ寄贈した場所がある。

写真の通り、庭園と高烏台(平清盛像がある場所)をつなぐ回廊は斜面もろとも崩壊してしまっていた。桜や椿も
土砂崩れに巻き込まれている模様。春の桜の頃には、ここを幾度も昇り降りしたものなのだが…

 

7月8日以降、全く雨が降っていない。夕立もない。空を見ると雄大積雲が遥か彼方に見えるのみ。愛媛県の内陸や、
広島・山口県堺の山奥あたりなのだろうか。今の状況で雨が降ると露出した岩石が崩落する恐れもあるので、
良いのか悪いのか。



どういう訳か、このところの夕方は素晴らしい情景が広がる。

コメント (2)

恐るべき梅雨明け 18/7/9

2018年07月09日 21時55分19秒 | 日常的電脳日記
18/7/6~7/7の大雨により、西日本を中心に多発且つ広域の大災害が発生した。平成30年7月豪雨という名称がつけられた。
まだ7月上旬であり、今後何かあったら(無い方が良いに決まっているのだが)どうすんだろ?という余計な心配までして
しまう。一部では「七夕豪雨」などと言われていたのだが、こういう名称を付けると文句を言う方々が出て来るので回避
したのかも知れない。

  

河川は濁流と化し、多くの木々と砂岩粒を海へと送り込む。中には信じがたい大きさの岩も混じる。水の力は恐ろしいものだ。

  

各地で道路は崩壊や崩土により通行不能となり、陸上交通網は完全に分断された。陸の孤島と化したのである。

   

残されるは海上交通のみ。ところが、海に流入した障害物を避けながら進まなくてはならない。ここまで土砂で濁った海面を
見た憶えはない。それくらい、今回の災害は程度が酷かった。

 

土砂による影響は水道網にも及び、大規模な断水が発生。店舗営業が出来ない状態。写真には納めなかったが、スーパーや
コンビニエンスストアでは水・お茶などの買い占めから始まり、水道が使用できないことから、カップ麺や冷凍食品が消えた。
同じくして、紙皿やプラコップの棚も空っぽである。

 

地上で人々が生活を送るために其々思案している中、18/7/9に梅雨が明けたと見られるとの発表があった。一気に夏空が広がる。
そして、生活物資を輸送するために人々はクルマやバイクに用いるガソリンを求めて長蛇の列。ガソリンスタンドは早々に閉店
となった。

----------------------------------------------

ある地方都市の、これまた極一部の状況。だが、この程度で済んでいるというのは被災として非常に恵まれている部類。
街の殆どが潅水した場所あり、坂道がそのまま川となった地区あり。家を含む資産や耐久消費財を多く失った人も居る。
気の毒なことに命を落とした方もおられる。まだまだ被害の拡大が見込まれる現状を鑑みると、不平不満が言えるだけ
マシなのだ。

だが私は阿呆なので、しばらく経ったらスッカリ忘れてしまうに違いないのだ。だからこそ記録として残す。

コメント (6)

今年もゲンジボタルを見た

2018年06月22日 23時12分34秒 | 日常的電脳日記


某所にてホタルを見た。今年は発生数が少な目でどうなるかと思ったが、ここ数日は比較的多く飛んでいた。
寿命が短いので、丁度ピークなのだろう。来週には居なくなってしまうに違いない。
この場所のホタルはゲンジボタルで、近くの水辺にはシュレーゲルアオガエルやアマガエルが見られる。
小ぢんまりしであり腰かける所もない。観察中は立ちっぱなしとなる。

日没後、30~50分後辺りが良く光り飛翔する。薄明かりがあるうちに段取りを済ませてピントを出し、後は
ホタル次第となる。近くを飛べば太く明るい光となり、遠いと細い線となる。動きの少ない雌だと光点とか
這いまわったように写る。光に反応して明滅したり飛び回るので灯りは厳禁であるが、安全のために必要
最小限に足元を照らす必要はある。自分は慣れているので凡そ足元の状態が分かるのだが、滅多に来ない人は
灯りを使う方が良いだろう。特に子供は興味が強いため、灯りを強く注意したところで聞き分けない。

偶に、立派な大人(20代前半)なのに灯りを煌々と照らして撮影を試みる者がいる。複数の人が注意しても
止めようとしない。15分ほど黙って見ていたのだが、流石に皆が呆れていたので注意したところ、そそくさと
帰って行った。マナー的に良くないと分かっていて撮影を続行していたと思われる。
コメント (4)

ガンツウを追ったつもりが護衛艦となった

2018年06月17日 21時13分23秒 | 航空機・艦船・ミリタリー等
今日のGUNTU(ガンツウ)は、宮島付近に停泊したり広島湾をブラブラしたり。予定では今日中に大三島方面へ戻る
事となっていましたので、見渡せる場所から監視して、近づいて来たら海辺に移動するつもりでいたのです。



画面左側の船がガンツウ・・・ 右側に護衛艦が・・・



117 すずつき でした。



続いて入って来たのは 104 きりさめ。


 

! 176 ちょうかい も入って来た。



ガンツウは、速力を保ちつつ早瀬の瀬戸へ向かったのでありました。つまり、遠ざかって行ったわけ。



ガンツウを追うはずが、なぜか護衛艦を眺めていたというオチと相成りました。



さて、つぎの船は、何ていう名前になるんでしょうかね?

