思いついた写真をアップする家

写真を撮ってコメントを書く。それだけ。

縮景園もみじまつり夜間開園 21/11/20

2021年11月21日 13時55分40秒 | 夜景・夕景
縮景園の紅葉ライトアップを見るのは19年以来。今回は入場ルールに注意が必要なので
併せて書いておきます。21/11/28まで実施されるので、これから行かれる方の参考にして
頂ければと。ちなみに入園受付は実質20時には締め切られ、入園は20時30分が最終です。
行かれる方は、18時頃が良いかな。スタートダッシュは人大杉の並びまくりでウンザリ
する事が目に見えてる。1時間程度経ったら少し落ち着いて来ます。



先ず、17時に一旦全員外へ出されます。夜間開園に入場するためには、隣接の広島県立
美術館から入る事となります。美術館入り口で体温確認とQRコード付き整理券を受け取り、
番号が呼ばれるまで待機となります。



1Fエントランスに展示されていた'73ポルシェカレラ。菅井汲さんという絵画・版画家が
所有していた車両。この方、大事故で死にそうになってもポルシェを買いなおして再び
乗ってたそうで。作品はシンプルなグラフィック調のSが有名らしい。

そんなこんなで、入園できたのは18時を過ぎた頃。つまり、待機時間は小一時間でした。
17時から直ぐに並んだとしても、17時30分頃から入れ始めていた様子。自分が受付を
済ませて待機している時点で、既に200人近く居たような。。。 滅茶苦茶に密じゃね?



やっと入れたと思ったら、順路完全固定で逃げ道無し。皆さん木橋から写真撮るもんだから
全然進まないんです。私?サッサと撮れそうな(邪魔にならない)場所まで移動。その代わり、
途中の写真が「無い」。撮ってないから。順路最初のスポットである超然居(ちょうぜんきょ)
なんて、人がウジャウジャでゆっくり出来やしないのが分かり切ってるし。

気の毒な事にスマホを水中に落とす人も居る。スタッフ呼んだ挙句に自力で回収を試みて
通路を塞ぐし。こういう時は慌てても仕方ないので、スタッフに任せてたもとで待っていて
欲しいのぅ。ちなみに水深は平均で1m程度。大人なら胸下の高さです。でも、夜の水中を
なめてかかってはいけません。



丹楓林(たんぷうりん)から跨虹橋(ここうきょう)を。昼間と夜とでこんなに違う。
マジックアワーはとうの前に過ぎており、ま、夜ですな。
カエデがやけに色づいているのは、オレンジフィルターを通したスポットライトの影響。



少し進んで夕照庵(せきしょうあん)付近より、先ほどの写真を撮った辺りを望む。
画面左の光芒は、ヤグラに組み込まれた複数のスポットライト。周辺を強烈に照らして
いる事を示しています。



対岸から超然居(ちょうぜんきょ)と観瀾橋(かんらんばし)を見る。位置取りの関係で
モロに光が入って来ている。オリンパス(現・OM)のmZD12-40Proは、どういう訳か
この手の光源が発する光条の描写が非常に汚い。ゴーストも発生するので、夜景には使い
難い。今回は解像優先でこのレンズを選択したが、こうなるのを知っていただけにチョット
失敗したかな、と。



跨虹橋(ここうきょう)から濯纓池(たくえいち)を挟んで夕照庵(せきしょうあん)方面。
手前は灯りが弱いので、煌々と照らされた対岸が目立つ。



橋を渡ってから跨虹橋(ここうきょう)を見ると、橋自体もライトアップされていた事に
気付く。丹楓林(たんぷうりん)から撮った時に分かってたんじゃ?と思われるでしょうが、
距離があるので、そんなに明るく感じないんですよね。橋。



そんな訳で、お帰りは縮景園の正門となります。清風館(せいふうかん)を明るく照らし出す
十六夜(いざよい)の月。冬場の月は太陽の逆で、高く昇って行きます。

----------------------------------------

そもそも、当日広島市街地へ行ったのは東急ハンズへ物を買いに行くという目的があった為。
但し、数量を間違えて少なく買っていたので、また行くのか思案中。
折角出掛けたので、ボケーッと過ごせる縮景園に長居して、一旦離れてから戻って来たら、
エライこと並んでしまうとは思いませんでした、と。

揃えた部材で目的自体は果たせた。ま、他にもやらなきゃならん事が多く残って
いるのだけど、少しずつ。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

