~わさび農家の山しごと、山暮らし通信~

伊豆、下田のわさび農家です。
緑の山々と田畑の広がる、のどかな山里での暮らしを父ちゃんと母ちゃんが語ります。

わさびの種蒔き

2008年10月07日 23時49分57秒 | わさび


夏の暑さが恋しくなるほど涼しくなりました。
残暑が過ぎたこの時期、わさび農家は種蒔きに
精を出します。
わさびは山奥の清流で栽培しますが
わさび田に植え付けをする前
秋から翌年の初夏までビニールハウスで
苗を育てます。
5月にわさび田から採ってきた種子を夏の間
冷蔵庫に保管しておきます。
秋になって外に出すと、わさびは寒い冬が終わり
春がやってきたと勘違いをして休眠から覚めます。



最近 自然栽培という言葉を耳にすることが多くなりました。
農薬だけでなく肥料まで使わない農法です。
自然栽培と言えばその第一人者はテレビや雑誌などでも
紹介された事のある青森でリンゴ栽培をされている
木村秋則さんです。
わが家でも以前から出来るだけ化学肥料や農薬は
少なくするように心がけてきましたが
木村さんの書いた本を読んで、すごく共感するところが
ありました。
わさびはわさび田に植えつけてからは肥料は一切与えず
山水に含まれるわずかな養分だけで育ちます。
農薬もほとんど使わないので、限りなく自然栽培に近いと
言えます。
ただビニールハウスでの育苗は多少の肥料や農薬に
頼っています。
毎年同じ土で育苗を繰り返しているせいか年々土の状態が
悪くなっているような気がしていました。





そこでもう一度健康な土に戻そうと、今年は肥料を使わず
冬の間集めておいた落ち葉や茅だけにしてみました。
すぐにその効果が表れるわけではないけど、少しずつ
自然栽培に近ずけて行けたらと思います。

                      父ちゃん



落ち葉の中に隠れていたドングリから芽が出ていました。

まるとうわさびH.Pへ
コメント