「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログ。

日本と世界のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開していますので、ご購読下さい。

大阪市議会ガレキ予算可決、しかし広域処理見直し意見書提出へ。混乱状況が、実は皆さんの声の賜物。

2012-07-28 03:05:13 | 福島第一原発と放射能

 

 大阪市議会のガレキ予算は結局、残念ながら可決しました。しかし、別記のように付帯事項が付いたこと、国に対しての、広域処理見直しの意見書も提出が決まるなど、現況の混乱状態、そのままになりました。まだ、痛み分け。これは、まず、大阪市民、府民、みなさんの反対の声が請願、座り込み、抗議会見、電話、FAX、役所訪問などありとあらゆる手段が功を奏しています。ガレキ予算を可決しながら、国に対しての広域処理を見直す意見書を採択するなど、ふつうに考えたら、何の辻褄も合わない話です。ちなみにこの広域処理見直しの意見書は、自民党の北野妙子議員によるものです。みなさん間違えてはいけません。

 しかし、これは、みなさん一人一人が大阪市に声を上げ続けたことが、大きく影響を与えています。もちろん、維新の会や公明党に対してのプレッシャーも、十分に効果がある情勢です。気を緩めてはなりません。大阪はこの情勢なら、まだまだ戦う余地はあります。維新の会、橋下本人にも抗議の声を続けましょう。大阪市役所に手を緩めてはなりません。

 公明党には、さらにプレッシャーをかけ続けましょう。彼らは、いまだにごまかし続けています。結局は受け入れるのか、受け入れないのか、答えは二つに一つしかありません。

  このことは、生存をめぐる戦いです。どちらの、どの議員が、我々を守る方についたのか、殺す方についたのか、みなさんでしっかり確認することが肝要です。

 僕は関市の講演会で、大阪市議会には間にあわなかったですが、現地からの報告を二つ、掲載しておきます。======================================================

 大阪市議会の本会議の傍聴に行ってきました。

 議会は二時間以上も遅れ、しかし、144席の傍聴席は満席。自民党の北野妙子議員の答弁は、素晴らしかったです。結果的には、予算の可決という形で採決されてしまいました。なぜか、この瓦礫の議案採択のとき議案の中身の説明がなく、分かりにくい採決の仕方で、議会が終わってから、北野議員に皆で直接聞いて教えて頂きました。また、議長に提出された議案書を頂きました。北野議員は、「力不足で申し訳ない・・・でもまだ終わっていないので、引き続き頑張ります。」と言ってました。議案の中身からすると、議会では公明党の一部は受入れ反対だったように思います。しかし、分かりにくかった~なんだか、ごまかされた感じでした。  
 
========================================================
予算が可決されました。

付帯決議付きです。内容は以下の通り。

1、市民・事業者等への納得のいく十分な説明をすること。
2、夢洲周辺の海域に関連する漁業従事者への説明をすること。
3、安全性を確認するための検証を重ね、結果を公表すること。
4、細野環境大臣から指摘のあった有害物質(ヒ素、六価クロム、アスベスト、水銀等)を含む災害廃棄物については、事前に検査し、産業廃棄物として適切に処理すること。

1は、住民説明会は不十分ということで陳情書も継続審議。説明会は市民向けに8月末に行うということです。
4の項目も、一般廃棄物から産業廃棄物の扱いになり、広域処理の趣旨とは異なってきますね。

その他、国に対しての広域処理を見直しするように求める意見書を、維新以外の会派の賛成を得て、可決されました。

公明党は、予算を通す代わりに、付帯決議をつけて、国への意見書も賛同して、とんとんにしたように見えます。
=======================================================
 
 関市は160人以上の参加者がいらっしゃって大変盛況でした。ほとんどは、地元近辺の方で、僕のブログも知らない方が多かったのですが、反響はとてもよかったです。放射能に関しての懸念を共有して頑張りたいという声も強く上がっていて、そのために、地域でどうした活動をしていき、結局、木下さんは、その連合体の上で、何を目指しますかという話まで、講演後のミーティングで続きました。対応を電話窓口にしていたら、非通知で講演会の開催をやめるように脅迫まがいの電話も入っていたそうです、それを気にせずに、きちんと主催運営された皆さんの努力や熱い思いには、十分に敬意を払える状況でした。明日は山形。汚染認識が甘いエリアで、厳しい話をすることになります。覚悟しています。
 

