マイコー雑記

行き来するもの書き留め場

「ひといちばい敏感っ子講座」についての問い合わせ&敏感っ子に大切な関り方

2018年11月20日 | ハイリーセンシティブチャイルド
こんにちは! 講座&会員へのお申込みとお問い合わせをありがとうございます!   「ひといちばい敏感な子講座」について、 お問い合わせをいただきました。   Q: 「子どもとの関わり方講座1-4」を受けた後でないと、 「ひといちばい敏感な子講座」は受けられませんか?   A: 「子どもとの関わり方講座1-4」と、 「ひといちばい敏感な子講座」を合わせ . . . 本文を読む
コメント

困難な状況から「立ち直る子」と「こじらせていく子」を決める「2つの要素」&子どもが生き生きと伸びる指導者が用いる言葉

2018年10月17日 | ハイリーセンシティブチャイルド
こんにちは! ご無沙汰しています。   日本に来て以来、様々な出会いがあり、 気づきに溢れた日々を送っています。   また「限られている」と思うからこそ、 これほど一瞬一瞬を、貴く感じるのでしょうね。   海外に20年間暮らした後の日本での暮らし。 みなさんの細やかな心遣い、秩序、情感、良心、食の充実…、      日本の良さが、 . . . 本文を読む
コメント

敏感っ子が前へ進むのを助ける「興味の隆起」、子どもが「筋肉」をつける時、伝える側に立つということ

2018年09月04日 | ハイリーセンシティブチャイルド
こんにちは!   何度かこちらのブログでもお伝えしているように、 『虹色教室通信』の奈緒美さん、シアトルで長年幼児教室をされているEさん、 『虹色教室』参加者のワーキングママさん、TREEさん、 『Follow Your Bliss』のTamakiさん、『おひさまクラブ』のレオさん、TOMOEさん 参加のチャットの場で、毎日のように、 言葉が交わされ、日々、気づきに溢れてい . . . 本文を読む
コメント

現在我が家をとりまくチャレンジ3つ:敏感系とアレルギー、家の賃貸、長男の大学選びとギャップイヤー

2018年05月07日 | ハイリーセンシティブチャイルド
こんにちは!   1週間、更新が開いてしまいましたが、 この記事では、 現在我が家をとりまくチャレンジを、 つづらせてください。   チャレンジは、 「よりよきこと」に向かうための絶好のチャンス と思い出しつつ。     チャレンジ1.花粉症ピーク:敏感系とアレルギー こちら米国首都DCから1時間弱の東海岸、 今年は、10度以下の . . . 本文を読む
コメント (4)

『It Mama』寄稿2記事:育てにくい子と人見知りする子の可能性&「ギフト」を理解し生かす

2018年04月28日 | ハイリーセンシティブチャイルド
こんにちは!   前の記事から続きます。 ・『マナトピ』寄稿:オノマトペと知育について&子どもが専門家と触れ合う機会をもっと教育現場に この記事では、 『It Mama』さんへの寄稿2記事について、 つづらせてください。   『It Mama』さんへの2記事は、 「敏感系の子への理解が深まりますように」 という願いを込めて書きました。   おか . . . 本文を読む
コメント

ひといちばい敏感っ子に心がけたい「インサイドアウト(内から外)」。必ず変わっていきます

2018年04月13日 | ハイリーセンシティブチャイルド
こんにちは!   今日は、私自身、敏感っ子に接するうえで、 「これを気をつけると変わってくる」、 と個人的に強く感じていることを書きますね。   それは、 「インサイドアウト(内から外)」という姿勢を鍛えていく ということです。   HSPやHSCの生き辛さのひとつに、 とにかく、周りの状況や思いや感情が、 ものすごい勢いでなだれ込んでくる、と . . . 本文を読む
コメント

『IT Mama』寄稿:創造力&記憶力アップ!親子で簡単「マインドマップ」の描き方&HSCと出合い

2018年02月14日 | ハイリーセンシティブチャイルド
今回の『It Mama』さんの記事では、 情報整理の方法の一つを紹介しています。   特に視覚的に学ぶことが得意な方やお子さんには、 活用していただけるのじゃないかなと思います。   元々は、英国の教育コンサルタントで著述家のトニー・ブザン氏が 1960年代に開発したとされるこの『マインドマップ』。 今では「マインドマップ」を描くソフトウェアも様々あり、 「マインドマップ」の描き . . . 本文を読む
コメント (2)

困難に立ち上がる子と潰れる子の違いとは?&膨大な宇宙を内に秘め人知れず歩き続ける人々

2017年12月20日 | ハイリーセンシティブチャイルド
一日一日、 アップダウンとジェットコースターに乗っているような日々ですが、 だからこそ、自身の中心にある、穏やかに澄み渡った場を そして、そこから湧き上がる温もり溢れる躍動を、 全身に感じていきたいですね。     ネガティブな気持ちも思いっきり表すことで次へいける 先週は、我が家の下の4人に 来年起こるだろう大変化について打ち明けました。 (長男は、来年高校卒業ですし、もう「 . . . 本文を読む
コメント (4)

ライターとして書き始めてから2年半ほど、「敏感系の人」が「慣れ」ていくということ

2017年12月12日 | ハイリーセンシティブチャイルド
ここ10日ほど、普段の原稿数の倍の締め切りが重なり、 ブログを書く時間がとれません。 原稿依頼のお声をかけていただくのは、 本当にありがたいことです。   私自身、米国からは読むことができないものもありますが、 どんな媒体であろうと、 お伝えしたいことを書き続けていきますね。         仕事として、原稿料をいただいて「書く」ようになってから、 2年半ほどたちます。 . . . 本文を読む
コメント

「祈る」という救い&「安全基地」の築かれにくい不安感の強い敏感っ子と「信仰」

2017年11月07日 | ハイリーセンシティブチャイルド
今朝、友人から電話があり、 「帰宅した〇〇(息子君)の『お守り』が見当たらなくて、 忘れてないかな? マイコの家に行く時、持っていかないようにと言ったのだけれど、 あの夜、あの子恐くて恐くて、どうしても持っていくといってね」と。 ・友人の夫さんの回復を祈りつつ子供7人との生活、生死の境に立つとき本当に大切なものが迫ってくる   娘ちゃんと息子君と同じ部屋で寝ていた次男と三女 . . . 本文を読む
コメント