歴声庵

ツイッター纏め投稿では歴史関連(幕末維新史)、ブログの通常投稿では声優さんのラジオ感想がメインのブログです。

9月第4週の声優ラジオ感想 その2

2009年09月29日 22時20分07秒 | 声優ラジオ関連

『オーガスト放送局 修智館学院出張生徒会』:第02回
 ●パーソナリティー:観村咲子さん&ケビン・スパイシーさん
 回を重ねる毎にケビン氏がノリノリと言うか、本領発揮してくれた気がして楽しいですね。そのケビン氏のテンションに戸惑いつつも、懸命にセーブしようとする観村さんのトークに原作を髣髴させてくれて良い感じです。個人的にはもう少し観村さんにも弾けてほしい気はするものの、弾けてしまうと瑛里華のキャラとは違ってしまうので難しいところですね。でもこのようなキャラを演じたままの番組は原作ファンとしては嬉しいので、このペースを続けてほしいです。まあゲストが来ればキャラを保ったままでも弾けてくれると思うので、早くゲストが出てくれるのを切望する今日この頃。最初のゲストは誰でしょうね、誰が来てくれても楽しいでしょうけれども、キャラ的には桐葉が一番美味しいと思うのですけれども・・・。

『のら犬兄弟のギョーカイ時事放談!』:第76回
 ●偽まる氏&UPLIFT氏 ゲスト:小林治氏
 私も含めてブログ等で色々な媒体に対して感想を書く者は、批判めいた物が多いとの発言がありましたけれども、ここも最近そのような傾向が出てきてる傾向があるので、注意しないといけないと実感しています。会津観光私学の歴史捏造以外は批判記事は書かないようにと思っていたのに、最近初心を忘れつつあったので、今回を聞いて初心を思い出させて頂いて良かったです。

『さよなら絶望放送』:第106回
 ●パーソナリティー:神谷浩史さん&新谷良子さん ゲスト:真田アサミさん
 沢城みゆきと仲が良い事で有名な真田さんですけれども、真田さんが沢城さんより年下と見られたエピソードが面白かったです。新谷さんもそう思っていたそうですから、本当に真田さんって童顔なんでしょうね。そんなエピソードで笑っていたら、件の沢城さんから今度は「最近のアサ姉は若ぶっている」と言われていて本当に抱腹絶倒しました。
 他にも番組中に1ホールのケーキを食べさせられていたのも面白かったですし、聴いてるこちらが和んでしまう楽しい回でした(^^;)

コメント

「江戸幕府 鉄砲組百人隊出陣」に見に行ってきました。

2009年09月27日 20時38分41秒 | 雑記

 まりも大尉に誘ってもらったので、東京大久保で行われた「江戸幕府 鉄砲組百人隊出陣」を見に行ってきました。地元の祭りの一環として行われたイベントであり、実際の火縄銃の射撃(空砲)を見せてくれると言うことで結構有名らしく、かなりの人が見にきていました。
 火縄銃については各地の資料館等で見た事や触った事はあるものの、使用しての実際の射撃は見た事は恥ずかしながら無かったので、誘われた事を幸いに嬉々として見に行ってきました。イベント自体の詳細は公式HPを見て頂くとして、実際に火縄銃の射撃を見た感想は、想像してたより射撃音も大きく迫力があり驚きました。もっともまりも大尉によれば、当時の火薬と本イベントで疲れた火薬は成分も違い、空砲の為に実際とは音量は違っていたのではとの指摘も頂きましたが、それでも初めて間近で見た火縄の射撃は興奮した次第です。
 さてこのような射撃を間近で見ていると、自分のカメラの腕や性能を棚に上げて、何とか銃口から火花を吹く瞬間を撮影したいと思い、試行錯誤したのですが、たくさん撮影した中、一枚だけ正に銃口から火花を吹く決定的瞬間を撮影するのに成功しました!(^^)

 ・・・画面の端の為に、折角撮影出来た火花が切れてしまっていますけれどもね(涙) う~んタイミングはバッチリだったのですけれども、構図が駄目でした(汗) カメラ君はコンパクトにも関わらず性能以上の奮戦をしてくれたのにも関わらず、肝心の撮影者の腕がへっぽこだったので、残念な画像になってしまいました(涙) まあ惜しい所までは行ったけど、最後の詰めでミスをしたと言うのは私らしいのかもしれませんが・・・。

 ところで今回実際に火縄銃の射撃を見て、ゲベール銃の偉大さを実感しました。これまたまりも大尉に教えてもらったのですが、本イベント中に風により火皿の上の着火用の火薬が吹き飛ばされてしまい、不発となった射撃が数回ありました。これは火縄銃の構造上仕方ないのですけれども、着火用の火薬を必要としないゲベール銃だったら、風が強くても射撃が可能なのですよね。更に雷管式ゲベール銃だったら少しくらいの雨なら射撃が可能と、火縄銃と比べたらゲベール銃は正に革命的な存在だったと言えましょう。
 どうも私は小銃の開発史に関しては、前装施条銃のミニエー銃を小銃開発史の革命的存在と認識していたものの、ゲベール銃に関しては火縄銃に毛が生えた程度と軽んじていたと言うのが正直な所だったので、今回火縄銃の欠点を目の当たりとして、ゲベール中の偉大さと、その小銃開発史の中での革命的存在だったと言うのを実感した次第です。
 ・・・今度はゲベール銃やミニエー銃の射撃も見てみたいな~。
 追記:ブログでは小さい画像しか貼れないみたいなので、後日HPの方に大きい画像を掲載したいと思います。大きい画像にすれば、ちゃんと銃口から火花が発せられているのが見えるのですが・・・(汗)

