~わさび農家の山しごと、山暮らし通信~

伊豆、下田のわさび農家です。
緑の山々と田畑の広がる、のどかな山里での暮らしを父ちゃんと母ちゃんが語ります。

モクズガニ&自然薯祭り

2018年11月02日 14時54分44秒 | グリーンツーリズム





★自然薯とモクズガニを食べよう会★

・2018年11月18日(日)9時~ まるとうわさびにて(下田市須原)
・会費:1000円 (小学生以上の子ども、大人)
・持ち物:簡単な一品、マイ箸&お椀、飲み物、椅子



11月の縁側カフェに併せて、秋のイベント開催いたします。
「モクズガニ&自然薯祭り!」
夏、うなぎ獲りに夢中になった季節が終わり、
秋、モクズガニ漁の頃となりました。
うなぎ師匠の鈴木さんに声を掛けていただき、
鈴木さんとわが家のコラボ イベントです。
わが家の父ちゃんは、せっせとモクズガニ獲りに励んでいます。

山の恵みー自然薯と川の恵みーモクズガニ。
いちから料理して、秋の恵みを味わう会です。
お子様同伴も、もちろん大歓迎。
食欲の秋、大自然の恵みを楽しむひとときを皆さんと過ごせたら幸いです。
差し入れ一品ありますと助かります!、
参加ご希望の方はメッセージにてご連絡ください。

                    母ちゃん
まるとうわさびH.Pへ
コメント

2019年 共働学舎収穫祭

2018年11月01日 12時05分39秒 | わさび


秋恒例の共働学舎の収穫祭、11月10日(土)、11日(日)開催になります。
共働学舎とは、社会で弱い立場にある人たちと共に、
自労自治、自主自立を基本として、
農業、酪農、工芸など生産的勤労生活をしているグループです。
東京、長野、北海道に拠点があり、家族で何度も訪ね、
ほんの少し労働のお手伝いをさせていただいています。
毎月、塊で購入している北海道・寧楽の豚肉さんも絶品です。

会場は東中野ポレポレ座1F Space&Cafeにて、
土曜のみ、父ちゃんと次男のみの参加となります。
お時間のある方、是非とも足をお運びください。

                    母ちゃん
まるとうわさびH.Pへ
コメント

「いなみん」始動!

2018年10月04日 16時48分07秒 | 田舎暮らし


9月末、子ども達が登校時に利用させていただいていた
「東海バス(逆川線)」が利用者が少なすぎて廃止。
10月1日より、新たに稲梓地区をぐるりと循環する
コミュニティバス「いなみん」が始動しました。
新たなバス「いなみん🍀」は、わが家の奥の集落にあるお寺が折り返し。
というわけで、なんと帰りは家のすぐ下まで送ってくれちゃうのです!!
次男、にんま~り。



夏には炎天下を、冬には夕暮れ迫るほの暗い中を、
時には筍や栗やクワの実を手に帰ってきたり…。
安全面や防犯面で心配はありつつも、のどかな下校風景が好きだった母は
ちょっぴり複雑な気持ちだったりします。寂しい…。
とはいえ、どんな時でもたった1本の夕方バスにしか乗れず、
十分に遊べなかった放課後が自由!
ランドセル放り出して飛び出していく姿に、嬉しさが溢れている!
良い変化なのだと納得。その柔軟さを見習わねばと思ったりします。



昨夕は一緒に衣替え。で、気付けばこんな姿…。
まだまだ幼い…。大笑いのひととき💕
ゆったり時間に心から感謝です。

                    母ちゃん
まるとうわさびH.Pへ
コメント

明日のカフェ

2018年09月15日 06時57分19秒 | 


本日、開催予定の中学校運動会が明日に順延となりました。
明日の縁側カフェは中止とさせていただきます。

来月のOPENは10月21日(日)となります。
直前のお知らせになり、申し訳ありませんがご理解のほど、お願いいたします。

                    母ちゃん
まるとうわさびH.Pへ
コメント

ゲリラ豪雨…

2018年09月10日 22時39分39秒 | わさび


一瞬のことだった。
朝から降ったりやんだりしていた雨が、夕方、突然強くなりどしゃ降りに…。
すごい勢いで空から雨が落ちてくる。やまない…。
裏山から茶色い水が滝のように流れ落ち、
拳ほどの石がゴロンゴロンと転がっていく。
"ゲリラ豪雨"、"土砂崩れ"。身に迫る危険を感じた。





約15分後、雨はやんだ。が、辺りの様子は一変。
約15戸の小さな集落で3箇所、土砂が流れ出て、
奥の集落への道は寸断された。
家の土間や工場に土砂が流れ込んだ家もあった…。
集落の人、総出で土砂をかき出しを行い、
23時を過ぎた今も、重機による復旧作業が行われている。



北海道の厚真町の惨状を目にした時に、
山あいの私たちの集落を見ているようで鳥肌がたった。
「他人事でない…」。そんなことを考えていた矢先の出来事だった。
たった15分…。これが1時間続いていたら…。
私たちの住む山は本当に脆くて危うい場所であると思い知る。



夜通しの作業で道は朝までに復旧するだろうか…。
気になるのは、その奥のわさび田。
明日、ある程度の覚悟を持って、山へ登ってみます!

                    母ちゃん
まるとうわさびH.Pへ
コメント

母の自由研究?

