虹色教室通信

遊びや工作を通して 子どもを伸ばす方法を紹介します。

その子独自の「こんなことしたい」から膨らむ活動

2016-12-08 21:55:18 | 理科 科学クラブ

4歳4ヵ月のAくんのレッスンで。(前日の記事もたまたま同じ月齢の子でしたが、別の男の子です)

教室に着いたAくんは、あれこれおもちゃを出してきて触りながらのんびりしていました。

「今日、どんなことがしたい?工作や実験やゲームができるよ」と誘うと、

「先にまず遊んでから……」といって、次のおもちゃを探しにいきました。

 

Aくんは好奇心旺盛でがんばり屋の男の子です。一度何かを始めると、最後までじっくり取り組みます。

そんなAくんですから、Aくんの気持ちのスイッチが入るまでもう少し待つことにしました。

そうした後で、

「時計の長い針が4のところに来たら、今日することを工作か実験かゲームのどれをしたいか選んでね。でも、

今日はもうちょっとゆっくりしてから決まった活動がしたいなら、長い針が6のところまで遊んでいてもいいよ。」

そう告げると、Aくんは、にこっと笑って、

「もう工作したい」と言いました。

最近、教室では、ビー玉を使ったコリントゲーム風のおもちゃ作りが流行っています。

わたしが簡単な見本を作ってみせると、

「それもいいけど、ぼくがしたいのはそれじゃないな」という顔で、「ふうーん」とのぞきこんでいたAくんが、急に思いついたように、

「海の中の恐竜を作りたいよ。住んでいるところが本物みたいに

海の中とか外とかが本当のやつみたいなのを作りたい」と言いました。

水色の色画用紙を切り抜いて海を作り、落とし穴がある山を作ったところで、

大好きな海の恐竜の絵を描いて切り取りました。

 

この海の中の恐竜は、前回のレッスンでも描いて、磁石を使った魚釣りゲーム作りに

発展したのでした。

「Aくん、前は魚釣りしたけど、他のグループの子は海の中の生き物でよく影絵をして

遊んでいるよ。影絵のスタジオの作り方を教えてあげようか?」とたずねると、

喜んでうなずきました。

海を表現するために、透き通った青い色水を作って懐中電灯を当ててみたらどうかとたずねると、

Aくんの目がたちまち輝いて、

「色水作りたいよ。いろんな色のが作りたい!!」と言いました。

 

ペットボトルの中の水に絵の具を溶かしてみると、

半透明で光を通しませんでした。

そこで、これまで他のグループでよくやっていた水性マジックでティッシュペーパーに

点を打ってから水につける手の込んだ色水作りをすることにしました。

すると、それまでは、たんたんと工作していたAくんが

声が裏返るほど喜んで活動に参加しはじめました。

 

自分がやりたいと思ったことに対する子どもの熱心さは格別ですね。

 

影絵遊びが楽しくてたまらないAくん。

影絵の恐竜に取っ組み合いをさせたり、

Aくんの影が天井まで届くよう調節したりして遊びました。

 

Aくんはというと、お母さんの影が大きくなってエアコンに頭をぶつけたのにおなかを抱えて

笑っていました。

いらないDVDを使って虹を作りました。

Aくんの心のスイッチが入ったのは「色水作りたい」という思いでしたが、

それ以降は、ゲームも算数も、大乗り気で

目を輝かせて取り組んでいました。

始めて遊んだストラテゴ。

算数タイムでは、数のボードを使って

たし算やひき算をしました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

問題を見つけて解決しようとする4歳代の子たち

2016-12-07 22:20:58 | 幼児教育の基本

4歳4ヵ月のAくんのレッスンから。

 

3歳になると、遊びのなかで問題を見つけて、自分で解決しようとする姿が

よく見られるようになります。とはいえ、たいていの問題はごく限られた

本人がこだわっていることを主にしたものですし、解決法はというと

ほとんどは思わず吹き出してしまうような

3歳児さん仕様のものです。

 

それが4歳児さんともなると、問題に気づく範囲が広がる上、解決法は

社会常識にならった的を得たものになっていきます。

4歳4ヵ月のAくんの発見する問題は多種多様で、解決法もなかなかのものでした。

 

早朝から楽しみにしてくれたらしく満面の笑みを浮かべて教室に入ってきたAくん。

ミニカーが登っていくスロープを見て、

「これで上にあがっていって、モノレールのところに行くんだよ。それを作る。」と言いました。

エスカレーターに乗って、高いところにあるモノレールの駅に行ったことを思い出したようです。

「ぼく、モノレールを作れるよ」というので、

作ってもらったところ、教室でよく作っているモノレール用の線路に

車を乗せて動かすというナイスアイデア。

いっしょに駅も作りました。

「海がいるよ。海にして。船がいるよ。あの船とこわい船(海賊船)取って!」と言いました。

海というのは、教室で海ということにして使っている青い布のことです。

 

 

自分の好きなものをあれこれ設置して大満足のAくん。

道路を作りだしました。

 

