マイコー雑記

行き来するもの書き留め場

こうしていつか離れる時がきてしまうのだから

2015年07月31日 | 覚えておきたい言葉
昨日はアラスカの友とのお別れ会。 どしゃ降りかと思えば晴れたりと不思議な天気の中。   途中森からヘラジカの親子の訪問で一時避難も。 子持ちの母ジカは、向かってくることもある。 馬より大きな彼女の前足キックは致命的。 こんな大好きなアラスカの風景ももう少しなんだなあ。   さて「ピニャータ」をつるして。 米国で子供の集まるパーティーですることのある . . . 本文を読む
コメント

「空気を読む」について

2015年07月30日 | メモ
こちらにきてつくづく思うのは、 文化背景様々な人々がひしめき合う中で「空気を読む」なんて言っていたら、 「空気」がいくつもあり過ぎてどれを読んだらいいんだとなる。   言うこと言われたことだけに忠実に。 本音や腹やと「察する」必要などない。   「空気を読む」とは「公に言えない弱者」への配慮のためであり、 その場の強者が覇権漂う雰囲気を読めとし、 結果弱者が排 . . . 本文を読む
コメント

サーモン三昧

2015年07月29日 | 
友人宅での夕食。 可愛い肉じゃが。 サーモン炭火焼に、 刺身。 ここ何日か、アラスカサーモンを毎日のように食べている。 シーズンということもあるけれど、あちらにいったらアトランティックサーモンだろうなあと思いつつ。   この「ヘラ置き」、何てグッドアイデア!   笑いと涙と。 ありがとう。 . . . 本文を読む
コメント

自分のものではないとすること

2015年07月29日 | 覚えておきたい言葉
Everyday Mindfulness ‏@mindfuleveryday  "'Unless you are capable of saying no, your yes is meaningless." ~ Osho 「ノーと言えない限り、あなたのイエスには意味がない」   自分のものではないとしつつも、存在を認め、慈しみを向けることはできる。 . . . 本文を読む
コメント

内向的外向的と感情の強烈さ

2015年07月29日 | メモ
「「内向型人間」を稼ぎ頭に育てるには」 プレジデント社7月28日(火) 日本語記事   http://news.biglobe.ne.jp/economy/0728/pre_150728_1961151498.html より   ハーバード大学の発達心理学者、ジェローム・ケーガン教授の研究によると、 「生後4カ月の乳児に様々な刺激を与え、反応を観察する実験を . . . 本文を読む
コメント

光の強さと感情の強烈さ

2015年07月28日 | メモ
・「明るい光に照らされると感情をより強烈に感じる」という研究。 http://www.sciencedaily.com/releases/2014/02/140220132004.htm 「明るい部屋だと、 スパイシーチキンをより辛く、 物語の登場人物をより攻撃的に、 女性をより魅力的に、 ポジティブな言葉をより良くネガティブな言葉をより悪く、感じる」と。   「うつ傾向 . . . 本文を読む
コメント

ジョイとビンボン

2015年07月28日 | 日常
昨日大手スーパーでこの方達の前を通り過ぎる。 全部揃えたい衝動(子供&自分)を引越し前だとなだめ、 「ジョイ」と「空想の友達ビンボン」(子供達に一番人気)を旅の供に。 . . . 本文を読む
コメント

「感情の強烈さ」への対処法

2015年07月27日 | メモ
Misdiagnosis and Dual Diagnosis of Gifted Children  by James T. Webb, Ph.D., ABPP-Cl http://sengifted.org/archives/articles/misdiagnosis-and-dual-diagnosis-of-gifted-children ”Many . . . 本文を読む
コメント

別れの感覚

2015年07月27日 | 雑感
友人達と夕飯を食べる。   「一緒にいられてよかったよ」と目頭を押さえる友人の姿に、 涙止まらず。 ハグする温もりに、 涙止まらず。   ケタケタ笑い転げる思い出話の合間に、そんな瞬間が挟まり。   この感覚。 別れの感覚。 ああもうこんなにきついなら、初めから出会わなきゃ楽だったのにとさえ思ったこともある。   「いいんだよ、こう . . . 本文を読む
コメント

ポジティブさと嫌悪感や不安感

2015年07月26日 | イメージ
ポジティブにフォーカスという時に、 マインドフルネスが教えることとは、 ネガティブな感情に「嫌悪感」や「不安感」を持たないこと、 もしくは持っていることに気づくこと。   そしてネガティブな感情にむしろ慈悲の気持ちを向けてみる。   呼吸に戻る。   そうして「嫌悪感」や「不安感」へと入り込まない。 . . . 本文を読む
コメント