コメント

9月第4週の声優ラジオ感想 その1

2009年09月26日 20時02分45秒 | 声優ラジオ関連

『良子と佳奈のアマガミ カミングスウィート!』:第26回
 ●パーソナリティー:新谷良子さん&阿澄佳奈さん ゲスト:伊藤静さん 
 満を持してのメインヒロイン勢最後のゲストとなる伊藤さんがゲストです。ゆかなさんがゲスト時と同じく、新谷さんが伊藤さんと話せると喜んでいたので、ゆかなさんゲスト時と同じく、新谷さんのメロメロっぷりが聴けるかと思ったら、阿澄さんが伊藤さんに弄り倒される回となりました。伊藤さん:「開口一番何を言ってるんだ、お前は」から始まって、阿澄さんのリアクションに対して「あの子、アホの子なの?」と言い放った時は大爆笑でした(^^) 「あたし26(でアスミンって言っていて)恥ずかしい?」
 ところで伊藤さんが「自分の回りにいる人が駄目な人ばかりだけだから」と言ってましたけれども、これはやはり生天目さんや猪口さんの事でしょうが(^^;)
 何はともあれ、次回以降阿澄さんは皆から「あかべこさん」と呼ばれるのでしょう(^^;)

『ラジオ リトルバスターズ! ナツメブラザーズ!(21)』:第65回
 ●パーソナリティー:緑川光さん&民安ともえさん&鈴田美夜子さん ゲスト:柚木かなめさん
 緑川さんキラーの柚木さんが久々の登場です。どこまで演技かは判らないものの、今回も緑川さんは柚木さんのアピールにタジタジで、民安さんや鈴田さんの一緒の時では聞けない緑川さんの言動に楽しませて頂きました。また配信前は緑川さんの天敵である柚木さんが来る事を喜んでいた鈴田さんでしたけれども、いざ来た柚木さんは緑川さんだけでなく、鈴田さんまでも支配する、正に柚木かなめショーの体裁を示してましたね。
 まあ鈴田さんは鈴田さんで終始「うひひ」と笑っていて、楽しそうでしたけれども(^^;)

『アニたまどっとコム standard まるなげ♪』:第103回
 ●パーソナリティー:植田佳奈さん&清水香里さん
 リスナーからの恋愛相談を受けて、何故か植田さんのスイッチが入ってしまい、久々にネット世界の住人に戻ってましたね。理想のプロポーズのシチュエーションで「魔法」やら「戦争」やらの環境を当たり前のように言い放ち、これに対し清水さんが涙を流しながら大笑いしていたのが印象的でした。いつもは植田さんが清水さんを弄る図が確立している番組だったので、今回は新鮮に感じました。

『略してっ!つよきすラジオ♪』:第10回
 ●パーソナリティー:金田まひるさん&草柳順子さん
 気のせいか何やら今回金田さんのテンションがいつも以上に高かった気がしますね。いつもと違って草柳さんが金田さんを弄るポジションに回った為か、幼児化モードや泣き声モードの金田さんの声を堪能出来た回となりました。いつもの金田さんのわざとらしい嘘つきモードも聴けましたし、今回は本当に金田さん成分を堪能出来たと思います。
 ところで、やはりと言うか金田さんも、ご自分の異常な罰ゲームの当選率を自覚していたのですね(^^;)

コメント

9月第3週の声優ラジオ感想 その3

2009年09月24日 22時08分34秒 | 声優ラジオ関連

『乃木坂美夏の麻衣ふぇあれいでぃお!ねくすと!!』:第16回
 ●パーソナリティー:後藤麻衣さん&偽まる氏 ゲスト:珍しく無し
 「今日の後藤さん、怒りっぽいから嫌だ~」今回の偽まる氏の名言です。どうやら前回のイチコレで、後藤さんが嬉々として紹介したお気に入りの部屋着に対して失言をしてしまった模様で、これに対して後藤さんがご立腹している模様です。まあ配信を聴いている身としては判らないものの、前述の言葉が出てくる所からして、今回の後藤さんの機嫌は多少は悪かったのでしょうね。もっとも個人的には機嫌の悪い後藤さんのプレッシャーを受けて、偽まる氏が前述の台詞を発した場面を想像すると微笑ましいものがありますが(^^;)
 上記の流れからか、後藤さんがハーレーやハマーに乗れば似合いそうと偽まる氏が言い出し、番組スタッフもどうやら便上したのを見た後藤さんが久々に「うにゃにゃっ~!」となっていたのが萌えました(^^)
 また今回のイチコレでは『ゴジラ』シリーズが取り上げられましたが、『キンゴジ』と『モスゴジ』をエンターテイメント性が高いと推す偽まる氏の視点が面白かったですね。私も『ゴジラ』シリーズは好きですけれども、個人的に好きなのは『ゴジラ(1984)』と『ゴジラ対ビオランテ』の二作です。