山形講演は、本日午後2時です。山形ビックウイング。                     福島避難者の皆さんも多いと思っています。

【7/28(土)木下黄太講演in山形

 

みんなで考える原発と放射能~テレビでは知ることのできない本当のこと~

東日本大震災以降、独自の取材を進められ常に最新の情報を発信されている木下黄太さんに、                                              内部被ばくのこと、放射能から身を守るには、そして今の日本の現状をお聞きします。                                                       未来あるこどもたちのいのちを守るため、一緒に考え行動していきましょう。 

日時  2012728()  14時~16時(開場1330分)

会場  山形ビッグウイング 大会議室(〒990-0076 山形市平久保100番地)

参加費  1200円  

 

※講演会終了後、木下氏を囲む会を予定しています

 

託児あり:お子様1名につき500円(事前予約必要)

 

予約やお問合せ/囲む会/託児のお申し込みは… メール: info@gaiayamagata.com  

 

==========================================

 

伊賀市で、前回の住民説明会の流れをうけて緊急講演を開催です。                        明日、7/29(日)午後2時に伊賀市文化会館です。

緊急講演!【7/29(日)木下黄太講演in伊賀(三重県)】


◆日時:7月29日(日)14:00~16:00(13:30開場)(16:00~16:45意見交換)
◆場所:伊賀市文化会館(三重県伊賀市西明寺3240番地の2)多目的室http://www.bunto.com/hpdata/shisetsu/bunka/index.html
◆料金:当日1000円(予約800円)
◆予約・問合せ:TEL050-3697-5533/メアドeekagennisay@hotmail.co.jp
◆担当:桃田(ももた)
◆主催:放射能ええかげんにせん会

 ===================================================================

「関東・南東北の被曝エリア(東京全域を含む大半のエリア)にいる皆さんは、放射性物質の少ないエリア、できれば愛知県から西のエリアに、移住するべきです。妊婦、子供、未成年、妊娠可能な女性は優先して移住すべきです。他の皆さんも極力移住してください。被曝から一年が経過しています。初期被曝は深刻で、慢性被曝の影響がさらに危険です。食物、飲料のみならず、吸気による被曝も軽視できません。回避する方法は限定的です。あなたやあなたの家族の命が何よりも大切です。一刻も早く移住してください。」

  「健康被害と思われる事象が顕著にあらわれている方は、僕までメール下さい。事故発生当時の行動記録や数値データなどを細かく教えてください。問い合わせの内容も書いてください。健康被害の状態を皆で共有化し、事態の推移をあきらかにしていく作業が最も必要です。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

 

僕の情報サイトはこちら。→http://www.kinositakouta.com/

 

僕に対しての講演などのご依頼、そのほか業務的なご依頼の受付アドレスを変更しました。info@kinositakouta.com

 

送信できない場合は、
infokinoshita@mail.com

 

いろんな問い合わせは多いため、純粋にこうした依頼関連の窓口は、変更したと考えてください。

 

僕への直接連絡先は下記。上記以外のご相談は、まず下記へメールでお願いします。nagaikenji20070927@yahoo.co.jp

 

 

 

==============================================

 

【8/23(木) 木下黄太講演IN京都】

日程:8月23日(木)<昼の部>と<夜の部>
会場:アバンティ響都ホール(京都駅前アバンティ9F)
http://www.ryukoku.ac.jp/ryudaihall/access/
定員:350名昼夜とも。
※昼の部と夜の部では講演内容が違います。申込みなども異なります。

昼の部は通常のスタイルの単独講演。昼の部は当日来場順の入場です。                                   

夜の部は平智之代議士を交えて、今後の日本のあり方を話します。            前売りを、本日よりおこないますので下記を参照下さい。

 

