Cape Fear、in JAPAN

ひとの襟首つかんで「読め!」という、映画偏愛家のサイト。

『Cape Fear』…恐怖の岬、の意。

年末年始特別企画(9)2010年代映画のベストテン:外国映画篇 16年・17年

2020-01-04 00:10:00 | コラム
「その年」を象徴する10年代の外国映画作品、本日は16年・17年度からセレクト。

【2016年】

『キャロル』
監督:トッド・ヘインズ 原作:パトリシア・ハイスミス 出演:ケイト・ブランシェット、ルーニ・マーラ



『太陽がいっぱい』を著したハイスミスによる「早過ぎた名著」は、LGBTの理解が深まり始めた現代だからこそ、
そして、ヘインズ演出、ケイト&ルーニの主演だからこそ映像化に成功したといえる傑作。

ふたりの関係、正直いってうらやましいぞ。


【2017年】

『哭声/コクソン』
監督:ナ・ホンジン 出演:クァク・ドウォン、ファン・ジョンミン、國村隼、チョン・ウヒ

奇々怪々、結局は意味が分からないが、その圧倒的なパワーで押し切ってしまうミステリー? ホラー? の怪作。

長谷川和彦が登場したときって、ひょっとすると、こんな感じだった・・・のかも?



…………………………………………

明日のコラムは・・・

『年末年始特別企画(10)2010年代映画のベストテン:外国映画篇 18年・19年』
コメント