マイコー雑記

行き来するもの書き留め場

必ずまたたどり着ける

2015年04月12日 | 言葉整理
まぐれだってなんだって、 一度たどり着いたことがあるならば、 たとえ何度後退したって、 必ずまた、そこまでたどり着ける。 . . . 本文を読む
コメント

心躍る季節、還るということ

2015年04月10日 | 言葉整理
夫出張から帰る日はいつも子供達が、お帰りなさい!の手紙を書いたり絵を描いたり。 うん、こんな風景になるのも、もうすぐだね。 by 次女   山菜採りに、ベリー摘みに、きのこ狩りに。 年を経るにつれ、そういうことがもう楽しみでしょうがなくなっていく自分に、ちょっと驚く。 同じように変化している友人と、これ何なんだろうねえ、老い? そう笑い合って。   多分、「 . . . 本文を読む
コメント

南国の太陽のような友人達

2015年04月09日 | 言葉整理
友人宅で手作り餃子ランチをご馳走になった。 手作りデザート、 持ち寄り。タグもいつも手作り。 みんなすごいなあ。   アラスカには大きな軍事基地があるのだけれど、軍人さんと結婚した沖縄からの女性も何人かいる。 軍人一家は3年程もすれば、他の基地のある土地へと移ってしまうので(そうして国内外基地のある地を移動し続ける)、限られた期間しか近くにはいられない。 これま . . . 本文を読む
コメント

日常に溶け込んだ嘘

2015年04月01日 | 言葉整理
今日はエイプリルフール。   さっき○○(長女)から電話があってサイエンスの宿題忘れたから持ってきてって。 ママ、弁当のサンドイッチ、レタス入れるの忘れてたよ。 ジャケットのジッパーが壊れて閉まらない。 トイレに紙がつまってる。 明日の部活動、明後日に延期だって。   そんな日常に溶け込んだあまりにもあり得そうな「嘘」目白押しで。 日の終わりには、子供達から何 . . . 本文を読む
コメント

身体化するストーリー

2015年03月30日 | 言葉整理
昨日はウォルドルフの学校に通う子供達と一緒に過ごす機会があった。 彼ら彼女達の「耳からストーリーを聞き取る力」に驚いた。 その場で話されたストーリーを、じっくりと聞き込んでいる。   ウォルドルフでは、幼少期から絵本の読み聞かせではなく、口頭のストーリーテリングをする。 「絵」がせっかくの想像力を狭めてしまうと。 ストーリーを何度も聞いた後、劇にしてみたりと、身体全体での表現 . . . 本文を読む
コメント

「与えた感情は、忘れられることがない」

2015年03月27日 | 言葉整理
「モノや言葉は忘れられるけれど、与えた感情は忘れられることがない。」 昨夜、そう小学校の体育館の壁に貼ってあった。   確かに、そうかもしれないな。 人を思い出すとき浮かぶのは、モノや言葉でなく、もやもやっとした印象や気持ち。 . . . 本文を読む
コメント

トマトのグジュグジュ部分との相似

2015年02月25日 | 言葉整理
フランスに滞在したトーマス・ジェファーソンがアメリカに持ち帰り紹介した食べ物としては、   ・フレンチフライ(フライドポテト) ・マカロニチーズ ・アイスクリーム ・トマト   などがある、と書かれた子供向けの本を昨夜次男と三女に読み聞かせ。   トマトはそれまで、アメリカでは「ラブアップル」と呼ばれ、 その愛らしい名前には似合わず「毒がある」と思 . . . 本文を読む
コメント

動き

2015年02月23日 | 言葉整理
何かを言えば、何かが抜け落ちている。 それでも何かを言うから、 動きが生まれる。   超えられるために言葉を発しているという自覚。 静止地点でなく、連なる過程にあれる喜び。 . . . 本文を読む
コメント

「頭に上げない」ということ

2015年02月19日 | 言葉整理
二つ前の記事に書いた、 「三毒、貪欲さ・怒り・愚かさ、を頭に上げない」 というの。 今日運転しながら、 ああ、そうか、 湧き上がる「貪欲さ」、「怒り」、「愚かさ」を、 何度も何度も言葉で反芻しないということかな、 と私なりにストンときた。   ああもう本当に腹が立つあの時あんなこと言うなんて相手の気持ちなんて全くお構いなしで自分のことばっかり考えてるんだよ嫌になるね . . . 本文を読む
コメント

背負うものを下ろす場

2015年02月09日 | 言葉整理
もっと背負うんじゃなくて、 背負ってるものをひととき下ろせてほっとできるような集まり。 それで明日からもまた頑張ろうかなと思えるような。   そんな場を求めている人が多いんだなと実感。 . . . 本文を読む
コメント