虹色教室通信

遊びや工作を通して 子どもを伸ばす方法を紹介します。

基礎的な発見 16 <すでに身につけている技術を別の場面で利用する>

2016-05-24 18:33:43 | 基礎的な発見

工作をするにしろ、算数やパズルの問題を解くにしろ、

すでに身につけている技術を別の場面で利用するようになると

急速に上達しはじめます。

 

1年生のAくんは、ブロック遊びや工作に熱中するうちに、

一度、何かを学んで身につけると、あらゆる場面で使ってみるように

なりました。

この日、牛乳パックで作った車を教室に持ってきたAくん。

自分の作品をうれしそうに披露しながら、「本当に乗れる車が作りたいよ。

エンジンとか機械のところがちゃんとついているのを!」と言いました。

なんとか箱をつぎたして、自分が乗り込める車を作った後で、

「前のところをパカッと開けるとエンジンとか機械とかが

あるようにしたい」と言いました。

Aくんがエンジン作りを始めたので、他のグループの子が思いついた

トイレットペーパーの芯に切り込みを入れて折る方法を教えたところ、

さっそくその方法を駆使してエンジン部分を作り始めました。

 

 

感心したのは、トイレットペーパーの芯に切り込みを入れるという方法を

紙コップや丸めた紙など、筒状の形があるところでどんどん使っていたところです。

 

また、これまで高架の上の線路や道路などを作ってきた時の方法を採用して

筒と筒を紙でつないで、機械と機械がつながりあっているところを再現していました。

ボンネットを開けるとこの通り。

 

 

「車のドアが開いたり閉ったりするようにしたい」と切り込みを入れ、

「ちゃんとカギがかかるようにしたい」と、箱についていた取っ手を使って

カギがかかるようにしました。このあたりの問題解決はわたしがお手伝いしたのですが、

「車の後ろの壁がちゃんと立つようにしたい」とか、「小さく折りたたんで、お家に持って帰れるようにしたい」

というアイデアは、友だちが口ぐちにアドバイスをしていました。

 

「壁が倒れないように、箱を貼ればいい」というBくん。

「倒れない」という点ではいいアイデア。でも見た目が……。

乗れる車をこんなに小さく折りたためるようにしたのですが、

お迎えにきたお父さんに、「大きすぎるから持って帰れないよ」と言われ、

目に涙を溜めながら、エンジン部分だけ持って帰ることに納得したAくん。

作ったものは、泣く泣く手放すことになったけれど、

次の作品作りに活かすことができる技術や思考法はたくさん

手に入れたはずです。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

算数が得意?苦手?の分かれ目 1 <苦手派から得意派に変わるきっかけ>

2016-05-23 18:07:51 | 算数が得意?苦手?の分かれ目

自分に自信がない、自己肯定感が低い子4の続きは、時間がある時に書かせていただきますね。

 

教室で、算数苦手派だった子が、ある日を境に算数得意派に変わることがあります。

 

きっかけとなりえるのは、「いい点取った」とか、「他の子よりはやく解けた」とか「褒められた」といものではなく、

問題を考えるプロセスでワクワクする面白さを味わったことがあるか

につきます。

褒められるのも、解いている時にワクワクするのも、

どちらも快感にちがいありません。

でも、褒められるだけでは、だんだん成績が落ちていくことや次の失敗が怖くなるけど、

後者の「解いている時のワクワク」は、

考えるための筋道やコツがつかめるからです。数学の世界の感性も高まります。

 

写真は4年生の子たちが虫食い算にチャレンジしている様子です。ラミィキューブの数札を手に

4人の子たちが、「ここは、絶対2よ。だって、3×4=12だから」「こっちは、7がそのまま下りてくるから、7よね」

とわいわい言いながら解いています。

算数が好きなAちゃんが、ここは繰り上がらいから、3以下の数しかありえない。

だって、3×4=12だから、1のところのケタが必要になるから」といった推理をするなか、

「7があまりってことは、ここはゼロよね」とBちゃん。

Bちゃんは、算数に苦手意識を持っていた子です。

完璧主義でできるできないが気にかかるタイプのため、すぐに答えが出せないと、

「わからない。できない」とすぐに考えるのをやめてしまっていたのです。

でも、4人で協力しあって

難しい問題にチャレンジする時は、自分の正解不正解を気にしなくていいためか、

「こうじゃない?」「ああじゃない?」と面白そうに参加していました。

そうするうちに、「ああ、こういうところに注目すると、答えがわかるんだな」とか、

「こういう数があるってことは、あの場合とこの場合が考えられるな」といった推理自体が

楽しくなってきました。

この日、Bちゃんが、「算数面白い」と感じた理由は

もうひとつあります。

子どもたちが協力しあって解いた算数問題を

後でお母さん方にも協力しあって解いてもらう時間を設けて、

お母さんたちが考えに行き詰って困っている時に、

子どもたちが考え方のヒントをあげるようにしたのです。

 