縮景園の紅葉 21/11/20

2021年11月21日 00時16分59秒 | 風景・散歩・旅
広島市の縮景園へ紅葉を見に行ってみました。近年は温暖化に伴う11月の暖かさによって
紅葉が遅れ気味。木々の色づきも揃わず、色づく前に水切れして落葉というケースも多い。
果たして…

 

紅葉を見に来たクセして、目についたのはツワブキの黄色!秋の深まりと共に咲き揃った
この花も終わりの頃。場所を同じくしている赤い実はマンリョウ。お正月頃の縁起物。
ヒラタホソアブの仲間がツワブキの花粉や蜜を求めて、賑やかに飛び回っていました。



なんだかカッコエエ!ゼブラカラーの錦鯉さん。

 

ド定番の、カエデ額縁&跨虹橋(ここうきょう)が見える長椅子より。テレビCMにも
使われるアングル。



明月亭(めいげつてい)エリアは、通常は締め切りで入ることが出来ません。この日は
広島美術館で古伊万里展が催されている事から、柿右衛門様式の磁器が展示されていた。
自分は美術品に疎いので、単にココが開いている写真が撮りたかっただけ。。。



サクラの黄葉がまだ残っていた。後方のビルはアーバンビューグランドタワーという
高層複合施設。1Kでも約2千万円するという広島の億ション高層ビルです。

 

被ばくイチョウが綺麗に黄葉していました。意外と黄色!という状態で見られる期間が
短い。雨が降って気温が下がると一気に散り果てとなり、イチョウの絨毯となります。
迎暉峰(げいきほう)という庭園内の最高地点から見ると、大きさが良く分かると思う。



本年は11月20日で紅葉の見ごろという感じ。近年では稍早く感じられる時期ですが、
以前はこれが普通だった。12月上旬になっても綺麗に赤くならない年が増えている。

- つづく -
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

海上自衛隊呉地方隊 電灯艦飾 21/11/01

2021年11月02日 23時16分20秒 | 航空機・艦船・ミリタリー等
11月1日は自衛隊記念日。今年もやって参りました。そして、このイベントを見ると今年も
残り2ヶ月としみじみ感じるのです。早いのぅ。



広島県地方の当日の日没時刻は17時17分。本年の日没最短は17時00分(11月末~12月上旬)
なのでホントに夜が早くなってる。帰宅後にそそくさと用事を済ませてアレイからすこじま
という岸壁へやって来たが・・・ あれ?やっとらん。
不安に感じて先に来ていたカメラマンに話を聞くと、日中は満艦飾をやっていた。写真では
電飾装備を施されているので必ず実施するはず!と教えて頂きました。うん、待とう。



19時に電灯艦飾が一斉点灯となりました。取り敢えずホッとした。





今年のメインは練習艦「3508 かしま」です。先月27日に遠洋航海訓練から帰って来た模様。



南側の岸壁をみると、敷設艦「483 むろと」も電灯艦飾やってました。専用装備で船の形に
合わせてあるので、個人的にはコッチのが!だったりして。

----------------------------------------

写真には撮りませんでしたが、沖の係船ブイに停泊していた「おおすみ型輸送艦」も電灯艦飾を
やっていたようです。船梯にも電飾が施されているので撮りたかったけど、いかんせん体がww
要するにタイギカッタ(広島弁。疲れた、疲労が本来の意味。面倒という意味でも使うけど)。
いけませんね。皆様も、体を温めて免疫力を高めてお過ごしください。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

広島市植物公園でアサギマダラ 21/10/16

2021年10月16日 23時48分09秒 | 花華・植物
※今回は俗にいう虫注意!!! の回なので、苦手な人はサムネイルをクリックしないように。

約3ヶ月ぶりに広島市植物公園へ。本年、新型コロナウィルスによる緊急事態宣言がちょくちょく
発令され、当公園も広島市文化施設として閉鎖となってしまった期間が長かった。
先月末をもって解除され、久しぶりに行ってみたということ。但し、今回のお目当ては完全に
アサギマダラだったのです。

この蝶は遠く台湾辺りまで渡りをすると言われており、北陸(石川県・白山付近)で発生した
アサギマダラが広島県安芸高田市吉田付近で観察されるなど、近年はニュースとして新聞や
テレビ・ラジオでも報じられている事から人気が高いのであります。

  

