マイコー雑記

行き来するもの書き留め場

子供の進路として軍に入るという選択が身近にある米国

2015年11月28日 | 中学・高校
知り合いの息子さんが通う海兵隊士官学校(United States Naval Academy) を訪ねた。 階級構造のはっきりした軍組織の中で、リーダーとなる士官を育てる大学。 エンジニア分野では米国でトップの大学のひとつとされ、 卒業生の平均給料はハーバード大学と並んでトップ3位に入るともされる。 ttp://www.payscale.com/college-salary . . . 本文を読む
コメント

「ママは分かるのよ」と微笑む友人との夜

2015年11月28日 | 中学・高校
感謝祭ウィークに親戚一同集まるためこちらに来ているアラスカの友人家族が、 我が家にも立ち寄ってくださった。 ここからすぐ近くの大学に息子さんの一人も通っている。   十年近く公立のキンダガーデン(年長)で教えてきた友人。 アラスカに暮らしていても、普段なかなか家族ぐるみで会う機会もなく、 今は高校卒業間近&成人した息子君娘ちゃんに会うのは久しぶりだった。 それぞれの道へ . . . 本文を読む
コメント

エネルギッシュで太陽のような知り合いが毎朝すること

2015年11月28日 | 覚えておきたい言葉
感謝祭ウィークに会った知り合いが、 アインシュタインがこんなことを言っていたのよと:   「全てを奇跡と思うか、奇跡なんて全くないと思うか、どちらかだ」   初めは全然ピンとこなかったんだけど、 少しずつこう思うようになったのよ。   今この瞬間にも、 何兆もの細胞が働き、心臓が鼓動し、呼吸をしていて、 引力により地に足がつき、 生きるために適し . . . 本文を読む
コメント

次男のブックマーク

2015年11月28日 | 小学校
視線を感じ、 はっとみると。   本の間から。   読むたびに、 「手作りブックマーク」を、 はさむ次男。 . . . 本文を読む
コメント

6歳児の心の声、没頭できる時&僕が創ったという達成感

2015年11月24日 | 小学校
昨夜は、車の座席をはずし、日中の買い物中には乗り切らなかった長男の机を取りに。 6歳次男と1時間以上のドライブ。 行きはクリスマスキャロルを大声で歌い合って。 無事机を乗せ、帰途。   真っ暗な窓の外を見ながら、ぽつり。 僕はね、もっとレゴで色々なものを作りたいんだよ。 でもね、ご飯食べなきゃいけないし、 そしたらシャワー浴びて、もう寝る時間になっちゃう。   . . . 本文を読む
コメント (2)

子供にとって最もパワフルな「報酬」?

2015年11月24日 | イメージ
ヒトは「報酬と罰」によって、 集団生活をよりスムーズにするための「行為」を身につけていく。 社会学的にはそうとも言える。   昨今の教育面では、 子供の行為を導くためには、 間違いを犯すのを待って罰するより、 こまめに「報酬」を与える機会を見出していった方が効果的ともされている。   では、子供にとって最もパワフルな「報酬」とは? 玩具やお菓子といった「物質 . . . 本文を読む
コメント

一対一で過ごす時、より根本的な調整

2015年11月22日 | 中学・高校
昨日は午後長女14歳と二人で買い物へ。 しっかり買い物となると、往復1時間以上運転することになるのだけれど、 長女と久しぶりの二人きりを楽しんだ。   今週は感謝祭ウィークで、ゲストがきたり、お誘いいただいたりとしている。 七面鳥を選び、料理のレシピに必要なものを揃え、 最近では他の子たちが周りにわらわらいると気が進まないらしいランジェリー店などものぞき。   . . . 本文を読む
コメント

「私は私だから」、いいところを大切にしていきたいね

2015年11月22日 | 中学・高校
「ということは、君は、 半分日本人であって、 半分ヨーロッパから移住して現地の人々と入り混ざったラテンアメリカンで、 クリスマスも祝うけれど、ユダヤの行事も祝うことがあって、 しかもアラスカで生まれ育った、っていうこと・・・?」   昨日クラスメートの○○君がね、 何だか困った顔をしてそんなことを言うのよ。   クスクスと可笑しそうに長女。 「私は私だから」 . . . 本文を読む
コメント

最近の次男の成長をかみしめつつ

2015年11月19日 | 小学校
最近の次男、 毎朝飛び起きて、学校に通っている。 週末前になると、「やったー!」と喜ぶものの、 週初めも別段嫌という様子もなく、元気に登校。   年齢的な成長もあるだろうけれど、 学校の雰囲気、 スタッフの方々、 そして担任の先生によるところが大きいと感じている。   ルールや、「するべき」とされていることに、 一生懸命取り組み「過ぎる」ところのある次男。 . . . 本文を読む
コメント (2)

教師と家庭が一丸となって子供の課題を克服しようという試み

2015年11月19日 | 小学校
昨日三女が、 「学校からの電話番号が表示されて、出てみたら私でも、びっくりしないでね。 この学校ではね、悪いことじゃなくて、いいことすると親に電話することになってるんだよ」 と。   例えばこの日は、クラスメートのAちゃんが、 「ママ、私ね、今日算数の問題するとき、 あきらめなかったんだよ!」 そう電話していたと。   ちょっと難しいと、すぐに投げ出したり、 . . . 本文を読む
コメント