マイコー雑記

行き来するもの書き留め場

『It Mama』連載:「子どもと自然とのふれあい」は科学的に証明されたメリット多数!&敏感な子の感覚

2017年05月16日 | 21世紀型子育て
自然に触れることって大切。   これは、私自身、子育て始めた当初から、 言葉や頭でなんとなーく「そうだよなあ」と思っていたことですが、 子育てを続ける中で、 今では体感レベルでとても納得しています。   まあ、「大切だから」というより、 実際は、「リフレッシュできてきもちー」から、 ちょこちょこ自然に触れるときをもつわけですが、 その「ベネフィット」について . . . 本文を読む
コメント

『It Mama』連載:21世紀を勝ち抜く人材は「遊び上手」ってホント?&なぜ「遊び」って子供の成長に不可欠?

2017年05月06日 | 21世紀型子育て
「遊び」について、改めて整理してみます。   以前『オールアバウト』に「遊び」についてまとめたことがあります。 ・子供の「遊び不足」が危険!遊びの天才を取り戻す方法 趣旨:「遊び」というものが、子供の成長にとってどれほど大切であるかは、様々な研究が証明しています。子供は本来「遊びの天才」。ところが、昨今遊び時間の減少と共に、「遊び方が良く分からない」「どう遊ばせたらいいのか分から . . . 本文を読む
コメント

『It Mama』連載:今スグ取り組みたい「グローバル人材の必須スキル」を培う工夫6つ &子供時代の異文化理解で大切なこと

2017年04月27日 | 21世紀型子育て
子供時代の「異文化理解」について、大切とされることに、 自分たちとは「異なる点」と共に、「共通する点」についても話し合ってみる ということがあります。   例えば、 アフリカの辺境の地の子どもたちの暮しをDVDなどで観ているとして、 洋服をほとんどきてないとか、 土でできている家に住んでいるとか、 食事を床に置いて手で食べているとか、 湖で身体を洗っているとか、 様々 . . . 本文を読む
コメント

『オールアバウト』へ「世界で活躍する子の必須条件!グローバル意識の育て方」をまとめました、子供時代に異文化に触れると気持ち面でも遠く離れた相手の側に立てる

2017年04月22日 | 21世紀型子育て
こちらにも、「グローバル人材」や「異文化理解」について、つづってきました。 ・日本政府も企業も切望する「グローバル人材」?国境をこえて活躍できる力がますます鍵になってきそうですね 多文化プロジェクト:http://blog.goo.ne.jp/managaoka/c/715b856887be28af5e55310fe7513fcb     以前も書いたのですが、私自身 . . . 本文を読む
コメント

日本政府も企業も切望する「グローバル人材」?国境をこえて活躍できる力がますます鍵になってきそうですね

2017年04月16日 | 21世紀型子育て
先日、日本の友人と話す機会があり、高校生の息子さんが、 今から、「就職できるかなあ」と心配しているとのこと。 「この大学だから就職安泰、とはいかない時代になってるのよ」と友人。 「海外も視野に入れたら、可能性広がるんじゃないかな?」と私。     今日は、日本の政府や企業が、 どんな人材を「喉から手が出るほど欲しい!」と思っているのか、 状況をざーとなぞってみま . . . 本文を読む
コメント (2)

『It Mama』連載:子どもが情報を鵜呑みにする「21世紀情弱」になる前にすべきこと &日常生活に「ポイント」をさりげなく繰り返すことで育まれますね

2017年04月11日 | 21世紀型子育て
今回も、『It Mama』編集者さんが秀逸なタイトルをつけてくださいました。   数十年前、というか数年前に比べても、 「子どもと情報」の関係は劇的に変化していますよね。   日本でもスマートフォンを持つ子が増えているとのことですが、 こちら米国(アラスカ&東海岸どちらも)でも、 小学生でも高学年になれば持っている子も一気に増えますし、 中学生以上ならば、持って . . . 本文を読む
コメント (2)

『It Mama』連載:挑戦する子に育てる!知っておくべき3つのこと【21世紀型子育て】 & 他にも知っておきたい5つのこと

2017年04月05日 | 21世紀型子育て
2016年の『ユア子育てスタジオ』での元旦の挨拶で、 こんなことを書いたのを思い出します:   ”子供たちが成長するにつれ、 あれもこれも身に着けてほしいと思っていたこともよりシンプルになり、 その中でも「これ」と思うのが、 「成長型マインドセット」です。   「成長型マインドセット」とは、 「1つ願いが叶うとしたら何を願う?」と聞かれ、 「願い . . . 本文を読む
コメント (2)

「情報リテラシー」ってこれからを生きる子供たちに不可欠?そもそも「情報リテラシー」って何なの?どうやって培う?

2017年04月04日 | 21世紀型子育て
国立政策研究所が提案する「21世紀型能力」の中核は「思考力」。 その「思考力」を支えるのが「基礎力」、 そして「思考力」を方向付けるのが「実践力」とされています。   21世紀に求められる「三大柱」ですね。   以前も載せましたが、こんな図で表されてます:   (育成すべき資質・能力を踏まえた教育目標・内容と評価の在り方に関する検討会(第6回)平成25 . . . 本文を読む
コメント

『It Mama』連載:世話焼きママだと「問題解決力」が伸びないワケ&「うまくいかない!」を改善の機会へ

2017年03月28日 | 21世紀型子育て
記事の最後に書きましたが、 失敗や、うまくいかないことにぶつかった時こそ、 「問題解決力」を培うチャンスですね。   スグに手を出し助けたり、叱りつけたりするよりも、 「どうしたらいいかな?」 「他にやり方があるかな?」と聞いてみます。   問い詰め答えをせっつくより、 「う~ん」と一緒に考えるような姿勢を示すのがいいと思います。   その子の様 . . . 本文を読む
コメント (4)

『It Mama』連載:IQより重要!21世紀に不可欠な「やり抜く力」を育む方法4つ&こちらの方法も有効ですよ

2017年03月26日 | 21世紀型子育て
  アンジェラ・ダックワース氏の掲げる「グリット」について、こちらに思うことがまとめてあります: ・1人の発信者として「『グリット (やり抜く力)』は過大評価されている」という批判について思うこと     『It Mama』さんの記事にはのせきれてませんが、改めて 子どものへの働きかけについて気をつけたい2点 1.「努力を継続すればできる!」ということば . . . 本文を読む
コメント