マイコー雑記

行き来するもの書き留め場

『It Mama』寄稿:勉強ができる天才児だけじゃない!「ギフテッド」のタイプ6つ&渋谷区の試みは世界的にみてもかなり画期的ですよね

2018年01月19日 | ギフテッド
編集者さんから提案していただき、 「ギフテッドという言葉を最近初めて聞いた」 といった読者を対象に記事を書きました。   11月に全国上映された映画「ギフテッド」でも、 小学校時代から、大学数学に取り組む天才児ちゃんが、 主人公になってましたね。   こうした「飛びぬけた才能を持つ子こそがギフテッドなんだ」 というイメージが行き渡る中 「勉強のできる天才児だけがギフテッドではな . . . 本文を読む
コメント

『オールアバウト』寄稿「ギフテッドとは?感受性が強く優れた潜在能力を持つ子」&優れた教育者とは?

2017年06月23日 | ギフテッド
「ギフテッド」というコンセプトは、 日本でも以前よりは知られるようになっていますね。   それでも、そうしたギフテッドというコンセプトの紹介とは、 多くの場合、「知的で優れた能力を持つ子」というものだと思います。   そこで今回、ギフテッドの専門家が口を揃えて言い、 私自身も、これまで「ギフテッド」とされる子ども達に出合う中で感じてきた、 ギフテッドの「感受性の . . . 本文を読む
コメント

昨年話題になった研究「早い時期から突出した才能を示す子=天才児?に大切な8つのこと」は、結局どんな子にとっても大切ですよね

2017年04月10日 | ギフテッド
「ギフテッド」や「敏感な子」について相談をいただくことがあります。   これまで書いてきたことは、こちらになります: ギフテッド:http://kosodatekyua.com/category/giftededucation/ 敏感な子:http://blog.goo.ne.jp/managaoka/c/799bdc6ec6ad9c8a15c5841831b99aec  . . . 本文を読む
コメント

消費するだけでなく創造できる「ギフテッドネス」をどう開発する?教育学者レンズーリ氏の研究紹介

2017年01月23日 | ギフテッド
『虹色教室通信』で教育学者ジョセフ・レンズーリ(Joseph S. Renzulli)氏の研究が紹介されています。 レンズーリの拡充学習について       レンズーリ氏といえば、 「『ギフテッドネス』についての解釈を広げた」とされる教育学者です。   レンズーリ氏の研究が画期的なのは、 「ギフテッドネスとは開発していくもの」という視点を示 . . . 本文を読む
コメント (3)

「ギフテッド応援隊」という会が発足したようです!10年間ギフテッドプログラムの生徒を見てきて思うこと

2017年01月16日 | ギフテッド
去年7月に、こちらの記事で、 ・関西&関東にて「ギフテッドの子を持つ親で集まりましょう」茶会があるようです! 日本で「ギフテッドの子を持つ親の集まり」があるようですよ!と報告させていただきました。   この会の呼びかけをされていた、 『これでいいのだ(?)』というブログをされている、「きらりママ」さんという方が、 今年になって新しく、「ギフテッド応援隊」という会を発足されたよ . . . 本文を読む
コメント (4)

「関東関西でギフテッドの子を持つ親の集まりがあるようです」のお知らせ

2016年07月25日 | ギフテッド
『ユア子育てスタジオ』へお知らせを載せました。 関西&関東にて「ギフテッドの子を持つ親で集まりましょう」茶会があるようです! 今回のお茶会は締め切りとなったようですが、 担当の「きらりママ」さんによると、 今後も開かれる予定とのこと。 お茶会の参加申し込みを締め切ります (きらりママさんのブログ『これでいいのだ(?)』より) 興味のある方は、連絡を取ってみてくださいね。 . . . 本文を読む
コメント

ひといちばい敏感なギフテッドの手記、「私が人生に望むこと」

2016年05月31日 | ギフテッド
プリンストン大学からハーバード大学法学科へ進学し、ウォールストリートで弁護士やネゴシエイターとして活躍していたスーザン・ケイン氏は、その「輝かしい」キャリアを離れ、読み・書き・考えることに7年間没頭し、『Quiet』(2012年出版)を書いたといいます。「内向型」についてまとめられたこの『Quiet』は米国でベストセラーとなり、ケイン氏のテッドトークは最も視聴された記録的なスピーチのひとつとなって . . . 本文を読む
コメント

「ゴソゴソ動いた方が学習効果アップ!ADHD・ギフテッド・舞踏家タイプの子」まとめました

2016年03月10日 | ギフテッド
  「ユア子育てスタジオ」の方に、 「ゴソゴソ動いた方が学習効果アップ!ADHD・ギフテッド・舞踏家タイプの子」 を更新しました。 こちら「マイコー雑記」に書いてきたことを、ざっと読みやすくまとめてあります。 こうした「多様な脳」に合った学習方法の研究がすすみ、 公にされるにつれ、 「脳の特性によって選べる学習環境」が徐々に実現していきますように! . . . 本文を読む
コメント

一筋縄ではくくれない「賢さ」を持つ子供達、凸凹と共に生きていくということ

2016年02月24日 | ギフテッド
 先日小学校3年生の三女が、学校からこんな通知をもらってきました。 「○○小学校として嬉しいお知らせです!娘さんは、エンリッチメントプログラムに入ることができます!」 以前、この学区の小学校には「ギフテッドプログラム」がないと書いたのですが、この「エンリッチメントプログラム」が「ギフテッドプログラム」とのこと。週に1、2回、30分ほど通常のクラスを抜け、「問題解決能力」を培うための様 . . . 本文を読む
コメント (4)

ギフテッドの半数は落ちこぼれ?!

2015年11月12日 | ギフテッド
チェスのクラスは、 1.チェス初年グループ 2.チェスを1年以上してきたグループ という2つに分けられている。   そしてグループごとにチェスマスターの講義を聞き、 グループ内の対戦相手とゲームをするというように進められる。   今週のクラスでは、 チェスを始めて2ヶ月の三女と次男が、 チェスを1年以上してきたグループに入ることになった。 他の親御さん曰く . . . 本文を読む
コメント (2)