『終末のエデン』:第12回
 ●パーソナリティー:中島裕美子さん&遠近孝一さん ゲスト:中村繪里子さん、酒井伸和氏&相良聡人氏&御影氏&ねこ天ゆうなさん
 正式配信で、メインヒロイン役の最後のゲストとなった中村さんの登場となった、記念すべき回の今回ですけれども、どうも番組後半で登場したminori勢のインパクトが強くて、いかんせん中村さんの印象が弱くなったのが残念です。実際今回の中村さんの発言で印象に残っているのは相撲が好きと言うのと、力士の中では把瑠都が好きくらいでしょうか(汗)
 一方短い時間ながらもminori勢の発言は印象に残りましたね(まあ中島さんと遠近さんのペースに慣れているのも大きいでしょうが)、製作が終わりユーザーがプレーするまでの今(収録時)が一番辛い期間とか、既に次回作の製作が始まっている事や、御影氏の「製作に没頭している間に夏が終った」などの興味深い発言が、聴きなれた面々が語ってくれたので引き込まれてしまいました。また久しぶりにねこ天さんの話が聞けて嬉しかったです。
 そんな番組自体としては楽しかった今回なものの、中村さんのトークがあまり聞けなかったのが残念なので、次回に期待したいと思います。

その他に聴いた番組
『studio TeaParty』:第165回
 ●パーソナリティー:壱智村小真さん・櫻井浩美さん・浅井晴美さん・坂田有希さん・他 

コメント

9月第3週の声優ラジオ感想 その2

2009年09月22日 19時27分28秒 | 声優ラジオ関連

『のら犬兄弟のギョーカイ時事放談!』:第75回
 ●偽まる氏&UPLIFT氏 ゲスト:塚本浩司氏
 冒頭の『ときめも』の話題は大笑いさせて頂きました。やはりパーソナリティーのお二人とも同年代だけあって、ご本人達がはまっていたかは別として、リアリティのあるコメントをしてくれて楽しかったです。友達に館林見晴ファンが居たと言った時、瞬時に「マニアックだね~」と言うコメントが出る所などは、同世代の人間として感慨深い物がありました。ところで偽まる氏が「藤崎詩織よりも、古式ゆかりLOVEみたいな人が居たね」と言ってましたけれども、私の事でしょうか(^^;)
 さて今回ゲストの塚本氏絡みの話題としては、書店業(?)にも仲買って居るのですね。番組中に塚本氏が言っていた通り、書店が出版社から直接注文する形を取っており、仲買ないし問屋など存在しないと思っていた私としては、今回も興味深い話が聴けました。

『Radio Cross Days』:第37回 
 ●パーソナリティー:みなづき蓮さん&遠野そよぎさん&柚木かなめさん 
 イベントで歌を歌っている際に、歌詞を忘れてしまった時のごまかし方と言うお題に対しての、遠野さんのごまかし方が妙に可愛くて印象的でした。本人も実際にやりかねないと言ってましたけれども、アイドル属性と言うのは本人が意識しなくても出なくなるのだな~と実感してしまいました。う~ん伊達に可愛らしい声ではないなと妙な関心をしてしまった今日この頃。

『Fate/Zero -ラジオマテリアル-』:第15回
 ●パーソナリティー:小山力也さん&恒松あゆみさん ゲスト(?):大原さやかさん
 満を持してコメントが公開された、大塚昭夫のコメントでしたけれども、相変わらず格好良い声ですね~。単に格好良いだけではなく、原作のウェイバーの成長物語と言う面をコメントしてくれるなど、流石はベテランと感心した次第です。最後は力也さんへの軽口で終らせるなど、ソツのないコメントでしたね。

その他に聴いた番組
『金田まひる・倉田まりやのGalge.comラジオ』:第111回
 ●パーソナリティー:金田まひるさん&倉田まりやさん 

コメント

9月第3週の声優ラジオ感想 その1

2009年09月20日 20時01分51秒 | 声優ラジオ関連

『良子と佳奈のアマガミ カミングスウィート!』:第25回
 ●パーソナリティー:阿澄佳奈さん 
9月第3週の声優ラジオ感想 その1
 今回の「にぃに!何かいいことあったでしょ~」は梨穂子のツメキリイベントでしたけれども、こうして音声だけで聴いてみると、確かに新谷さんの言うとおりここまでやっているのなら、主人公と梨穂子は付き合ってしまえと言いたくなってしまう程バカップルぷりですね。個人的にはツメキリ時ののSEを口ずさむ阿澄さんが面白かった(^^)
 さて次回から二週に渡って伊藤静さんがゲストに来ると言う事は、とりあえずは第三クールは配信が続くと思って良いのかな? 何とか全員分のドラマCDとキャラソンCDが出るまでは配信が続いてほしいものですが・・・。

『遠近孝一のスキモノ!戦国RADIO』:第05回
 ●パーソナリティー:遠近孝一さん、アシスタント:生田未歩さん・渡辺智子さん
 前回のテーマ「応仁の乱」がマニアック過ぎた為か、今回はメジャーな「本能寺の変」がテーマでした。メジャーなテーマだけあってリスナーや、アシスタントの二人からも色々な自説が挙げられたものの、どれも信憑性が薄いと言うか、そもそも史実とフィクションの区別が付いていないような失笑ものばかりでしたね。そのような中、流石遠近さんの自説だけは興味深いものでした。「光秀は信長だけを討つつもりで、その後は信忠を立てるつもりだった」と言う、本人自身が「長年温めていた説」と言うだけあって、他では聴かない中々興味深い説でした。個人的には細川藤考を高く評価し過ぎと思うものの、信忠を立てようとしたと言うのは成る程と頷くものがありました。確かにそれなら単なるお家騒動に過ぎず、戦国時代では珍しくない事柄ですしね。この説の信憑性については判断は出来ないものの、着眼点は流石は遠近さんと関心した次第です。
 ところでリスナーやアシスタントも唱えている人が居ましたけれども、本能寺の変の黒幕と言うと、不思議と長宗我部元親の名が挙がりますよね。個人的には長宗我部元親については信長と同じ「鳥無き島の蝙蝠」と言う認識なので、何故元親が世間ではこれほど高評価されるのが不思議だったりします。ゲームの影響力と言うのは侮れないと、元親が高評価されるのを見る度に感じる次第です。