お母さんたちが悩む姿を見ると、子どもたちは、もっと難しい問題にチャレンジして

先に解いておいて、

さらにお母さんを困らせてちゃえ!っとばかりに盛り上がります。

 

 ほとんどヒントの数がない虫食い算(写真の左)にチャレンジ。

子どもたち、しっかり解けていあmした。

 この日、円の面積クイズが大盛況でした。

みんな初めて円周や円の面積を学んだ子たちですが、

かなり凝った難しい問題の答えも出そうとはりきっていました。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ハクトウワシへのあこがれ と 「75センチはどれくらい?」

2016-05-22 19:53:24 | 通常レッスン

小1の男の子たちのレッスンの様子です。

どの子もすばらしい作品を作っていたのですが、他の子の作品は別の日に紹介しますね。

ハクトウワシに憧れているAくん。

ハクトウワシへの憧れが強すぎて、爪をワシのように伸ばしたがっているそうです。

前回のレッスンでハクトウワシを作った際、「もっと大きくて、本物と同じサイズのハクトウワシが作りたい」と言い続けていました。

そして、今回。

教室に着くなり、「本物のハクトウワシを作りたい。身体の長さは75センチで、羽根を広げた時の幅は、

225僂世ら。絶対おんなじに作りたい!」と言って、黒と白と黄色の色画用紙を教室中から集めていました。

Aくんがハクトウワシについてあまり熱弁するので、他の子らも興味を持ちだしました。

そこで、オランダ警察でドローンを撃退して働いているハクトウワシの姿を

動画で見せてあげると、

動画はコチラ→  http://wired.jp/2016/02/02/eagle-vs-drone/

みんな大喜びしていました。

75センチの胴体はどれくらいの長さか、50センチや15センチのものさしを継ぎたして調べた後で、

トラを置き、自分も寝転がって、どのくらい長いか、実感しています。

Aくんが測ったところ、トラの首からしっぽの付け根までの長さと同じでした。

黒い画用紙が見つからなくて、誰かが黒い色画用紙を貼り合わせていたものを

再利用することになりました。

1枚の色画用紙の縦の長さを測ったところ、なんと25センチ!!でした。

偶然ですが、3枚連なっているので、25×3=75です。

とにかくでかいです。

仲良しのCくんの18番。「舟の作り方」を基本にして

ワシの胴体を作っています。

舟は紙を半分に折り、両端を曲線に切ってテープで貼り合わせ、

開きます。ワシの場合、上部にフタするように紙をつけ、中にいらない新聞紙を詰めています。

黄色い脚に切り込みを入れた後、見た目をよくするためにセロテープで巻いていたら、

はみだしたセロテープが爪のように見えました。

「見て!!爪が作れたよ!」と大興奮するAくん。

それからがテープをぐるぐる巻きにして長い爪を作っていきました。

 

黒いももひきのような脚の部分は、教室では定番のアイスクリームのコーンを作る方法で。

実物大のハクトウワシを抱えたAくん。すごく満足そうです。

算数は、2年生向けの足し算(いくつかの数を足して、500円にする計算)や

文章題(表の得点表を見ながらじゃんけんゲームの得点を計算する)をしました。

子どもたち全員、とてもよくできていました。

気候がいいためでしょうか、どのグループも意欲満々に学習に取り組む姿があります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

基礎的な発見 15 <自分が発見したことを報告する>

2016-05-21 21:47:06 | 基礎的な発見

小学2年生の男の子たち(1年生もひとり参加)のレッスンでの出来事。

『風林火山』という戦国国取りボードゲームで土地の奪い合いに、「トントン相撲」で戦うルールを採用しています。

みなが転ぶか転ばないかは、人形の体型の違いによると思いこんでいた時、

Aくんが、人形をひっくり返して、「裏が少しでこぼこしているのとつるっとしているのがあるよ。

つるっとしている方が勝つよ。それと、裏が大きい(広い)方が強い」と言いました。

「Aくん、すごい発見ね」と感心して、子どもたちを集めて、Aくんの大発見を披露したところ、

Aくんの笑顔がはじけました。

 