2本の道路用の板を置いて道路を作ってみて、

「だめだよ。これは、だめだから3つおかなくちゃ」と

問題を指摘します。

「だってね。こっちの車がこういう風に行って、

あっちの車がこういう風に来たら、ぶつかるでしょ。」と実演つきで説明してくれたので、

「ごもっとも」とおもわずうなずきました。

すると、Aくんは、ドールハウスにドアがないことを指摘して、

「どうしてドアがないの?ドアがないお家は、ダメだよ」と言いました。

どこで開閉する扉を作ってあげたところ、わたしがした開閉の向きだと

隙間があるからダメだとダメだしが入りました。

Aくんの指導のもと向きを変えるとぴったりしまりました。

 

Aくんは、駅に柵をつけながら、「電車がきたらあぶないから、これをつけないと」と言いました。

 

海賊船に変装した人形を乗せることにしました。

Aくんといっしょに折り紙の船作り。

きかんしゃトーマスのボードゲームで遊びました。

いつの間にかたし算がとても得意になっていました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

土偶探しゲーム

2016-12-06 21:34:02 | 工作 ワークショップ

工作好きの1年生のAちゃんがお家でオリジナルゲームを作ってきてくれました。

『土偶探しゲーム』です。

折り紙の土の中には、たくさんの土偶が埋まっています。

土偶は1体1体図鑑を見てていねいに描かれていて

裏には説明書きがありました。

土偶のかけら。

普段は歴史にちなんだものを作りたがるAちゃんが、「今回はしかけのある機械が作りたい」

と言いました。

ガムがでてくる機械の基本の形を作ってから、

「ガムが1つずつでてくるようにしたい」と言いました。

これは難題です。

あれこれ試行錯誤した結果、うまくいくときもあるし失敗するときもある

「1つずつでてくる機械」ができました。

算数は、前回までのレッスンでかけ算の理解が進んだので、

面積の学習をしました。

よくできていました。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

勉強が好きになるまでのプロセス 4

2016-12-05 20:30:43 | 教育論 読者の方からのQ&A

前回までの記事で、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

遅ればせながら大逆転を遂げる子たちには

それが先に書いた「間違っていてもいいからやる気があふれだしている状態(やる気がからぶり状態)」

しばらく過ごしているという

共通点があります。

また、親や学校の先生や友達から

一目置かれて認められていて、

周囲の愛情を肌で感じられる状況があり、

ありのままの自分を表現できる場がある点も共通しています。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

といったことを書きました。

 

書きたかったことは、子育てで同様の経験をした方以外には伝わらないだろうな……と思っています。

どうして伝わりないなどと消極的なことを言うのかというと、

この状態は、「できなくてもくじけずに意欲的に取り組んでいる」という

一般的に言葉からイメージするであろう状態とはちがって、

はっきりとはわからないけれど、「子どもの脳の中で新しい回路が開発されつつあるんじゃないか」

「幼い子たちの敏感期や集中現象に似ている」と感じさせるもので、

これまでそれについて言及されるのを見たことがないからです。

 

これについてもうひとつ伝えづらさを感じる理由は、

この話題が、「敏感さを持っている子」の、極端から極端に走る時のひとつの姿とも関わっていて、

「敏感さを持っている子って何?」と思った方には、説明不足を詫びつつ、

ハイリーセンシティブな子たちについてくわしく解説してくださっている方の文章を読んでください、というしかないからです。

 

そんな伝えづらい話をしているものの、それでも興味があるから、もう少しくわしく……と思ってくださった方のために、

言葉にできる部分を書いていこうと思います。

 

いつも読ませていただいているマイコーさんのブログに

「敏感な子」にありがちな昨日の出来事、相手と自分の気持ちが強烈に迫る葛藤の中で踏み出していく体験を

 という記事が紹介されていました。

ここで書かれている、「相手と自分の気持ちが強烈に迫る状態」

がんじがらめになって、身体も頭も動きが鈍くなったり、落ち着きなくあちこちに意識をめぐらせて

ひとつのことにコミットメントできなかったりする子は、

かなりの数いるんじゃないかと思っています。

 

虹色教室でわたしがしている仕事の大半は、この「相手と自分の気持ちが強烈に迫る状態」を解除していくことと

相手と自分の気持ちを強烈に味わいながらも、それを楽しみ、

それによって自分のエネルギーを最大限に発揮していける状態にしていくことです。


途中ですが次回に続きます。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

前回の記事の補足 と ブティック

2016-12-04 20:26:09 | 工作 ワークショップ

前回の記事に、サクランボ計算のせいで4年になっても
暗算が遅いという子の話を伝えてくださった方がいました。
習った通りのサクランボ計算をずっとしていて
別の方法を教えても全くピンこずないそうです。
数字を数字としか見ておらず、数の概念が全くといっていいほどないことに

困惑しておられました。

さくらんぼ計算だけが悪者ではないけれど、こうした方法を異なる思考の使い方をする子に

徹底する弊害を感じずにはいられません。

 

 

今日は記事を書く時間がないので、

簡単に写真だけアップします。

1年生のAちゃんの作ったブティックです。

お店本体は、ケーキの箱を切って、100円ショップの

布シールを貼って作りました。

もともとある箱の形を利用すると、

2~3分でできます♪

コメント
この記事をはてなブックマークに追加