マイコー雑記

行き来するもの書き留め場

嘔吐下痢ウイルスに家族皆倒れた数日、動物性食材でガツンと精力をつけるこちらの病人食

2017年01月30日 | ヘルス
ものすごい風邪がはやっているそうだよ、 24時間とにかく吐き続けて、何も食べられなくなって、 感染力もかなりのものらしい。 学校の20パーセントの生徒がかかって、一時閉鎖になった学校もあるって。   数日前、夫が夕食の席でそんな話を。   子どもたちも、 「昨日3人早退してたよ。今日は4人」 と日々報告してくれてました。   その「ものすごい風邪 . . . 本文を読む
コメント

私の「ライフワーク」です!今の教育ではかられない「ギフト」を具体的に描き出し何ができるかを提示する

2017年01月27日 | お知らせ
形にしていきたいものが、具体的になってきました。 「これまで」を総合して、「これから」に繋げるために、 取り組んでいきます。   あれかな・これかなというアイデアはこれまでも色々あったんですが、 やっぱり、自分のコアバリューと、「がっちり合致」すると、 モーティベーションの勢いが違いますね。   これなら、 立ちはだかるだろう壁も、突き抜けていけるかも、 外 . . . 本文を読む
コメント (6)

子育て生活で感情マックスになったときほど「しつけ(discipline)」の原点「教える・学ぶ」に立ち返る

2017年01月27日 | 思慮あるしつけ(discipline)
HSPやHSCという概念を提示した心理学者エレイン・アーロン氏が、 「喜び溢れる敏感な子へと育てるために大切ですよ!」とする「4つのこと」 のひとつに「思慮あるしつけ」があります。 (「4つのこと」についてはこちら: 「喜び溢れる敏感な子」を育てるための「4つの鍵」&「認知のゆがみ」にも気づかせていきたいですね)   この「思慮あるしつけ」について、私自身「まさしく!」と同感 . . . 本文を読む
コメント

『It Mama』寄稿:「上の子の面倒見」が良くなる!妊娠中の働きかけ9つ&「?」と思うアドバイス2つ

2017年01月25日 | 妊娠・乳幼児
下の子が生まれる時に、 上の子に対して注意してやりたいことについては、 様々な情報が溢れています。   兄弟姉妹についていくつか記事を書くにあたって、 日米のネットに溢れる情報にもざーと目を通しました。   上の子に対しての最も大切な基本は、 ・上の子にとっては天と地がひっくり返るほどの大変化なのだと理解してやること。 それまで独り占めできた親のアテンションも . . . 本文を読む
コメント

『It Mama』連載「なんと世界の90%が添い寝!『別室で寝る』派がいる理由 」、個の思いを形にする意味

2017年01月24日 | 妊娠・乳幼児
どう物事をとらえるか? どんなように世界を見るか?   自分はこうだと思うんだけどなあ、こんなように見えるんだけどなあ、 でも、周りの主流や大多数って、そうじゃないのかも・・・。   こうした「違和感」というのは、 私自身も小さな頃からよく感じてきたことなんですが、 多くの人が、幾度となく、感じることなのではないでしょうか?     &n . . . 本文を読む
コメント

消費するだけでなく創造できる「ギフテッドネス」をどう開発する?教育学者レンズーリ氏の研究紹介

2017年01月23日 | ギフテッド
『虹色教室通信』で教育学者ジョセフ・レンズーリ(Joseph S. Renzulli)氏の研究が紹介されています。 レンズーリの拡充学習について       レンズーリ氏といえば、 「『ギフテッドネス』についての解釈を広げた」とされる教育学者です。   レンズーリ氏の研究が画期的なのは、 「ギフテッドネスとは開発していくもの」という視点を示 . . . 本文を読む
コメント (3)

子育て風景:肋骨折れず感謝・ロールモデルとの出会いの貴さ・抑え付けるより「卒業」を

2017年01月23日 | 中学・高校
子育てな日々、ここ数日もイロイーロありました。   ・無事であることのありがたさ 夜9時頃、バスケット部試合のチアーを終えた長女とそのお友達と、 レスリング試合を終えた長男を迎えに行きます。   胸を押さえて車に乗り込む長男。 試合中、横に倒れた上に相手がのりかぶさったそう。 その後、はねのけて押さえ込み試合終了したとのこと。   ところが、時がた . . . 本文を読む
コメント

『オールアバウト』に「生活の中で子どもの『考える力』がみるみる伸びる工夫」をまとめました

2017年01月20日 | 21世紀型子育て
従来の「知識重視型」の教育から、 自主的に考え、判断し、行動できる人材を育むことを目指すとし、 2012年に文部科学省が提案した「教育改革」。   その中で、「考える力(クリティカルシンキング)」の大切さがあげられています。   クリティカルシンキングとは、記事でも説明したように、 「論理的に物事をとらえ、自らの考えを省み、的確な判断を下す力」を指しています。 . . . 本文を読む
コメント (2)

才能溢れる先輩T君の「有名大学に興味なし」に一理あり、力を育み発揮できる道が幾筋もあるシステム

2017年01月20日 | 中学・高校
昨夜、高校2年の長男と話していると、 彼が時々話すことのあった、 「アカデミッククラブ」の先輩T君についての話になりました。   「アカデミッククラブ」というのは、 あらゆるアカデミックなトピックについて問題を出し合ったりしながら、 理解を深めていこうというクラブ。   様々なトピックについてどれほど精通しているかを競う「アカデミック競技会」というのも、 この . . . 本文を読む
コメント

基本、笑顔で元気、時折ネガティブな感情も示すぐらいが調度いいですよね、その「基本」に戻るヒント

2017年01月18日 | マインドフルであること
子育てしていると、日々、様々な「感情のボタン」が押されます。 我が家も、5人が代わる代わる押してくれますから、 毎日の生活が、いろんな意味でバラエティーに富んでます。   私自身は、時に、 ネガティブな感情を子どもに向けて表しても、 全然問題なしと思っています。   怒りを抑えるより、怒りから持ち直すところ、 悲しみを隠すより、悲しみから立ち上がるところ、 . . . 本文を読む
コメント