2018年08月26日 16時22分43秒 | 田舎暮らし


夏休み最後の日曜日、母、ずっとやりたかった手仕事に取りかかりました~ 

着なくなった私のサマードレスは、柄ひとつ分丈をつめて娘の夏のドレスにリフォーム。





出番の少なくなった白Tシャツや麻の長シャツは藍染めにして、がらりイメージチェンジ。"巻き上げ絞り"や"グラデーション染など、"なかなか素敵なindigo blueに染まりました。いつか自分で藍を育ててみたい…。頭のなかで構想を膨らませています🍀



子どもたちの宿題はどうなったのやら知りませんが…、今日もプールは大盛況です

                    母ちゃん
まるとうわさびH.Pへ
コメント

あつい夏!

2018年08月23日 16時09分06秒 | 子育て


夏、夏、夏!
ひたすらに暑い、いや熱い夏でした…。

夏といえば…、15年前の夏。
24週6日、964gで生まれた長男。
生死の境を彷徨い、網膜症の手術を何度も受け、涙で始まった初めての育児。
その後も喘息やアトピーも発症し、壁にぶち当たってばかり、
本当に無我夢中の子育てでした。

そんな長男も春に巣立ち、夏にはちょっぴり逞しくなって帰省。
長年、付き合ってきたアトピー肌がツルツルになっていた驚き!
「寮も、学校も、部活も楽しい!」とハツラツ。
束の間の里帰りも友人とテニスに海に、弾ける夏!

長女は部活にバレエにチャリ通にクタクタになりつつ、
川に海に飛び込む元気は残っている、若いね、夏!!
山のように残っている宿題も「私はやる時はやるからさっ!」
と勢いだけはすごいデス…。

次男はひたすら海、サッカー、海、サッカーの黒焦げの夏!!! 
ほんの少し前まで泳げなかったのが嘘のように
シュノーケリング&素潜りが上達。食べること大好き、
B.Dディナーは本人力作のこだわりの料理人でもあります。



家族勢揃いはほんの一瞬でしたが、くだらないケンカは相変わらず。
でも、15年前の涙は弾ける笑顔に変わっちゃってる…。
「夏」を起点に変化していく私たち家族の姿。
母も益々伸びやかに生きていこう~
誕生日メッセージ、ありがとうございます!
今後とも、よろしくお願いいたします

                    母ちゃん
まるとうわさびH.Pへ
コメント

夏カフェ!

2018年08月19日 15時46分32秒 | 


本日、19日(日)は月に一度の縁側カフェです。
本日のメニュー、撮影してみました!
いつも山仕事の合間に用意するカフェメニューは
その時その時、手に入るもので…。



毎月、見事に違い、撮影する間もなく直前upで申し訳ありません💦





お盆を過ぎ、夕暮れ時は肌寒いほどの風が吹きはじめたわが家の縁側。12時~夕暮れ時までオープンしております

                    母ちゃん
まるとうわさびH.Pへ
コメント

子ども達のうなぎもじり実習

2018年07月12日 17時06分48秒 | 子育て


うなぎもじり、やっーと獲れはじめました。
同じ川で仕掛けても、流れや狙いどころによって
見事に釣果が違うこと師匠に思い知らされつつ…。



そして昨夕は地元小学校のもじり仕掛け実習。
地元のじいちゃんたちがマンツーマンで川に入って、仕掛けを据える。
なんかいいね、こういうの~。
本日は引き上げ&実食! 
次男、朝からドキドキ、興奮ぎみに出掛けました。

溢れかえる緑、清らかな流れ、家に籠ってないで~、
ゲームなんか放り出して~、
もっと弾けてほしいな子どもたち!







この日常は当たり前でない…。
西日本の豪雨の甚大な被害に、自然の恵みも牙も身に感じつつ、今日も山へ行ってきます…。

                    母ちゃん
まるとうわさびH.Pへ
コメント

うなぎもじり 終了!

2018年06月15日 12時31分24秒 | グリーンツーリズム




3年目となった「うなぎもじり講習」。
皆さん、鉈の扱いも上手くなり、
それぞれに美しいフォルムのもじりが無事に完成しました。
後は獲物をしとめるのみ! 
勇んで川に仕掛けるも、生徒のもじりは0匹と惨敗…。
師匠が獲ったうなぎを翌朝のご飯にいただいて、打ち上げとなりました。





今回、本職のうなぎ屋さんに参加していただいていたので、
捌きをお願いしたのですが、その職人技に魅せられました! 
いつもはうなぎに巻き付かれ、格闘し、悲鳴の響く実習が静寂に包まれ、
聞こえるのは骨の上を滑る包丁の音のみ…。
見事な捌き、骨切り。皮にも手を入れ、炭焼きしたうなぎはパリッと香ばしく、
うま味も深みのある絶品。
肝もヒレも頭も骨も、全てキレイにいただき、心から満たされた時となりました。







毎回、私たち自身も学ぶことが多くあり、
昔からの技を受け継ぐこと、生命をいただくことを深く考えさせられます。
また人との繋がりにも胸を躍らせ、様々な収穫を感じる講習となりました。
うなぎが獲れてこそのもじり! まだしばらくは川とうなぎと向き合い、
うなぎ獲りに励もうと思います。

                    母ちゃん
まるとうわさびH.Pへ
コメント