吸蜜休憩をしながら旅を続けるアサギマダラ。当公園ではコバノフジバカマを植えこんで秋を待つ
ようになって随分経ちます。本年は飛来数が多く、10/14日には100頭を超えていたそうです。
本日は30頭くらい。コバノフジバカマの花も終わりつつあり、少しずつ南へ移動しているのだろう
とのこと。

個体差や光線の加減で浅葱(あさぎ)色が白っぽい個体もありますが、上翅を広げるとアサギが
目立つ訳です。明るい曇天で風が弱かったのでまずまず撮れたけど、自分は蝶(チョウ)という
被写体が苦手でして。要するにヘタクソってコト。



で、バタフライガーデンと呼ばれるツバキ園を一部改装したところ(コバノフジバカマの鉢植えを
配置し、一層近くでアサギマダラを観察できる)にて、? オマエは ? という昆虫を見かけ、
撮っておいたのです。後で調べると、これがかの有名なサツマニシキでした!という訳。

蛾(ガーちゃん)です。翅を畳んでいる形態を見ると、なるほどガよね。なんですが、翅を広げて
標本状態となると、蝶(チョウ)と変わらんな! 青くて派手で少し珍しい。こりゃ人気する訳だ。



動く時と動かない時の差が極端なセセリチョウは、割と撮らせてくれるので大好きです。形や大きさも
コンパクトだし、目の周りが何となくカワイイ。調べたところ、キマダラセセリとある。これまた
チョコッとだけ見かける機会が少ない蝶だったようだ。

----------------------------------------

今日は植物公園のスタッフに話を伺う機会がありまして、アサギマダラは基本的に山の樹木がある
ところを渡って来るので、山の際にフジバカマ(広島では花期を考慮してコバノフジバカマが有利)
を植えておけば、赤ちょうちん宜しく見つけてくれたら寄るかも知れないとのこと。
今年は結果的に渡って来た数が多かったのですが、例年のデータによると当植物公園でのピークは
10月13日頃と教えてくださいました。ありがたや。

残念ながら、街を通る事は殆ど無いという話。つまり、確実に見たければ居るというニュースを
アテにして、そこへ行くのが一番なんだそうです。徐々に数を減らし、あと数日で見られなくなる
だろうと語っておられました。

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

日本製鉄瀬戸内製鉄所呉地区の高炉停止 21/09/28

2021年10月03日 21時41分53秒 | 日常的電脳日記
呉市に60年近く存在した製鉄の溶鉱炉、呉地区からの製鉄所完全閉鎖を前に21/9/28日の
操業をもって火を落としました。高炉は一度火を落とすと再稼働に大変な投資が必要と
なるため、止める=もう使わないという意味合いがあります。
※今回の写真は過去1年以内~最終日までのものです。



三峰山(天保山慰霊塔)の四阿(東屋:あずまや)より工場全体を見下ろす。

 

写真左側の桟橋に係船されているのが、鉄鉱石運搬船。喫水が高い事から荷下ろしが進み
船室は殆ど空っぽだと判断できる。

 

海上及び呉市街側から望む。



この煙突は、まだ少しだけ煙を吐いてるようです。


21/9/25


21/9/26


21/9/28

最終日前後には遠方からカメラマンが遠征して来ていました。通常、現地の人しか知らない
であろう場所にも陣取っており、ネットが普及するとこうなるのな!と痛感しました。

----------------------------------------

見てるかどうか分かりませんし、事後なので申し訳ないとしか言いようが無いのですが、
広島市五日市から来たという方に「9/29のシフトが最後なので30日朝4時で停止と聞いた」
と話をしたのですが、報道にあった通り9/28のシフト、9/29午前4時で停止されました。

とある作業者の方から聞いた話をそのまま伝えた結果、実際と異なる情報となってしまい
ました。

コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

音戸の瀬戸の渡船は役目を終えた 21/10/01

2021年10月03日 20時15分27秒 | 風景・散歩・旅
広島県呉市警固屋~音戸町をつなぐ、音戸の瀬戸渡船が廃業届を提出した。
廃業日は21/10/31とされているが、事実上、既に廃業状態となっている。

過去に、遠からず無くなるであろう風景として撮影しておいたものを掲載する。
※撮影日は全て2015/03/22です

 

