マイコー雑記

行き来するもの書き留め場

断乳?卒乳?いつがベスト? 批判したくなる原因が単なる「心象的な居心地悪さ」ならば、 自らとは異なる決断も尊重し合いたいです

2017年02月22日 | 妊娠・乳幼児
「断乳・卒乳」についてまとめていたんですが、改めて調べるなかで、 記事には容量的にも流れ的にも載せられないけれど、 書き留めておきたいと思ったこと、こちらに記しておきます!       公のガイドライン 「米国小児科学会(AAP)」によると、「6ヶ月まではなるべく母乳のみ。6ヶ月から1歳までは離乳食と共に授乳し、1歳を過ぎてからは、ママと赤ちゃんが好き . . . 本文を読む
コメント

『It Mama』連載:独特の話し方「マザリーズ」が言語力を育む &誰もが子供の発達を促すための本能をもつ?

2017年02月15日 | 妊娠・乳幼児
赤ちゃんを前にすると、 ついついしてしまいがちな話し方。   私自身、長男出産後、日本から訪ねてくれた独身の友人に爆笑され はっと気づきました。   それで周りを見回すと、どんな文化背景を持っていても、 赤ちゃんを前にすると、同じような話し方をする人々の何て多いこと!   その「独特の話し方」については、 これまでたくさん研究されてきて、 「マザ . . . 本文を読む
コメント

『It Mama』連載:どんな赤ちゃんもピタリと泣きやむ!黄昏泣き対処法3つ &同じロジックが大人にも有効

2017年02月09日 | 妊娠・乳幼児
「黄昏泣き」と日本語に訳される「コリック」。 英語の「コリック」とは、黄昏時に限らず、 激しく泣き叫び、ちょっとやそっとじゃ泣き止まない状態を、 一定期間繰り返すことをいいます。   我が家の子ども達の中にも、 「コリッキー」な子がいました。 ほんと、よく泣いてくれましたよ。   「コリック」の原因には、 『It Mama』さんの記事にあげたように諸説あるん . . . 本文を読む
コメント

『It Mama』寄稿:「上の子の面倒見」が良くなる!妊娠中の働きかけ9つ&「?」と思うアドバイス2つ

2017年01月25日 | 妊娠・乳幼児
下の子が生まれる時に、 上の子に対して注意してやりたいことについては、 様々な情報が溢れています。   兄弟姉妹についていくつか記事を書くにあたって、 日米のネットに溢れる情報にもざーと目を通しました。   上の子に対しての最も大切な基本は、 ・上の子にとっては天と地がひっくり返るほどの大変化なのだと理解してやること。 それまで独り占めできた親のアテンションも . . . 本文を読む
コメント

『It Mama』連載「なんと世界の90%が添い寝!『別室で寝る』派がいる理由 」、個の思いを形にする意味

2017年01月24日 | 妊娠・乳幼児
どう物事をとらえるか? どんなように世界を見るか?   自分はこうだと思うんだけどなあ、こんなように見えるんだけどなあ、 でも、周りの主流や大多数って、そうじゃないのかも・・・。   こうした「違和感」というのは、 私自身も小さな頃からよく感じてきたことなんですが、 多くの人が、幾度となく、感じることなのではないでしょうか?     &n . . . 本文を読む
コメント

『It Mama』連載:冷やすvs温める!? 「乳腺炎」のケアはどっちがいいの?【地球の最北で子育て#05】

2017年01月17日 | 妊娠・乳幼児
こちらに暮していると、 「こんな状況でジョーク・・・」という場面に出合うことがたびたびあります。   みなさん、絶妙のタイミングでウィットにとんだ言葉をさらっと言うんですよね。 ぷっと吹き出し、力の入った身体がふっと緩みます。   長男と長女がお世話になったこの記事に出てくる産科医さんも、 診察のたび、真面目なんだかジョークなんだかわけ分からなくなるような話が満載 . . . 本文を読む
コメント

『It Mama』連載「母乳が出ない!姑・夫が哀れむ「産後うつ」を救ったものとは? 【地球の最北で子育て#04】

2017年01月12日 | 妊娠・乳幼児
身も心もボロボロだった初出産。 回復する間もなく、2日後に退院して自宅へ。   当時、伯母が手伝いにきてくれました。 伯母には出産経験はなく、夫と3人で、右も左も分らない中、新生児育児へと突入。   よく泣きなかなか寝ない「手のかかる赤ちゃんの代表例」のようだった長男。 その泣きかたというのも、なだめようとするほど、真っ赤になり怒り狂ったかのようなんです。 &n . . . 本文を読む
コメント

『It Mama』連載 初出産は「血の海」!陣痛に耐えないと母失格?【地球の最北で子育て#03】

2016年12月27日 | 妊娠・乳幼児
出産の体験を綴りました!   初産後、あちらこちら痛くて、まともに座ることもできない中、 目の前の生まれたばかりの命に、 右も左も分らないまま24時間体勢で向き合っていて。 身体もヨレヨレだったんですが、 出産による心の傷を癒すのに、 随分時間がかかったなあと思います。   太古から女性が続けてきた営み、出産。 まあ、きついのだろうけれど、 私にだってでき . . . 本文を読む
コメント (2)

『It Mama』連載 哺乳瓶「イッキ飲み競走」で妊婦を祝福 【地球の最北で子育て#02】

2016年12月19日 | 妊娠・乳幼児
こちらでの5回の妊娠生活を送る中、 強烈に感じてきたことを綴りました。   哺乳瓶「イッキ飲み競走」で妊婦を祝福 【地球の最北で子育て#02】   妊婦や新しい命を祝福する「ベビーシャワー」に似た習慣は、 北米中南米、アフリカ、ヨーロッパ、中国やインドなどのアジアでもみられますが、 日本にはないんですよね。   こうした「慣習」としてでなくても、 . . . 本文を読む
コメント

『It Mama』へ「臨月期を楽しむ11の工夫」をまとめました、レンズを変えると見え方もがらりと変わる

2016年12月05日 | 妊娠・乳幼児
「子育てを楽しみましょう!」という言葉があります。 臨月もそうですが、きつくてつらい中、 はっきりいって、それどころじゃないわけです。   言葉だけの「楽しもう!」ではなく、 楽しくするために、具体的現実的な行動に移していくこと、 では、どうしたら楽しめるのか?と実際に工夫していくこと。 臨月期であっても、子育てであっても、大切だなあと思っています。   &n . . . 本文を読む
コメント