Cape Fear、in JAPAN

ひとの襟首つかんで「読め!」という、映画偏愛家のサイト。

『Cape Fear』…恐怖の岬、の意。

年代別 ☆きらきら・ぎらぎら★ ~年末年始特別篇その伍~

2014-12-31 00:10:00 | コラム
特別篇で展開する「年代別映画」の20傑シリーズ、今宵は70年代の映画を。

70年~79年までに、日本の映画館で上映されたすべての作品が対象。

では、どうぞ。

そして唐突だが、皆さん、よいお年を!!


※制作年度順…74年の生まれだから、初公開時に観ている作品は「ひとつも」含まれない。
あぁ悔しい!!
でも、有難いことに、一部の映画は何度もリバイバル上映されている。
そのおかげで、以下の傑作群のなかの12本は、スクリーンで体感することが出来た。


『ひまわり』(70)

『激突!』(72)

『フレンジー』(72)

『エクソシスト』(73)



『仁義なき戦い 広島死闘篇』(73)

『悪魔のシスター』(73)

『ガルシアの首』(74)

『砂の器』(74)

『バリー・リンドン』(75)

『カッコーの巣の上で』(75)

『新幹線大爆破』(75)

『狼たちの午後』(75)

『タクシードライバー』(76)

『キャリー』(76)

『愛のコリーダ』(76)

『ディア・ハンター』(78)



『ロッキー2』(78)

『復讐するは我にあり』(79)

『地獄の黙示録』(79)



『太陽を盗んだ男』(79)

『十九歳の地図』(79)


※映画を好きになったアンチャンネーチャンは、大抵3年くらいが過ぎるとキューブリック映画に辿り着く。
最初は『時計じかけ』や『2001年』に衝撃を受けるかもしれないが・・・
何度も何度も観ていくと、『バリー・リンドン』の凄さが分かってくるようになる、、、はず。

・・・ま、この動画には『バリー・リンドン』が「ほぼ」出てこないけれど。




…………………………………………

本館『「はったり」で、いこうぜ!!』

…………………………………………

明日のコラムは・・・

『先走り野郎、本年も先走ります。 + 12月コラムの目次』

コメント (2)

年代別 ☆きらきら・ぎらぎら★ ~年末年始特別篇その四~

2014-12-30 02:16:30 | コラム
特別篇で展開する「年代別映画」の20傑シリーズ、今宵は80年代の映画を。

80年~89年までに、日本の映画館で上映されたすべての作品が対象。

では、どうぞ。


※制作年度順…まだ映画を、勉強の対象としていなかったころに出会った作品が多い。
そういう意味では、最も楽しんで映画と向き合っていた時代なのかもしれない。

でも趣味嗜好は相変わらずで、自分の渋い? 選択センスは、いったい何歳くらいに身につけたものなのだろう? と自問自答してしまうよ。


『レイジング・ブル』(80)

『ヒポクラテスたち』(80)

『ミッドナイトクロス』(81)

『ブレードランナー』(82)

『家族ゲーム』(83)

『アマデウス』(84)



『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・アメリカ』(84)



『スパルタンX』(84)

『グーニーズ』(85)

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』(85)

『ブルーベルベッド』(86)

『ゆきゆきて、神軍』(87)

『フルメタル・ジャケット』(87)

『最後の誘惑』(88)

『ダイハード』(88)

『ニュー・シネマ・パラダイス』(88)

『ワンダとダイヤと優しい奴ら』(88)

『魔女の宅急便』(89)



『鉄男』(89)

『ドゥ・ザ・ライト・シング』(89)


※『バック・トゥ・ザフューチャー』より。

続編で描かれた未来とは、じつは来年のこと。
ホバーボード(宙に浮くスケボー)も発売されるし、来年はきっと、このシリーズの回顧上映がおこなわれることでしょう。




…………………………………………

本館『「はったり」で、いこうぜ!!』

…………………………………………

明日のコラムは・・・

『年代別 ☆きらきら・ぎらぎら★ ~年末年始特別篇その伍~』

コメント (3)

年代別 ☆きらきら・ぎらぎら★ ~年末年始特別篇その参~

2014-12-29 00:10:00 | コラム
特別篇で展開する「年代別映画」の20傑シリーズ、今宵は90年代の映画を。

90年~99年までに、日本の映画館で上映されたすべての作品が対象。

では、どうぞ。


※制作年度順…年度別で「2本ずつ」が理想、、、なんて、うまいこといくはずもなく。
92年~95年に集中しているのは「実際に豊作だった」というのもあるけれど、自分の人生で最も映画に触れていた時代、、、だったのかもしれないねぇ。


『グッドフェローズ』(90)

『ワイルド・アット・ハート』(90)

