マイコー雑記

行き来するもの書き留め場

二冊目書籍『敏感っ子を育てるママの不安がなくなる本「立ち直る力」育成編』を出版しました

2021年01月26日 | お知らせ

こんにちは!

こちらのブログでは、ご無沙汰しています。

 

本日、1月26日に、

2冊目の書籍

『敏感っ子を育てるママの不安がなくなる本「立ち直る力」育成編』を出版しました。

 

 

1冊目の『敏感っ子を育てるママの不安がなくなる本』が、

おかげさまで第6刷となり、

今も必要とされる多くの方に読まれ続けています。

 

敏感っ子を育てるための知恵を必要とする方が、

それだけ多いということを表していますね。

 

本日出版の2冊目は、

「立ち直る力」についてです。

 

立ち直る力を育むための知恵と知識:

日頃の関わり方、言葉がけ、姿勢、考え方、アクティビティー、親のセルフケアなど、

具体的で実践的な方法を詰め込んであります。

 

国内外の多数の文献、

そして21年間の子育て&講師体験を経、

効果的と納得したものを凝縮しました。

 

是非、日常の子育て生活で、

試されてみてください。

 

 

なぜ「立ち直る力」?

物事を強烈にとらえやすい敏感っ子は、

失敗や何がかうまくいかないと、

まるで「この世の終わり」に感じてしまうことがあります。

 

みなさんも、

「え、こんなことで?」というようなことで凹んでしまう子に、

「この子は、このままでやっていけるのだろうか?」と、

心配になることがあるのではないでしょうか。

 

ハーバード大学小児発達センターによると、

「ハイリ―センシティブな個人」ほど、

「立ち直る力=レジリエンス」を育む働きかけに、

著しく効果的に反応するといいます。

https://developingchild.harvard.edu/resources/inbrief-the-science-of-resilience/

 

これは、敏感っ子の性質を思う時、

大いに納得できるのではないでしょうか?

 

敏感っ子は、

その強い感受性ゆえに、

まるで「吸い取り紙」のように、

周りの物事を吸収します。

 

ですから、

周りからの働きかけにも、

著しく敏感に反応するため、その効果も大きくなるというわけです。

 

我が家でも、

この事実をしみじみと実感しています。

 

5人とも、

今でも凹みます。

 

それでも、立ち直る力は確かに高まり、

歩き続ける自信や喜びへと繋がっています。

 

 

 

 

世界は、現在パンデミックで、

ますます先が読めなくなっています。

 

そんな中、

「何があろうとも、この子は立ち直り、

自分らしく生き生きと歩き続けていく」。

そう思えることほど、

親としての幸せはないと思いませんか?

 

今、「子育てに何を望む?」

と聞かれるならば、私は真っ先に、

「立ち直る力」と答えます。

 

みなさん、

この混迷の未来へ踏み出していく子どもたちに、

是非、「立ち直る力」を伝えましょう。

 

 

 

 

 

「敏感っ子」の説明について

著書では「敏感っ子」の説明に、以下の考え方や研究を用いています:

 

1.米国心理学者エレイン・アーロン氏のHSC(ハイリ―センシティブチャイルド)

2.ギフテッドの特徴とされることのある過度激動(overexcitability)

3.米国発達心理学者ジェローム・ケーガン氏の「高反応児」

 

1と2は、学術的には、

まだまだ研究過程にあります。

今後の研究の展開を期待したいですね。

 

また、著書では言及していませんが、

このブログやツイートでもとりあげた

精神科医トーマス・チェス夫妻の「4つの気質」も参考にしています。

 

 

私自身が依って立つ土台について

・二男三女の21年間の子育て体験

・大学講師から幼児教室主宰まで大人から幼児まで800人近くをサポートした体験

・国内外の文献資料(修士レベルの活用訓練)

・参与観察法(専攻した文化人類学の要となる方法)

 

これら4つを土台に、

子育て情報を組み立て、

発信しています。

 

 

書籍を購入して下さる方へ

・この多難な時期に、

書店を応援するためにも、

もし都合がつくようでしたら、書店で購入されてください。

 

・また、1人でも多くの必要とされる方の手に届きますよう、

もし周りにも、この著書を必要とされる方がいましたら、

是非、お伝えください。

 

・タイトルに「ママ」とありますが、

本文および挿絵にも、

両親を考慮してあります。

 

『敏感っ子を育てるママの不安がなくなる本「立ち直る力」育成編』のアマゾンリンク

 

今後とも、

子育て生活に生きる情報を発信できますよう、

精進してまいります。

 

それではみなさん、健やかにお過ごしください!

 

 

お知らせ:

最近は、ツイッターの方で、

近況や思いなどを綴っています。

興味がある方、是非どうぞ。

https://twitter.com/MaikoNagaoka

コメント