マイコー雑記

行き来するもの書き留め場

公表される「科学的研究」が意味すること

2016年01月28日 | メモ
「科学的研究」とされるものが、 公のメディアに流されると、 あたかも「決定的に何かが分かった!」という扱いがされることが多い。 私自身もちょこちょこ記事に引用させていただいたりする。   それでも発表される「科学的研究」とは、 学者間では、 そこからどう深め、発展させるかのスタート地点、 という認識であることを覚えておきたい。   「絶対の事実」ではなく、あ . . . 本文を読む
コメント

先生と生徒の関係が生徒のパフォーマンスにとっていかに大切かを示すいくつかの研究紹介。何ができる?

2016年01月24日 | メモ
生物人類学者グエン・デワー氏による、「先生と生徒の関係が生徒に与える影響」をまとめた記事'Student-teacher relationships'に、先生がサポーティブで生徒と良好な関係を築くことがいかに大切かが、幼児からティーンまで様々な年齢を対象にしたいくつかの研究から示されている(それぞれの研究の詳細については、以上の記事参照)。   ・年長の子供達に、問題を解く前に先生の . . . 本文を読む
コメント

アンダーアチーブメントの側面&三大要素

2015年12月25日 | メモ
アンダーアチーブメントの分析&対処に用いられるのが、 以下の3つの側面: 1.学校 過度の欠席、進むペース・カリキュラム・学習スタイル、友人関係、教師の理不尽な態度や期待、 2.家庭 情緒的サポートがない、オーガナイズされていない、教育方針の一貫性のなさ、教育の重要性が強調されていない、過度のコントロール、過度の自由 3.特性 乏しいメンタルヘルス、情緒不安定、自己評価の低さ、完璧主 . . . 本文を読む
コメント

「どの大学に入るかは問題でない」という記事に思うこと、ライフスキルにフォーカスしていく

2015年12月20日 | メモ
こちら米国の大学についての雰囲気をとてもよくとらえているTIMEの記事: ‘It Doesn’t Matter Where You Go to College (どこの大学に入るかは問題ではない)’ http://time.com/54342/it-doesnt-matter-where-you-go-to-college/   ざっとみてみる . . . 本文を読む
コメント

創造的な子がアンダーアチーバーになる環境

2015年12月10日 | メモ
「ギフテッドの半数が学業不振」ということについて少し調べ中なのだけれど、 ‘Meeting the needs of gifted underachiever‘という記事にこんなことが書いてある:   創造的な子はアンダーアチーバーになりがち。なぜなら彼らの思考スタイルは今の学校システムで「よし」とされる「収束的スタイル」より「劇的に多様」であるため。また学 . . . 本文を読む
コメント (2)

子供や周りの情動に敏感で共感力のある親ほど

2015年11月04日 | メモ
心理学者Shaun Ho氏率いる実験によると: http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4053926/ 母親に「子育てシミュレーションゲーム」をさせ、ホルモンテストと脳のスキャンを用い調べたところ、「情動的共感力(affective empathy)」の高い母親ほど、悲嘆にくれた子供に関しての決断をしなければならない場面で、コルチゾール(cor . . . 本文を読む
コメント

絶対的なストーリーじゃなくて、自らの選択がある。

2015年11月02日 | メモ
マインドとは、 根こそぎ力を奪ってもしまえるし、 逆に、とてつもない力を与えてもくれる。   どんな気持ちでいるのか。 沈んでいるのか、嬉しくウキウキしているのか。   ダウンであってもアップであっても、 その元をたどると、 自分がどんな「考え方」をしているのかに行き当たる。  自分がどんなストーリーにはまっているのか。   ダウンの . . . 本文を読む
コメント

「いいコミュニティー!」とおっしゃるMさん夫婦

2015年10月20日 | メモ
これまで暮らしてきて、 これほど大人も子供も仲良しな近所に住んだのは初めて。   学校から帰宅後&週末、 誰かしら玄関に来て、「あそぼー」と誘ってくれる。 しかも5人それぞれの年齢に合った遊び相手が近所にたくさん。   高学年以上になればほとんどの子がスマートフォンを持っているのだけれど、 集まってスクリーンを囲んでのゲームという光景が見られるわけでもなく、 . . . 本文を読む
コメント

表面的な言葉や態度

2015年09月22日 | メモ
こちらに暮して一か月の気づきメモ:   学校スタッフ、先生、大工、車の修理工、不動産業者、各種店員、 どんな職業であっても、 その道のプロとしての話し方や態度が行き渡っている。   表面的な話し方や態度の奥を見るのなら、 それは米国だろうと世界中どこに行こうが多様で色んな人がいるのだけれど、 少なくともその場で互いが気持ちよくスムーズに動くことのできる表面的な言 . . . 本文を読む
コメント

「爪噛みは完璧主義者のフラストレーションや退屈さの表れ」という研究

2015年09月02日 | メモ
’Nail Biting Could Be A Sign Of Perfectionism’ http://www.sciencedaily.com/videos/d0cc29ee4cdbc63f0b49f50fff247e3a.htm ケベックの研究者によると、爪噛みなどの癖を持つ48人を、ストレス、フラストレーション、退屈、リラックスといった4つの異なる状態で調べた . . . 本文を読む
コメント