田舎おじさん 札幌を見る!観る!視る!

私の札幌生活も12年目を迎えました。これまでのスタイルを維持しつつ原点回帰も試み、さらなるバージョンアップを目ざします。

建設途上のマンションを眺む

2006-10-11 17:14:08 | その他
 
 札幌へ出た時の恒例で、私たちが将来入居すべく、現在建設中のマンションの様子を眺めてきました。
 マンションはその高さを着々と積み上げ、現在10階に達していました。
 私たちが入居を予定しているのは5階ですから、すでに私たちの入るところの骨格は出来上がったということになります。
 しかし、当然こととはいえ中は覗くことができませんでした。

 一つ残念な発見をしてしまいました。
 それは、公園にある樹木は街路樹などとは比べものにならないくらい高い!ということが判明したのです。
 マンションの5階という高さは、電線が邪魔にならない高さですし、もちろん街路樹も気になりません。
 ところが、我がマンションの前にある小公園の樹木の中には5階などはるかに超えるほどの高さで屹立している樹木があるのです。この樹木によって我が部屋からの眺望が多少損ねられそうな状況だということが分かりました。
 いたしかたないこととはいえ、ちょっと残念な発見でした。

 いまさらながらに思ったことがあります。
 というのは、新築のマンションを予約購入するということは、中古のマンションや戸建ての住宅を購入するのとはずいぶん違うんだなぁ、ということです。
 つまり新築マンションの予約購入とは、完成予想図やモデルルームを見ることはできても、実際に入居するまで自分が住むところを確認できないまま購入し、あとは業者を信ずるしかないということなんですよね。
 う~ん、これはある意味、とっても冒険なんですね。
 OO工務店(日本でも有数のゼネコンです)を信ずるしかありません。
 今の私は、ワクワク感とドキドキ感、期待感と不安感の狭間を漂っています。


 

コメント   この記事についてブログを書く
« レジャスポ | トップ | ハム熱パを制す »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

その他」カテゴリの最新記事