『さよなら絶望放送』:第105回
 ●パーソナリティー:神谷浩史さん&新谷良子さん 
 アニサマでの大槻ケンヂ氏の話題が挙がりましたけれども、流石はベテランだけあって、新谷さん達声優さんを上手くリードしていたエピソードを聞いて感心するとともに、ステージ上から携帯で写真を撮ったと言う微笑ましいエピソードを聞いて笑ってしまいました。実際ラジオを聴いた後に大槻氏のサイトを見たら。アニサマ時の画像がしっかり掲載されていましたね(^^;)

その他に聴いた番組
『ラジオ リトルバスターズ! ナツメブラザーズ!(21)』:第64回
 ●パーソナリティー:緑川光さん&民安ともえさん&鈴田美夜子さん
『アニたまどっとコム standard まるなげ♪』:第102回
 ●パーソナリティー:植田佳奈さん&清水香里さん

コメント (4)

千坂高雅について

2009年09月19日 22時32分38秒 | 戊辰戦争・幕末維新史

戊辰北越戦争にて米沢藩総督、後には同盟軍総督をも勤めた米沢藩家老の千坂高雅。戊辰北越戦争の同盟軍と言えば司馬遼太郎著の「小説」の影響により、長岡藩が重視されがちですけれども、同盟軍の北越戦線で最大の兵力を有した米沢藩こそ、北越戦線での同盟軍の主力ではないかと言う考えから当サイトの北越戦争の記事を書かせて頂いています。そのように米沢藩の重視した、当サイトの北越戦争の記事ですけれども、その米沢藩の総督を勤めた千坂高雅に関しては厳しい評価をしています。これは後世から見た傲慢かもしれないものの、どうしても千坂の戦略手腕が拙いものに見えてしまうので、千坂に対しては辛口な評価になってしまいした。
 しかし最近この千坂に対する厳しい評価を見直そうかと思っています、北越戦争当時千坂は27歳の若輩に過ぎず、また軍事の専門教育を受けていませんでした。このような軍事の専門家でもない27歳の若者に過ぎない身で、一時は新政府軍と膠着状態に持ち込めたと言うのは、それは賞賛に値するのではないかと思い始めています(まあ新政府軍を率いた山県有朋の消極的戦略が大きいと言う声もあるかもしれませんが)。北越戦争の記事を書いた時は私も若かったので、千坂の年齢に配慮せずにあのような酷評をしたものの、年齢から考えれば千坂の北越戦争時の姿勢は十分賞賛に値するのではないでしょうか。少なくとも自分の27歳時を考えれば、27歳で同盟軍を引きいて新政府軍と戦った千坂はやはり非凡な人物だったと言えましょう(全藩士銃兵化の提言などは慧眼だと思いますし)。
 今は仕事の合間に野州戦争の記事を書こうとしている最中ですけれども、落ち着いたらもう一度北越戦争の記事を書き直して、千坂の評価も改めたいなと思っています。

 ・・・と、若さ故の未熟と言う視点から千坂の評価を改めたいと書きましたけれども、同じ戊辰戦争では若くても優れた手腕を発揮した人物も多いのですよね。ざっと思い出しても二十代で活躍した人間としては、長州の山田顕義(戊辰時24歳)、薩摩の大山巌(同26歳)、土佐の板垣退助(同29歳)、庄内の酒井玄蕃 (同24歳)、桑名の立見尚文(同23歳)が挙げられます。このように二十代で活躍した人物は結構居るのですよね(大鳥軍の瀧川充太郎に至っては18歳!)。う~んそう考えると若さだけで千坂を擁護するのは難しいかしら(汗) まあ個人的には勝ち目の無い戦争に自藩を導いた、会津藩家老の梶原平馬(同26歳))よりかは、まだ千坂の方が有能だと思うのですが・・・。

コメント

9月第2週の声優ラジオ感想 その3

2009年09月18日 22時42分57秒 | 声優ラジオ関連

  『ときメモ4』発売の発表本当に驚きました。う~んこれはTGSに行かないと駄目かな・・・。

『乃木坂美夏の麻衣ふぇあれいでぃお!ねくすと!!』:第15回
 ●パーソナリティー:後藤麻衣さん&偽まる氏 ゲスト:珍しく無し

 「この業界の人は実際の年齢より10歳くらい若い」との話題が出てましたけれども、確かにその通りですよね。特に三十台過ぎの女性声優さんは皆殆ど歳を取っていない気がして、偽まる氏が言っていた通り気が若いから歳を取らないのかと本気で思ってしまいます。後藤さんも殆ど歳を取っていない感じですしね。
 そんな後藤さんですけれども、歴史好きのような発言をしていたので、当たり前のように地理に詳しいと思っていたら、地理はあまり得意でないようですね。どうやら中国地方が苦手なようなので、どこのメーカーでも良いので、後藤さんの為にイケメンな毛利氏が登場する作品を作って下さい(^^;)
 最後に、後藤さんがとあるブランドの部屋着にはまっていると言ってましたけれども、先日ブログで紹介されていたのはその部屋着だったのですね。今後も買い足したいと言ってましたし、また購入したら是非ともブログで紹介してほしいものです。