<昼の部>

木下黄太講演 『放射能被害の今と、これから』

子どもを被ばくから守るために、どうすればいいのか?
現在の放射能被害の実態や、対処を講演。                                                 さらに日本において、放射能防御運動の今後の展開についても話します。質疑応答も。
開場 13:30
開演 14:00 (終了16:00)
入場料 1000円(前売なし。当日会場にて受付)

昼の部について、問い合わせなどはkyoto.kodomo.inochi@gmail.com

<夜の部>

木下黄太×平智之議員対談&講演

『子どもの未来を守るために、京都から
~放射能汚染と向き合う日本を目指して~』

子どもたちのいのちを守るために、私たちは何をすべきなのか?
私たちはどんな日本を目指したいのか?
放射能汚染の現実と向き合い、大切な子どもたちを守るために、自分で考えてみたい。
日本の未来のビジョンについて、講演していただきます。
ゲストに平智之議員を呼び、お二人に対談していただきます。
※平議員はご都合により、20時からの参加予定です。


開場 18:00
開演 19:00 (終了21:00)
入場料 前売1000円  当日1200円                                                 (前売チケットはe+(イープラス)にて本日より発売)

*夜の部前売チケット購入方法*
販売期間:本日7月23日(月)~8月21日(火) 販売開始時刻はe+サイトでご確認ください。
PC用購入ページ
http://eplus.jp/sys/T1U14P0010843P0100P002081300P0050001P006001P0030001
携帯用購入ページ
http://eplus.jp/m/msys/T1U55P0010844P0100P002081300P0050001P006001P0030001?uid=NULLGWDOCOMO
※前売りチケットが事前に完売した場合、当日券の販売は行いませんのでご了承ください。

※申し込み及びチケット販売はe+(イープラス)以外の受付は行っておりません。
また、申し込み時はe+(イープラス)の利用規約を良くお読みの上、購入下さい。
チケット販売に関するトラブルが発生した場合、こちらでの責任は負いかねます。
e+(イープラス)チケット公式サイト→http://eplus.jp/sys/main.jsp

*ゲスト紹介*
平智之(たいら ともゆき)
京都府京都市出身。2009年当選・京都1区選出・民主党衆議院議員だったが、現在無所属。
与党議員として、禁原発の立場で精力的に活動をしていたが、大飯原発再稼働に反対して離党を決意。
「首相官邸前デモの参加者に話を聞き、国民は声の持って行き場がないのだと分かった。
新党を作り、国民の常識的な感覚を国政に反映したい」と語り、
「原発に対する怒りや不安を受け止める党」を目指し、「平安党」を結成する。
「ひとりの父親として、日本の子どもたちの未来を全力で守りたい」と語っている。

*主催者からのお願い*
ご来場されるみなさまへ・・・
・子連れでご来場される方もいらっしゃいますので、お子さんの泣き声などがあるかと思います。ご理解のほど、お願いします。
子連れでご来場したい方へ・・・
・託児はありません。お子さんを膝の上に乗せて聴講してください。
お子さんの座席がいる場合はチケット代がいります。
・子連れのお母さん、お父さんたちには、右サイドの座席に集中して座っていただく配慮をします。
他の来場者に迷惑がかかる場合は、一度ロビーに出ていただけるようお願いします。(ロビーでも音声は聞こえます)
・どうしてもお子さんが騒いでしまう場合は、会議室のモニターで観賞できるよう配慮をする予定です。

主催:子どものいのちを守る・京都
kyoto.kodomo.inochi@gmail.com

 

 

 

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (30)   この記事についてブログを書く
« 【緊急】本日のガレキ決議に... | トップ | 4歳幼女が、膣炎、外遊び後4... »
最近の画像もっと見る

30 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
this way (noga)
2012-07-28 06:45:24

それでも日本人は、原発の再稼働を選んだ。
一億総ざんげへの道。動き出したら止まらない。
この道は、いつか来た道。ああ、そうだよ、民族の歴史は繰り返す。

意思のあるところに方法はある。(Where there’s a will, there’s a way).
意思のないところに解決法はない。
意思は未来時制の内容であり、日本語には時制がない。
それで、日本人には意思がなく、解決法が見つけられない。
自然鎮火を待つのみか。

耐え難きを耐え、忍び難きを忍んで、もって万世のために太平を開かんと欲す。
不自由を常と思えば不足なし。
座して死を待つか、それとも腹切りするか。
私の父は、玉砕した。何のお役に立てたのかしら。
安らかに眠ってください。過ちは繰り返しますから、、、、

ああしてこうすりゃこうなると、わかっていながらこうなった、、、、、
12歳のメンタリィティには、知恵の深さが見られない。教養がない。
わかっちゃいるけど やめられない。ア、ホレ、スイスイ、、、、

白く塗られた黒いオオカミの足を見破ることは難しい。
だます人は悪い人。だまされる人は善良な人。おとり捜査は難しい。
この調子では、人の命はいくつあっても足りるものではない。

Unknown (Unknown)
2012-07-28 07:58:12
市民の意向を無視する市長や議員なんかいらない。文楽についてもそうだけど、橋下、何か勘違いしてやしないか?橋下 の一声があれば伝統や文化も変えなければいけないって、「私の気に入るように台本を書き直せ」なんてもはや、北朝鮮も真っ青な命令だ。早くあの人、市長の座を退いてほしい。市民を危険にさらす市長なんかいらない。維新の会なんていらないし、政党にもなってほしくもない。日本を独裁政治にするな!
何故、大阪のお子さん達を?・・・ (徒然熊)
2012-07-28 08:41:03
http://p.twipple.jp/6ycx8

 被災者の方々を励ます事は意味があるとして、
「桃の食べ放題」って?・・・
本当に安全なのか?(色んな投稿サイトで福島県産の桃からセシウム検出!の記事をみかけるのだが?)
 しかも、福島の汚染状況から考えて「プルトニウム」、「ウラン」「ストロンチウム」も混入しているでしょう。・・・
 これらの核種はセシウムの20倍ほどの強い遺伝子破壊力を持つ「凶悪核種」!

しかも、このイベントを後援しているのが、教育委員会!?・・・目を疑いました。
それならば、彼らのお子さん達で全員このイベントに行ってもらいたいですね!
20120729 国会包囲デモに参加しよう (上田一郎)
2012-07-28 09:39:37
日時  7月29日 15:30 集会開始 

         16:30 デモ開始
   
         19:00  国会包囲


集会場所 日比谷公会堂裏 中幸門 
放射線白内障 (さっぽろん)
2012-07-28 11:28:50

 去年の震災前1月頃に老眼らしき症状があり眼科でメガネを作ってもらいました。
(45歳・当時足立区東部)

半年前から近くを見る視力が急に落ちてきたので数日前に眼科に行ってきました。
「白内障初期」と言うことでした。
白内障には早いので先生に「放射線からでしょうか?」と聞いたら。
「うん」とうなずいていました。
半年後再検査です。
視力も去年1月までは1.5 1.2でずっとよかったのに、1.0になっていました。


東京に住んでいるときは、自転車で走っているとマスクから出ている顔の皮膚と目がチクチク痛かったのを覚えています。
顔は洗っていたのですが、目のことは考えになかったのが後悔です。

  あと、現在も足立区東部に住んでいる79歳の母ですが、最近。
気がつくと、足に大小3つの赤いアザのようなものがでていて。
消えたと思ったら、腕に出てきたそうです。
いずれも、気がついたら消えていたそうです。

 関係はわかりませんが、記しておきます。

京都市は瓦礫受け入れ無し。 (クラシカル)
2012-07-28 13:03:22
木下様、いつも精力的な運動に感謝いたします

京都市も震災瓦礫受け入れが事実上、必要性がなくなってという事でまずは一安心です。
 この瓦礫受け入れも関連団体の利権が絡んでいますから、列島全土に拡散しようという企みがあろのですが、そもそも瓦礫など地元で処分可能でしょう。
 無理矢理、野田暴走首相が拡散させているのであり、その先兵が細野です。
 無能な政治家どもが、資本家の手下に成り下がり、国民の生命を脅かしていますね。
 その点、京都市は当初から受け入れには慎重な姿勢でしたから、まだ真っ当な考えがあるのでしょう。
 昨年、京都では無責任な美術家が五山の送り火で汚染された薪を燃やす企画を勝手に立てていましたが、論争になると「どこ吹く風」とばかりに逃げていましたが、全くいい迷惑です。
 世間知らずの美術家か陶芸家だか知りませんが、薪を燃やすのなら自分の家の庭でやってもらいたい。
 これは売名行為以外、何物でもない。
Unknown (Unknown)
2012-07-28 15:37:06
栃木から大阪へ引っ越しました。
一昨日アレルギーの咳がひどくて病院へ。そしたら甲状腺が腫れてると言われ、来週検査しろと言われた。咳は震災以降から止まらない。なんで体調が悪化する人間と悪化しない人間がいるのだろう。誰に言っても笑い飛ばされ(医師に腫れてると言われたのに気のせいとまで言われた)、まともに考えてもらえず、汚染地帯に残る私の身内はすでに知的障害でも起こしてるんじゃないだろうか。
しまいにはホットスポットにある実家に意味不明に離婚して戻ってこいという両親。日本は一体どうなってしまうのだろう。
せっかく大阪に避難してもまた汚染瓦礫が追いかけてくるし、まだ結婚したてで子供もひとりもいないのに。
茨城にいる友人はこの前死産だったし。なんで危険なのがわかってもらえないのだろう。きっと水俣病の人たちも苦労したんだろうな。同じことを繰り返し、おかしな選民意識のせいで外国人の主張を鼻で笑い、まともにとりあわない日本が嫌いになりそうだ。
まだまだ福島の人に知られていない制­度 (沖縄県に来れば)
2012-07-28 16:25:17
沖縄の方がFBに書き込んでました。以下です。
福島の人に知らせてください。沖縄県に来れば、航空券と家賃が2­年間無料ですよ~まずはTELしてくださいTEL:090-37­90-0137, 090-3790-1713, 090-3790-0530まだまだ福島の人に知られていない制­度です。沖縄は子供たちにとっても魅力的なはず。。。ちなみにう­ちの近くの久茂地小学校、100年の歴史があるのですが、児童数­が減っていて、廃校になるおそれあり。存続させたいと願っている­地域住民の方々も福島の子供たちがたくさんやってきたら、うれし­いという話を聞きました!
sametatiramisu 5 か月前
返信 共有削除スパムの報告ユーザーのブロックユーザーのブロックを解除
情報ありがとうございます。
こちらでしょうか>沖縄県 ttp://bit.ly/wgrXw9 (コピーして頭に h を付けて下さい)沖縄県では、東日本大震災で壊滅的な被害に遭わ­れた地域から本県に避難されてきた方々からの問い合わせに対応す­るため、以下のとおり支援、相談等を行っております。お気軽にご­連絡ください。
北九州で避難者の受け入れ支援 (北九州で避難者の受け入れ)
2012-07-28 16:29:36

返信 共有削除スパムの報告ユーザーのブロックユーザーのブロックを解除
北九州で避難者の受け入れ支援をしています。おせっかいになろう­とも「甘えていい知りあい」になるべく「伴走型支援」に登録して­頂いて、訪問を繰り返してます。出会った皆さんのこと、いつも心­配してるし、悲しかったこと、嬉しかったことを話してもらえるの­、有り難いです。まだまだこれからです。
違和感 (一時福岡へ帰国中)
2012-07-28 17:27:18
2週間ほど前夏休みで海外から福岡から帰国しました。
ガイガーカウンターも購入してみました。
0.16って私の中では高いのですがこれは普通なのでしょうか?JR沿線上は線量が高いとは聞いていましたが予想以上に高く不安になりました。
また意外と生鮮品が群馬、青森、山梨、長野、千葉などから来ていて驚きます。
こないだは銚子のいわしが売っていました。
テレビでほとんど放送していないのもありますが九州の人は本当に呑気で放射能やセシウムのことを言っても???なりアクションの人が多いです。あなた、おかしいんじゃないの?ここ九州ですよ?みたいな。
そんなところが北九州の瓦礫受け入れしてしまった原因なのかもしれませんね。

うちの母もまったく気にしていなようで心配です。畑もしていますし・・・。

やるせない気持ちでいっぱいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

関連するみんなの記事