呉市・警固屋側の桟橋より。乗客が桟橋に姿を見せると渡船がやって来るシステム。
この時は対岸の音戸側に船がいるので、迎えに来てくれるという形。



船から第二音戸大橋を見上げた風景。



音戸側桟橋より。普通に貨物船や海上保安庁巡視船が往来している最中、タイミングを
見計らって渡す。腕と経験のなせる技。



音戸側から警固屋側へ戻って来たところ。



かもめ・つばめ 両船が活躍した、日本一短い航路でした。

----------------------------------------

経緯としては、船の運航を担当していた方が3人→1人となり、料金の徴収から
乗客の確認・乗降準備・操船の全てをやらなくてはならない状況が数年来
続いており、昨年あたりから病気やケガで休業する期間が長くなっていた。
船の老朽化もありクラウドファンディングで資金を募ったりしていたのだが、
本年になって船が大きく破損するなどし、これ以上の営業運行は不可能と判断。
今夏より休業となっていた。

いつかは無くなるだろうと思い乗船・撮影をしたりもしたが、数年間乗る事は
なかった。ワンオペで早朝から日没後まで運行する事によるストレスは相当な
もので、生活を立てる事と併せて相当な苦労があったと思われる。
とても乗って応援!などと気軽に言える状況ではなかった。

思えば、2011年4月に第二音戸大橋の架橋工事があった際、賑やかに記念乗船
イベントを実施したのが最後の見せ場だったのかも知れない。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

台風14号チャンスーが去った週末 21/09/18~9/19

2021年09月19日 23時24分17秒 | 日常的電脳日記
少々変な動きをした台風14号チャンスー。結果的に観測史上初の福岡で上陸を果たし、
大分・国東半島を渡って愛媛・松山から四国を縦断。勢力を弱めつつ紀伊半島へ向かう
コースを辿りました。広島県南部では9/17日の22~23時頃まで少々強い風があったが、
その後はピタッと治まって大したことも無く過ぎ去ってくれたのでした。

18日は事情により夕方から外へ。

 

左の写真は広島市方面。台風通過後の割に海上の波は小さい。穏やかな瀬戸内海でも
流石に嵐の前後や冬場は荒れるものだが、そうでなかったのは有難い。もっとも、
スクーターで第2音戸大橋を渡る際には少々横に流されて恐ろしかったけど、加齢や
足腰不調によるバランス修正力の減少に起因する不安感と思われる。

右の写真は、今月29日操業(30日午前4時)をもって高炉を停止する日本製鉄瀬戸内
製鉄所(旧、日新製鋼呉製鉄所)。



この時期ともなると、徐々に太陽の通り道(黄道)は高度を下げつつ見かけの上での
南側に寄って来る。特に夕方の逆光は秋らしくなっている印象を強める。
(良く分からんと思いますが、写真のフェリーはシーパセオ2)



音戸の瀬戸公園の高台である「高烏台」の「平清盛公日招き銅像」。彼岸の前後は
この様な構図が撮りやすい時期です。日没の1.5時間前に来ておけば良い感じ。

  

今シーズンも木星と土星が南東~西の空で観察しやすく、毎月、木星と月の見かけ上の
距離が近く見える日があります。18日は月齢11付近で木星が近くに見える位置取り。

高い位置にウロコ雲が流れて来る状況で、雲の隙間を待って撮るとこんな感じ。
月の少し右側に見える明るい星が木星。木星の斜め方向にはガリレオ衛星が写って
います。

※夜間の雲と月の露出設定は以下の通り。参考になればいいな、と。

ISO1600 F4.0 1/1.6秒 焦点距離:150mm(35mm版換算) 三脚・レリーズ使用
コメント (6)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ちょこっとだけ倉橋島 本浦・大迫・袋の内 21/08/29

2021年08月30日 21時49分30秒 | 日常的電脳日記
 

そういう事で引き返して宇和木峠を越え、俗にいう「倉橋」へ。町役場辺りを本浦というのですが、
詳細地名は結構多いという。写っていないけど、写真の左側は桂浜となります。
桂浜で写真を撮りたかったが、この時期は海水浴やキャンプで大勢の方々で賑わうため通過。
そもそも、ウッカリ写真撮ってたら捕まりそうだし。オフシーズンにでもまた来よう。

 

その後、尾立~袋の内を通って大迫へ。海は綺麗なのですが、この場所は第二次世界大戦
末期に特殊潜航艇基地(Q基地)が設置され、特攻兵器である甲標的丁型(蛟龍)が配備
される事となっていました。

  

大迫から袋の内(たいのうち、と読みます)へ戻る途中で、何枚か撮ってみた。
砂浜の細いベルトみたいなのがアマモ。もやっとした海藻はイシゲ。
沖には牡蠣イカダが浮かぶのですが、高さが無いので分かりづらいですね。