これまでAくんが自分から話かけることはあまりなかったのですが、

それからはどんなに小さな気づきでもわたしのところまで報告しにきてくれるようになりました。

 

ボードゲーム後、スーパーボールすくいの道具を作りました。

この道具は、適当に切ったトイレットペーパーの芯にストローを1本貼りつけて

作るのですが、Aくんは2本貼りつけて、「先生、1本だと、スーパーボールをすくう

時にぐらぐらして取りにくいんだよ。2本にしたら、勝手に動かないから取りやすくなったよ」と

説明してくれました。

それを聞いたBくんが、「ぼくは3本ストローを貼ったよ」と言いました。

Bくんは、学校での学習につまずいて

すっかり自分に自信がなくなってしまった状態で教室に来はじめた子で、

自分の意見を言うことはほとんどありませんでした。

でも、「ぼくは3本ストローを貼ったよ」と言った後で、「もっともっと伝えたい」「もっともっと自分が発見したことを言いたい」

という気持ちが溢れるような様子で、

「それから、このじゃばらのところにね、緑のテープを貼っておくんだ。どうしてかというと、じゃばらのところが、

ぐらぐらするんだよ。ここを貼ったら動かないから、スーパーボールが動かないんだ」と言い添えました。

すくっては量ることを繰り返していた時、ちょうど500グラムすくった子がいました。

「コップ3ばい分で500グラムということは、

コップ1ぱいだとだいたい何グラムくらいかしら?」とたずねたところ、

2年生のAくん、Bくん、Cくん、1年生のDくんの4人が

真剣に考えて意見を言い合う姿に感動してしまいました。

「250グラムかな?でもちがうね。それだと、コップ2つの場合だもん。500割る2は250でしょ?」

「じゃあ、200グラムずつだとしたら、200、200、200だから600だから多いから

150グラムずつにしたら、150たす150は300で……」

「じゃあ、それだと、450グラムだから、まだ足りないから、

だいたい175グラムくらいじゃない?」とのこと。

この真剣さが生まれたのは、大人にしたらどうでもいいように映る

トントン相撲での人形の足の裏についての発見やストローの本数を変えることについての

発見を報告したことによるようでした。

自分の内面から生まれる言葉を口にして認められると、自信を持って

自分の言葉を口にするようになりますから。

 

 

Bくんが発見したすくう道具の角度が

どんな場合もスーパーボールが落ちない切り込みの入れ方。

↑Bくんの発見。

 Aくん作。最強無敵のスーパーボールすくい。

 

Cくんがはかりのめもりが指しているところを

大きく書きなおしためもりの紙で示してくれています。

「Cくん、ひとめもりは何グラムなの?」とたずねると、「5グラムだよ」との返事。

「めもりは、5グラムの半分ね」と言って手の平をさしだして、5を2つに分けると

だいたいいくつといくつだと思う?」と聞くと、

「だいたいじゃないように言いたい、うーん、2.5でしょ?」と答えました。

「わかった152.5グラムだ」とのこと。Cくん、ナイスです。小数点は習ったことがないのですが、

普段の生活で見聞きしていることからわかったようです。」

すると、Dくんが、「それ知らない。どういうこと?」と寄ってきました。

ものさしを見せて、1を10個に分けたうちの1つが0.1と説明すると、「それなら、ここが1.1でここが1.2」と

一生懸命読もうとしていました。

芯を長いサイズにして、「たくさんスーパ^ボールをすくえるのを作ったよ」と

報告するAくん。

興味を持っていたBくんに上のような絵をかいて

円の半径がいくらになるのかたずねると、

「10,10、10,10だから、5でしょ?」としっかり答えていました。

 

 算数タイムは、いつになく大盛りあがり。

「計算させて」「ぼくが解きたい」と意欲にあふれていました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

工作での材料の使いすぎにどう対応したらいいでしょう?