『終末のエデン』:第11回
 ●パーソナリティー:中島裕美子さん&遠近孝一さん ゲスト:間島淳司さん
 前回に引き続き間島さんがゲストです。前回同様に遠近さんと間島さんが二人がかりで中島さんを弄る展開でしたけれども、遠近さんが何故か「目玉」が嫌だと言う弱点を知った中島さんが、嬉々として「今、コンタクト外しましょうか」と遠近さんに言うのが微笑まして楽しかったです。また今回は酒の話題が出た事もあり、久々に中島さんの酒ネタが聴けたのが嬉しかったです。やっぱり塩を肴にして酒を飲むのは凄い事らしく、間島さんも驚いていたのが楽しかったです。
 さてこのような中島さんと遠近さんによるぐだぐだの番組に、次回いよいよ中村繪里子さんがゲストに来てくれますけれども、中村さんがこの二人相手にどのようなトークをしてくれるのか今から楽しみです(^^;)

その他に聴いた番組
『studio TeaParty』:第164回
 ●パーソナリティー:壱智村小真さん・櫻井浩美さん・浅井晴美さん・坂田有希さん・他 

コメント (4)

9月第2週の声優ラジオ感想 その2

2009年09月16日 21時24分38秒 | 声優ラジオ関連

『さよなら絶望放送』:第104回
 ●パーソナリティー:神谷浩史さん&新谷良子さん 
 本番組風に言えば、『シティーハンター』を知らない新谷さんに絶望した(涙) う~ん『シティーハンター』と言えば、オタクでなくても知っている一般作品だと思っているので、それを(オタクである)新谷さんが知らないと言うのはショックでした。もっとも『エヴァンゲリオン』ネタには食いついていたので、これがジェネレーションギャップと言うものでしょうか・・・。

『オーガスト放送局 修智館学院出張生徒会』:第01回
 ●パーソナリティー:観村咲子さん&ケビン・スパイシーさん
 前回のプレ放送から一ヶ月、待ちに待った第一回配信です。まだキャラを演じながらのパーソナリティーに慣れていない感は多少あるものの、本当に『FA』のキャラが番組をしてくれている感じで、聴いていて本当に楽しいです。単にキャラを演じるだけではなく、夏コミでオーガストを知らない人の間でも話題になった、「エステルの大天罰祭」を取り上げてくれ、エステルさがらに瑛里華がピコピコハンマーで叩いてくれるなど笑わせてくれました。う~ん自社ネタを上手く拾ってくれましたね(^^;)
 また今後のゲストについて『FA』キャラだけではなく、『夜明けな』や『はにはに』のキャラを呼んでくれるような含みのある発言をしてくれました。う~ん本当なら是非とも長寿番組化して『夜明けな』と『はにはに』のキャラ総出演を実現してほしいです。個人的には『夜明けな』の菜月・エステル・リースの三人を希望したいです。

『のら犬兄弟のギョーカイ時事放談!』:第74回
 ●偽まる氏&UPLIFT氏 ゲスト:塚本浩司氏
 書店のバイヤーさんと言う珍しい肩書きの方がゲストです。パーソナリティーの二人から見て「身内」的な人では無いので、先日ゲストの影山氏の時同様、ややパーソナリティーのお二人がゲストをヨイショし過ぎの嫌いがあったものの、他の番組では聴けない職の方のh無しが聴けたので興味深かったです。『エリア88』の件などは面白かったですし、パーソナリティーの二人がゲストのトークを上手く引き出してくれ、他の番組では聴けない珍しい話が聴けて面白かったです。

その他に聴いた番組
『金田まひる・倉田まりやのGalge.comラジオ』:第110回
 ●パーソナリティー:金田まひるさん&倉田まりやさん ゲスト:朝樹りささん&上田朱音さん
『Radio Cross Days』:第36回 
 ●パーソナリティー:みなづき蓮さん&遠野そよぎさん&柚木かなめさん 

コメント

『防長回天史』購入しました。

2009年09月14日 21時43分56秒 | 雑記

 今更になりますけれども、先日マツノ書店から復刻された『防長回天史』全13巻セットを購入しました。『復古記』の復刻の際は、12万円と高額の為に躊躇している間に完売したのを悔やんでいたので、今回は『防長回天史』復刻と聞いて躊躇せずに注文しました。まあ今回は廉価版と言う事で5万円と格安だったのも大きかったのですけれどもね。実際、同時出版された高額の正式版では無く、格安の廉価版に手を出した甲斐性無しなので・・・(^^;)
 しかし廉価版とは言っても、幕末の長州藩を調べる際の基礎史料中の基礎史料である『防長回天史』全巻が、自宅の本棚に揃っているのは何とも言えない心強さを感じてしまいます。ただ『防長回天史』全巻を購入したのは良いのですけれども、おかげでただでさえ飽和状態だった自宅の本棚が満杯になってしまい、新たな本棚を購入しなくてはいけなくなりました。しかし私の部屋には、新たな本棚を設置するスペースは既に無いので、苦肉の策として本棚にキャスターを取り付けて移動可能な本棚にしようと、先週の週末はホームセンターに本棚とキャスターを購入しに行きました。
 そのような訳で先週末は休日にも関わらず、ホームセンターで部材を購入して既製品を改造すると言う、休日なのか仕事なのか判らない時間を過ごしてしまいましたけれども、おかげで本棚に納められた『防長回天史』を見つめて、うっとりとする日々を過ごしています(^^;)