『トト・ザ・ヒーロー』(91)



『バートン・フィンク』(91)

『レザボア・ドッグス』(92)

『クライング・ゲーム』(92)



『許されざる者』(92)

『ピアノ・レッスン』(93)

『カリートの道』(93)

『さらば、わが愛/覇王別姫』(93)

『乙女の祈り』(94)

『夜がまた来る』(94)

『ショーシャンクの空に』(94)

『東京フィスト』(95)



『セブン』(95)

『リービング・ラスベガス』(95)

『ユージュアル・サスペクツ』(95)

『奇跡の海』(96)

『カノン』(98)

『マグノリア』(99)


※ジョー・コッカーが亡くなったので、彼の歌声が沁みる『カリートの道』のエンディングを。

『カリートの道』を、「それほどの映画か?」と突っ込むひとが居るかもしれない。
実際、デ・パルマの映画ではこれを超える変態的な作品がいくつもあるけれど、コッカーの主題歌が好きなものでね、その効果で作品そのものの評価も「星ふたつくらい」上がっちゃっているのである。




…………………………………………

本館『「はったり」で、いこうぜ!!』

…………………………………………

明日のコラムは・・・

『年代別 ☆きらきら・ぎらぎら★ ~年末年始特別篇その四~』

コメント (2)

年代別 ☆きらきら・ぎらぎら★ ~年末年始特別篇その弐~

2014-12-28 00:10:00 | コラム
特別篇で展開する「年代別映画」の20傑シリーズ、今宵は2000年代の映画を。

2000年~2009年までに、日本の映画館で上映されたすべての作品が対象。

では、早速いってみよう。


※制作年度順…いずれの映画も「なんらかの敵」と闘っている、それがじつに感動的で、応援したくなるじゃないか!!

何度もいっているけれど、自分にとっての映画とは「闘争」であると。
つまり自分のいう駄作とは、「なーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーんも闘っていない、単なる映像」を指す。


『トラフィック』(2000)

『顔』(2000)

『ユリイカ』(2000)

『花様年華』(2000)



『レクイエム・フォー・ドリーム』(2000)

『ゴーストワールド』(2001)

『千と千尋の神隠し』(2001)

『マルホランド・ドライブ』(2001)



『シティ・オブ・ゴッド』(2002)

『ボウリング・フォー・コロンバイン』(2002)

『ドッグヴィル』(2003)



『オールド・ボーイ』(2003)

『殺人の追憶』(2003)

『21グラム』(2004)

『誰も知らない』(2004)

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』(2007)

『グラン・トリノ』(2008)

『ダークナイト』(2008)

『第9地区』(2009)

『イングロリアス・バスターズ』(2009)





…………………………………………

本館『「はったり」で、いこうぜ!!』

…………………………………………

明日のコラムは・・・

『年代別 ☆きらきら・ぎらぎら★ ~年末年始特別篇その参~』

コメント (2)

年代別 ☆きらきら・ぎらぎら★ ~年末年始特別篇その壱~

2014-12-27 00:10:00 | コラム

きょうから、来年の5日くらいまで(元日を除き)年末年始の特別篇ということで、
2000年代・90年代・80年代・70年代・60年代の映画から、
自分にとって、きらきらきらきら、ぎらぎらぎらぎら輝く傑作の20本を選出してみようと思う。

同じようなことを「しょっちゅう」展開している気がするけれどね、まぁいいや。
自分のブログだし、自分が最も気持ちよくなれることをするべきだものね。

今宵は序章ということで、あらためて本年度の20傑を載せておく。

では明日より、まぁ一部のひとしか楽しめないと思うが、期待していてくださいな。


~14年度の映画20傑~

第20位『捨てがたき人々』
第19位『ブルージャスミン』



第18位『るろうに剣心 京都大火編』
第17位『セッションズ』
第16位『小さいおうち』
第15位『ホドロフスキーのDUNE』
第14位『her/世界でひとつの彼女』
第13位『かぐや姫の物語』
第12位『グランド・ブダペスト・ホテル』
第11位『アクト・オブ・キリング』

第10位『それでも夜は明ける』
第09位『誰よりも狙われた男』
第08位『紙の月』
第07位『めぐり逢わせのお弁当』



第06位『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』
第06位『ゼロ・グラビティ』
第05位『ニンフォマニアック』
第04位『クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん』
第03位『ウルフ・オブ・ウォールストリート』
第02位『愛の渦』
第01位『そこのみにて光輝く』




…………………………………………

本館『「はったり」で、いこうぜ!!』

…………………………………………

明日のコラムは・・・

『年代別 ☆きらきら・ぎらぎら★ ~年末年始特別篇その弐~』

コメント (2)