2016-05-20 14:46:07 | 工作 ワークショップ

2歳児さんの工作 <「できること」「やりたいこと」から 創作へ>

の記事にこんな質問をいただいていました。

ずいぶん返事が遅くなってしまったのですが、ちょうど材料の無駄遣い道まっ盛りの2歳児さんが

教室に来ていたので、レッスンの様子の紹介がてら、お返事を書こうと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

工作中に一心不乱に何かに取り組んでいる時の声掛けについて。

以前先生が打ち込んでいる時は見守り、あとから一言添える事がいいとかかれていた記事があった覚えがあります。
大人からみると使いすぎに見える行為について

私はつい使いすぎだからとか今日は1つにしようと娘に声をかけてしまいそうになります。

今回の切る行為については本人の納得するまでやりたいようにやらせてあげたと思うんですが、

その時に行為を制限するような声はかけない方がいいのでしょうか(;^_^A?

大人としては無駄遣いに拍車がかかるのでは!!と思ってしまいます。
又、工作中に雑に色を塗っている娘(私から見ると)に声を掛ける必要があるのか

教えてください。例えば、ここは色がないよー。たくさんの色を使おう!といったものです。
大人の声かけの内容としては、作ったもので一緒に遊ぶ、ブロックや人形遊び、

ほかの工作と組み合わせて発展させるくらいで、見た目をよくするような声掛けは控えた方がいいのでしょうか?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

使い過ぎについてひとこと添えるかどうかは時と場合によりけりでしょうが、

ちょうど

自分に自信がない、自己肯定感が低い子 3

の記事で書いたように、子どもに何を伝えるにしろ、(見守るにしろ、断念させるにしろ)

子どもの体験を大人の目線だけで眺めないように気をつける必要があると思っています。

 

 

2歳くらいの敏感期の子は、セロテープなんかも1時間に1本使いきるペースで

無駄な使い方するので、たいていの親御さんが注意してやめさせるべきか、見守るべきかと

悩むようです。

基本的にわたしは子どもが一心不乱に取り組んでいる場合、材料の無駄遣いがあっても

本人が限界までやりきったと感じるまでつかわせています。

 

敏感期ではない子の無駄遣いは、満たされなさや気分の高揚を解消しようとする

場合もあるので、別の対応が必要なこともあります。

 

 今回は、2、3歳の敏感期の子についての話です。

2歳のAちゃんは、「テープを引っぱって、はさみで切って、ペタリと貼る」という

一連の行為が楽しくてたまらない様子でした。

4歳のお兄ちゃんがスーパーボールすくいの道具を作るのを真似て

自分もストローをトイレットペーパーの芯に養生テープで貼っていたのですが、

すっかり「テープを引っぱって、はさみで切って、ペタリと貼る」ところが気に入ってしまって、

何度も何度もそれを繰り返していました。

 

存分にやらせてあげたいものの、さすがに養生テープはもったいなくて、

5重がさねのテープの山ができていたところで、セロテープをと交換しました。

するとAちゃんはセロテープをどんどん引っぱりはじめました。

テープを引っぱると、どんどん長いテープが現れることに心を奪われたようです。

これも、とことん引っぱらせてあげたいけれど、セロテープではさすがにもったいないので

Aちゃんといっしょに工作で「セロテープ」を作ることにしました。

キッチンペーパーの芯に紙テープを貼って作ったセロテープ。

紙テープの代わりにいらない広告紙などを切ったものでも十分です。レシートなどを貼るのも喜びます。

Aちゃんはくるくる巻きこむ作業が気に入って、

この工作に魅了されていました。


子どもの「もっともっとやりたい」というエネルギー

何度も何度も繰り返して技能を習得していくプロセスは何にもまして大切なものと感じています。

本来なら、そうした子どもの旺盛は創作への熱意は、自然にある砂や葉っぱや木の実などで満たされる

べきなんでしょうけど、それができない状態なら、

次のような「材料の無駄遣いへの付きあい方」を試してみては?と思いました。


 〔蟻霧いを始めたところで、無駄に使ってもいいものと交換する

折り紙を無駄遣いするようなら、いらない新聞や広告の紙を与えるなど。


▲螢汽ぅル可能な状態で要求を満たす

切り刻んだものを集めて、別の工作で使ったり、今回のように

行為を満喫できるものを工作するなど。


2、3歳の敏感期の子が無駄遣いする場合、

「セロテープ3本分くらいは無駄にさせてあげよう」「折り紙2セットくらいは無駄にさせてあげよう」「100円ショップの紙コップを3回使い切るくらいは、使わせてあげよう」と大きく構えていても、

けっして物を無駄遣いに拍車がかかったりはしません。繰り返しやりきった後は、次のより高度な活動へと移っていきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

もうひとつの質問の色塗りのアドバイスは、全く不要だと思いました。




コメント
この記事をはてなブックマークに追加