 尚、マツノ書店は今後も『大鳥圭介伝』や『維新史料編纂会 講演速記録』や『元帥公爵大山巌』など、私の物欲を刺激する史料を次々に復刻する模様なので、このキャスター付き本棚で、私の部屋が埋め尽くされる日はさほど遠くは無い事でしょう・・・(汗)、

コメント (1)

9月第2週の声優ラジオ感想 その1

2009年09月13日 18時48分35秒 | 声優ラジオ関連

 後藤麻衣さんが出演するイベントが会津で開催ですか。むぅ会津を取り上げるのは当分先と思っていたので、会津に取材に行く予定はなかったのですけれども、これは会津取材を兼ねてイベントに応募しようか迷っている今日この頃です。

『良子と佳奈のアマガミ カミングスウィート!』:第24回
 ●パーソナリティー:新谷良子さん&阿澄佳奈さん 
 メインヒロイン役では最後のゲストとなる、伊藤静さんの出演は再来週からと告知されましたね。しかも本番組では今までゲストが一回だけの出演だったのに対して、伊藤さんは二回連続の出演だそうです。何はともあれ、かのセクハラ大魔王が新谷さんや阿澄さんにどのような狼藉をしてくれるのか、今から楽しみです。
 本編の感想としては、今回初めて美也のキャラソンが発表されましたね。阿澄さんが「梨穂子程ではない」と言っていたので、そんなにネタに走っていないのかと思っていたら、よもや「DJK」が足元にも及ばない程のネタ曲だったとは・・・(汗) ただ梨穂子にしろ美也にしろ、中の人がラジオのパーソナリティーを勤めているからこそ、普段は厚遇されているものの、キャラソンに関してはネタに走ってしまった気がするのですよね。

『ラジオ リトルバスターズ! ナツメブラザーズ!(21)』:第63回
 ●パーソナリティー:緑川光さん&民安ともえさん&鈴田美夜子さん
 流石に今回は公式ページのタイトルが「もっこりHEAVEN」になる事はありませんでしたね。もっとも同公式ページのパーソナリティー紹介では、相変わらず鈴田さんを「ブタゴリラことV3」と書かれていますが(^^;) 何はともあれ今回は、鈴田さんが主役の特別番組「もっこりHEAVEN」第一回です。下ネタ全開で大笑いさせて頂いたものの、一体鈴田さんはどこに向かおうとしているのか結構心配になってきた今日この頃・・・。

『略してっ!つよきすラジオ♪』:第09回
 ●パーソナリティー:金田まひるさん&草柳順子さん
 自称金田さんによる「声優生命を賭けた可愛い笑い声」は、確かに単体で聴けば可愛かったものの、その裏で金田さんが苦悩しているかと思うと、思わず笑ってしまいました。それにしても草柳さんの、金田さんが嘘を付く時は言動で判ると言う発言からも、プライベートで仲が良い事による楽しさが伝わってくる回でした。
 さて、ここの所カレーコーナーで普通に美味しい食材が続いていますけれども、そろそろリアクション声優の金田さんの真価が発揮される食材が取り上げられてほしいものです(^^;)

その他に聴いた番組
『アニたまどっとコム standard まるなげ♪』:第101回
 ●パーソナリティー:植田佳奈さん&清水香里さん

コメント

『祝福のカンパネらじおCD!』&『efmelo radio CD Special』感想

2009年09月12日 22時38分08秒 | 声優ラジオ関連

 すっかり時期外れとなってしまいましたけれども、夏コミ時に購入した『祝福のカンパネらじおCD!』と『efmelo radio CD Special』に収録されている、それぞれの特別編の感想を書かせて頂きます。

『祝福のカンパネらじおCD!おんもスペシャルin沖縄!』
 ●パーソナリティー:成瀬未亜さん&後藤麻衣さん
 個人的に今まで聴いた番組の中でも『はにはにラジオ』と並んで一二を好きな番組なので、このCDの発売を心待ちにしていたものの、そんなに人気はないだろうと油断していたら、夏コミ一日目でも二日目でも、ういんどみるブースに行った時は既に売り切れで、入手できたのはようやく三日目に手に入れる事が出来ました。

