マイコー雑記

行き来するもの書き留め場

互いのニーズがしっくり満たされる繋がり

2015年02月28日 | 雑感
ユア子育てスタジオへ、 アラスカ大学の学生さん達、皆本当に「ひな祭り茶会」を楽しみにしてました。イベントなどしようとすると、本当にたくさんの手が必要になりますが、日本大好きな学生さん達、日本文化に触れ日本の方々と交わる機会!と嬉々としていて。子育てコミュニティーでも、子供さん達、お兄さんやお姉さんに相手してもらったら嬉しいだろうし、親も助かります。「日本を学ぶ日本大好き学生さん達」と「子育て . . . 本文を読む
コメント

行間というよりは

2015年02月27日 | 風景・旅
雛あられ作り、 「レシピの行間にある変化」と書いたけれど、 友人が紹介してくれたブログを読むと、 あ、そっか、きちんと読んでなかったんだ、と、改めて認識しなおした。(笑) こちら:「アラスカのいろいろ」   友人の素敵クラフトにうっとり。 当日楽しみです! . . . 本文を読む
コメント

急き立てる声からひと時フォーカスをずらし

2015年02月26日 | 雑感
子供がキーキーしてたり、ギャーギャーと理不尽な我儘を言ったりとするときは、 ゆったりする時間を持つと、またカラカラと歯車が回りだすことがよくある。   今朝もちょっとそんな様子だったので、 よし、今日は20分ほど余裕がありそうと時計を確認し。 私の中のあれしなきゃこれしなきゃああしてこうしてと急き立てる声からフォーカスをずらし、 ちょっとゆったりした気持ちで、口元ゆるめて、向 . . . 本文を読む
コメント

レシピの行間にある変化

2015年02月26日 | 日常
今日は友人たちと、日本からインターンで二か月ほどこちらに来ている日本の大学生の男の子と女の子と、雛あられを作った。 皆初めての挑戦で、レシピ通りにしているつもりなのだけれど、なかなかうまくいかない。   「炊いた白米を一晩低温のオーブンに入れて、カラカラにする」といっても、互いに米がくっついていては、そこだけもちっとしてしまったり、 米粒を互いに離すと、予定していた量がオーブンに . . . 本文を読む
コメント

気づかなかった扉がぱたぱたと開く瞬間

2015年02月26日 | 雑感
昨日の疑問を生物学専攻の友人に聞くと、 へー、ほー、そっかあ、と思うような答えが返ってきた。   糞がそんな色であるということは、 きちんと食べ物が消化されたり吸収されたりしていないということじゃないかな。 それともひょっとして、それはその虫がつぶれたときの体液だったのもしれない、 または、糞ではなく、危険を察知した生物が種によっては出すことのある威嚇するための液だったのかも . . . 本文を読む
コメント

トマトのグジュグジュ部分との相似

2015年02月25日 | 言葉整理
フランスに滞在したトーマス・ジェファーソンがアメリカに持ち帰り紹介した食べ物としては、   ・フレンチフライ(フライドポテト) ・マカロニチーズ ・アイスクリーム ・トマト   などがある、と書かれた子供向けの本を昨夜次男と三女に読み聞かせ。   トマトはそれまで、アメリカでは「ラブアップル」と呼ばれ、 その愛らしい名前には似合わず「毒がある」と思 . . . 本文を読む
コメント

爽やかなスタートをありがとう

2015年02月24日 | 日常
今朝、長男の起床時間少し過ぎて起こしに行くと、布団にいない。 昨夜は次男にせがまれ、居間で次男の隣に寝ていたはず。 なのに次男だけすやすや。 自分の部屋に戻ったのかなと覗くも、いない。   夫と。自分で起きて1人でジムに走っていったんだねえ。 だいたいいつも何度か起こして起き、ジムも行きは寒いから車乗せてってと言うのだけれど、 あの子もこうやって、成長してるんだねえ。1人ぱ . . . 本文を読む
コメント

凸凹の寄せ合い

2015年02月24日 | 雑感
また英国政府通信本部がディスレクシアの人々を120人雇ったという話になるけれど。   職員の方がインタビューで、 「彼らには秀でたところもあるけれど、確かに普通の人がぎょっとするくらいできないこともある。 それらをサポートするシステムも、もちろん必要になる」というようなことを言っていた。   最近、様々な企画や準備で色々な人と交わる機会が多いのだけれど、 上の言葉 . . . 本文を読む
コメント

トビウオの姿勢

2015年02月24日 | 分類の外
トビウオの姿勢を正しながら見る夢は 一切無駄がない . . . 本文を読む
コメント

動き

2015年02月23日 | 言葉整理
何かを言えば、何かが抜け落ちている。 それでも何かを言うから、 動きが生まれる。   超えられるために言葉を発しているという自覚。 静止地点でなく、連なる過程にあれる喜び。 . . . 本文を読む
コメント