コメント (2)

呉氏のコッペパン を買ってきた

2018年06月13日 22時58分50秒 | 食糧(フード)
パンの種類について、広島県呉市(広島市も恐らく入る)に於いては全国的な呼称と異なっていることをご存知でしょうか?

コッペパンと言えば、細長くてニュートラル(塩)なパンを想像する人が多いはず。

広島県呉市では、メロンパン(クッキー生地を乗っけた甘いやつ)のことを、コッペパンと呼びます・・・
廣嶋市だと、サンライズと呼びますね。

じゃぁ、メロンパンはどーすんのさ?と言われたら、コッペパン又はメロンパンなんですww
※メロンパンという屋号のパン屋さんでは、カスタードクリーム入りの全く別な商品がメロンパン・・・ヤヤコシイ。

で、「呉氏のコッペパン」なる商品を見かけたので買ってきたのであります。

 

うん、パッケージに「呉」が入っている程度で、呉氏的な部分が感じられません。ハテ?



割ったら分かったよ。クリームがガンプラの量産型ジムみたいな青みのある白でした。
さすがに、パンやクッキー生地そのものを青色にするのは避けたようです。食欲の失せる色として有名ですからね。
青色ってヤツは。でも、アメリカで売るなら青色ってのもアリかも知れんし、アイスクリームのノリで行くなら、
まんま青で通用したかも知れん。マカロンなんかは赤・青・紫等々、クリーム共々好き勝手やってるし。
コメント (4)

海神祭のごく一部のみ見に行った

2018年06月10日 21時46分47秒 | 航空機・艦船・ミリタリー等
海上保安大学校で毎年この時期に行われている「海神祭(わだつみさい)」。前日祭では呉氏も来ていたようなのですが、
スクーターが修理中であったこと等から行けず。天気はソコソコ良かったのにな。

今日が本祭なのですが、天気予報が良くなかったのであります。データを見る限り、15時には結構降ってそうな感じ。
そのため、13時と15時に行われるという救難訓練のみ、見に行くことにしたのであります。

 

マスコットキャラクター。左が「うーみん」、右が「うみまる」という、タテゴトアザラシの精なのであります。今回、
うみまるの潜水服バージョンというレア形態が見られました。決して、〇年生が入っているなどという事はありません。

  

こうやってヘリから救助隊員が降下。厳しい訓練を受けているだけあって、タフさが全く別次元! 沖を行くフェリーは
江田島航路の「古鷹」、係船ブイに繋がってるのは「4202 訓練支援艦くろべ(海上自衛隊)」。



天候の悪化が予想されたためか、午後には模擬店も畳まれちゃいまして、湾内クルーズも中止に… 食べ物をアテにしていた
こともあってハラヘッタ。。。

 

羽田からやって来た特殊救難部隊の方々。今回は、要救助者を吊り上げるという展示訓練を披露して下さいました。



要救助者役を務めた「マツイさん」。ぐったりしすぎ。よく見りゃ金髪の女性だったりしたのは驚いた… 意志の強そうな
ガッシリした顎でしたなぁ。

※18/6/11:海保マスコットキャラクターの名前が間違っていたので修正しました。
コメント (2)

竹林のみ見に行った

2018年06月09日 08時32分37秒 | 風景・散歩・旅
竹林風を見に、とある場所へやって来たのだ・・・
茶風林さんではないので注意。


E-M1


E-M1

  
AP15(ノーマル、モノクロ、ネガポジ反転)


AP15(ネガポジ反転)

是非! 一度! お越し下さい!
コメント

ガンツウ の テンダーボート のみ

2018年06月07日 23時20分24秒 | 航空機・艦船・ミリタリー等
知っている人は知っている、超豪華海上移動型ホテル「GUNTU:ガンツウ」。独特のフォルムと、瀬戸内では溶けてしまって
目立たない船体色、とっても低い喫水などで有名です(船好きの人の話)。

で、テンダーボートというセルフ水先案内船に焦点を当ててみようかと。ガンツウ自体は、検索すれば幾らでも出て来ますし。

 

音戸の瀬戸などの海峡部に進入する際、警戒目的でテンダーボートを用います。ガンツウからクレーンで直接降ろし、いざ発進!



随分早くから先回りして、船と連絡を取りつつ安全を確保します。

 

実はテンダーボートは2艘用意されています。左舷側にはゴムボートも搭載されています。



で、無事に通過したら邪魔にならないところまで並走していき、回収してから次の目的地に向かうという具合です。
コメント (2)

潜水艦救難艦 ちよだ & ちはや

2018年06月02日 20時01分34秒 | 航空機・艦船・ミリタリー等
先日、最新鋭(18年3月就役)の潜水艦救難艦「404 ちよだ」が見られた。この艦は船体内に潜水艇及び、
深海調査機を装備しており、潜水艦の事故に対応するものです。



左が「404 ちよだ」、右が「403 ちはや」です。ちはやは以前から呉地方隊に居る艦でして、任務も一緒。
艦形が良く似ているのですが、ちよだの方が新しい分、機能性で優っているそうです。



同型艦(実際には違うけど)が並んでいる姿というのは、艦の保有数が定められている日本に於いて、
なかなか珍しい。しかも、戦闘に直接参加しない艦の場合は余計にそう感じます。
コメント (2)