 閑話休題、そんな苦労して手に入れたCDは期待以上の内容でした。タイトルの通り成瀬さんと後藤さん、そしてういんどみるスタッフが沖縄に遠征しての屋外収録で、パーソナリティーの二人が色々なチャレンジをしながら「キャッキャウフフ」してくれる聴いていて本当に楽しい番組でした。こう言っては失礼ですが、予算度外視で作られたとしか思えない豪華な(予算的に)内容なので、その甲斐あって二人とも本当に楽しそうにしていましたね。
 本編を大まかに分けると、「シーサー作り編」「パラグライダー&ドラゴンボート編」「トルティアインフォメーション番外編」「市場編」の四つに分かれています。まず「シーサー作り編」はその名の通り、民芸教室で二人がシーサー作りをするのですが、仲の良い二人が色々言いながら悪戦苦闘して作っているのを聴いているとニヤニヤしてしまいました(^^;) 単にシーサー作りをするだけでなく、適時お題が入り、そのお題に対する二人のリアクションも楽しかったですね。特に成瀬さんのリアクションが楽しく、流石はリアクション声優と感心しました(^^) またシーサー作りの先生も良い味を出してくれ、ほのぼの楽しいコーナーでした。
 次に「パラグライダー&ドラゴンボート編」は、後藤さんがパラグライダー、成瀬さんがドラゴンボートに挑戦してくれます。片方が実況している一方で、もう片方が合い方の様をリポートする構成なのですけれども、それをステレオで流してくれるので、成瀬さんと後藤さんはお互いの声が聞こえないのもあって、聞いていて本当に楽しいです。またこの挑戦でも後藤さんのパラグライダーは空を飛んでいるので、普通に会話しているのに対して、成瀬さんのドラゴンボートを海上を疾走するだけあって、もろに波を被った時のリアクションが楽しく、これまたリアクション声優の面目躍如だったと思います。
 「トルティアインフォメーション番外編」では久々に二人の漫才が聞けて楽しかったです。相変わらずの二人の漫才は聞いていて楽しく、サルサの「裸になって何が悪いー!」等は大笑いしながら聞かせて頂きました。う~ん『カンパネラ』アニメ化がされたら、また二人のやり取りが聞けると楽しみにしています。
 そして「市場編」、ここでは市場巡りをしながら最後に沖縄の魚料理を食べると言うものですけれども、やはり仲の良い二人の「きゃっきゃうふふ」を聴きながらエンディングとなり、聴いているこちらも本当に楽しくなる内容でした。本当にこれで終わってしまうのには勿体無い番組でしたので、『カンパネラ』がアニメ化された際は、また番組が復活してほしいと心から願っています。
 
『efmelo radio CD Special』
 ●パーソナリティー:中島裕美子さん&遠近孝一さん&ねこ天ゆうなさん ゲスト:酒井伸和氏&相良聡人氏&御影氏&岡田純子さん&田中ディレクター
 『えふメロらじお』が終わったと言う事で、その打ち上げと反省会(?)を兼ねた内容になっています。出演者を見れば判る通り、番組関係者総出演で、『えふメモ』『えふメロ』の両番組の思い出を語ってくれるのですが、その都度中島さんが皆から弄られており、中島さんが皆から好かれているのが伝わっています。その一方で番組開始当初の中島さんが、どうしてもパーソナリティーに不慣れで、田中Dや酒井氏岡田さんがフォローして何とか今の姿になってきたのが伝わってきます。実際番組のパーソナリティーとすれば岡田さんや後藤麻衣さんを起用した方が安全パイだったでしょうけれども、あえて中島さんを使い続けてくれた事により、独特なこの番組の雰囲気が出来たと思う関係者の皆さんには感謝したいです。
 尚、本編終盤で酒井氏が中島さんと「縁が切れてせいせいしている」と言っておきながら、『終末のエデン』で再び中島さんをパーソナリティーに起用しているのですから、何だかんだ言ってお気に入りなんでしょうね。それに加えて遠近さんも『終末のエデン』で中島さんと共にパーソナリティーに起用されているのですから、番組終盤でこれでお別れと言う際も、良い意味で苦笑してしまいました(^^;)

コメント

8月第6週、及び9月第1週の声優ラジオ感想 その3

2009年09月11日 21時41分13秒 | 声優ラジオ関連

『乃木坂美夏の麻衣ふぇあれいでぃお!ねくすと!!』:第14回
 ●パーソナリティー:後藤麻衣さん&偽まる氏 ゲスト:五十嵐雄策氏&おかゆまさき氏
 本編放送まで一ヶ月を切ったと言う事で、アニメ本編ネタが多かったですね。結局アリス役の声優さんは放送まで秘密ですか、あれだけ意味ありげに言ってるのですから、誰が出てくるのか期待しています。ただ個人的にはアリスを釘宮さんに演じてほしかった気が・・・。
 また今回は本編のED曲が初めて紹介されましたけれども、個人的に好みの感じなので、これはCDが出たら買いかな。またゲストのおかゆ氏が「女の子がたくさん歌っていると、幸せな感じがするのは何故だろう」と言ってましたけれども、私も好きな声優さん達が複数で歌っている曲が好きなので、今回の曲は本当に楽しみです。

『終末のエデン』:第10回
 ●パーソナリティー:中島裕美子さん&遠近孝一さん ゲスト:間島淳司さん
 主人公役の間島さんがゲストの今回、妙に遠近さんが嬉しそうなのが印象的でした。比較的最近は自嘲していた下ネタも全開でしたし、何かいつもとテンションが違ってましたね。そんな遠近さんと間島さんが仲良くしてるのが面白くないのか、「何年付き合っていると思っているのですか」や「私がエデンに遠近さんを推薦したのに」のように、中島さんがすねているような感じがして微笑ましかったですね。個人的には中島さんの態度が可愛いらしくて、聴きながらにまにましてしまいました。
 さて志村さん、間島さんと来たのですから、次は中村さんがゲストかな?

その他に聴いた番組
『studio TeaParty』:第163回
 ●パーソナリティー:壱智村小真さん・櫻井浩美さん・浅井晴美さん・坂田有希さん・他 

コメント

8月第6週、及び9月第1週の声優ラジオ感想 その2

2009年09月09日 21時32分52秒 | 声優ラジオ関連

 何でも『ときメモ』のパチンコだかパチスロが出るらしいですね。思ったよりも画面が綺麗なのに驚いたものの、対象ヒロインは藤崎・虹野・館林の人気Aクラスだけですか。まあ商業的に仕方ないかもしれないものの、個人的には片桐・朝日奈・古式のBクラスも見てみたかったな。ところで『1』が出たと言う事は、その内『2』も出るのかしら?

『さよなら絶望放送』:第103回
 ●パーソナリティー:神谷浩史さん&新谷良子さん 
 何だか本当に、痛いネタがこの番組では一番面白いのでは思うようになってきました。今回もネタなのか本当なのか判らないネタが続出でしたけれども、実際の所どうなんでしょう。大笑いさせて頂いたものの、世の中そんなにたくさん引き篭もりが居るのか疑問なのですが。
 また今回は神谷さんの緑川さんの真似が妙に上手くて笑ってしまいました、よもや本番組で『ナツメブラザーズ』ネタが出てくるとは思いませんでした。
  
『Radio Cross Days』:第35回 
 ●パーソナリティー:みなづき蓮さん&遠野そよぎさん&柚木かなめさん 
 今回「てれてれ乙女 」のコーナーにて、今までとは趣向の違う「母親になった場合の娘への対応」と言う投稿がされ、これが想像以上に三人の対応が新鮮で面白かったです。何か三人とも優しい感じで、聴いていてにまにましてしまいまいsた。
 ところで本番組原作の発売日が正式に決まったそうですけれども、11/20と言う事はそれまで本番組が続くとしたら、何だかんだ言って本番組は一年続く事になるのかな。

『のら犬兄弟のギョーカイ時事放談!』:第73回
 ●パーソナリティー:偽まる氏&UPLIFT氏 
 夏コミ二日目に行われた公開録音の模様です。私は行っても見れない(聴けない)と思って、整理券を貰うのを諦めたのですけれども、翌日の『乃木坂』の公開録音の整理券を貰えたのを考えると、頑張れば貰えたのかな?
 閑話休題 内容はいつもの感じだったものの、パーソナリティーの二人ともが、「あまりこの公開録音を楽しみにしないで」と、随分低姿勢だったのが印象的でしたね。まあ確かにフランスからわざわざ来られてしまったら、それは恐縮もしますかね(^^;)

その他に聴いた番組
『金田まひる・倉田まりやのGalge.comラジオ』:第109回
 ●パーソナリティー:金田まひるさん&倉田まりやさん 
『Fate/Zero -ラジオマテリアル-』:第15回
 ●パーソナリティー:小山力也さん&大原さやかさん

コメント

8月第6週、及び9月第1週の声優ラジオ感想 その1

2009年09月07日 22時04分51秒 | 声優ラジオ関連

『良子と佳奈のアマガミ カミングスウィート!』:第23回
 ●パーソナリティー:阿澄佳奈さん ゲスト:今野宏美さん
 何かゲストが来られる時は、新谷さんが欠席なのがもはやデフォのような・・・(汗) 何はともあれ今回は今野さんがゲストです。私は「らき☆すた」のラジオを聴いた事がないので、今野さんの声をラジオで聴くのは実に『センチ』以来なので感無量に浸れるかと思っていたら、十年経っても今野さんの声も容姿も全然変わっていない事に驚いた回になりました。いや本当に歳取っていないなこの人・・・(汗)

『アニたまどっとコム standard まるなげ♪』:第100回
 ●パーソナリティー:植田佳奈さん&清水香里さん
 記念すべき100回放送にも関わらず、普段と変わらない内容だったのが、この番組らしいと言うか、何と言うか・・・。個人的には100回記念でゲストが来るかと思っていたのですけれどもね。それこそ、ここのところ本番組で話題になる事が多い釘宮さんが登場してくれると期待していたのですが・・・(涙)
 さて何かと話題になっているらしい、植田さんのアマガミ発言ですけれども、あまりにもアマガミを連呼するので、『アマガミ』の新作に植田さんが出演してくれてアマガミしてくれるという妄想をした今日この頃(^^;)

『遠近孝一のスキモノ!戦国RADIO』:第04回
 ●パーソナリティー:遠近孝一さん、アシスタント:生田未歩さん・渡辺智子さん
 第四回にして一気に渋いテーマとなった、応仁の乱特集の回でした。応仁の乱に関しては初歩的な知識しか持っていないので、興味深く聴かせて頂きましたが、遠近さんって説明が上手いですよね。初心者にも判るような平易な解説をしてくれ、そこから徐々に内容を発展させていくようなところは関心してしまいました。単に知識があるだけならたくさん居ると思うものの、その知識を他人に判り易く解説出来る人は少ないので、見習わないといけないなと実感した次第です。
 また今回の「夜の戦国タイム」も興味深い内容で、民衆史を知らない私にとっては全編勉強になる有意義な回でした。

その他に聴いた番組
『ラジオ リトルバスターズ! ナツメブラザーズ!(21)』:第62回
 ●パーソナリティー:緑川光さん&民安ともえさん&鈴田美夜子さん

コメント