言うは易し、行うは靖

三浦 靖の成幸者をめざす

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

合併問題

2010年04月27日 | Weblog
 出雲市との法定合併協議会設置の是非を問う斐川町の住民投票が25日行われました。
 
 住民投票は町民の直接請求で提案された設置議案を町議会が否決したことを受けて、合併特例法に基づき町長が請求したものです。

 結果は、ご存知のように賛成票が反対票を上回りました。

 直接請求した推進派のグループは「出雲と斐川は昔から一体。財政のためにも、合併するべきだ」と主張し、一方、反対派は「財政事情は好転しており、単独でもやっていける」と主張されていました。


 さて、私のブログに、この話題についてのコメントが何件か寄せられました。

 今更、この合併の是非については言及しません。
 ただし、同じ地方議員の立場から町議会に対し言わせていただきます。
 
 「町民の意向は明確です。潔く住民投票の結果に従うべきではないでしょうか。どうしても納得の出来ない方がいらっしゃるのならば、議会を解散し来るべき町議会選挙において合併反対を表明して立候補してほしいと思います。」

 いずれにしろ住民・有権者のニーズをしっかりと受け止められる議会・議員が求められています。
コメント (1)

25周年

2010年04月26日 | Weblog
 このたび社会福祉法人放泉会さんが25周年を迎えられました。
 おめでとうございます。心よりお喜び申し上げます。

 昭和60年に特別養護老人ホームさわらび苑を開所されて以来、今日まで大田市の高齢者福祉を牽引してこられました。
 その間、介護保険制度がスタートするなど、社会においては益々その必要性・重要性は増すばかりです。
 近年では、長久保育園の指定管理者になられるなど、子どもからお年寄りまでの理想的な社会福祉事業を展開されています。
 法人の基本理念「福祉は人なり~人は心・こころはあい・愛は人~」を実践されている証と言えるのではないでしょうか。
 
 放泉会さんの今後ますますのご発展をお祈り申し上げます。


コメント

新党ブーム

2010年04月22日 | Weblog
 参議院選挙を目前に控え、国政では国会議員ばかりでなく地方自治体の首長を巻き込んで相次いで新党が結成されています。

 今から20年足らず前、私が政治の世界に一歩踏み入った当時も現在のような新党ブームでした。宮澤政権時代、日本新党や新党さきがけなど無党派層や既存政党に属さない有権者の受け皿として注目を浴び一斉を風靡しました。その結果、細川首相が誕生し非自民の連立政権を樹立したことは皆様も記憶されていると思います。その後、いくつもの政党が分裂と合併を繰り返し現在に至るわけですが、立党理念はさておき、有権者の存在を棚上げした数合わせの権力争いであったことは皆さんにも納得いただけるのではないでしょうか。国民の政治離れを引き起こした大きな要因と思われます。

 さて、大田市議会において保守系会派(グループ)が3つに分かれたという新聞記事がありました。
 この四年間の旧保守系議員のグループは、大所帯のため会議の回数が極端に少なく、勉強会すら皆無でありました。個々人もしくは親しい議員同志の行動や国政選挙が主な活動でした。そういった中、数名の離脱者が発生した経緯もあり、このたびの政策グループ結成という流れになりました。
 会派分裂だとか国政・県政・市長選挙には全く関係なく、純粋に市民生活の向上と大田市発展を目指すことが目的の政策グループの誕生と理解していただきたいと思います。
 それぞれが切磋琢磨し、市民サービスの向上が実現し、市民の皆様に実感していただけるよう全力で取り組まなければなりません。
コメント

初議会

2010年04月19日 | Weblog
 選挙後、初の議会が開かれました。
 臨時議会の議案は、正副議長の選出と議会運営委員会と3常任委員会の委員選任です。
 議長には石橋秀利議員、副議長には清水勝議員と決定しました。活力ある議会を目指し、市民の福祉向上と市勢発展に向け頑張っていただきたいと思います。
 正副委員長の選任については、議会運営委員会は有光・内藤議員、総務教育委員会は河村・三浦、民生委員会は松井・石田、産業建設委員会は松葉・小林議員と決定しました。

 新議会の顔ぶれが決まり、課題山積の大田市の打開に全力をあげて取り組まなければなりません。
コメント (3)

農繁期

2010年04月16日 | Weblog
 市議会議員選挙が終わった途端、春らしい陽気になりました。選挙期間中の悪天候・寒の戻りは、立候補者に対しての戒めのようなもので、ボランティアの運動員さんは正に被害者のようで申し訳なく思いました。

 桜も散り、本格的な春を迎え、お天気の日に田畑で働く姿を多く見かけるようになりました。
 私の職業は、1月いっぱいで介護施設を退職しましたので「農業」です。わずか四反足らずの水稲農家です。
 例年であれば田起こしを済ませ、種蒔きをする時期ですが、何一つ手を付けていません。かなり焦っています。

 遅ればせながら少しずつスタートです。
コメント

入学式

2010年04月09日 | Weblog
 本日、市内小中学校の入学式が一斉に行われました。

 午前中は川合小学校の入学式。長女が新入生ですので来賓というよりも保護者としての気持ちが強い感じで出席しました。12名の新一年生が元気に返事をする姿が微笑ましく、親としては頼もしく思えました。ついこの前まで、まだまだ赤ちゃんだと思っていたのに、いつの間にか大きく成長していました。感慨深く我が子を眺めて、少しばかり涙腺が緩んでしまいました。

 午後には大田一中の入学式。新入生たちからは小学校を卒業したばかりの初々しさと、中学生になった自覚からの逞しさを感じました。これからは、大人への階段を一歩一歩着実に上がっていってほしいと思います。

 さて、小学校の入学式終了後、来賓控室でのお話。市議選当選のお祝い、長女の入学のお祝い、そして私の37歳の誕生日のお祝いと3つのお祝いのお言葉を皆様からいただきました(笑)
コメント

御礼

2010年04月05日 | Weblog
 このたび二期目の再選を果すことができました。

 これもひとえに後援会をはじめ、ご支援いただきました皆様のおかげでございます。ありがとうございました。心より御礼申し上げます。

 引き続き市勢発展・安心できる市民生活を目指し、一生懸命取り組んでまいります。一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願いします。
コメント (7)