マイコー雑記

行き来するもの書き留め場

大学受験を終えた高校生に送りたい言葉&学業成績や試験の点数以外を評価するシステムで救われる子達

2018年04月04日 | 中学・高校
これまで、 時間的にも体力的にもぎりぎりの生活に、 ブログを書く時間を絞り出してきました。   ここ最近は、 普段のぎりぎりの生活、 プラス ・引っ越しに関わるもろもろの準備手続き ・大学審査の結果が全てそろった長男の今後についてリサーチ&話合い ・そこへ、ちょっとシャレにならない米国永住権についての緊急課題も出てきて いっぱいいっぱいです。   今日は . . . 本文を読む
コメント

お先真っ暗と何度か寝込みましたよ。長男の高校卒業後の進路も決まりつつある中、18年間を振り返り思うこと

2018年03月27日 | 中学・高校
こちらの続きです。 ・アメリカの大学費用について赤裸々に2 & 合格率低下の一途で激化する大学進学競争   大学進学のもろもろを横目に、燃えるティーンたち 大学進学審査の理不尽さや競争の激化などを横目に、 長男と友人君たちは「我が道」を突き進んでいます。   今月に入り、長男は友人君たちと、 非営利事業NPOに続き、営利事業を始動させ、 市のダウンタウンの片隅 . . . 本文を読む
コメント (4)

アメリカの大学費用について赤裸々に その2 & 合格率低下の一途で激化する大学進学競争

2018年03月26日 | 中学・高校
こちらの記事にて、 ・中流家庭に過酷な米国の大学学費状況を赤裸々に1&大学進学の現状を通し子育てについて思うこと アメリカの大学にかかる費用についてつづりました。   その中で、、 「親の収入による奨学金(ニーズベース)が期待できない場合、 州内在住者が州立大学へ進学するケースが費用的に最もお得ですよ」 と紹介したのですが、 今月に入ってから、 いくつか付け加えたい事例 . . . 本文を読む
コメント

米国の大学進学について気づく4点、大学ってこうあって欲しくないですか?

2017年10月23日 | 中学・高校
最近、状況が目まぐるしく変化する中、 ブログへの向き合い方を、 どうしたものかとあれこれ考えつつ、つづっています。 そのことも含めて、24時間以内に、あと2-3記事更新しますね。     ひとまずこの記事では、長男の大学進学についてあれこれ調べる中、 日本との違いなど、あくまでも私自身のこれまでの体験に基づく気づきですが、 まとめます。   日米そ . . . 本文を読む
コメント

思春期の娘が「ネガティブクイーン」を卒業した「きっかけ」、解釈の自由が常に与えられているという自覚

2017年08月12日 | 中学・高校
我が家には、今、3人ティーンがいます。 13歳次女、16歳長女、17歳長男。   その子その子によって、 思春期の表れ方は様々だと思いますが、 長女の場合は、もっぱら「ネガティブクイーン」でした。 14歳から15歳中ごろまでがピークでしたね。   例えば、 「このレストランの料理美味しいね~」といえば、 「でもさ、掃除が行き届いてないよね。あのテーブルとか食 . . . 本文を読む
コメント

子供達が「自分にも変化を起こせる」と信じることが未来を変える?中米プロジェクト&長男の築くNPO

2017年08月01日 | 中学・高校
昨夜は長男17歳が戻り、2ヶ月ぶりに再会しました。 ・日本から戻りました!&長男17歳の成長と凸凹のある人生をたくましく生きる力を培うということ そして今朝は、他州への旅へ、 長女15歳と次女13歳を送り出しました。 現地では親族が待っているものの、 2人のみの飛行機も初めてですが、 1週間以上親から離れるのも初めてのこと。   セキュリティーを通る背中を見送りながら、 . . . 本文を読む
コメント

日本から戻りました!&長男17歳の成長と凸凹のある人生をたくましく生きる力を培うということ

2017年07月17日 | 中学・高校
日本から米国東海岸の自宅に戻りました!   15年ぶりに日本へ帰ると決まって以来、 予想していたことですが、 やはり、別れが、辛いです。   昼夜逆転の時差と、夜中通しての15時間の飛行とで、 半ば夢のように朦朧とする意識の中、 「切なさ」が押し寄せます。   でも、世界中どこにいようと、 同じ空で繋がっていますよね。   「お別れ . . . 本文を読む
コメント (4)

壮絶な「いじめ」から立ち上がったSちゃん、「学校カースト」など「お構いなし」で歩き続ける女の子達

2017年06月08日 | 中学・高校
sちゃん親子との出会い 昨日は夕方、長女のお友達とそのお母さんと カフェで1時間ほど話をしました。 初めてお会いした2人です。   2週間ほど前のこと、 長女:2泊3日で海に行こうって誘われたんだけど。日本行きの前だし、どうだろう。 私:誰と? 長女:Sちゃんとそのお母さんとそのお母さんのお友達。 私:Sちゃん? 初めて聞いた名前ね。 長女:うん、チアリーディングの選 . . . 本文を読む
コメント

昨日のティーンの日常風景:「この子達は、必ず最後には大丈夫」と信じつつ、その都度大切なことを伝え続けるということ

2017年05月12日 | 中学・高校
昨日のティーンの日常です。 「今のうまくいかないことをこれからの糧にする」と伝え続ける 中学校から帰宅した途端、泣き崩れる次女13歳。 話を聞いてみると、 「ノートを見ながらのテストなのに、知らなくてノートを使わなかった。 大変な点数をとってしまった」とのこと。   完璧を目指しがちの次女、 「全てAをとるぞ」とここ数年走り続けてきて、 今回このテストで40%をとり . . . 本文を読む
コメント

ハーバード大学に受かっても州立大学を選んだAちゃん、世界一といった「ステータス」が無意味になる日

2017年04月27日 | 中学・高校
高校をこの初夏卒業する生徒たちは、 大学審査の結果を比べ、どの大学へ進学するかを決定する時期です。   昔、こちらの記事で紹介したことのある、長男のお友達Aちゃん。 ・Aちゃん家族と誕生日会 小学生時代、長男がお友達を誘っての誕生会を4歳の時以来開いたことがないと聞き、 「手伝ってあげるから開きましょうよ!」と企画準備から切り盛りしてくれました。   アラスカか . . . 本文を読む
コメント