また、海水に沈む牡蠣棚を見かけたので、ここでもう数枚撮った。ホタテの
貝殻に稚貝を付け牡蠣棚で育養し、その後、牡蠣イカダで吊るす訳ですが、
ホタテの貝殻なんだなと良く分かるので、稚貝もまだまだ小さいというコト。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ちょこっと倉橋島 重生・鳴滝 21/08/29

2021年08月29日 22時36分42秒 | 風景・散歩・旅
広島県は21/08/27日より、再び緊急事態宣言対象地域となり、09/12日予定まで
不要不急の外出及び、人の多い場所を避け、貰わない・うつさないを励行せよ
とのお達し。。。 でも、天気よければ外へ出たい・。。。

そんな訳で、残り少ない夏(二十四節気の上では既に秋の候)という事もあって
倉橋島へ行ってみた。完全に言い訳かつ身勝手ですな。マスクはしてるし、人と
基本的に密に接さないし。ま、ご勘弁を。

宇和木峠の手前を海側へ向かい、大向(おおこう)・重生(しぎょう)方面へ。

 

重生の港へ寄りました。ここ、バイク乗りだった頃には必ずといって良いほど
停まっては休憩した場所。自販機は今も設置されており、おー!有ったかぁ!
という感じ。

※ちなみに、第二次世界大戦末期には軽巡洋艦「北上」の停泊地となっており、
 戦没者慰霊碑が残されている。

 

インフォパネルには、水のきれいな海水浴場ランキングで29番目(2018年データ)と
書いてありました。そう、倉橋島は海流に恵まれている事もあって海水が綺麗。
もっとも、ここは土砂運搬船の港なので、人が居たとしても釣り人くらいです。

県道283号線、重生→大向間は道路陥没の為通行止めです。よって、引き返します。



重生から元来た道を少し戻ると、鳴滝という別荘やマリーンのある場所。実は自分は
ここがなぜ鳴滝なのか、良く分かっていなかったのです。当然、日本の地名はマンマ
の事が多いので、滝があるはずなのですが・。・。

 

背後の山の方からザーザーと水音が。そう、お盆頃の大量の雨がまだまだ山には
蓄えられていて、音を立てて流れていたので気が付いた!というコト。
しっかしまぁ、道路から遠いわ。落差40mとされているけどさ。滝の下の方には
砂防ダムが配置されていました。

お陰様で、長年なぜ鳴滝?!という疑問が解消されました。ネットで調べりゃ出て来る
筈なんですけど、自分で見たら当分憶えてると思う。たぶん。

----------------------------------------

本年の広島県地方、お盆の前後に長雨となり8月の降水量最高記録となった模様。
それでも8月20日以降はソコソコ夏らしさが戻り、この週末は相当蒸し暑く安定
した残暑となりました。そう、雄大積雲すら発生しない、只々暑い夏の様相。
もちろん、日没時刻は既に18時40分頃(最遅は7月頭の19時27分頃)と早くなって
おり、真夏という感じの日差しではない。特に夕方。

このところの週末、個人的な用事もチョコチョコしなければならないので、
遠くへ行けないのは渡りに船か?! ま、新型コロナウィルス感染症を避ける
ためなので、ソコソコ我慢。近場でも気晴らしに行けるだけ恵まれとる!
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

雨が降り続いた後 21/08/15

2021年08月15日 23時30分03秒 | 日常的電脳日記
広島県地方は21/08/12~08/15未明まで、18年7月の大雨被害以来となる集中豪雨に見舞われた。
盆休みと重なったのは幸か不幸か。恐らく前者なのだろうと思う。少なくとも大きな
被害が自らの周囲で出ずに済んでいるのだから。

 

呉の街中を流れる堺川の河口付近から灰ヶ峰を望む。ウチで何度か出したお約束的構図。
水の色は薄いベージュを帯び、砂泥が流入している事が分かる。だが、樹木や葉などの
ゴミは少なく見える。18年7月の時は、それらが非常に多く流れていた。

 

こちらは市街の西を流れる二河川の河口付近から、沖合を望む。同じく水の色はベージュ。
堺川と同じく木クズなど、船舶の航行に支障が出るような漂流物は認められない。
この差が、3年前程の被害に至らず済んだ査証の1つと考える。 エラソーw



砂丘?は鳥たちの休憩場となっていた。ウミウ・アオサギ・コサギ・ウミネコが見られる。
それなりに仲良くやってるようでした。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする