「木下黄太のブログ」 ジャーナリストで著述家、木下黄太のブログ。

日本と世界のリアル状況確認と僕の思索を書き留めるブログ。
重要なことはメルマガで展開していますので、ご購読下さい。

福島県民がうけたホールボディカウンターや尿検査はまともなレベルなのか?

2011-08-04 18:16:28 | 福島第一原発と放射能

福島県のホールボディカウンターがきちんと運用されているのか。疑う情報です。


『平成23年度第3回福島県「県民健康管理調査」検討委員会』の資料です。http://www.pref.fukushima.jp/imu/kenkoukanri/230724shiryou.pdf


 先行で福島県民の放射性物質をはかっていたホールボディカウンターの最低の検出限界がCs‐134:320Bq、Cs‐137:570Bqということです。衝撃的な最低値です。福島県内のホールボディカウンターが、バックグラウンドの数値が高いため、きちんと機能しないだろうことは、もともと専門家の間でも想定内でした。それは、精密度の問題であって、誤差は出るのだろうけれども、一定レベルの機械で測っているものだと勘違いしていました。北海道がんセンターやタイは100Bqくらいは測れるはずです。僕の知り合いはドイツで精密型のホールボディカウンターを無料で受けました。検出限界は20Bqです。こういうレベルで測定できるのがあたりまえです。しかし、この福島県民がうけたホールボディカウンターは検出限界がCs‐134は320Bq、Cs‐137は570Bqなのです。こんな数字でまともに測っているといえるのか。発生して数ヶ月が経過して始めていることから、生物学的半減期を考えると、この検出限界に達しない事が多いでしょう。これで測定しているなんてちゃんちゃらおかしい話です。

 その上、尿検査は一リットルあたり13Bqがこれまた、検出限界となっている。普通の民間検査会社でお子さんの尿を個人依頼しても、1Bq以下でも検出していて、体内の蓄積と尿への排出の関係を考えると検出が数ベクレルレベルからは、考慮すべき事を考えると、尿検査の検出限界も13Bqというのは、十倍以上緩い(たぶんもっと)検出限界です。これも意味があるのかという検出限界です。

 こんな緩い検出限界で大丈夫かと率直に思います。というか、きちんと測定しようとしているのか?と。全国のホールボディカウンターを極力測らせないように、業界内で周知の文章がまわっている状況(全国殆どの施設でWBCを受けられない)とあわせて考えると、福島県民も含めて極力、放射能による健康被害を顕在化させないように、政府も福島県も専門家たちもぐるになっている構図がまたもあらわになっています。こんなレベルまでやっていたとは。いくらバックグラウンドが高くてもその中で、さらにこのレベルとは。またしても、驚きです。



ツイッターでつぶやいた、もっと気にして考え込んでいる話は別のことです。それは、もう少し精査しています。

コメント (20)   この記事についてブログを書く
« 「いったい、みんな何を食べ... | トップ | 放射能被害 首都圏(関東)土... »
最新の画像もっと見る

20 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんな国とは思わなかった (みんみん)
2011-08-04 20:48:49
こんな国民を見殺しにするような国だと思わなかった。
検査の意味ない。これに対して福島県民の反応が全然聞こえてこないけど、知らないのでしょうか?
>全国のホールボディカウンターを極力測らせないように
目の前の苦しんでいる人を助けずに政府の言う通りにする医者よ、恥を知れ!
その内海外にも通達が行きそう。
今の政府は異常。ネットを監視したりガイガーカウンターの購入を邪魔したり。
(実際何ヶ月も税関で止められていた)
逆に、そこまでしないといけないような状況なのか?
福島の人は精密なホールボディカウンターを受ければ、卒倒するような結果になるのか?
簡易検査の実施を (あづさ)
2011-08-04 20:54:47
木下さん、WBCでの測定値だけでは、なんとも言えないのが現実でしょう。
放射性物質には、ヨウ素やセシウムなどの半減期がありますし、国や厚労省は、わざわざその半減期を狙って検査したとしか時期を考えると思えません。
おまけに、子供の被験者が45%被曝している実態がわかり検査が取り止めになりましたからね。
隠蔽に隠蔽を重ね、数年経って小児ガンや白血病が増加したベラルーシのようなことになる可能性もあります。
風邪で、体をこわして判ったことですが、薬が効かないだけでなく、風邪とは思えない症状が出ました。
福島第一原発から、約180キロも離れてるのです。
まさか、被曝とは考えたくないのですが、味覚障害やドライマウス、口内部の粘膜の剥離や顔面の痺れなど、どう考えてもおかしいです。
それだけならよかったのですが、卵巣に病気があるので、PCで毎日基礎体温をつけてたのですけれど、その基礎体温が不規則になり生理がいつ来るか予想がつかなくなりました。
体調が悪かったしストレスもあるかという理由をつけてましたが、生理が来るまで安心できませんでした。
本当は、まず東日本で、WBCを子ども優先で結核検査同様にバスを改造して集団検診みたいに尿検査と同時に簡易検査をやってスクリーニングして、一般の総合病院での放射線科での検診、それでも診察が難しい場合は専門病院へ紹介するシステムをつくればと思います。
じゃなきゃ、なんで放医研が千葉にあるのかわかりません。
日本は、技術国家なのだからできないはずないと思いますし、福島みたいな事故が海外などでおきた時に、そういうバスやマニュアルがあったら朗報だと思うのですが。
残念に思うばかりです。

検出限界と感度 (Unknown)
2011-08-04 23:54:51
卑近な例で言いますと、上皿天秤で測れる、質量という量があります。
これを天秤で測ろうとした場合、検出限界が200mgで感度が1mg、という場合もあり得ます。
これは、200mg未満の物は測れないが、200mg以上であれば1mg刻みで測れる、という事です。

そこで、3.11以前の現生日本人の体内に放射性物質がどれくらいあったのかによって、検出限界や感度の妥当性が決まると思われますが、どこかにキチンとしたデータって、あるのでしょうかね?(私自身は検索してさえいませんが)。

ホールボディカウンターの方は、メーカーのサイトがあれば、精度も含めて技術資料くらい出ていても良さそうなものですが(これも私自身は検索してさえいませんが)。
あづささんへ (木下黄太)
2011-08-05 02:04:32
すいませんが、メール下さい。症状で確認したい事があります。
国民に本当の情報と数値を (ひなぎく)
2011-08-05 02:09:31
先日の10000ミリシーベルトと5000ミリシーベルトの数値も、上限がその数値までしか測れない器機で測ったので、本当の数値はもっと高いと言うことを聞き、もう!本当に国は信用できないと思いました。

今回のホールボディカウンターも、小さな数値は拾えない器機で測ったのでは意味が無いと思います。どうして国はこの期に及んでも、小賢しい手を使って国民を欺こうとするのでしょう。

起ってしまった事は、もうそれ以前には戻せない。せめて、国民には本当の情報を示し、国の誠意を見せて欲しい・・・100%完璧な国の責任と補償は無理である事は国民も知っています。それならば、せめて、せめて誠意だけは示して欲しい・・・

ところで、こんな隠された情報もあるようです。柏市で「コバルト60」という核物質が一般人の測定で計測されたそうです。この物質は、3号機のプルサーマルからでなければ出ない物質だそうです。そしてそのコバルト60と言う核種は、セシュウムなんかとは比べ物にならない位に放射能エネルギーが莫大に放出される怖い物質だそうです。

この物質を測った人は、一般人です。公的な機関では有りませんが、その各種を測れる機械は数百万円もするもので、放射能の専門家だったら誰でもが欲しいとあこがれる機械だそうです。なかなか一般人で持っている人はいないし測定も難しい事から、その一般人は相当な専門知識と技術を持っている方らしいと書かれています。信頼できる測定と情報らしいですよ。

私も、読んで見ましたが、難しくて良く解りませんでした。測定された核種は恐ろしい放射能であることだけはわかりました。それが東京のすぐお隣で計測されたという事実。公的な報道はされていませんが、本当に恐ろしくなりました。東京にもそれは拡散している?心配です。

その紹介のブログURLを載せます。興味のある方はどうぞ。

http://10401.blog.fc2.com/blog-entry-88.html
これが現実 (ユリ)
2011-08-05 08:54:10
私は沖縄に避難してる福島県民です。私は5月くらいにWBC 受けられる病院探しまくりましたが、みんな国の指示がないと…とかホームページにはあると書いてあるのに、うちにはないとか、そんなんばかりでした。長崎大に行けば受けられるでしょうが、山下がいる長崎大を信用できるわけもない。東京のクリニックで受けられるそうですが、なぜ個人医院で受けられるのか?謎です。

もう国の手が回っていて海外でも行かなきゃ無理です。

だから最初から福島県民の健康調査なんて期待してません。そのうち、全身くまなく異常がないか自分で医療機関へ行き調べたいとは思います。

福島県民はもう普通の生活送ってます。自分が被爆してるかもとは、思いつつも実感が沸かないまま周りに流され、地元復興のためとか政府に騙されたまま汚染された食品を食べ、また内部被爆していく。

県知事も、県外に逃げれる道は作ってくれてますが、大々的に知らせず、逃げたい人が調べれば分かる程度にしか情報を出していません。逃がさない状況ではなく、知らない人は逃げられない、自分で動かなければ行けない状況です。

多数決大好きな日本人は周りの様子を伺いながら、周りが逃げないから大丈夫くらいにしか考えられないのでしょう。

私は子どもがいるから気にしてるとかいいながら、子どもに水道水を飲ませてる。福島県はそうゆうレベルです。

私はこんな汚染された場所で黙って国の思い通りに生きるなんてまっぴらごめんです。

福島県民はもっと知ろうとするべきです。思考停止してるようにしか思えない。関東の方々のほうが、よほど気にしてると思います。それが普通の反応。新型インフルエンザは怖がるくせに、放射線は怖くない。もう諦めたのでしょうか?私は絶対あきらめない。家族で健康に長生きしてみせます!!
カウンター値が明らかに上がって来ている! (放射能恐い)
2011-08-05 09:13:42
いつも寄せてもらってます。
感謝しております。

しかし、長野県上田市でもガイガーカウンターGammaくんの値が、明らかに段々と相対的にですが、上がって来ている感じです!

今朝も0.30まで断続的にアラームし(恐かった。。)、庭でも0.28をヒットし、0.15位は最早普通に内外で、頻繁に出ています!

国はハッキリと、国民の事等微塵も考えていないし、恐ろしい企みが進行している様な、気さえしています、この頃は。

全ての情報がそれを差しているし、そう考えれば、国のしている事にブレは無い(歴史に残る国民見殺し政府!)。

自分の身、家族の身は気が付いた自分が守る以外、手は無い。

歴史が多分、それを証明する事になる。。。
非難費用・東電請求書キャンペーン (Unknown)
2011-08-05 10:43:19
木下様
いつも情報ありがとうございます。 
8月3日のNHKのクローズアップ現代 全県民被ばく調査を見ましたが、何かおかしいなという感じを受けていて、どなたか納得のいく説明をして頂けないかと思っていました。全てに裏があると思った方がいいですね。

話は変わってしまうのですが、非難された方へ
国際環境NGO FoE Japan 等の団体が自主避難費用の請求書を東電に送付するキャンペーンをするそうです。市民がアピールすることも必要だと思います。請求書のフォームもありました。支払われるかわかりませんが、締め切りは
8月10日(水)着です。

http://www.foejapan.org/energy/news/110804.html
  


臨界事故の時も (てつ)
2011-08-05 11:08:00
 JCOの臨界事故から数日経った頃、町から公民館で被曝検査を行うという告知があったので、夫婦で出かけました。
 大勢の住民が検査を受けましたが、簡単な検査を行うだけで、問題なしという結果の者ばかり。
 二人で、「これはセレモニーだよね」とささやき合ったことを覚えています。悪い結果が出ないというタイミングで検査を行っているとしか思えませんでした。
 今回も、同じ図式だと思わざる終えません。
ベラルーシの部屋の (まま)
2011-08-05 19:19:28
ベラルーシのホールボディカウンター検査の申出を仙台市が断ったという話も裏に国の指示があるのかもしれませんね

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。